お家の暑さ・寒さを解決する吹き付け断熱材をご紹介します!

2021.4.30

お家の暑さ・寒さを解決する吹き付け断熱材をご紹介します!

住宅の断熱方法は様々ありますが、なにが最も効果が高いのか、どのような素材を使ったらいいのか詳しく知るのは難しいです。一般的には、断熱材に使用されるのはグラスウールという素材が多いですが、どれも一緒なのではと思っている方もいるのではないでしょうか。
グラスウールのような繊維系の断熱材の他に、吹き付け系の断熱材もあります。この断熱材にはどのような特徴があるのかご紹介していきます。お家の断熱を考える際にお役立てください。

吹き付け断熱材とは

住宅に使われる断熱材は、ほとんどがグラスウールなどの繊維系断熱材が使われており、残りが現場発泡の吹き付け断熱材になります。種類は『軟質ウレタンフォーム』と『硬質ウレタンフォーム』に分けられ、主な原料はポリイソシアヌレートとポリオールなどです。他にも原料に水を混ぜて、吹き付けたときの発泡率を変えて施工します。

現場発布系の吹き付け断熱材は熱伝導率が低いため住宅用の断熱材に適しており、気密工事も同時に進められます。寒い場所や暑い場所の地域性も関係なく、施工業者の責任施工となるため、日本全国どこで施工しても同様の断熱と気密性を担保されている断熱材です。
      吹き付け断熱材とは

吹き付け断熱材の種類

吹き付け断熱材の種類は、先述のように『軟質ウレタン』と『硬質ウレタン』の2つに分けられます。

軟質ウレタン

『軟質ウレタン』は硬質ウレタンに比べると非常に軟らかく軽いので、原料に水を混ぜており「100倍発泡」とも言われています。さまざまな性能を付与できることから、自動車のクッションや自転車のサドルなどにも使われています。
構造は『連続気泡』で気泡一つ一つが繋がっており、空気で断熱します。

硬質ウレタン

『硬質ウレタン』は、「30倍発泡」と言われており、高い断熱性と事故接着力があります。そのため、複雑な構造の箇所にも隙間なく施工しやすいです。
構造は『独立気泡』で、断熱材が形成する気泡内に断熱性の高いガスを充填し、気泡一つ一つが独立していることで高い断熱性能を発揮します。

吹き付け断熱材のメリット

吹き付け断熱材のメリットを詳しく紹介していきます。

①断熱性能が高い
熱を通しにくい素材なので、グラスウールに比べると省エネ効果が高いです。厚さも比較してみると、2割ほど少ない厚みで同じくらいの断熱効果を発揮してくれます。
環境を考えてノンフロンの素材を選ぶのであれば『アイシネン』などがおすすめで、断熱性能にこだわりたいというのであれば硬質ウレタンがおすすめです。

②形が崩れにくい
グラスウールは、素材が柔らかいのでヨレたり、ずれ落ちが発生してしまうことがあり、少しでも端がずれてしまうと断熱効果が下がってしまいます。
発泡ウレタンの場合は、下地にしっかりと密着する性質なので、隙間が空いてずれ落ちる心配がありません。最初の断熱性能と経年劣化後との差が小さいので、古い状態になっても変わらず高い断熱性能を発揮します。

③気密性能も同時に施工できる
グラスウールなどの繊維系断熱材は、気密フィルムで気密を取りますが、住宅を何十年も使用していると経年劣化が気になります。しかし、吹き付け断熱を施工することにより同時に気密性能も高められるので省エネ性も上がります。

④水分に強い
グラスウールは水分を含んでしまうとガラス繊維効果が薄れてしまい、断熱性能が低くなってしまいます。乾かすことにより効果が復活することはないので、一度水分を含んでしまうと元には戻りません。
しかし発泡ウレタンは、水分に触れても効果が薄れることはありません。長い間住んできた建物が、雨漏りや湿気によりグラスウールの性能が薄れてしまうことがよくありますが、発泡ウレタンは多少水分に触れても断熱性能を下げることはないのです。

グラスウールは広く普及していて、安く施工ができる素材ですが、様々な難点があります。長く快適に住むのであれば吹き付け断熱がおすすめです。
      吹き付け断熱材のメリット

吹き付け断熱材のデメリット

吹き付け断熱材のメリットをお伝えしましたが、当然どんな断熱材にもデメリットはあります。

①コストが高額
グラスウールは普及率が高く施工するときのコストが安くできるのが特徴ですが、吹き付け断熱材は費用が高額なため諦めてしまうことが多いようです。

②音の吸音と反響
湿気を通すものは音を吸音することに優れており、湿気を通さないものは反響する性質があります。つまり、湿気を通しにくい発泡ウレタンのほうが音を反響しやすいということになります。

③ひび割れに注意
吹き付け断熱材の厚さ換算は重要で、極端に厚く吹き付けることができない場合もあります。
硬質ウレタンは吹き付ける素材の厚みには左右されないようですが、屋根や天井の日射や冷気の断熱をするのは、ある程度の吹き付けの厚さが必要となりますので、ひび割れがないように確認しなければいけません。
      吹き付け断熱材のデメリット

まとめ

このように断熱材が一般的に多く使われているグラスウールよりも非常に断熱性能に優れています。もちろんデメリットもありますが、住宅の中の熱エネルギーを無駄にしないためには熱伝導率が低い断熱材を選ぶことがポイントです。リフォームやリノベーションで活用することにより今までとの違いを体感的に感じることができるので適応性に優れています。
吹き付け断熱材について詳しく知りたい方は専門の業者に相談してみてください。

断熱工事を業者に依頼する際は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「断熱工事」をご覧ください。

断熱工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

断熱工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

断熱工事の記事アクセスランキング

断熱工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧