「外張り断熱」と「充填断熱」外壁断熱に優れているのはどっち?

2021.4.30

「外張り断熱」と「充填断熱」外壁断熱に優れているのはどっち?

今住んでいる住宅の寒さ・暑さを解消するには、外壁の断熱が有効かもしれません。断熱工法には種類があり、またそのための断熱材にもさまざまな特徴があります。
今回は、その断熱工法について調べました。
一生を過ごす可能性のある住宅のことです。目的やライフスタイルについても考慮し、慎重に計画しましょう。

外壁の断熱施工方法は2種類

外壁の断熱工方法には「外張り断熱工法」と「充填(じゅうてん)断熱工法」というものがあります。

外張り断熱とは

外張り断熱は、プラスチック系のボード状断熱材で、柱など構造材を外側から包み込むような施工方法を取ります。
充填断熱と違い、このとき柱と柱の間は空間になります。
主に屋根・外壁・基礎の部分に施されることが多くあります。

壁の中の空間を配線や配管用のスペースとして使えるため、施工が簡単なところが魅力です。また、結露や木材の腐敗にも強いです。
ただし外張り断熱に使う断熱材は重いため、経年により垂れ下がってくるおそれがあります。

充填断熱とは

内断熱とも呼ばれる充填断熱。これは外張り断熱と違って、柱と柱の間に空間を作らず断熱材を充填し、シートで防湿するという施工方法を取ります。

充填断熱は壁の内側にある空間を利用して行うため、新たに断熱用のスペースを作らなくても良いので、外張り断熱より安価に済むことが多くあります。
ただ充填断熱の場合は、しっかり気密していないと壁の中に結露ができてしまうので、防湿フィルムを張る施工が重要となります。
木造住宅は、熱伝導率がコンクリートの10分の1なので、充填断熱を行うのが一般的です。

充填断熱は主に屋根・天井・外壁・一階床などに施されています。

      外壁の断熱施工方法は2種類

外張り・充填断熱それぞれにかかる費用

外壁を断熱するための2つの工法の違いは、それぞれの施工でかかる費用にもあります。

外張り断熱で使うプラスチック断熱材は、充填断熱で使う「グラスウール」という材料よりも高くなります。
このグラスウールという断熱材は安価なうえ、住宅用断熱材の場合だと8~10分の1まで圧縮して保管できるので、輸送時などのコストも抑えることができるのです。

対して外張り断熱で使うプラスチック系断熱材は、圧縮して梱包することができないため、コストが高くなってしまいます。
たいてい、1㎡、約8千~3万円と高額で値段にも幅があります。

一方で充填断熱の場合、1㎡につき約4千~2万5千円ほどなので、断熱材の値段もあり、外張り断熱より安く施工できることが多いようです。
ただ、外張り断熱は充填断熱と比べて、慣れている業者でないとむずかしい施工になります。外張り断熱を行う業者を探すときは、安さ重視よりも、経験や実績を見て考えた方が良いのかもしれません。

      外張り・充填断熱それぞれにかかる費用

外張り・充填断熱の利点と欠点

この2つの断熱工法には、利点と欠点があります。外壁断熱リフォームを考える際に、ぜひ参考にしてください。

外張り断熱の利点 

・何よりも、断熱性が高いです。部屋全体が断熱材につつまれているという状態なので、暖気がもれだすことが少ないのです。そのうえ、夏は外からの熱い空気を遮断してくれます。
・外側を覆う工事のため、家に住みながらでも施工が進められます。
・結露防止に強いので、構造材が腐食しにくいです。

外張り断熱の欠点

・充填断熱に比べて手間がかかるため施工費用が高くなってしまう。
・経年による劣化(断熱材の垂れ下がりなど)の不安がある。
・強い地震に対応できず、変形してしまうおそれがある。

コストよりも断熱性能を重視する場合は、外張り断熱の方がおすすめかもしれません。

充填断熱の利点 

・断熱性能が同じなら、外張り断熱と比べると施工費用が安く済みます。
・躯体にそのまま充填するので、壁を厚くする必要もなく、敷地面積を変えずに施工できます。
・経年劣化する心配が少ないです。

充填工法の欠点 

・外張り断熱と比べると気密性が低く、結露が起こる可能性がある。
・柱の間に断熱材を入れるという工法のため、断熱材が途切れる箇所があり、断熱性は外張り断熱よりやや劣る。
・気密性をより高くするには、別途工事をしなくてはならない。

柱と柱の間に断熱材をつめる工法を取る充填断熱は、壁を厚くする必要がありません。そのため敷地面積を広げずにいられるので、密集している住宅などにこの工法は最適と言えるでしょう。

断熱施工で考えなければいけないこと

外壁の断熱工法を選ぶとき、外張り断熱も充填断熱はそれぞれ利点と欠点がありますが、一般の木造住宅であれば大きな差はありません。

どちらかが飛びぬけて優れているというわけではないので、それぞれの工法でかかる費用や、断熱材の特徴などで選ばれることが多いです。
現在、断熱材はさまざまな種類のものが開発されています。
吸湿性の高いものや、防音性のもの、軽い素材でできているものなど、それぞれが特徴を持っています。
外壁の断熱を考えるときは、断熱材の性能と自分のライフスタイルも合わせて検討することが大切です。

      断熱施工で考えなければいけないこと

まとめ

外壁の断熱工法は2種類ですが、断熱材にはさまざまな特徴を持ったものがあります。
外壁の工事は、一度やって気に入らなかった場合、簡単にはやり直すことはできません。同居している家族の方たちとも相談をして、性能やコストなどの優先順位を決めてから計画することをおすすめいたします。
一生を過ごす可能性もある住宅については、慎重に決めなくてはなりません。不明なこと・不安なことは残したままにしないよう、プロにしっかり相談しましょう。

断熱工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「断熱工事」をご覧ください。

断熱工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

断熱工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

断熱工事の記事アクセスランキング

断熱工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧