アイディア次第で空間を最大限に生かす!スケルトン階段の魅力とは?

2021.4.30

アイディア次第で空間を最大限に生かす!スケルトン階段の魅力とは?

階段は上り下りするだけのもの、というイメージを持ってはいませんか?階段というと狭い、暗いといったイメージもあるかもしれません。こうした考えを覆すのが「スケルトン階段」です。
スケルトン階段にリフォームをすることで、そのようなイメージは変わります。従来の階段とは違って広々として明るく、家の中心としても生かすことができるのです。
今回はそんな、スケルトン階段の魅力について紹介します。

家のリフォームのおすすめサービス

スケルトン階段とは?―メリット

スケルトン階段とは垂直に取り付けられた板の部分がなく、骨組みの部分が見える形状の階段のものを指します。ストリップ階段、オープン階段、シースルー階段とも呼ばれる階段です。このように隙間が大きいため、におい・音・光といった要素を伝えやすいという特徴があります。

素材としては木・アルミ・スチールなどを使用することが多く、既製品として組み立てるだけで完成するものも市販されています。また、新築やリフォームの際には施工業者がオリジナルで製作することもあるでしょう。

よく挙げられるメリットは次の通りです。

開放的なデザインになる

スケルトン階段は従来の階段よりも開放的なデザインになっていることが多いです。またデザイン性を高くすることも難しくないため、リビングや吹き抜けに設置するのに向いています。

部屋に光が届きやすい

段と段の間に隙間があるので、光が届きやすくなります。とくに北側は日が当たりにくいため、スケルトン階段で採光性を確保することも多いようです。

通風性がある

隙間があることによって、通風性も確保できます。
従来の階段は狭い空間になることが多く、空気もこもりがちでした。スケルトン階段なら空気が循環しやすいため、こうした問題も解決しやすいでしょう。
関連して、空間全体の見通しがよくなるといったメリットもあります。

場合によっては省スペース化が可能

従来の階段ではデッドスペースとなりがちだった階段下が、開かれた空間として活用できます。またデザインも工夫しやすく、リビングにアクセントとして取り入れれば階段につながる廊下は不要になります。廊下がないぶん、部屋の空間を広く取ることができるでしょう。

コミュニケーションが楽

リビングに階段を設置すれば、上り下りの動作が見えやすくなります。1階にリビング・2階に子ども部屋がある場合、帰ってきた子どもは必ずリビングを通ることになります。子どもに声をかけやすくなりますし、小さな変化にも気づきやすくなるでしょう。
      ケルトン階段とは?―メリット

スケルトン階段のデメリット

メリットが多い分、デメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか紹介します。

コストが高い

スケルトン階段はデザイン性が高いことから、合う素材にも制約が出てきます。そのため従来の階段よりは費用が高くなってしまうことが多いでしょう。
とくに木製のスケルトン階段は見た目がよい化粧材を使用することが多く、通常よりも高額になる場合も少なくありません。
ただ工夫次第で、ある程度費用は抑えることができます。例として、手すりを鉄製にして費用を抑えるといったものが挙げれるでしょう。

幼い子どもには危険

幼い子どもがいる家庭でスケルトン階段を導入するのには注意が必要です。

幼い子どもにとっては、階段自体が大きな障害になります。それに加えてスケルトン階段には各段をつなぐ「けこみ板」がないため、隙間から転落するといったおそれがあります。また壁がないため壁伝いの移動が難しく、手すりをつかむ必要があります。もし手すりの位置が高ければ、力が弱い子どもにとっては一苦労です。

そのため転落しても大丈夫なようにネットを取り付ける、手すりを2段にするといった工夫をする必要があるでしょう。子どもが成長してそのような心配がなくても、将来幼い孫を連れてくる、来客が幼い子どもを連れてくるといった場合があります。その際はしっかり見守るなど、注意が必要になってきます。

冷暖房の効率が悪い

スケルトン階段は通気性がよいことから、空間をつなげると考えたほうがよいでしょう。空間が広いぶん、冷暖房の効率が悪くなります。

下の階と上の階をつなぐため、空気の流れにもこれまで以上に敏感になっておく必要があります。暖かい空気は軽いため、上の階の室温は上がりやすくなるといえるでしょう。逆に冷たい空気は重いので、下の階の室温は下がりやすくなります。

このことを踏まえれば、次のように考えられます。
夏は上の階に温度の高い空気が溜まりやすくなります。そのため下の階が冷えなければ上の階までエアコンの冷房効果は届きません。一方、冬のエアコンは上の階から暖房効果が出てきます。そのため下の階の室温は低くなりがちでしょう。

スケルトン階段の場合、下の階はリビングということも多くあります。とくに暖房についてはエアコンでなく、床暖房やファンヒーターなどの機器を使うことを検討する必要があるでしょう。
      スケルトン階段のデメリット

スケルトン階段を設置したいならこんなデザインに要注意

デザインの制約が少ないスケルトン階段ですが、デザイン次第では大きな問題を起こすことがあります。

下からスカートの中身が丸見えになるかも

スケルトン階段には隙間があるので、スカートで上り下りすれば見る角度次第でスカートの中身が見えてしまいます。女性にはありがたくない話なので、階段の方向や傾斜には考慮しなければなりません。

デッドスペースができやすい一面も……

スケルトン階段は階段下を有効活用できるとはいえ、高さに制約があり自由にものを配置できるわけではありません。デッドスペースとして逆に目立ってしまうこともあります。
スケルトン階段を採用する際には活用方法についてもあらかじめ考慮に入れておいたほうがいいかもしれません。
      スケルトン階段を設置したいならこんなデザインに要注意

光を活かしたスケルトン階段アイディア

採光を生かした方法のひとつとして、デッドスペースに服を吊るしておくことができます。日光があたることで、服が乾きやすくなり、カビが生えにくいというメリットがあります。
また、日光が当たるというメリットを活用して、植物を置いておくということもできます。

お庭を眺めるスペースを生む。スケルトン階段のアイディア

庭に面する窓の近くにスケルトン階段を設置すると、正面からだけでなく斜めから見る、といったこともできるようになります。とくにつる植物などは伸びやすいため、さまざまな角度から楽しむことは庭の魅力を最大限に生かすのにもつながります。

空間の広がりを楽しめる。スケルトン階段のアイディア

階段下はデッドスペースになりやすいですが、さまざまな収納に生かすこともできるでしょう。とくに従来の階段下に作られた押入れとは違い「見せる収納」であることに意識を置いてみてください。子ども用品や日用品などの収納に加え、クローゼットなどにも使えます。整頓することに気を付ければ、部屋のインテリアの一環として大いに役立つでしょう。

どんな階段もスケルトン階段にリフォーム可能?

スペースさえ確保できていれば、スケルトン階段へのリフォームは難しくないとされています。しかし素材などに制約が生まれることから、従来の階段を設置するよりは費用が高くなりがちです。スケルトン階段の魅力を生かすことができるか、従来の階段を上回るだけのメリットがあるかどうかを確認してから判断するのが望ましいでしょう。
      どんな階段もスケルトン階段にリフォーム可能?

家のリフォームのおすすめサービス

まとめ

スケルトン階段はデザインを凝ることができ、家の中心的な役割を担うことが多いでしょう。隙間が音や空気・光を通すことにつながるため、閉鎖的になりがちだった家庭の空気を明るくする効果もあるかもしれません。
一方、費用が高くなるなどのデメリットがあることも否定できません。このデメリットをカバーできるだけのメリットをスケルトン階段で引き出せるかが、大きな鍵になります。
とくに階段下のスペースは、従来の階段では押入れとして閉鎖的に利用されることの多い部分でした。しかしスケルトン階段では開放的な空間となっています。このことを最大限に生かせるかは、工夫次第です。

もちろん従来の階段がすべて悪いわけでもありません。向き不向きについて考える際には施工を担当する業者とも一度、しっかりと相談してみてはいかがでしょうか。

家全体のリフォームはプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

家全体のリフォームのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

家全体のリフォームの記事アクセスランキング

家全体のリフォームの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧