あなたは大丈夫?地震に強い家に住んでいるという自信ありますか?

2021.4.30

あなたは大丈夫?地震に強い家に住んでいるという自信ありますか?

近年、阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震など大きい地震が多くなっています。地震による災害で亡くなる方や行方不明者を出さないためには何ができるのでしょうか?家の耐震性をあげることで地震が起こったときに家が倒壊するリスクを減らすことができるようです。では、地震が自宅の倒壊を避けることができる家とはどんな家なのでしょうか?そこで今回は地震に強い家と弱い家の要因をご紹介していきます。

家のリフォームのおすすめサービス

要注意!地震に弱い家の条件

地盤が弱い

地盤が弱いということは、地震が来たときに揺れやすいということです。したがって、家が倒壊する確率も高くなります。とくに、海や川や水田などの近くに住んでいる方の土地には、土壌に水分を多く含んでいる可能性があり、地盤が弱い傾向にあります。山の斜面を削って土砂を埋め戻した場所も同様の傾向にあるようです。

劣化している

築年数がたっているのであれば、家へのダメージを考える必要があります。築後10年程で次のような症状が見受けられることがあります。一度確認してみるようにしましょう。
・木部や鉄部の腐食
・汚れやコケの付着
・シロアリ被害
・床下地の腐食

家の外側の傷みは目で見て確認することができます。家の内側の床下など目に見えない部分の傷みは、なかなか気づくことができないので注意する必要があります。

耐震基準改正の流れ

地震に強い家が建つようになった要因は、法改正による影響が大きいです。1981年に施行された「新耐震設計基準」や「旧耐震設計基準」があります。
1948年の福井地震は、「建築基準法」の制定に大きく影響を与えました。そして、これが見直されたのは1978年の宮城県沖地震によるもので、その後の1981年に「新耐震設計基準」が施行されました。

「旧耐震設計基準」と「新耐震設計基準」には大きく異なる点があります。「旧耐震設計基準」では震度5程度の地震に耐えることが基準となっていましたが、「新耐震設計基準」では震度6~7程度にも耐えることが基準になりました。また、建物の中にいる人の命を守ることを前提にしていることや軽度の地震では軽いヒビ程度で済むような項目が追記されています。

2000年にも法改正が行われました。木造住宅における耐震性について、具体的な内容に関して、言及する内容になりました。基礎形状や接合方法、壁のバランス配置などが具体的に明記されるようになりました。

結果として、この「新耐震設計基準」に従って建てられた家は、阪神淡路大震災でも大きな被害が少なかったことが判明しています。東日本大震災の件でも同様でした。総務庁消防庁の「東日本大震災記録帳」に記載されている内容によると、圧死・損壊死・その他は4.2%で、溺死が90%を超えていたようです。そして、被害は旧耐震設計基準の家に集中していました。残念ながら津波の力に対しては抵抗することができませんでしたが。地震そのものに対しては効果的な改正法であったと言えるのではないでしょうか。

流れをまとめると以下のようになります。

1948年 福井地震発生
↓2年後
1950年「建築基準法」制定
↓28年後
1978年 宮城沖地震発生
↓3年後
1981年「新耐震基準」制定
以降、阪神淡路大震災や東日本大震災で倒壊被害が比較的少なかった
↓19年後
2000年 「建築基準法」改正 具体的な基準が明記され、耐震基準が明確になる

      要注意!地震に弱い家の条件

地震に強い家の条件

地震に強い家とはどんな家なのでしょう?家の形や屋根などによっても変わるようですここでは地震に強い家の条件をご紹介します。

構造がシンプル

構造がシンプルな家ほど地震に強いと言われています。複雑な構造の場合、ゆがみやねじれがあることでどこかに無理が生じたり、重心が偏ってしまうため倒壊しやすいということです。家の形が真四角であればあるほど、揺れを全体に分散させることができます。

屋根が軽い

地震によって地面がゆれるというのは、横から建物を押す力になります。このとき家の上部ほどゆれが大きくなります。屋根が重いことで重心が上にいき地震の影響を思いっきり受けることになります。屋根が軽ければ、影響も少なくなるので被害が少なくて済む可能性があります。

接合部がしっかり固定

一般的な住宅の場合、柱や梁の先端を削り差し込む穴を開けて組み立てています。地震などによって、大きな力がかかると抜けてしまうことや、断面が大きく欠損することによって強度が低下したりする場合があります。

一方で、接合部に金具を使用している場合は欠損も少なく、本来の強度を発揮することができます
      .地震に強い家の条件

構造によって耐震性は変わる?

木造

耐震性で大切な要因は建物の重さです。木造は最も軽いので、被害が最も軽く済む確率が高いことになります。アパートが木造だった場合は上下規則正しく配置されているので、戸建住宅より耐震性が高い場合が多いようです。
また、2階建ては壁量計算によって決まり、3階建てからは鉄骨構造や鉄筋コンクリート造と同様の構造計算が求められます。

鉄骨造

骨組みに鉄骨を使用した構造を指します。種類が2種類あり、「重量鉄骨造」と「軽量鉄骨造」があります。自由度が高く、耐震性に優れています。高層マンションなどに採用されています

鉄筋コンクリート造(RC造)

この3つの中で最も重く、同じ大きさで比較すると、木造の5倍の重さがあるため一番被害が大きくなる確率が高いです。火災に強いという長所がありますが、コンクリート部分は時間が経つにつれて、ひび割れてきます。

耐震リフォームで地震に強い家に

様々な震災に見舞われた日本ですが、これからも首都直下型大地震や南海トラフ地震が予測されている以上、家の耐震にもっと注目してもいいのではないでしょうか?続いては地震に強い家を作るための耐震リフォームについてご紹介します。

家での耐震リフォームの種類

●基礎の補強
基礎が無鉄コンクリートだった場合、鉄筋コンクリートと一体化させ、ヒビがあれば改修します。

●腐巧箇所の修繕
腐朽やシロアリの被害は「土台の取り換え」や「柱の根継ぎ」をして修繕します。また接合部分は耐震用の金具を使います。

●壁の補強
横から加わる力に弱い場合は、「耐力壁」という抵抗力の強い壁に変えます。これは木造住宅やプレハブ住宅で採用されています。

●屋根の軽量化
例として、日本瓦だった場合は軽量な材質の物に変えます。

また、悪質業者にも気をつけなければなりません。震災を機に耐震について考える方が増えた一方で、必要もないのに工事を勧めてくる悪徳業者も増えてきました。

耐震の用語でよく似た言葉

●耐震
壁や柱の強度を上げることで、震度に耐えるように改修することを指します。振動そのものが軽減されるわけではありません。

●制震
「ダンパー」と呼ばれる装置を使用することで、揺れを防ぎ、倒壊を防ぎます。高層ビルなどに採用されています。

●免震
地面を建物の間に装置を設置し、地盤と建物を切り離すことで地震の揺れを80%以上防ぎます。

怪しい悪徳業者の特徴

・きちんと診断せず、すぐに結果を出す
・診断当日に工事を始めようとする
・恐怖心を煽る
・床下や屋根などの簡単な耐震工事ばかりしようとする

被害を防ぐためには、複数のリフォーム会社に見積りをとることがおすすめです。
      耐震リフォームで地震に強い家に

家のリフォームのおすすめサービス

まとめ

大地震は死者が多く出るかもしれません。行方不明者も然りです。自分だけは安心と他人事のように考えていると危険です。築年数や構造を知った上で、耐震用の家に住むことが大切です。熊本地震では木造建築の家で被害が多かったようです。一度耐震診断をすることをおすすめします。

家全体のリフォームはプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

家全体のリフォームのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

家全体のリフォームの記事アクセスランキング

家全体のリフォームの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧