ポケットWiFiのクレードルを使うメリットは3つ!おすすめの人と必要ない人

2021.4.30

ポケットWiFiのクレードルを使うメリットは3つ!おすすめの人と必要ない人

「ポケットWiFiのクレードルってなんだろう?」

「自宅でポケットWiFiを使うならクレードルがおすすめらしいけど、どういう効果があるのかよくわからない」

ポケットWiFiについて調べていると「クレードル」というあまり聞いたことがない商品が出てきて戸惑う人もいるのではないでしょうか。

また、ポケットWiFiを注文しようとしたら「クレードルを購入するか」という選択肢が出てきて購入するべきかわからない人もいるかもしれませんね。

クレードルとはどのようなものか紹介するために、まずポケットWiFiのクレードルを利用するとどのようなメリットがあるのか簡単に説明しますね。

ポケットWiFiをクレードルで使うメリット
  • スタンド型の充電器として使える
  • より通信が高速で安定する有線LAN接続ができるようになる
  • ホテルや職場の固定回線を無線LANとして使える
  • 無線接続での通信速度があがったり通信が安定したりする(アンテナ搭載機種の場合)

つまりクレードルは、「自宅で安定した通信環境でポケットWiFiを使いたい人」や「インターネット環境があるホテルなどで無線LANを使いたい人」におすすめの商品です!

しかし、クレードルは付属品ではないので別途購入する必要がありますし、充電や通信はクレードルがなくてもできるので必須の商品というわけではありません。

この記事では、クレードルを初めて知った人でも特徴がわかるように解説するだけではなく、クレードルの購入がおすすめの人をご紹介しています。

また、クレードルをお得に手に入れられるおすすめのポケットWiFiをご紹介しているので、「ポケットWiFiをクレードルで使いたいな」という人はぜひ参考にしてくださいね。

おすすめポイント


GMO WiMAX
  • 高額キャッシュバックキャンペーン開催中
  • クレードルと同時購入でクレードル代金0円
  • クレードル代と実質月額がWiMAXプロバイダ最安
記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください

ポケットWiFiのクレードルとは

ポケットWiFiのクレードルは一言でいうと「充電機能があり通信性能を向上させる拡張機」です。

じつは、すべてのポケットWiFiがクレードルを利用できるというわけではありません。

たとえば同じWiMAXのポケットWiFi機種でもクレードルが使えない機種があるんです。

クレードルが使える クレードルが使えない
WX06、WX05、WX04、WX03 W06、W05、W04、HOME L02など

ポケットWiFiをクレードル利用したい人は、端末がクレードルに対応しているか確認しておきましょう。

ポケットWiFiをクレードルで使うメリット

ポケットWiFiをクレードルで使うメリットは3つあります。

ポケットWiFiをクレードルで使うメリット
  • スタンド型の充電器として使える
  • 有線LAN接続ができるようになる
  • ホテルや職場の固定回線を無線LANとして使える

また、無線通信電波を送受信しやすくするアンテナがある機種の場合は、差し込んだポケットWiFiの通信速度や安定性が高まりますよ。

それでは、取り上げた3つのメリットを1つずつ解説していきますね。

スタンド型の充電器として使える

ポケットWiFiのクレードルにはUSBポートがあり、コンセントやパソコンとつながったUSBケーブルを差し込むと充電スタンドになります。

ポケットWiFi本体にもUSBポートがありUSBケーブルを差し込むと充電ができるので、ポケットWiFiを充電するためにクレードルが必ず必要というわけではありません

しかし、実際に使ってみるとわかるのですが、毎日ポケットWiFiにUSBケーブルを差すのは少し面倒になってしまいます。

クレードルがあれば、USBケーブルを差しっぱなしにしているクレードルにポケットWiFiを入れるだけなので簡単な作業で充電できますよ。

また、クレードルはテーブルの上やよく目に入る棚の上に置くといいでしょう。

目につきやすい場所にあると「あ、今日充電してない」とポケットWiFiの充電忘れに気付きやすくなるのでおすすめですよ。

クレードルがなくても充電はできますが、より快適に利用したい人はクレードルを利用した充電がおすすめですよ。

有線LAN接続ができるようになる

クレードルを利用したい人は、ポケットWiFiを有線利用したい人も多いのではないでしょうか。

有線接続は無線接続と比べて、電波を妨害するものがなくなるので通信速度と安定度の向上が期待できます。

またクレードルにはアンテナが内蔵されているものがあります。

たとえばWiMAXのWX06対応のクレードルは、なんとアンテナの数が4本も内蔵されています。

参考:WiMAX WX06製品紹介ページ

アンテナの数が多いと、電波を受信できる範囲が広くなり基地局からの電波を受信しやすくなります。

そのため、アンテナありのクレードルにポケットWiFiを差して有線接続すると、クレードルなしでWiFi接続する場合に比べて通信の快適さが大幅に上がる可能性が高いです。

ポケットWiFiは固定回線と比べて通信速度と安定度が低く、高画質動画の視聴やオンラインゲームなどの通信量の消費が多いコンテンツに不向きといわれがちです。

クレードルを使い有線接続にすると、通信量の多いコンテンツでも楽しめる可能性が高くなりますよ。

ホテルや職場の固定回線を無線LANとして使える

クレードルにはLANケーブルを差し込む凸型のLANポートがあります。

このLANポートはクレードルとパソコンやゲーム機を有線接続するためのものですが、じつは固定回線のLANケーブルを差し込むことができるんです。

固定回線が差し込まれたポケットWiFi(クレードル)はWi-Fiのアクセスポイントとなります。

たとえばホテルに泊まったときに「LANケーブルはあるけど、Wi-Fi接続は用意されてない」ということがありませんか。

LANポートがないパソコンやスマートフォンは接続できないので少し困ってしまいますよね。

ポケットWiFiがあればそれだけでWiFi接続も可能ですが、クレードルとポケットWiFiがあれば、じつはホテルなどのLANケーブルを無線LAN化できます。

どういうことかというと、ポケットWiFiを差し込んだクレードルにホテルなどのLANケーブルを接続するとホテルの回線を使ったWi-Fiポイントとなります。

すると、LANポートがないノートパソコンやスマートフォンもホテルなどの回線に無線接続できるんです。

もちろん利用する回線は大元のホテルの固定回線となるので、ポケットWiFiの契約通信量の消費を気にすることなく安心して利用できますよ。

ポケットWiFiのクレードルの注意点

ポケットWiFiをクレードル利用するメリットをご紹介しましたが、じつは注意点もあります。

クレードルで使う注意点
  • クレードルは別途購入しなければならない
  • クレードルがなくても通信や充電ができる

それではひとつずつ解説していきますね。

クレードルは別途購入しなければならない

ポケットWiFiのクレードルは、ポケットWiFi端末に最初から付属されているわけではないため、別途購入する必要があります。

クレードルの種類によって価格が変わりますが、価格は3,000~4,000円です。

クレードルをそこまで必要としない人にとっては少し高いと思うかもしれませんよね。

また、クレードルが対応しているポケットWiFiの機種は基本的に1種類だけです。

つまり、以前ポケットWiFiを契約しクレードルを利用していた場合、新しく契約したポケットWiFiの機種が以前の機種とは違う場合はクレードルを使いまわせないんです。

ポケットWiFiを乗り換える場合、クレードルをまた使うなら改めて追加購入しないといけないという点は、費用的なデメリットといえるでしょう。

クレードルがなくても通信や充電ができる

クレードルがあると充電が楽になり通信品質が向上します。

しかし、クレードルがなくても充電や通信はできるので絶対に必要というわけではありません

クレードルはあれば便利という補助用機器なので、「とりあえずポケットWiFIでネット接続できればいい」という人にとってはメリットをあまり感じられないでしょう。

クレードル購入がおすすめの人

クレードルの購入がおすすめの人は以下の3パターンのいずれかに当てはまる人です。

クレードル購入がおすすめの人
  • 端末の紛失や充電忘れを防ぎたい人
  • 自宅でも安定した通信でポケットWiFiを使いたい人
  • ポケットWiFiをホテルや職場で無線LANとして使いたい人

まず端末の紛失や充電忘れを防ぎたい人はクレードルを持つことがおすすめといえるでしょう。

帰宅したらクレードルにポケットWiFiを差し込むことを習慣化すると、端末の置き場管理がしやすく、翌日フル充電の状態で持ち運ぶことができるでしょう。

また、クレードルはアンテナの数が多くあり、有線接続も可能になるため通信品質が向上します。

ポケットWiFiで動画配信やオンラインゲームなど通信安定度の高さが求められるコンテンツは、クレードルを使ったほうが遊びやすいでしょう。

最後に、ホテルや職場の固定回線を無線LANとして使いたい人もクレードルを購入することをおすすめします。

クレードルがあればLANケーブルのみしか用意されていない場所でもWi-Fi環境を作れます。

有線ネット環境があるホテルや職場でWi-Fiを使えるようにしたい人もおすすめですよ。

ポケットWiFiのクレードルを購入できる方法は3つ

ポケットWiFiのクレードルを購入する方法は3つあります。

クレードルを購入する方法

  • ポケットWiFi注文時に同時注文する
  • 公式アクセサリーショップで購入する
  • 通販サイトで購入する

それではひとつずつそれぞれの特徴を解説しますね。

ポケットWiFi注文時に同時注文する

ポケットWiFi注文時に、オプション選択でクレードルを購入するか選択するので目にする人が多いのではないでしょうか。

WiMAXの場合は、プロバイダ(販売代理店)によって利用料金やキャンペーンがさまざまですがクレードルの料金に関してはほとんど変わりません

一部のWiMAXプロバイダでは契約と同時にクレードルを購入すると購入代金が0円になります。

ポケットWiFi注文時にクレードルを使いたいと決めている人はお得に購入できるWiMAXプロバイダがおすすめですよ。

公式アクセサリーショップで購入する

ポケットWiFiを契約したときはクレードルが必要ないと思っていたけど、あとからクレードルが欲しくなった時は公式サイトで購入するといいでしょう。

WiMAXの場合は、WiMAX回線の回線元であるUQコミュニケーションズの公式アクセサリーショップがあります。

公式アクセサリーショップではクレードル以外にも、ポケットWiFi端末の電池パックやUSBケーブルなしで充電できるACアダプタもあるんですよ!

通販サイトで購入する

ポケットWiFiのクレードルは通販サイトでも購入できます。

ただ、通販サイトでクレードルを購入することはあまりおすすめできません

理由はトラブルや疑問点があった場合にスムーズな対応がされない可能性が高いためです。

クレードルに明らかな破損や故障があれば、購入した通販サイトで返品・返金などの保証が適用されるでしょう。

しかし、「なんか機器の調子が変だな」という問題は通販サイトでは対応しきれません。

たとえばWiMAXのクレードルを通販サイトで買っても、結局WiMAXの回線元のUQコミュニケーションズに問い合わせることになる可能性が高いです。

もしそこで原因が判明し交換が必要となった場合に、UQコミュニケーションズの公式アクセサリーショップで購入していればすぐに端末を交換してもらえるでしょう。

しかし、通販サイトの場合は公式に問い合わせた結果を販売店に伝える手間がありますし、公式ショップと販売店が同じ交換対応になるとは限らないのです。

トラブル発生時のことを考えると、ポケットWiFi契約後にクレードルが欲しくなったらUQコミュニケーションズアクセサリーショップで購入したほうがいいでしょう

クレードルと同時購入ならGMO WiMAXがおすすめ

クレードルとポケットWiFiの同時購入を考えているのであれば、おすすめはクレードルセットでもキャッシュバックを受け取れるGMO WiMAXです。

サービス運営元 GMOインターネット株式会社
契約期間 3年
初期費用 契約事務手数料:3,000円
月額料金 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
取扱機種 持ち運びタイプ:WX06・W06
ホームルーター:HOME02、HOME L02
利用までの日数 最短翌日発送
おすすめポイント ☑高額キャッシュバックキャンペーン開催中
☑クレードルと同時購入でクレードル代金0円!

GMO WiMAXは高額キャッシュバックキャンペーンが魅力です。

端末 キャッシュバック額
WX06 30,000円
WX06(クレードルあり) 26,000円
W06 30,000円
HOME02 31,000円
HOME L02 31,000円

WX06クレードルと同時購入で契約するとキャッシュバック額が4,000円少なくなります。

実質4,000円でクレードルを購入できるということですね。

ちなみに、他のWiMAXプロバイダやアクセサリーショップではWX06のクレードルは約3,800円なので価格としてはあまり変わらないでしょう。

なお、GMO WiMAXはWiMAXプロバイダのなかで実質月額がもっとも安いです。

実質月額とは
公式サイトの複雑な料金プランをより正確にわかりやすく計算するための考え方。
この記事での実質月額の計算式は、
{初期費用+クレードル代+(料金総支払額)}÷契約期間=実質月額

それではGMO WiMAXと回線元のUQ WiMAX、月額料金最安級のBroad WiMAX、そして一年契約ができるBIGLOBE WiMAXの実質月額を比較したものをご紹介しますね。

プロバイダ クレードル代 実質月額
GMO WiMAX 0円(実質4,000円) 3,588円
UQ WiMAX 3,619円 4,781円
Broad WiMAX 3,686円 3,774円
BIGLOBE WiMAX 3,619円 4,882円

この表は横スクロールできます。

 
GMO WiMAXはクレードル代込みの実質月額ももっとも安いWiMAXプロバイダなんです。

「でも回線元だからGMO WiMAXよりもUQ WiMAXの方が通信速度いいんじゃないの」と思う人もいるかもしれませんね。

じつはWiMAXはプロバイダが違っても利用する回線は同じなんです。

飲み物の場合インターネットの場合

クレードルと同時購入するならお得に利用できるGMO WiMAXがおすすめですよ。

GMO WiMAXの評判/口コミが悪いって本当?利用者に聞いて分かった真相とは
関連記事 GMO WiMAXの評判/口コミが悪いって本当?利用者に聞いて分かった真相とは
2021.04.30

まとめ

ポケットWiFiにクレードルは絶対に必要というわけではありません。

クレードル購入がおすすめの人
  • 端末の紛失や充電忘れを防ぎたい人
  • 自宅でも安定した通信でポケットWiFiを使いたい人
  • ポケットWiFiをホテルや職場で無線LANとして使いたい人

自宅でもポケットWiFiを安定した通信で使いたい人や、インターネット環境があるホテルや職場で確実に無線LANを使いたい人はクレードルの購入がおすすめです。

クレードルはポケットWiFi契約時と同時に購入がおすすめですが、利用してから欲しくなることもあるでしょう。

もし、あとからクレードルが欲しいなと思った場合は通販サイトではなく公式アクセサリーショップで購入しましょう。

公式ショップだともしなにかトラブルがあったときに、代替え品や修理などの対応がスムーズに進むのでおすすめですよ。

ポケットWiFi契約時にクレードルが欲しいと思っている人は、実質月額がWiMAXのなかで最も安くクレードル0円のGMO WiMAXがおすすめですよ。

ポケットWiFi・WiMAXのおすすめ記事

WiMAXおすすめプロバイダTOP5【2020年11月】キャンペーン込み料金・評価を徹底比較
関連記事 WiMAXおすすめプロバイダTOP5【2020年11月】キャンペーン込み料金・評価を徹底比較
2021.04.30
2021年ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較
関連記事 2021年ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較
2021.04.30
ポケットWiFiの通信距離はどれくらい?屋内でもつながりやすくする方法を解説
関連記事 ポケットWiFiの通信距離はどれくらい?屋内でもつながりやすくする方法を解説
2021.04.30
Nintendo SwitchはポケットWiFiやWiMAXで遊べる!接続方法・口コミ・注意点解説
関連記事 Nintendo SwitchはポケットWiFiやWiMAXで遊べる!接続方法・口コミ・注意点解説
2021.04.30
GMO WiMAXキャッシュバック徹底解説。受け取りの注意点は実は2つだけ
関連記事 GMO WiMAXキャッシュバック徹底解説。受け取りの注意点は実は2つだけ
2021.04.30
【2020年最新】WiMAXの評判・口コミまとめ。利用者200人に聞いた本音を紹介
関連記事 【2020年最新】WiMAXの評判・口コミまとめ。利用者200人に聞いた本音を紹介
2021.04.30

関連記事カテゴリ一覧

光回線・Wi-Fi・格安SIMの記事アクセスランキング

光回線・Wi-Fi・格安SIMの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧