ポケットWiFiの設定方法をスマホ・パソコン別に写真で解説。注意点はパスワード入力

2021.4.30

ポケットWiFiの設定方法をスマホ・パソコン別に写真で解説。注意点はパスワード入力

「ポケットWiFiの設定って難しい?」

「契約して手元に端末が届いたけど、まずどうしたらいいかわからない」

はじめてポケットWiFiを申し込んだ人は、こんな悩みを持っているのではないでしょうか。

ポケットWiFi自体は、SIMカードを入れて電源を入れるだけで利用できます。

そのため複雑な設定などはありませんが、スマートフォンやパソコンと接続するときにとまどってしまう人もいるかもしれませんね。

この記事では、ポケットWiFiが届いたら最初にするべき基本的な作業から、スマートフォンやパソコンとの具体的な接続方法まで、図や写真を使って丁寧にご紹介していきます。

いまポケットWiFiを持っている人はもちろん、これからポケットWiFiを持ちたい人も設定方法を知っておくと契約してからすぐに使えるようになりますよ!

安さとサポートでおすすめのポケットWiFi
サービス名 おすすめポイント
DTI WiMAX
  • 20年以上の実績がある通信企業DTI社のWiMAX
  • 3年間の実質月額が3,602円と割安
  • 会員サービスDTI club offで国内レジャーが優待価格になる!
楽天モバイル
  • 1年間月額料金無料キャンペーン中!
  • 対応エリア内なら月間データ容量無制限
  • 契約期間の縛りなし

記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください

ポケットWiFiが届いたら最初にする3つの作業

ポケットWiFiが届いたらまずは次の3つをするべきことは以下の3つです。

  1. SIMカードをセット
  2. 電源を入れる
  3. SSIDとパスワードの確認

「こんなこと知ってるよ!」と思う人もいるかもしれませんね。

しかし、ポケットWiFiの設定がうまくいかないときは、意外と基本的なことが原因となっていることが多いのです。

それでは、それぞれ気をつけるべきポイントをご紹介します。

1.SIMカードをセット

まずSIMカードについて簡単に説明しますね。

SIMカードは、ポケットWiFiやスマートフォンで音声通話やデータ通信などの機能を利用するために必要不可欠なものです。

ポケットWiFiを契約して端末とSIMカードが一緒に届いたら、契約者自身で端末にSIMカードを挿す必要があります。

※SIMカードを入れる必要自体がないレンタルポケットWiFiサービスもあります。
端末

SIMカードは精密機械なので取り扱いには注意する必要はありますが、慎重になりすぎてもいけません。

SIMカードを端末に差し込むときは「カチッ」と音がするまでしっかりと奥まで差し込みましょう

音が鳴らないこともあります。無理に押し込まないようにしましょう

きちんと差し込まれていないと端末がSIMカードを認識しません

また、差し込みが緩いとちょっとした衝撃や振動で外れてしまい、認識しなくなることがあるので注意しましょう。

SIMカードを差す時の注意点

  • SIMカードは精密機械なので慎重に取り扱う
  • 端末にSIMカードを差すときは、しっかりと奥まで差し込む

2.電源を入れる

「電源を入れないと使えないのは当たり前じゃん」と思う人もいるかもしれませんが、重要なポイントです。

ポケットWiFiは精密機械なので、衝撃などに弱い傾向があります。

たとえば運搬時の取り扱いは充分に気をつかっているはずですが、どんなトラブルがあるかわかりませんし、そもそも端末に初期不良が発生している可能性もあります。

ポケットWiFiが届いたらすぐに使う予定がなかったとしても、まずは電源を入れて問題なく起動するか確認することをおすすめしますよ。

すぐに電源がつかない場合、初期不良以外にも充電が切れている可能性があるため、あわてず充電してみましょう。

電源を入れて確認すること

  • きちんと電源がつくか確認(つかない場合は充電)
  • 液晶画面がある場合は、画面の割れがなく問題なく表示されるか確認

3.SSIDとパスワードの確認

ポケットWiFiとスマートフォンやパソコンを接続するためには、ポケットWiFiのSSIDとパスワードが必ず必要になります。

SSIDとパスワードが書かれている場所は機種によって違いますが、機種のディスプレイに表示させるか、機種の背面にラベルテープで貼られていることが多いです。

SSIDやパスワードの位置

「ディスプレイにSSIDとパスワードが表示されない」、「ラベルテープの文字が欠けている」といった場合は、初期不良にあたる可能性があります。

SSIDとパスワードがわからないと利用できないので、すぐに契約先のサポートに問い合わせることをおすすめしますよ。

SSIDとパスワードのまとめ

  • SSIDとパスワードがわからないと、利用できないため重要な情報
  • SSIDとパスワードを正確に読み取ることができるのか確認する

ポケットWiFiとつなげたい機器の設定

ポケットWiFiの設定が終わったら、次は接続したい機器の設定をしましょう。

今回は、スマートフォンとパソコンの設定をご紹介しますが、設定に必要な情報や大まかな手順はプリンターやゲーム機などと接続する場合も変わりませんよ。

スマートフォンとパソコン以外の機器と接続したい人にも参考になると思うので、ぜひご覧くださいね。

スマートフォン(スマホ)の設定

まずはスマートフォンの設定手順をご紹介します。

スマートフォンのOSのシェア率90%を占めるiPhone(iOS)とAndroidの手順をご紹介しますね。

iPhoneの設定

iPhoneの設定手順は以下の通りです。

1.「設定」アプリを開く

2.「Wi-Fi」をタップ

iPhoneのWiFiを設定する方法

3.「ネットワーク」のなかからポケットWiFiのSSIDを選択(サービス名の場合もあり)

iPhoneでポケットWiFIのSSIDを設定する方法

4.パスワードはポケットWiFiのSSIDの下にあるパスワードを入力

iPhoneのWiFIパスワードを入力する方法

iPhoneをポケットWiFiへつなぐ手順は以上です。

続いて、AndroidスマホのWiFi設定を説明していきますね。

Androidの設定

Androidの設定手順は以下の通りです。

1.ホーム画面の「設定」を開く

Androidスマートフォンの設定を開く方法

 

2.「接続」をタップ

androidスマートフォンのWiFi接続設定方法

3.Wi-Fiがオフになっている場合はスライドさせてオンにする

androidスマートフォンのWiFiをオンにする方法

4.「ネットワーク」のなかからポケットWiFiのSSIDを選択(サービス名の場合もあり)

androidスマートフォンでのSSID選択画面

5.パスワードは、ポケットWiFiのSSIDの下にあるパスワードを入力

androidスマートフォンのWiFiパスワードを入力する

iPhoneとAndroidは設定アイコンのデザインなど少しだけ違う箇所もありますが、基本的な作業は同じですよね。

iPhoneやAndroid以外のスマートフォンでも、「設定」→「Wi-Fiを開く」→「SSIDをタップ」→「パスワードを入力する」以上の流れは変わりませんよ。

それでは、次はパソコンの設定手順をご紹介します。

パソコンの設定

パソコンの設定もシェア率が高いOSのWindowsとmacの設定をご紹介しますね。

じつはWindowsやmacはOSのバージョンがありバージョンによって少しだけ設定方法が変わります。

たとえばインターネット設定画面の出し方や表示画面がかわることがありますが、基本的な作業手順は大きく変わることはありませんよ。

Windows(Windows10)の設定

ネットワーク設定はさまざまな方法がありますが、今回はできるだけ簡単にできる設定方法をご紹介しますね。

1.タスクバー(パソコン画面の右下)の地球マークをクリック

windows10のネットワーク設定方法

2.「ネットワーク」のなかからポケットWiFiのSSIDを選択(サービス名の場合もあり)

3.パスワードは、ポケットWiFiのSSIDの下にあるパスワードを入力

ちなみに設定方法はほかにもスタートメニューの設定→「ネットワークとインターネット」で設定する場合やコントロールパネルという機能を利用する方法もあります。

ただし、実際のWi-Fi設定の画面はすべて共通で、途中までの道順が違うだけなので最もやりやすい手順で設定することをおすすめします。

macの設定

macの設定はWindowsと似ています。

1.メニューバー(パソコン画面の上部)のWiFiマークをクリック

macのWiFiアイコン

2.SSIDが表示されるのでポケットWiFiのSSIDを選択(サービス名の場合もあり)

3.パスワードは、ポケットWiFiのSSIDの下にあるパスワードを入力

Wi-Fi設定がされていれば以上の手順で設定は完了です。

しかしWiFiマークがメニューバーに表示されない場合は、パソコン側のWi-Fi設定がされていない場合があるので、以下の手順で設定しましょう。

macのWiFi設定手順
  1. アップルメニューから「システム環境設定」をクリック
  2. 「インターネットとワイヤレス」の下にある「ネットワーク」をクリック
  3. 「ネットワーク」画面が表示されるので、左側の「Wi-Fi」 を選択
  4. 「メニューバーにWi-Fiの状況を表示」にチェック
  5. 「適用」ボタンをクリック

「ネットワーク」からWi-Fi設定をすることもできます。

しかし、メニューバーにWi-Fi状況を表示設定すると、Wi-Fi接続先を切り替えるときや再接続するときに簡単なので便利ですよ!

ポケットWiFiを設定する際の注意点

ポケットWiFiの設定をする際は気を付けなければならない注意点が4つあります。

ポケットWiFi設定の注意点
  • パスワードは厳重に管理する
  • SSIDとパスワードを正確に入力する
  • スマートフォン設定時にデータ通信をオフにする
  • つながりにくいときはエリアを確認する

それでは1つずつみていきましょう。

パスワードは厳重に管理する

ポケットWiFiへのWiFi接続は、SSIDとパスワードさえわかれば契約者以外でも利用できてしまいます。

SSIDは電波が届く範囲内でWi-Fi受信設定をしているすべてのスマートフォンやパソコンに表示されます。

当然ですがパスワードは表示されません。

しかし、パスワードが第三者に知られてしまうと勝手にWiFiを使われてしまう可能性があります。

WiFi通信を勝手に使われてしまうことによるリスク
  • 通信量が増えて速度制限になりやすくなってしまう(データ上限がある場合)
  • 違法ダウンロードなどの犯罪に使われてしまう可能性がある
  • 個人情報を抜き取られてしまう可能性がある

ポケットWiFiを利用していると、友人や家族から「ちょっとWiFi通信させて」といわれることもあるかもしれません。

SSIDとパスワードは信頼できる人のみに教えるようにしましょうね。

SSIDとパスワードを正確に入力する

SSIDとパスワードは、ポケットWiFiを利用するうえでとても重要な情報です。

とくにパスワードは重要なので、英文字の小文字と大文字、数字や記号を複雑に組み合わせてあります。

はじめてポケットWiFiを接続する際は、パスワードを正確に入力しているつもりでも打ち間違えてしまい接続できないということがよくあるので確実に入力しましょう。

数字のゼロとアルファベットのO(オー)や、大文字のI(アイ)と小文字のl(エル)などは見間違えやすいですよね。

一度接続できれば、スマートフォンやパソコンで「このネットワークを自動的に接続する」という設定が選択できるようになる場合があります。

「ネットワークの自動接続設定」をオンにすると、次回以降はパスワードを入力することなく自動でWiFiにつながりますよ!

スマートフォン設定時にデータ通信をオフにする

ポケットWiFiを利用する場合、スマホの契約データプランを最低限の容量にすることでスマホ代を安くできます。

しかし、契約データ容量を減らしたということは、スマホ自体はデータ上限にかかりやすくなるといえますよね。

つまり、ポケットWiFiをうっかり忘れたり電源を入れなかったりしてスマホだけでネットを使うと、スマホはデータ上限に達して速度制限になりやすくなるんです。

スマホが速度制限になってもポケットWiFiがあれば快適にネットはできます。

しかし、スマホが速度制限になっているときにまたポケットWiFiを忘れてしまうなどすると、ネットが遅くてイライラしてしまいますよね。

そこで、スマホのデータ容量を減らしても速度制限になりにくくするために、ふだんはスマートフォンのモバイルデータ通信(キャリアの通信)をオフにすることをおすすめします。

モバイルデータ通信の設定方法

モバイルデータ通信をオフにした状態

モバイルデータ通信をオフにすると4Gのマークがなくなっていますよね。

これでスマートフォンが利用するキャリアの通信を使うことはなくなりました。

つまり、ポケットWiFi回線のみでインターネット接続をしているという状態です。

そうはいっても、「ポケットWiFiの通信だけにすると何がいいの?」と思いますよね。

たとえば、大容量のアプリをダウンロードする際や長時間の動画を送る際は大量の通信量が必要になります。

もしそのタイミングでポケットWiFiの電源が切れたり、人混みなどの影響でWi-Fiがつながりにくくなったりした場合、モバイルデータ通信がオンのままだとスマートフォンのギガをあっという間に消費してしまいます。

モバイルデータ通信をオフにしておけば、予定外のスマホのギガ消費を防げますよ。

ポケットWiFiが繋がりにくいけどネットを使わなければならないというときだけモバイルデータ通信をオンにすれば、速度制限を防ぎながら快適にネットを使えるでしょう。

海外で使えるポケットWiFiを使う場合は

海外でポケットWiFiを利用してスマートフォンを使うときは、さらに注意が必要です。

スマートフォンにはデータローミングという機能があります。

データローミングとは、日本の携帯電話会社が海外の現地と提携している通信を利用できるシステムです。

海外でもスマートフォンが使えるのは嬉しい機能ですが、1つ注意が必要です。

データローミング通信の場合は、携帯電話会社と契約したプランが適用されません。

つまり、「パケット定額プラン」などが適用されないので、海外からの帰国後に予想外の高額出費が発生することがあるのです。

対策としては「モバイルデータ通信をオフ」にすること、それでも不安だという人は通信のオプションで「データローミング」をオフにすることです。

データローミングをオフにする方法

データローミングをオフにしておくと、万が一モバイルデータ通信をオフにし忘れたとしてもデータローミング機能が使われることがないので安心ですよ。

つながりにくいときはエリアを確認する

ポケットWiFiの設定をしていてつながりにくいなと思ったときは、対応エリアを確認しましょう。

もし、対応エリア内にもかかわらずつながりにくいときは、まわりに電波を邪魔するようなものがある、ポケットWiFiが故障しているなどさまざまな原因が考えられます。

ポケットWiFiがつながらないときのための記事もありますので、不安な方はぜひ一度目を通してみてくださいね。

おすすめポケットWiFiをご紹介

では、最後におすすめのポケットWiFiサービスをご紹介します。

通信速度で選ぶなら「WiMAX(DTI WiMAX)」

WiMAXの特徴はなんといっても通信速度の速さです。

とくに、「実際の下り速度」がWebサイトや動画の読み込み時間を左右します。

そこで、知名度の高いポケットWiFiサービス3社の実測下り通信速度を比較してみました。

サービス名
(機種)
WiMAX
(W06)
ワイモバイル
(803ZT)
どんなときもWiFi
(D1)
実測下り速度 33.05Mbps 29.84Mbps 10.65Mbps

この表は横スクロールできます。

※実測下り速度は全国のユーザーによる通信速度レポートを集計しているみんそく様を参考にしております。

WiMAX、ワイモバイル、どんなときもWiFiはテレビCMがよく流れる人気のポケットWiFiです。

利用者が多いサービスは安心感がありますが、回線が混雑しやすくなります。

その中でも、WiMAXは最も実測下り通信速度が速い結果となっていますね。

下り通信速度は20Mbpsあれば4Kなどのとても高画質な動画も快適に読み込めるといわれています。

参考:YouTubeの推奨速度

通信速度が速ければ速いほどポケットWiFiを快適に利用できるので、通信速度で選ぶならWiMAXがもっともおすすめですよ。

また、WiMAXには回線元のUQ WiMAX以外にもプロバイダ(販売代理店)があります。

インターネット回線とプロバイダの関係

WiMAXのプロバイダは20社以上あり、それぞれ料金やキャンペーンが違います。

料金やキャンペーンが違っても、実際の月当たり金額である実質月額を計算した表を見ればどのプロバイダが安いかすぐにわかりますよ。

プロバイダ名
契約期間中の総支払額
キャッシュバック額
契約期間中の実質月額
GMOとくとくBB
評判・口コミを見る
155,160円
30,000円
3,477円

DTI WiMAX

評判・口コミを見る
129,670円
(NTTグループカード払いのみ6,000円)
3,602円
GMOとくとくBB
月額割引タイプ
132,904円
3,000円
3,608円
Broad WiMAX
評判・口コミを見る
132,176円
3,672円
Smafi WiMAX
評判・口コミを見る
132,240円
3,673円
カシモWiMAX
評判・口コミを見る
135,668円
3,769円
So-net WiMAX
評判・口コミを見る
148,656円
4,129円
BIGLOBE WiMAX
※1年契約・端末なし

評判・口コミを見る
50,760円
4,230円
家電量販店WiMAX
キャンペーンを見る
157,680円
4,380円
au WiMAX
※2年契約N適用時

評判・口コミを見る
106,008円
4,417円
BIGLOBE WiMAX
※1年契約・端末込み

評判・口コミを見る
69,960円
15,000円
4,580円
UQ WiMAX
※2年契約

評判・口コミを見る
111,120円
4,630円
@nifty WiMAX
評判・口コミを見る
179,002円
新規契約終了
JP WiMAX
評判・口コミを見る
134,100円
新規契約終了

WiMAXのプロバイダは料金が違っても、利用する回線が同じなので通信速度は変わりません。

そのため、WiMAXプロバイダを選ぶときは安さに注目して選ぶとよいでしょう。

上記の表の中から今回おすすめしたいプロバイダは、DTI WiMAXです。

まずはDTI WiMAXの特徴をご紹介しますね。

サービス運営元 Dream Train Internet(ドリーム・トレイン・インターネット)株式会社
月額料金 1ヶ月目~2ヶ月目:0円
3ヶ月目:2,590円
4ヶ月目以降:3,760円
初期費用 契約事務手数料:3,000円
取り扱い機種 WX06・W06
キャンペーン NTTグループカード新規入会キャンペーン
契約期間 3年
実質月額 3,435円

DTI WiMAXの特徴は月額・キャンペーン込みの実質月額が安いところです。

先ほどの表では、GMOとくとくBB WiMAXが料金面でもっともおすすめとなりますが、こちらはキャッシュバックの受け取りに時間がかかります。

そこでキャッシュバックがなくても料金が最安級のDTI WiMAXが今回はおすすめプロバイダとなりますよ。

また、当編集部が集めた「DTI WiMAX利用者を対象としたアンケート」でもサポート面が高評価でした。


avatar

orange.08さん

サポートの早さは、他社を使用している友人よりも早いイメージがあるので、困った時に直ぐサポートを受けたい人はオススメ。


avatar

HAROさん

利用して2年になりますが、今まで速度に関するトラブルがありませんでした。


avatar

カナさん

電話口での対応が良く、料金に関しても不満はありません。自宅ではノートパソコンとスマートフォンに接続して使用しています。TVがないので、BGM代わりに動画をよく見ているのですが、動作に関してもほとんど問題が起きた事はありません。

上記のように、サポート体制の良さや通信の安定について評価している口コミが多くありました

以上のことから、通信速度の速さ・料金の安さ・評価の高いサポートを重視する人にDTI WiMAXはおすすめですよ。

DTI WiMAXの評判/口コミは実は高評価。おすすめの理由7つと本当の注意点
関連記事 DTI WiMAXの評判/口コミは実は高評価。おすすめの理由7つと本当の注意点
2021.04.30

通信量無制限で使いたいなら「楽天モバイルアンリミット」

サービス運営元 楽天モバイル株式会社
月額料金 1年間: 0円
(通常料金:2,980円)
初期費用 契約事務手数料:3,000円
取り扱い機種 Aterm MP02LN・Aterm MR05LN RW
キャンペーン 月額料金1年間無料キャンペーン
契約期間 縛りなし

楽天モバイルアンリミットは、大手キャリアとなった楽天モバイルが2020年4月からスタートしたサービスです。

現在、料金が1年間無料になるキャンペーンで注目を集めています。

また、楽天回線エリア内ではデータ容量が月間無制限で使えます。

1年間0円で無制限にネットが使えるのは驚きですよね。

それでは楽天アンリミットの利用者を対象としたアンケートをみてみましょう。


avatar

てぃてぃー兄弟さん

なんといっても1年間料金無料が美味しすぎます。キャンペーンでポイントも付くので、機種代も安くなりとても良いからです。


avatar

ホテルモバイルさん

楽天ポイントが大量にもらえるのと1年間無料なのが一番の理由です。 通信速度が低速でも快適に使えるように急遽改善されたのは願ってもなかったです。


avatar

k_hasegawaさん

現在データ無制限の場所は都市部の一部のみなので、その地域に住んでいる人であればかなりお勧めです。 電波は移動しているとたまに途切れる事がありますが、あまり問題になったことは無いです。

利用者の口コミでも1年間無料キャンペーンを魅力に思っている人が多いようですね。

しかし、無制限で使えるエリア(楽天回線)が都市圏だけという口コミが少し気になります。

ただ、サービスエリアは順次拡大されています。

また、楽天回線対応エリア外でも利用することは可能です。

※楽天回線エリア外での通信はパートナー回線利用となります。パートナー回線での通信は月間5GBが上限です。

都市圏に住んでいて無制限で利用したい1年間無料で使いたいという人は楽天モバイルアンリミットがおすすめですよ。

楽天モバイルのポケットWiFiは1年間無料!11月キャンペーン・口コミ体験談・注意点紹介
関連記事 楽天モバイルのポケットWiFiは1年間無料!11月キャンペーン・口コミ体験談・注意点紹介
2021.04.30

まとめ

ポケットWiFiが届いたらまず、SIMカードを設定してバッテリーが不足している場合は充電しましょう。

スマートフォンやパソコンの接続設定するとき大事なのは、まずポケットWiFiのSSIDとパスワードを確認することです。

スマートフォンやパソコンのネットワーク設定でポケットWiFiのSSIDを選択し、パスワードを入力すると接続することができますよ。

この記事を不安なくポケットWiFiを設定するための助けにしてみてくださいね。

安さとサポートでおすすめのポケットWiFi
サービス名 おすすめポイント
DTI WiMAX
  • 20年以上の実績がある通信企業DTI社のWiMAX
  • 3年間の実質月額が3,602円と割安
  • 会員サービスDTI club offで国内レジャーが優待価格になる!
楽天モバイル
  • 1年間月額料金無料キャンペーン中!
  • 対応エリア内なら月間データ容量無制限
  • 契約期間の縛りなし

おすすめのポケットWiFi記事

ポケットWiFiの使い方は電源を入れるだけ!?スマホ・パソコンの接続方法を図で解説
関連記事 ポケットWiFiの使い方は電源を入れるだけ!?スマホ・パソコンの接続方法を図で解説
2021.04.30
ポケットWiFiとパソコンを接続する方法!速度・月間無制限で今おすすめのサービス2選
関連記事 ポケットWiFiとパソコンを接続する方法!速度・月間無制限で今おすすめのサービス2選
2021.04.30
ポケットWiFiのセキュリティは安全?注意すべきリスクと手軽にできる対策・設定方法
関連記事 ポケットWiFiのセキュリティは安全?注意すべきリスクと手軽にできる対策・設定方法
2021.04.30

関連記事カテゴリ一覧

光回線・Wi-Fi・格安SIMの記事アクセスランキング

光回線・Wi-Fi・格安SIMの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧