パソコンのフォーマットで不具合を解消!その方法や注意点をご紹介

2021.4.30

パソコンのフォーマットで不具合を解消!その方法や注意点をご紹介

「なんだかパソコンの調子が悪いなぁ……。」こんなとき、その問題を解決する様々な方法がありますが、パソコンのハードディスクなどをフォーマットすることで、パソコンの不具合が改善されることあります。何をしてみても調子がよくならないという方は、一度パソコンをフォーマットしてみませんか?
このコラムではパソコンのハードディスクのフォーマット方法や注意点についてご説明します。ぜひ参考にしてみてください。

フォーマットとは

フォーマットとは、パソコンを初期の状態に戻して使えるようにすることをいいます。フォーマット(format)を日本語にすると、「初期化」になります。
ディスクの内容を消去することによって、再びOSがファイルに読み書きできるような基本情報を書き込みます。そうすることで、また正しくデータを書き込めるようになります。
データの読み書きがうまくいかないなど、調子が悪いときはパソコンでフォーマットを試してみましょう。

フォーマットの形式

ハードディスクのフォーマット形式は、いくつか種類があります。具体的にはNTFSやFAT32、exFATなどがあります。

いま使っているハードディスクのフォーマット確認方法
「マイコンピュータ」→外付けハードディスクのアイコンを右クリック→「プロパティ」→ファイルシステムの項目で確認できます。

異なるフォーマット形式へ変更することも可能ですが、Windowsのみで使用する場合であれば、NTFSにフォーマットすると、使用に制限がなくよいかもしれません。
パソコンでフォーマットするときは、その形式も気にしてみましょう。

      フォーマットの形式

パソコンでフォーマットする手順

OSによって手順が異なりますが、ここではWindows7搭載のパソコンで、NTFS形式で1パーティションハードディスクをフォーマットする手順をご紹介します。

大切なデータ類やインストールされているユーティリティなど、バックアップをとる
保存しておきたい重要データは消えてしまうのを防ぎましょう。別の場所へコピーしておくなどして必ず保存をしておきます。

フォーマットするハードディスクなどをパソコンに接続します。
初期化すべきハードディスクではないUSBメモリーやSDカードが、誤って初期化される可能性があります。取りつけた周辺機器などは取り外して作業をしましょう。

ディスクの管理画面へアクセスします。
「スタート」→「コンピューター」を右クリック→「管理」→「コンピューターの管理」内の「記憶域」下の「ディスクの管理」を選択

フォーマットしたいディスクを選択する。
ダブルクリックするとハードディスクなどが表示されるので、フォーマットをするハードディスクを右クリック→「シンプルボリュームの削除」ウィンドウが表示されます。
ウィンドウ内でディスクと表示されているのが、主にハードディスクです。容量などを確認して、対象のハードディスクを選択してください。「ディスク0」というのは一般的なパソコンでは内臓ハードディスクになります。「ディスク0」は削除しないように注意してください。

「はい」を選択するとデータがすべて削除されます。
「はい」を選択でデータが消えます。事前にデータを保存しておけば焦ることなく削除できます。

割り当てが無い領域にボリュームを作成します。
「未割り当て」と書かれているところを右クリック→「新しいパーティーション」を選択

「新しいパーティションウィザード」でフォーマットします。
基本的には全て「次へ」を選択します。クイックフォーマットにチェックを入れて進むと、通常より短時間でフォーマットをすることができます。通常のフォーマットで進むと初期化に加えて、ハードディスクのチェックも行ってくれます。ハードディスクの不良部分が見つかった場合に使用しないようにしてくれますが、フォーマット作業に数時間かかります。

「新しいパーティションウィザード」の完了画面で、「完了」を選択する
「完了」をクリックすることでフォーマットが開始します。「コンピューターの管理」画面に表示されているハードディスクのフォーマット状況が、「フォーマット中」から「完了」に変わったら、パソコンのフォーマットは終了です。

パソコンでフォーマットする際の注意点

パソコンをフォーマットすると、ハードディスク内部にあるデータはすべて消去されてしまうので注意しましょう。必要なデータはバックアップをとるようにしてください。

また、周辺機器をパソコンにつないだままフォーマットすると、誤ってデータを削除してしまうことにつながります。フォーマットをするハードディスク以外は取り外して作業しましょう。

      パソコンでフォーマットする際の注意点

パソコンでフォーマットできない場合の対処法

フォーマットをしようとしても、「フォーマットを正常に完了しませんでした」というエラーが表示される場合があります。
このようにパソコンでフォーマットできない場合には様々な原因が考えられます。例えばウィルスによるものや物理的なダメージがある場合や不良セクターなどが挙げられます。ウィルスにかかっているパソコンに接続したことのあるものであれば、ウィルスがハードディスクなどに感染している可能性もあります。実際にはウィルスよりも不良セクターが原因のことが多いといわれています。この場合はインターネット上にある専門ツールを使用するとチェックできますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このコラムではパソコンでのフォーマットの方法や注意点についてご説明しました。ご自宅のパソコンの調子が悪いという方は、一度フォーマットを試してみてはいかがでしょうか。もしフォーマットをしても不具合が改善されないという場合は自分でチェックしてもよいですが、パソコンのプロに診てもらってもいいかもしれません。もしかしたらその不具合は、修理できない内部などの問題である可能性もあります。パソコンは大切なデータが入っているものなので、早めに問題を解消し、安心して使用したいものですよね。

パソコン修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「パソコン修理」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

パソコントラブルを解決

パソコン修理のプロが迅速対応

※対応エリアや加盟店によって変わります

パソコンが動かない!ウイルスに感染したかも?インターネットにつながらない!そんなパソコントラブルお任せください!Windows・Macどちらも対応いたします!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

古いパソコンもお任せください!あらゆる修理を承ります。

パソコン修理 8,800円~
パソコン修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

パソコン修理の記事アクセスランキング

パソコン修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理