パソコンのハードディスクを交換する方法は?選び方や注意点もご紹介

2021.4.30

パソコンのハードディスクを交換する方法は?選び方や注意点もご紹介

ハードディスクが故障しそうになって調子が悪くなり、容量がいっぱいになったら新しいパソコンに交換しなければいけないのでしょうか?
パソコンのハードディスクを交換するには分解しなければいけないと思うと壊してしまいそうで不安になるかたも多いかと思います。

実はハードディスクが故障したからといってパソコンの本体を新しいものに変えなければいけないというわけではないので自分で交換ができてしまいます。
初心者でも簡単に交換できる方法を紹介します。

パソコンの内蔵ハードディスク交換の前に準備しておくこと

パソコンのハードディスクを交換する際に事前に準備しておくことがあります。
パソコンは部品の集合体なので、部品が破損しても交換すれば使用できることも多いです。
とくにハードディスクは壊れやすい部品です。ハードディスクの交換は、パソコンの高速化において大事な部分となるので新しいハードディスクに交換することによりパフォーマンスも向上します。

しかし、パソコンを分解してハードディスクを交換するため、メーカーによっては今後サポートが受けられなくなることもあります。機種によっては、分解が難しいものもあるので注意が必要です。

ハードディスクは2種類の大きさに分けられます。
2.5インチがノートパソコンに使用され、3.5インチがデスクトップパソコンに使用されています。接続の規格も2種類に分けられ、IDE接続が2000~2008年ぐらいに主流になった規格です。
もう一種類のSATA接続が2008年以降に主流となっている規格に分けられます。
この二つの違いとして、直接見て調べるかフリーソフトで見分けることができます。

IDEは、SATAが登場するまでパソコンパーツのインターフェースとして使用されてきました。
IDE接続は、ピンがたくさんあるのが特徴です。
最近のマザーボードはIDE接続できるように端子はついていることはありますが、SATAが登場してからハードディスクも光化学ドライブも新しい規格を使用するので、IDEを使用することがほとんどなくなりました。
SATAは、IDEよりも高速データの転送ができるようになり、接続方法や接続ケーブルなどもシンプルになりました。
ハードディスクや光化学ドライブの接続も主流になっています。

ハードディスクなどの部品を購入するには、価格が安く、パッケージが簡易で説明書がついていないバルク品と価格が高く、箱付の添付品があるリテール品に分けられます。
バルク品は、パソコン専門のショップにあり、リテール品は家電店で販売されているので自分に合ったほうを選択して準備しておきましょう。

      パソコンの内蔵ハードディスク交換の前に準備しておくこと

パソコンの内蔵ハードディスクの選び方

ハードディスクのメーカーは色々ありますが、メーカーによって付いていない機能があることや、相性が合わないということは基本的にはないです。
どのメーカーも大きさやねじの場所は同じなので使用する部品も同じです。
内蔵されているハードディスクの容量やメーカーを同じものにする必要はないですが、コピーやクローンなどを行うときに元々ついていたディスクの容量が400GBの場合、新しく交換するディスクも同じ容量にしたほうが、区画や領域を変更せずに済むので初心者の方は扱いやすいでしょう。

ハードディスクを交換するにあたり、2011年以降AFT(アドバンス・フォーマット・テクノロジー)が採用されたハードディスクが増えてきています。
これが登場してからハードディスクの交換は、特に難しいものではなかったですが、少し複雑化した作業になってしまいました。
元々内蔵されていたハードディスクがAFTかどうか調べてから交換するようにしましょう。
パソコンのハードディスクの容量ですが、ハードディスク内の磁気ディスクのことをプラッタ枚数といい、これが少なく密度が高いほうが速度が速くなります。
交換するのであれば500G~1TBが最適でしょう。
パソコンのハードディスクの交換は、メーカー製のパソコンでも自作のパソコンでも手順は一緒なので次で方法を紹介します。

      パソコンの内蔵ハードディスクの選び方

パソコンの内蔵ハードディスク交換方法

パソコンのハードディスクの交換方法の手順を紹介していきます。
①パソコンからハードディスクを取り出します。
取り出すときに、ハードディスクの大きさや規格が確認することができます。ハードディスクが交換できるものなのかも見ることができます。

②新しいハードディスクを取り付ける
パソコンに新しいハードディスクをつけます。正常取り付けられているかBIOSの画面で確認できます。

③Windowsをインストールする
取り付けが完了したら、Windowsのインストールを行いますが、パソコンの初期化作業と同じです。メーカーや機種によってインストールの方法は異なりますので事前に調べてから行いましょう。

パソコンの内蔵ハードディスク交換は自己責任で行おう

パソコンのハードディスクの交換作業は、必要な工具はドライバーのみで交換も簡単に行うことができます。
メーカーや機種によっては、交換が難しく、分解できないものもあります。
また、壊れた場合の保証もハードディスクを交換している場合、対象外になってしまうおそれもあるので注意しておきましょう。
コネクタやパソコンの内部もデリケートなので傷つけないように作業することが必要です。
交換するときは、すべて自己責任になるので気をつけて作業しましょう。

      パソコンの内蔵ハードディスク交換は自己責任で行おう

まとめ

難しそうに思えるパソコンのハードディスクの交換ですが、意外と簡単にできてしまいます。
内蔵されているハードディスクによって複雑な作業のものもありますが、自分でもできてしまいます。
小型のノートパソコンや液晶と一体型のデスクトップパソコンなど交換するのに難易度が高い場合もあるので事前に交換できるか調べておくことが必要です。
ハードディスクの交換は初心者でも簡単にできる作業ですが、パソコン内部を傷つけてしまうことが不安であれば業者に相談してみてはいかがでしょうか。

パソコン修理を業者に依頼する際は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「パソコン修理」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

パソコントラブルを解決

パソコン修理のプロが迅速対応

※対応エリアや加盟店によって変わります

パソコンが動かない!ウイルスに感染したかも?インターネットにつながらない!そんなパソコントラブルお任せください!Windows・Macどちらも対応いたします!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

古いパソコンもお任せください!あらゆる修理を承ります。

パソコン修理 8,800円~
パソコン修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

パソコン修理の記事アクセスランキング

パソコン修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理