家の鍵がないときの対処方法をご紹介!困ったときは業者に連絡しよう

2021.4.30

家の鍵がないときの対処方法をご紹介!困ったときは業者に連絡しよう

帰宅して、さあドアを開けようと思ったら「あれっ!鍵がない……」そんな経験はありませんか?当然ながら、鍵がないと家に入れないので困ってしまいます。いつも肌身離さず持ち歩いている家の鍵のはずなのに、そんな大切なものをいったいどこにやってしまったのでしょう?

そんなときは焦れば焦るほど取り乱し、頭の中が真っ白になってしまいます。どこにやったか全く見当もつきません。

こんな状況に陥ったら、私たちはいったいどうすればいいのでしょうか? 今回コラムでは、家の鍵をなくしたときの対処方法についてご紹介していきます。

家の鍵を紛失したらまずは身の回りを確認

家に入ろうと思って、せっかく玄関の前まで来たのに「鍵がないから家に入れない!さあどうしよう?」ということもあります。あるはずの鍵がないと気づき、びっくりしてしまいますが、そんなときほど、焦りは禁物です。

ひとまず、心を落ち着けましょう。焦っても鍵は出てきません。気持ちに余裕がなくなり、事態を悪化させるだけになってしまいます。いま手元に鍵がないということは、きっとどこかにはあるはずなのです。

・行動を振り返る
まずは、ご自分の記憶をたどることが必要です。今まで自分がどのような行動をしてきたのか、今日一日の記憶をたどっていきましょう。

・カバンやポケットの中
ご自分の身の回りを確認してみましょう。カバンのポケットに入っていないでしょうか?履いているズボンやスカートなどのポケットの底など、いつも使わないポケットにしまっているかもしれません。

・家族に伝える
ご家族がご一緒にお住まいのかたや近くに住んでいらっしゃるかたは連絡しましょう。ご家族がスペアキーで開けてくれるかもしれません。

・立ち寄った場所
帰り道に立ち寄ったお店などに、鍵を置き忘れてはいないでしょうか。買い物してふとした瞬間に、鍵をどこかに置いてしまっていることもあります。また、財布を出すときに一緒に落ちてしまったということもあるので、心あたりがあるようなら一度お店に連絡して確認してみましょう。

とりあえず落ち着こう!そして再度身の回りの確認を!

鍵が見つからなかった場合は警察に届け出を!

思い当たる場所を探しても見当たらない場合や、夜遅くで立ち寄ったお店などが営業していない場合もあるでしょう。そのようなときは、警察に遺失物届をしておくと安心です。

鍵がないと家に入れないので焦るかもしれませんが、もしかしたら鍵を見つけた人が、警察に届けてくれるかもしれません。

管轄の警察署ではなくても、近くの交番でも対応してくれるので、早めに遺失物届を出すようにしましょう。

それでも鍵がないなら、まずは警察に届け出をしよう

賃貸の鍵を紛失した場合は管理者へ連絡する

賃貸物件にお住まいのかたは、大家さんや管理会社へ「鍵がないため家に入れない」という旨を伝えておきましょう。大家さんや管理会社がスペアキーを持って入れば、開けてくれるかもしれません。

最近では悪用を未然に防ぐために、入居者に全ての鍵を預けて管理会社などは預からないケースが増えています。しかし鍵がないという報告は、防犯上の理由からも貸主に対して必要になってきます。

家の鍵がないときにやってはいけない行為

鍵がないと家に入れないからといって、決して無理やりこじ開けようとしてはいけません。鍵のプロでもない人が、無理に鍵穴をいじると壊してしまうこともあります。鍵を無くしてしまったときに、やってはいけないこともあるので注意が必要です。

ピッキング

ピッキングは針金やヘアピンを使って鍵穴を開けることです。プロになると【ピック】と【テンション】という専門の道具を使って開錠しますが、このような道具は有資格者のみに持つことが許されています。また、このような専門道具を使いこなすには、高度な技術が必要となります。

鍵をなくしたときは気持ちも焦っています。そのようなときに、技術のない人が針金など身近な物を使って無理に開けようとすると鍵穴を壊してしまうかもしれません。そもそもヘアピンなどで開けられるような鍵は、南京錠のような防犯性の低い鍵です。

家の鍵に安易にピッキングを行うことは危険なので、このような行為は決して行わないようにしてください。

家の鍵をなくしてしまった際にやってはいけないこと

家の鍵を紛失して困ったときは業者に連絡しよう!

帰宅したときは夜遅いこともあります。「鍵がないから家に入れない!」と気づいたときには深夜の時間帯で、大家さんや管理会社に連絡がつかないかもしれません。

深夜に家に入れないと、夜が明けるのを待たねばならず困ってしまいます。そんなときは、鍵業者に連絡をすることをおすすめします。24時間営業の業者も多いので、困ったときにすぐに駆けつけてくれるでしょう。

業者に依頼するときは鍵交換がおすすめ

鍵業者に頼む際は、鍵の交換をしたほうが安全です。もしかしたら鍵を見つけた人が空き巣などに入るおそれもあります。このような被害にあわないために、鍵の交換をしましょう。

鍵の交換をするときは、防犯性の高い鍵にしておくと安心です。ただし賃貸物件にお住まいのかたは、勝手に鍵の交換ができません。必ず管理会社や大家さんに鍵の交換をする旨を伝えて、承諾を得ましょう。

鍵の交換をしても大家さんや管理会社に黙っていると、退去時に鍵の交換代金を請求されるなど後々のトラブルになりかねません。許可を得て交換した場合も、合鍵を大家さんに預けることが必要になることがあります。入居したときの契約書などを再度確認しておきましょう。

まとめ

鍵がないときは、家に入れないので焦ってしまいがちです。しかし、いったん気持ちを落ち着けて、身の回りをいま一度よく探してみましょう。

念のために、最寄りの交番に遺失物届を出しておくと安心です。どうしても見つからない場合は、管理会社や大家さんに連絡しましょう。「鍵がないので家に入れない」という旨を伝えると、スペアキーで開けてくれるかもしれません。

しかし帰宅しようとした時間帯が遅く、管理会社や大家さんの営業時間が終わっていることもあるでしょう。そんなときは、鍵業者に解錠をお願いしましょう。鍵業者は24時間営業していることが多いので、深夜でも安心して依頼することができます。

また業者に依頼した際は、防犯のため必ず鍵の交換をしましょう。防犯性の高い鍵に交換しておくと安心です。賃貸物件にお住まいのかたは、管理会社や大家さんの許可が必要のため、必ず連絡するようにしましょう。

鍵トラブルを迅速に解決!

到着までにかかる時間 最短5

※対応エリアや加盟店によって変わります

あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。

鍵開け・交換・修理 8,800円~
鍵開け・交換・修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

鍵開け・交換・修理の記事アクセスランキング

鍵開け・交換・修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧