玄関の鍵は防犯の要!鍵の種類や交換費用についてくわしく解説

2021.4.30

玄関の鍵は防犯の要!鍵の種類や交換費用についてくわしく解説

防犯対策というと、玄関の鍵管理を重視している人も多いのではないでしょうか。戸建て住宅の場合空き巣は窓から侵入することがほとんどのようですが、玄関などの出入り口から侵入することもあります。

最近では高性能の鍵も増えており、古い鍵を交換することによって防犯性を高めることが可能です。また鍵の交換が必要な場合は、鍵の劣化のほかにもさまざまなものがあげられます。

今回は玄関鍵の種類についてご紹介します。鍵の交換を考えている、という方はご参考ください。

玄関鍵の重要性

家の人がいないうちに泥棒に入る空き巣たちは、ピッキングという施錠技術を用いて玄関から侵入する場合が多いです。特にマンションの場合だと、必然的に侵入箇所は玄関に限られてきます。玄関は家の入口であり、同時に防衛の要でもあるのです。

そんな玄関の鍵管理は防犯において大切です。鍵のトラブルには紛失や変形などが考えられますが、鍵のトラブルが起こった際には早めの対処が必要となります。

こんな場合は交換しよう

玄関鍵のキーをどこかに落としてしまった場合は、たとえスペアキーがあったとしても、鍵の交換をおすすめします。「キー1つ落としただけでは空き巣に入られはしないだろう」と楽観視している人もいるでしょうが、それは大きな間違いです。

空き巣は落とした人の顔さえわかれば、そこから住所を特定することができます。もし鍵を落とした現場を空き巣が見ていたら、その空き巣は落とし主を調査していき、やがて鍵を落とした家を探しだすでしょう。そうなれば最後、家は空き巣の魔の手にかかるというわけです。

また、次の項目で紹介するディスクシリンダーやピンシリンダーといった玄関鍵は、防犯性が非常に低いので別の鍵に交換するようにしましょう。長い間使われている種類の鍵は、ピッキングの方法が練られている場合が多いのです。

      玄関鍵の重要性

一般的な玄関鍵の種類

一般家庭で使われている玄関鍵のほとんどは、鍵穴に専用のキーを差し込むことでロックを解除するタイプのものです。その一般的なタイプの玄関鍵にもいくつか種類があるので、この項目ではそれらについて解説していきます。

ディスクシリンダー

ディスクシリンダーは鍵穴が「く」の字に曲がっており、キーには溝が刻まれています。安価だったために多くの家屋で採用されましたが、非常にピッキングしやすいために今や空き巣に最も狙われやすい玄関鍵となってしまっています。この通り防犯性はものすごく低いので、すぐに別の玄関鍵に交換した方がいいでしょう。

ピンシリンダー

ピンシリンダーは鍵穴が縦型で、キーの溝は片側にだけ刻まれています。防犯性はディスクシリンダーよりは高いですが、全体的に見れば非常に低い方です。ですので、防犯性の高い別の鍵に変えるか、補助鍵と併用するといいでしょう。

ディンブルシリンダー

ディンブルシリンダーは鍵穴が縦型で、キーの表面にデコボコができているのが特徴です。ピッキングが比較的難しいとされており、防犯性はディスクシリンダーやピンシリンダーよりはるかに高いです。また、複製もほぼ不可能だとされています。

ロータリーディスクシリンダー

ロータリーディスクシリンダーは、ディスクシリンダーの進化系ともいえる玄関鍵です。鍵の内部に円形のタンブラーが設置されており、鍵が入ってない場合にはタンブラーが回転せず、ロックも解除されません。この仕組みから、ピッキングは極めて難しいとされており、防犯性も高くなっているのです。

      一般的な玄関鍵の種類

特殊な玄関鍵の種類

一般的な鍵穴にキーを差し込むタイプの玄関鍵以外にも、いろいろな種類の玄関鍵が存在しています。この項目では、それらのなかから代表的なものを3つほど紹介していきます。

カードキー

専用のカードをかざしたり差し込んだりすることでロックを解除するタイプの玄関鍵です。
ピッキングやカードの複製が難しいタイプなので、防犯性は高いといえるでしょう。

暗証番号鍵

あらかじめ設定しておいた暗証番号を入力することでロックを解除するタイプの玄関鍵です。鍵を持ち歩く必要がないので鍵を紛失するおそれもなく、ピッキングにも強いという特徴があります。ただし、番号が漏れると誰にでもロックを解除できてしまうので、定期的に暗証番号を変える必要が出てきます。

指紋認証鍵

指紋を認証させることでロックを開錠するタイプの玄関鍵です。こちらも暗証番号鍵と同様、鍵を持ち歩く必要がないというメリットがあり、防犯性も高いといえます。しかし、指紋が薄い人の指紋が認証されにくいというデメリットもあります。

      特殊な玄関鍵の種類

鍵の交換にかかる費用や時間

玄関鍵の交換には、それほど時間は必要ありません。鍵交換は基本的には単純な作業なので、30分もあれば作業は完了するでしょう。費用は約20,000~30,000円が相場だとされていますが、数年単位で使う鍵ですので、長い目で見ればそう高価ではないでしょう。

また、自分の手で玄関鍵を交換するという手もあります。必要な道具さえあれば、業者の手を借りずとも作業をこなすことは可能でしょう。しかし失敗した場合ドアが閉まらなくなるといった事態におちいってしまうので、自分の腕に不安が残る方は、素直に業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

もし自分の家の鍵がディスクシリンダーだった場合は、すぐにでも別の鍵に交換しましょう。面倒だから今のままでいいと思っていたら、ある日突然空き巣に入られていてもおかしくはありません。

空き巣のピッキング技術は日々向上していっているので、防犯技術もそれに対応していかなければなりません。我が家の安心を守るためにも、玄関鍵の防犯性は常に安心できる状態を保っておくようにしましょう。

防犯鍵できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防犯鍵」をご覧ください。

鍵トラブルを迅速に解決!

到着までにかかる時間 最短5

※対応エリアや加盟店によって変わります

あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。

防犯鍵のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

防犯鍵の記事アクセスランキング

防犯鍵の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧