芝刈りに関する情報まとめ!芝刈りをおこなう時期やコツを把握しよう

2021.4.30

芝刈りに関する情報まとめ!芝刈りをおこなう時期やコツを把握しよう

庭やご自宅の玄関前に、芝を敷いている方も多いでしょう。せっかく自宅に芝を敷いているのであれば、常にきれいな状態を保っておきたいものです。

そんなご自宅の象徴ともなる芝ですが、必ず必要な作業が芝刈りです。芝刈りは、芝が健康に生きていくために、絶対に必要な作業なのです。

芝刈りが芝生にとってどうして必要なのか、また芝刈りを行うタイミングなども再確認しておきましょう。時期を誤ると芝が上手く育たなくなったり、枯れてしまったりすることがあるのです。

「芝刈り」は芝生にとって重要なお手入れです

そもそも芝刈りは、どうして必要なのでしょうか。芝刈りの重要性をきちんと知っておくことで、定期的に行おうという気持ちにもなります。

芝刈りが必要な理由

芝刈りが必要な理由は、主に2つ挙げられます。ひとつめは、芝刈りを怠って芝が必要以上に伸びてしまうと、害虫がたくさんわいてしまうおそれが高いからです。せっかくの芝に、害虫がわいてしまうとだんだんと枯れていってしまう原因にもなります。

もうひとつの理由は、芝の密度に関係します。芝生というとふかふかと密度のあるものを思い浮かべるかと思います。芝は生き残るために、芽の数を増やす性質があります。芝の密度が高まるのは、性質上芝刈りをして成長を止めると芽の数を増やして密度を高めようとします。そのため、芝刈りをこまめに繰り返すことで、より密度の高いふかふかの芝生を作ることができるのです。

芝刈りに適した時期と頻度

芝刈りには、適した時期と頻度があります。また、それは芝の種類によっても異なります。芝刈りを一定期間怠ると、葉だけでなく茎の部分もぐんぐんと伸びてしまいます。その伸びてしまった茎を芝刈りの際に傷をつけてしまうと、芝全体を弱らせることにもつながるのです。これを軸切りといいます。

芝には、大きく分けて「日本芝」と「西洋芝」があります。日本芝は、日本の気候で育てやすい、高温多湿に耐えられる品種です。代表的な品種として、高齢芝などが挙げられます。一方西洋芝は、日本のものよりも柔らかく、日本の高温多湿の気候には弱いため、育てるには手厚くケアをする必要がある種類です。

日本芝を敷いている場合、ある程度成長する4月から6月、9月は月に1回芝刈りをします。また、成長が著しい7月や8月はぐんぐんと伸びていくため、週1回の芝刈りが必要です。10月から3月の寒い時期には、芝は伸びませんので、芝刈りは必要ありません。

一方、西洋芝を敷いている場合、日本芝の芝刈りの頻度は異なります。少しずつ暖かくなる3月は月2回、また高温多湿を嫌う西洋芝は夏前によく伸びるため、4月から6月の間に週1回芝刈りをします。

真夏は日本芝と異なり暑さに成長しにくくなるため、2週間に1回のペースで芝刈りをするのが理想です。そして9月から10月にかけても、週1回の芝刈りを行います。冬は日本芝同様、芝刈りをする必要はありません。

      芝刈りの目的と効果

芝刈り機は種類豊富!お庭の芝生に合ったものを選ぼう

芝刈りをする際に必須なのが、芝刈り機です。芝刈り機と一言でいっても、その種類は非常に豊富です。どのようなタイプがあるのか、見ていきましょう。

比較的狭い場所に芝を敷いている場合に活用しやすいのが、手押し式リール芝刈り機です。これは自動ではなく、手で押しながら使用する芝刈り機です。小さくて軽く、子供でも簡単に使うことができます。本体が軽いため方向転換などが簡単にでき、利便性も高いのです。

デメリットは、1度に刈ることができる量が少ないことです。そのため、狭い場所に使用するぶんには全く問題ありません。

広範囲にわたって芝を敷いているご家庭におすすめなのが、自走式芝刈り機です。こちらの刃はエンジンで動くため、手押し式より大きく重いです。小回りも効きますが、大人による作業が必要です。手押しよりも1度に刈ることができる量は多いため、広い範囲に芝を敷いていれば自走式のものを持っているとずいぶん芝刈りが楽になります。

また、建物に沿って生えている部分や障害物との際に生えている芝を刈りたい場合、芝刈り機では刈ることができません。このような細かい部分の草を刈る際に必要なのが、芝生バリカンです。片手でも持てる小さなタイプで、芝刈り機では刈ることができない細かい場所に使用するのに適しています。

ご自宅での芝の面積などを考慮し、どのような芝刈り機が適しているのか選んでみましょう。また、建物や障害物などの周りにも芝が生えている場合は、芝生バリカンも使用する際の部分は丁寧に処理しましょう。

      芝刈りを行う時期と頻度

失敗しない!きれいに芝刈りするためのコツ

芝刈りをしたことがない方やまだ経験が浅い方は、どのような点に注意して芝刈りを行えばよいのか、なかなかわかりませんよね。芝刈りはただ適切な時期に行えばよいというわけではありません。

「軸刈り」に注意!

芝刈りをする際に気をつけることのひとつめが、軸切りです。軸切りとは、芝の成長に関わる茎の部分を切り取ってしまうことであり、この部分を傷つけることで芝の密度を下げてしまう原因にもなります。

軸切りをしてしまう原因として挙げられるのが、芝刈りを時期に合った頻度で行わなかったことです。芝が伸びる時期に芝刈りを怠ると、軸となる茎も段々とのびてしまいます。

また、もうひとつの原因が、時期に合った頻度で芝刈りをしているのにも関わらず、深く切り込みすぎてしまうことで茎に傷をつけてしまうケースです。軸切りしてしまうのを避けるためには、芝の長さの3分の1を刈り取るということを心がけます。それ以上の長さを切ってしまわないようにしましょう。

「際刈り」するときのポイント

建物に近い部分やウッドデッキ、さらには砂利を敷いている部分に近い芝は、芝刈り機は使用できません。「際刈り」をするときには、芝生バリカンを使用しましょう。芝生バリカンの多くは、壁などを傷つけてしまわないように、ガードがついています。そのため、より安心して使用することができるのです。

どうしても伸びっ放しがちになってしまうのが、際の部分です。この部分までしっかりとお手入れをすることで、よりきれいな芝をつくることができるのではないでしょうか。

      芝刈りの際は軸刈りに注意

きれいな仕上がりを望むならプロに頼むのがおすすめ

広い庭に芝生を敷いていたり、玄関先に敷いていたりする場合は、ご家庭のひとつの魅力であったりもします。芝を育てる上で、失敗はしたくないという方や、理想に近いふかふかの状態に仕上げたいという方も多くいらっしゃるでしょう。

そんな方々におすすめするのが、業者に芝刈りを依頼することです。業者に依頼することで、豊富な専門知識から、ご自宅で育てている芝に合った芝刈りを行ってくれるでしょう。

日本芝でも西洋芝でも、季節によっては週1回のペースで芝刈りをする必要があります。芝を敷いている面積が広ければ広いほど、芝刈りに費やすことのできる十分な時間が確保できない場合もありますよね。

きちんとお手入れされた芝が一面に広がっていると、ご自身の気持ちも安らぐだけでなく、多くの方を魅了するお庭や玄関先となるでしょう。密度が高く、ふかふかの芝生を育てたいという方は、ぜひプロに芝刈りを依頼してみてくださいね。

      芝刈り以外のお手入れも大切

まとめ

芝刈りは、芝生にとって必要不可欠な作業です。病害虫を防ぐため、また密度の高いふかふかの芝生を目指すには、時期に合った頻度で芝刈りを行う必要があります。

芝刈りを行う際に必ず必要となるのが、芝刈り機です。芝刈り機には、手動のものや電動のもの、さらには際の部分に適したバリカンなどが存在します。ご家庭での芝の面積に合わせて、どの芝刈り機が必要なのかを考えてみましょう。

しかし、時間が十分に取れない方や、芝刈り機をわざわざ購入するのが面倒な方、さらにはご自身できれいな芝に仕上げることに不安がある方は、ぜひプロに芝刈りを依頼してみてください。せっかくの芝ですから、密度の高いふかふかの芝生に仕上げてみてくださいね。

芝張りを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「芝張り」をご覧ください。

芝張りは下地作りが重要

現地調査、事前見積もり無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。

芝張り 平米 2,800円~
芝張りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

芝張りの記事アクセスランキング

芝張りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧