庭を芝生にする費用は?業者とdiyのメリット・デメリットなど解説

2021.4.30

庭を芝生にする費用は?業者とdiyのメリット・デメリットなど解説

きれいな芝生の広がる庭に、一度は憧れるものですよね。でも、芝生の価格がどれくらいかかるのか分からない方も多いようです。

今回は芝生の庭を実現するためにはどれくらいの費用が必要なのか、詳しく解説していきます。

庭や外構を芝生へと施工するメリットとは?

芝生は柔らかく、足腰への負担が少ないです。膝をついたり寝転んだりと自由に動き回ることも可能になるので、子供が自由に遊んだりできるようになるでしょう。

また、芝生はプランターや花壇のお花に調和します。お庭全体を使って本格的なガーデニングを楽しむことができます。

      庭を芝生にするメリットとは

芝生の種類によって値段は変わる

芝生は、一般的に37×30㎝のシートで売られていることが多く、インターネットの場合は9枚、ホームセンターでは10枚が1束で販売されているようです。

芝生の価格は場合によって変わりますが、日本芝だと1束約500円、西洋芝で1束約1000円くらいで売られていることが多いようです。

ホームセンター

比較的安く、実際に商品を見てお店の人に相談しながら購入することができるので、気軽な気持ちで購入することができます。

しかしお店の管理方法によって品質が変わってくるので、新鮮な芝生が手に入りにくいかもしれません。枯れてしまっていたり、群れてしまっていたりと状態が悪いケースもあるので注意が必要です。

通販

家にいながら買い物ができるので、芝生を持って帰る手間が省けます。また注文を受けてから芝を切り取って出荷するので、新鮮な芝を手に入れることができます。

デメリットとしては別途送料がかかってしまうので、ホームセンターで購入するよりもコストがかかってしまう可能性があることがあげられます。

      そもそも芝生はどこで購入できる?

芝生の種類によって値段は変わる

芝生には、主にマットタイプとロールタイプの2種類があり、このタイプによって芝生の価格は変わってきます。

マットタイプは四角形の芝生が束になっているものです。安価で手軽に購入することができるので、面積の広さに関係なく使用することができます。自宅の庭や、小さい面積に使用する場合はマットタイプの芝生を使うのがよいでしょう。

ロールタイプは巻物のように芝生が巻かれた状態で販売されている芝生です。1枚が大きいため、芝を張る際に手間がかからず、曲線の部分などもカットして使いやすいです。マットタイプの3倍ほどの値段になりますが非常に丈夫で、隙間なく全面に敷き詰めて芝を敷くことができます。

手入れを頻繁にできない別荘や、広い面積に敷く場合はロールタイプの芝生がおすすめです。

予算に合わせたおすすめの芝生の張り方

芝生の価格は、張り型によっても変わってきます。

雑草の手入れを抑えるなら平張り

隙間なく全面に貼る方法です。べた張りとも呼ばれ、すぐにきれいな芝生を育てることができます。他の方法と比べて雨などで土が流れる量も少なく、雑草が発生しにくい張り方ですが、隙間なく敷き詰めるのでマットを使用する面積が広くなるので1番コストがかかります。

一般家庭におすすめの目地張り

芝の間に隙間を開けて、レンガを積んだような模様になるように張る方法です。平張りよりも使用する面積が少なくなるのでコストを削減することができますが、平張りよりも全面が芝生で埋まるまでに時間がかかります。

春に芝生を張ったとして、順調に芝生が育てば秋ごろには芝生が綺麗に生えてくるはずです。

単価を抑えるなら市松張り

1枚おきに1枚分の感覚を開けて張り、市松模様に芝生を張る方法です。平張りと比べると半分の面積の芝生で済むので一番コストを削減できる張り方です。

春に芝生を張ったとして、冬の初めごろに全面を埋めることができます。全ての面積を埋めるまでに時間がかかり、雑草の処理はこまめにおこなう必要があります。

      芝生の張り方によっても価格は変わる

庭を芝生にする方法は2つ!

芝生の価格は、diyするのか業者に依頼するのかによっても変わってきます。

diyでおこなう

自分で芝張りをおこなう場合は、やはり業者に説明するよりも安く済みます。インターネットで芝張りを取り扱ったページや、動画サイトなどでやり方を学ぶことは簡単にできるでしょう。

ただ、自分で芝張りを行う場合には時間もかかり、仕上がりは業者に任せた方が仕上がりはきれいになります。

見積もりをとって業者に依頼

業者に工事を依頼する場合は、材料費のほかに人件費が発生することになります。業者によって変わってきますが、1平米で3,000~6,000円が相場だと言われています。コストがかかっても確実にきれいにしたい場合は、業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

ここまで芝生の庭を実現するためにはどれくらいの費用が必要なのか、解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

芝生の価格はどんなタイプを選ぶか、どうやって買うのか、芝生の張り方など場合によって大きく変わります。

自分の目的に合うような芝生や方法をきちんと考え、憧れの芝生の庭を目指しましょう。

また芝生を張るにあたって何かわからないことや、不安に思うことがあれば業者に相談するのもひとつの方法です。

芝張りは下地作りが重要

現地調査、事前見積もり無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。

芝張り 平米 2,800円~
芝張りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

芝張りの記事アクセスランキング

芝張りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧