肥料をまく時期・種類はどうすれば?芝の肥料について知識を深めよう

2021.4.30

肥料をまく時期・種類はどうすれば?芝の肥料について知識を深めよう

庭の外観を彩る芝生。庭を美しく演出するためには、芝生のメンテナンスがとくに重要になることでしょう。

この記事では、芝の肥料の種類や特徴など、芝生の成長に必要なことを解説していきます。

芝のメンテナンスについて詳しく理解していれば、芝生の寿命も長くすることができますし、人を招き入れても恥ずかしくないような庭にすることができるでしょう。

芝の成育には肥料が必須!

芝生は、土の中の栄養分を糧にして成長していきます。

自然に生えている芝生であれば、天然でつくられた栄養素が豊富なためよく成長しますが、人工的につくられた芝生では、天然でつくられた栄養素は不足しがちになります。

栄養素が不足すると、当然芝生の成長も悪くなりますし、病気にかかってしまったり、最悪の場合枯れてしまったりする可能性があります。

人工的につくられた芝生をうまく成長させるためには、人の手による栄養素の補給が欠かせません。その栄養素は芝の肥料をまくことで補うことができます。そのため芝の成長には肥料が必須なのです。

      芝の成育には肥料が必須!

芝生の成長に必要な栄養

先ほど天然でつくられた栄養素が重要であるとご説明しましたが、では、その重要な栄養素とはどんなものがあるのでしょうか。ここでは、3つの栄養素の種類とその役割について解説していきます。

・チッソ
チッソは芝生の緑色を濃くしてくれる効果があり、芝生の葉や茎の成長を促進させてくれます。美しい色の芝生をつくりたい場合はとくに必要な栄養素といえるでしょう。

・リン酸
リン酸は、芝生の成長に大きな影響を与えます。根っこが丈夫になり、乾燥や害虫に対する抵抗力を強くしてくれます。根っこは植物にとって栄養を吸収するとても重要な部分ですから、とくに重要な栄養素であることがお分かりいただけると思います。

・カリウム
カリウムは、芝生の細胞の成長を手助けしてくれる役割があり、頑丈な細胞膜や細胞壁をつくることができるようになります。カリウムが十分に供給されることによって、植物の病気に強い芝生になります。

強くて美しい芝生をつくるには、上記の3つの栄養素はひとつも欠かすことはできません。これらの栄養素は芝の肥料で十分補うことができますので、定期的な補給を忘れないようにしましょう。

      芝生の成長に必要な栄養

肥料を与える時期目安

ここまで芝の肥料の必要性と栄養素についてご説明しましたが、重要なのはそれだけではありません。芝の肥料を与える時期も注意する必要があります。芝生の成長時期を考えて、適切なタイミングで芝の肥料をまくようにしましょう。

芝生は、野芝を代表とした「暖地型芝生」、ベントグラスを代表とした「寒地型芝生」のふたつのタイプに分かれます。

名前で想像しやすいとは思いますが、暖かい時期によく成長する芝生と、寒い時期によく成長する芝生のふたつの種類があるということです。

暖地型芝生は3月から11月まで1か月おきに、つまり隔月で肥料を与える必要があり、寒地型芝生は3月から11月まで毎月肥料を与える必要があります。

速効性肥料と緩効性肥料の違い

芝の肥料には大きくわけてふたつの種類があります。それは「速効(そっこう)性肥料」と「緩効(かんこう)性肥料」です。それぞれ異なる特徴がありますので、メリット・デメリットをしっかりと把握しておきましょう。

・速効性肥料
速効性肥料は、その名前の通り芝の肥料をまいてからすぐに効果があらわれる肥料です。即効性がメリットではありますが、その分肥料効果が早くなくなってしまうのがデメリットです。

・緩効性肥料
緩効性肥料は肥料の効果がゆるやかなのが特徴の肥料です。効果のあらわれが遅いのがデメリットですが、効果がゆるやかなだけあって肥料効果が長続きするのがメリットです。

また、栄養素を一気に与えすぎてしまうことによって起こる「肥料焼け」が起こりにくいため、芝生に優しい肥料といえるでしょう。

      速効性肥料と緩効性肥料の違い

肥料の種類をうまく使いわける

速効性肥料と緩効性肥料の違いについてはお分かりいただけたと思います。それぞれの芝の肥料の「使いどき」をよく考えて使い分けるのが賢いやり方といえるでしょう。

・有機質肥料
有機質肥料は、植物や動物からできた栄養素が詰まっている肥料です。先ほど出てきた「緩効性肥料」がこれにあたります。化学的につくられた栄養素ではないため、庭の土を天然に近い状態にすることができます。

有機質肥料の使いどきは、芝生を長く保ちたいときです。芝生に優しい材料でできていますから、とくに急ぎでない場合は有機質肥料を選ぶとよいでしょう。

・化成肥料
化成肥料は、化学的につくられた栄養素が詰まっている肥料です。「速効性肥料」が多いのが特徴です。栄養素を効率よく吸収できるようにつくられていますから、変化が分かりやすいと思います。

化成肥料の使い時は、速効性が求められることです。たとえば、家の庭に誰かを招くときに急いで芝生の見栄えをよくしなければいけないときなどが挙げられます。

・液体肥料
液体肥料は、化成肥料を液体状にした肥料のことをいいます。液体なため、芝生が根っこから栄養素を吸収しやすいため化成肥料と同じように速効性が高いです。

液体肥料の使いどきは、芝生のトラブルがあった場合など、素早い対応が求められるときです。

まとめ

人工的に植えられた芝生は、天然につくられた芝生とは違って人の手によるメンテナンスが欠かせません。芝生の成長に必要な3大栄養素を補えるような環境づくりをおこないましょう。

また、芝の肥料をまく時期を把握したり、肥料の種類・使いどきにあった肥料を選んだりするなど、芝生を美しく保つための知識をつけることも大事です。

もし、自分の芝生の状態を詳しく知りたい、芝生のメンテナンスについてわからないことがある、などの困りごとがあれば気軽に芝張りのプロに相談してみることをおすすめします。

芝張りのプロが、あなたの芝生を美しくするお手伝いをしてくれることでしょう。

芝張りを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「芝張り」をご覧ください。

芝張りは下地作りが重要

現地調査、事前見積もり無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。

芝張り 平米 2,800円~
芝張りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

芝張りの記事アクセスランキング

芝張りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧