庭を芝生にするデメリットは天然か人工で違う!それぞれご紹介します

2021.4.30

庭を芝生にするデメリットは天然か人工で違う!それぞれご紹介します

庭に緑を取り入れたいと思ったときに考えるのは花や木、そして芝生でしょう。芝生を張れば、庭一面を緑にすることもできます。しかし、芝生にするにしてもデメリットがあるのではないかと不安な方もいるのではないでしょうか。

この記事では庭を芝生にするデメリットと合わせて、メリットについてもご紹介していきます。ぜひ芝生選びのご参考にしてください。

庭を芝生にするデメリット:天然芝の場合

まずは天然芝で庭の芝生を作るデメリットからご紹介します。天然芝のデメリットは、植物であるがゆえのものといえるでしょう。

手入れが大変

天然芝は植物なのでお手入れが必要です。お手入れを怠れば最悪の場合、枯れてしまいます。具体的にどんなお手入れが必要かというと、おもに水やりや芝刈り、除草作業などです。夏場はこれらの作業がとくに多く、水やりは毎日、芝刈りや除草作業は週に1回程度必要になります。

そのほかにも季節に合わせたお手入れがあります。肥料を与える、目土を入れてでこぼこをなくす、エアレーションをして通気性をよくするなどです。趣味でガーデニングをされている方なら苦にならないかもしれませんが、普段から植物のお世話をする習慣のない方には大変かもしれません。

継続的にコストがかかる

天然芝はお手入れが必要なので、それにともなって資材や道具も必要になります。おもに肥料・目土・芝刈り機・エアレーション用の道具などを購入しなければなりません。水やりもあるので、もちろん水道費もかかってきます。

冬枯れをする

一般的に日本でよく用いられている芝生は冬枯れといって、冬になると葉が茶色く枯れたようになってしまいます。この期間は休眠期であって、春になればまた緑の芽が出てくるのですが、冬の間の景観はあまりよくありません。

ただし、この冬枯れをおこすのは暖地型の芝生です。寒冷型とよばれる芝生であれば冬枯れをおこさず、冬でも緑の芝生を楽しむことができます。

そのかわりに寒冷型は暑さに弱いので、日本の夏を乗り越えるのは大変です。そこでよくおこなわれているのが、オーバーシードという方法です。これは暖地型の芝生をメインに育てつつ、秋ごろ寒冷型芝生の種をまきます。そうすれば寒冷型芝生の芽が出てきて、冬でも緑を維持できるという仕組みです。

そのほかにも、冬枯れした芝生に芝生用着色剤を用いて、緑色に着色するという方法もあります。このように暖地型芝生の冬枯れの対策はいくつかあるので、ご自身の環境や希望に沿ったものを選ばれるとよいでしょう。

庭を芝生にするデメリット:天然芝の場合

庭を芝生にするデメリット:人工芝の場合

次にご紹介するのは人工芝で庭を芝生にするデメリットです。天然芝とはまた違ったデメリットがあります。

初期費用が高い

天然芝に比べて人工芝は初期費用が高いです。芝生を張る下地作りも、天然芝と同じようにおこなわなければならないうえに、防草シートを張らなければなりません。この防草シートがないと人工芝の下で雑草がたくさん生えてしまい、カビの繁殖や人工芝の劣化につながるので、施工しなければなりません。

季節感がない

人工芝は天然芝と違って枯れることはないので、常に緑の景観を維持することができます。しかし冬でも青々とした緑は季節感がないといった声もあるのです。

冬枯れをどのように捉えるのかは、人によって違ってきます。これは好みが関係してくるため、事前にどちらがよいか決めておくとよいでしょう。

寿命がある

天然芝は上手に育てることができれば長く維持することができますが、人工芝は劣化していく一方なのでどうしても寿命があります。踏圧に耐えられるよう、耐久性は高く作られていますが、それでも人工芝の寿命はおおよそ10年程といわれています。

寿命後も人工芝を維持し続けていくのであれば、新しい人工芝と張り替えることになるでしょう。その際は、初期費用と同等の費用が発生してしまいます。継続的に維持費がかかる天然芝がよいか、張り替えのときにのみ高額な費用がかかる人工芝がよいか、というのも意見の分かれどころでしょう。

庭を芝生にするデメリット:人工芝の場合

逆にメリットは?

ここまで庭を芝生にするデメリットをご紹介してきましたが、もちろんメリットもあります。芝生は土が露出したままの状態と比べて、土埃がたちにくいですし、雨の日に泥で靴や家が汚れることもありません。これら以外にも、芝生の種類によってメリットがあるので、ご紹介をしていきます。

天然芝のメリット

天然芝のメリットはなんといっても、植物本来の美しい緑の芝生が作れることでしょう。人工芝の見た目がいくら改良されて天然のものに近くなってきているといえど、やはり天然の美しさにはかないません。

お庭で遊ぶのも天然芝がおすすめです。芝生がクッションになって足腰への負担も少ないですし、柔らかい葉は裸足で走ることも、寝転ぶことだってできます。

天然芝は比較的に初期費用が安いのもうれしいポイントです。品種によって価格が変わってきますが、平均して人工芝の1/10の費用におさえることができます。初期費用を安くおさえたい方には、天然芝がおすすめです。

人工芝のメリット

人工芝の一番のメリットはお手入れが少ないことです。天然芝のような水やりも芝刈りも必要ありません。枯れる心配がないので、夏に長期間家を空けても天然芝のように水枯れを心配する必要はないのです。

また天然芝と違い、いろんな場所に施工できます。土のうえだけでなく、コンクリートやベランダにも敷くことができますし、日当たりを気にする必要もないでしょう。お庭のないご家庭でも芝生を取り入れることができるかもしれません。

逆にメリットは?

まとめ

庭に芝生を張るデメリットは天然芝と人工芝でそれぞれ違いがあります。天然芝はお手入れが大変ですし、それにともなって維持費もかかります。冬枯れをおこすので、冬も緑を維持したいのであれば工夫が必要です。

対して人工芝は、初期費用が高いので導入をためらわれる方も多いかもしれません。また冬でも緑の芝生になるので季節感がなく、経年劣化で寿命もあることが難点です。

しかしそれぞれデメリットがあるように、メリットもあります。天然芝は初期費用が安いですし、天然の緑の美しさは格別です。人工芝はお手入れ不要で、施工可能な場所も多いです。

このようなメリットやデメリットを考慮して、ぜひご自身に合った芝生を選んでください。芝生を張るのはご自身で施工することもできますが、時間がかかりますし大変な作業です。芝生を張る際は、経験豊富で安心な業者に依頼することをおすすめします。


芝張りは下地作りが重要

現地調査、事前見積もり無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。

芝張り 平米 2,800円~
芝張りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

芝張りの記事アクセスランキング

芝張りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理