雑草から芝生を守る除草剤!おすすめの選び方と使用方法とは?

2021.4.30

雑草から芝生を守る除草剤!おすすめの選び方と使用方法とは?

芝生に雑草が生えたままだと、見栄えや成長が悪くなるので処理が必要です。ただ、雑草を手で抜くのでは追い付かない場合があり、除草剤を検討する方もいるでしょう。しかし、効果のある植物が除草剤ごとに違うので、種類選びを間違えると芝生を枯らすおそれがあります。

そこで、今回は除草剤の種類や使い方をご紹介します。このコラムを参考にしていただくと、芝生に使う除草剤でおすすめのものが選びやすくなるかもしれません。

除草剤を使う前に!芝と雑草の種類を確認

除草剤にはたくさんの種類があるので、正しいものを選ばなければ効果が得られないです。芝生の除草剤で、おすすめされているものは色々あります。しかし、最適なものを選ぶには、芝生と雑草の種類を知っておく必要があるのです。

芝生の種類

芝生は生まれた地域で種類がわけられており、日本芝と海外の西洋芝があります。ふたつの芝で、使っても大丈夫な除草剤が変わるので注意しましょう。

日本芝は暖かい気候を好む芝が多く、代表としては高麗芝や野芝などです。発芽させるのが難しいため、苗を使った植え方がほとんどで、頑丈な種類が多い特徴があります。

西洋芝については、温度が低い場所が適した品種もあります。たとえば、バミューダグラスなどは暖かい気候で、ライグラスなどは寒い気候で育ちやすいです。西洋芝は種から育てる方法が主流であり、環境に対する抵抗力があまり高くありません。

雑草の種類

雑草に関しては、イネ科雑草と広葉雑草にわけることができます。除草剤はこの2種類のどちらかにしか効かないものがあるので、購入する前に生えている雑草の種類を確認しておきましょう。

イネ科雑草は葉脈が中心線と平行に並んでおり、広葉雑草よりも細長い葉が生えていることが多いです。芝生に発生する代表的なイネ科雑草としては、日陰でも育つスズメノカタビラや、繁殖力の高いオヒシバなどが挙げられます。

マメ科やセリ科などの分類にかかわらず、葉の形が丸くひろいものは広葉雑草です。葉脈は網状になっているものが多いですが、平行になっている品種もあります。根が残りやすいシロツメクサや、刈りとりにくいコニシキソウなどが、芝生によく発生する広葉雑草です。

除草剤を使う前に!芝と雑草の種類を確認

芝生を残すなら選択性除草剤がおすすめ

特定の植物には影響のない除草剤のことを、選択性除草剤と呼びます。適切なものを選ぶことができれば、敷いている芝生に影響なく雑草を駆除することができるので、芝生に使う除草剤ではおすすめです。

ただし、対象外の種類には効果が保証されませんので、選ぶときは注意が必要です。たとえば日本芝には影響がなく、広葉雑草を枯れさせる除草剤があるとします。もし、この薬品を使用するのが西洋芝で対象となる雑草がイネ科だった場合、雑草を取り除けないだけでなく、芝生が枯れてしまうことがあるのです。

雑草の種類が判別できず、選択性除草剤を使用できない場合もあるかもしれません。そんなときは、非選択性除草剤を直接雑草に塗るという方法もあります。

非選択性除草剤は、雑草や芝生の種類を無視して枯らす除草剤で、商品によっては葉から吸収させて根元まで除去することができます。そのため、雑草だけに薬剤を塗ることで芝生への被害なく除草することができるのです。

芝生を残すなら選択性除草剤がおすすめ

時期によるおすすめ

芝生で使う除草剤でおすすめできる種類は、雑草の成長する時期によっても変化します。雑草の成長度合いや時期に合わせて、使用する除草剤を変えるのが大事です。

雑草が生えていたら茎葉処理剤がおすすめ

伸びてきている雑草に対しては、成長を妨害できる茎葉処理剤が有効的です。駆除したい雑草に薬剤を振りかけることで、それ以上成長できなくなります。そして、1ヶ月ほど放置すると雑草が枯れていくので、手作業よりも少ない労力で取り除くことができるのです。

使用する時期としては、春から夏の終わりまでがよいでしょう。この時期の雑草はよく伸びるので、定期的に茎葉処理剤を散布して駆除することが大事です。

雑草が生える前は土壌処理剤がおすすめ

生えてくる前の雑草や、背丈の低い雑草は見つけるのが難しいですが、土壌処理剤ではそういった雑草も除去することができます。理由としては、雑草の栄養源である地中に作用するため、場所がわからなくても薬剤を付与できるからです。

また、しばらくは効果が残りますので、長期的な雑草予防にもなります。ただし、成長しきった雑草には効果が薄いので、使用する時期としては生える前の雑草が多い春先がおすすめです。

時期によるおすすめ

除草剤を使うときの注意点

芝生での除草剤はおすすめの手入れ方法です。しかし、そんな便利な薬剤だからこそ、使用するときには気をつけることがあります。

薬剤を誤った濃度で使用したり、許容量を超えて吸いこんだりなどすると、体調を悪くすることがあります。作業のときは、長袖長ズボンやマスクなどで体を保護して、除草剤に記載されている使い方で取り組むことが大切です。

液体タイプの除草剤は、雨が降ると薬剤が流れ落ちたり薄まったりして、効果が弱まることがあります。また、風が強い日は薬剤がとび散る危険性がありますので、関係のない植物を枯らしてしまうかもしれません。そのため、使用するときは風のない晴れた日におこなうのがよいでしょう。

薬剤を使用した除草は、今までの苦労が水の泡になるリスクがあります。そのため、除草に失敗するのが不安なときは、業者に任せるのも手段のひとつです。業者に依頼すれば、自力でおこなうよりも確実に除草してくれることでしょう。

除草剤を使うときの注意点

まとめ

芝生の種類は「日本芝」と「西洋芝」、雑草に関しては「イネ科雑草」や「広葉雑草」があります。これらの種類や時期によって、芝生で使う除草剤のおすすめが変わるのです。

除草剤の選び方や使い方を間違えてしまうと、効果が発揮できないだけでなく、芝生を枯らしたり、近隣に除草剤の影響がおよんでしまうことがあります。このようなリスクを考えると、雑草が生えないほど丈夫な芝生に育てることで、除草剤の使用頻度を減らすことができるでしょう。そのためには、整地や芝張り作業から、きちんとおこなうことや入念な手入れが欠かせません。

そこで、芝張り作業を業者に依頼してみてはいかがでしょうか。手間のかかる整地作業はもちろんのこと、風土に合わせた芝張りの相談もできるのではないでしょうか。

芝張りは下地作りが重要

現地調査、事前見積もり無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。

芝張り 平米 2,800円~
芝張りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

芝張りの記事アクセスランキング

芝張りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧