人工芝の施工例9選!施工例をみて人工芝のイメージを膨らませよう

2021.5.5

人工芝の施工例9選!施工例をみて人工芝のイメージを膨らませよう

ご自宅のお庭やご自宅周りのちょっとしたスペース、有効に活用できているかたは少ないかもしれません。実際、植物を植えるにしても手入れが大変で、簡単には手を付けられないですよね。

それでもむき出しになっている土の部分をどうにかしたいという方へおすすめなのが、人工芝を敷くことです。人工芝は、お手入れの要らない芝であり、冬に枯れてしまうこともないので、1年中青々とした芝を楽しむことができるのです。

しかし、人工芝を初めて張るという方は、どのようなデザインにすればよいのか困ってしまいます。そこで、人工芝の施工例をご紹介します。イメージを沸かせて、施工にかかる費用も知っておきましょう。

実際に人工芝を敷いた事例その①:オシャレな人工芝の庭

人工芝をご自宅に取り入れたいと思っている方の多くは、より映えるように人工芝を設置したいと感じているでしょう。せっかく取り入れるのであれば、よりよい引きかたをしたいですよね。

人工芝を引くことで、おしゃれな雰囲気を出したいという方におすすめの施工例をご紹介します。人工芝は、施工例を見ることでよりイメージが付きやすくなります。どの部分にどのように引くのか、ご自宅に置き換えてイメージを沸かせてみましょう。

ウッドブロックと合わせた人工芝の施工例

+ウッドブロック

庭一面に人工芝を敷き詰めるのも、青々とした緑を楽しめてよいです。しかし、せっかく広い面積に敷くのであれば、アクセントにウッドブロックと合わせてみるのもおすすめです。

植物に合わせた人工芝の施工例

+植物

すでに植えている植物に合わせて、人工芝を取り入れるのも人気です。植物や木だけでも魅力は十分にありますが、その周りが土ではなく人工芝であれば、より一層おしゃれさが際立ちます。また、人工芝に合わせて寒さに強い植物を植えれば、冬でも青々としたお庭を楽しむことができますよ。

ちょっとした空間での人工芝の施工例

+ちょっとした空間

人工芝を張るのは、ほんのわずかな空間でも十分なおしゃれ効果があります。この施工例のように、駐車場付近のちょっとした空間に人工芝を張れば、ご自宅を出るときも帰って来るときも、気分は華やぐのではないでしょうか。

実際に人工芝を敷いた事例その②:バルコニーに人工芝

人工芝といえば、お庭に敷くものというイメージがあるかもしれません。しかし、人工芝はバルコニーにも敷くことができます。ここでは、バルコニーの人工芝の施工例をご紹介します。

バルコニーの植物に合わせた人工芝の施工例

+バルコニー

せっかくの広いバルコニーをお庭のように仕上げているご家庭もあります。植物と人工芝、さらには野外用のアイテムを組み合わせることで、楽園のような異空間を造ることも可能です。

ガーデニングが趣味の方は、どうしても人工物を入れるのに抵抗があるかもしれません。しかし、人工芝を取り入れることで、たとえコンクリートの場所でも気兼ねなく芝を楽しむことができます。

バルコニーのちょっとした場所での人工芝の施工例

バルコニー 一部だけ

バルコニー全体に人工芝を張る必要はありません。バルコニーにちょっとしたスペースがあれば、取り入れることができるのです。ほんの少しのスペースでも、人工芝を張ることでとてもおしゃれな雰囲気が出ますよね。

バルコニーでも工夫次第で人工芝を取り入れることができ、その面積が狭くても芝の利点を生かすことができます。特に、バルコニーでバーベキューを楽しんだりすることがある方は、明るい雰囲気を作るためにも人工芝は有効に使えるのです。

バルコニーと思わせない人工芝の施工例

バルコニー 組み合わせ

人工芝さえあれば、まるで公園の一部を切り取ったような空間をバルコニーで作ることもできます。ご自宅のバルコニーでバーベキューを楽しんだり、ちょっとしたパーティーや子どもたちと遊んだりするには、人工芝はもってこいです。

バルコニーで唯一無二の空間を作るには、人工芝のほかにもバルコニーでしたいグッズが必要です。バーベキューであればバーベキューセットを、ただくつろぐ空間にしたいのであればゆったりとした椅子を用意しましょう。緑の人工芝が、よりその楽しさやくつろぎを与えてくれるでしょう。

実際に人工芝を敷いた事例その③:人工芝の庭でスポーツの練習も

人工芝をお庭やバルコニーに活用することで、おしゃれな空間に仕上げることができます。しかし、それだけではなく、実用的でもあるのです。その一例が、人工芝を張った場所でスポーツ練習です。

スポーツのなかには、人工芝を張ってある場所で試合を行う競技も多くありますよね。そんな競技の練習をいつでもご自宅でできてしまうのです。そんな人工芝の施工例をみてみましょう。夢を追うお子様や趣味を極める方へ、ご自宅で練習できる空間を作ってみてはいかがでしょう。

人工芝でキャッチボール

キャッチボール

お庭の全面、または広範囲にわたって人工芝を張った場合、そこでキャッチボールを楽しむことができます。キャッチボールは土でもできますが、踏み心地などは人工芝のほうがよく、土に比べるとケガもしにくいのが利点として挙げられます。

また、天然芝だとボールを強く投げる際に芝を傷つけてしまうおそれがありますが、人工芝であればそのような心配もありません。人工芝だからこそ、キャッチボールをよい環境で楽しむことができるのです。

人工芝でゴルフの練習

ゴルフ

人工芝を張ることで、ご自宅でゴルフの練習もできてしまうのです。ゴルフ場は、まさに人工芝や天然芝がある代表的な場所でもありますよね。お子様だけでなく、大人も多く楽しむものであるゴルフがご自宅で練習できるのはうれしいものです。

特に、勤めている方のなかには、練習をする時間が取れないけれどゴルフコンペに参加しなければならないなどといった方も多いでしょう。ご自宅のお庭を有効活用すれば、パターの練習は完璧ですよ。

人工芝でミニサッカーコート

サッカー

子どもでも大人でも、サッカーをしている方は非常に多くいらっしゃいますよね。ご自宅に小さなサッカーゴールを設置して、人工芝を張れば、小さなサッカーコートの完成です。シュートの練習をすることができるのです。

また、二種類の人工芝を交互になるように敷けば、本物のサッカー場のような本格的なものに仕上げることができます。

人工芝の施工方法について!業者に依頼した際の費用は

人工芝の施工例をみると、ご自宅にも取り入れたいと思いませんか?人工芝を取り入れるだけで、お庭やバルコニーの雰囲気は一気に華やぎ、気分も上がることでしょう。人工芝の魅力がわかったところで、人工芝の施工方法をみていきましょう。

人工芝を張る際、ご自身で張る方法と、業者に依頼して芝を張る方法があります。狭い面積に少しだけ取り入れる場合など、人工芝はご自身でも張ることができます。

一方、人工芝を使って本格的におしゃれに仕上げたいという方や、人工芝を張る面積が広くご自身での施工に不安がある方は、業者に依頼することをおすすめします。

人工芝の施工方法

ご自身で、人工芝を施工する場合の施工方法をご紹介します。バルコニーに人工芝を張る場合はすぐにできますが、お庭や玄関先に施す場合は注意が必要です。ここではお庭などに人工芝を張る際の手順をみてきましょう。

まずは、人工芝を張る部分にある雑草や石などをきれいに取り除いていきます。きれいに取り除けたら、スコップなどを活用して土を平らになるようにならしていきましょう。

平らになった土の上に敷くのは、防草シートです。防草シートとは、その場所から雑草が生えてこないようにするためのもので、お庭などに人工芝を張る場合は、人工芝の下に防草シートを敷いておく必要があります。

防草シートはなるべく柱などの障害物のギリギリまで設置し、固定ピンや強度の高いテープでしっかりと固定します。障害物のギリギリまで設置しないと、その部分から雑草が生えてしまい見栄えを悪くしてしまうこともありますので、注意しましょう。

そして、周りの形に合わせて人工芝を設置していきます。カッターなどの刃物を使用しながらの作業ですので、ケガに気をつけて行ってくださいね。

業者に依頼したときにかかる費用

業者に依頼した際にかかる費用は、取り入れる人工芝の種類にもよります。天然芝に近い商品であればあるほど、1㎡あたりの芝の価格が高くなる傾向があります。ご自身の予算と理想を合わせて、検討しましょう。

人工芝の施工を業者に依頼した際にかかる費用は、施工してもらう面積によって変動するのが一般的です。その相場は、1㎡あたりおおよそ6,000円からです。広い範囲を施工する場合は、それなりに費用がかかりますが、ご自身での作業はとても大変です。

業者に施工してもらおうとお考えの方は、一度お住まいの地域に対応している業者に見積りを出してもらいましょう。その際、理想的な人工芝の施工例を見せると、より明確な費用を知ることができるかもしれません。

まとめ

人工芝をご自宅のお庭や玄関先、バルコニーに取り入れたいと思っても、どのようなデザインがあるのかわからないという方も多いでしょう。しかし、人工芝の施工例をみてみると、より一層ご自宅でのイメージが湧きやすくなります。

人工芝は、お庭をおしゃれな空間に仕上げるためだけでなく、植物との調和を楽しんだり、さらにはスポーツの練習のために活用したりもできます。ただデザインのために人工芝を張るのではなく、丈夫で実用性が高いのも人工芝の魅力なのです。

人工芝をご自宅に取り入れる際には、ご自身で作業をするか、もしくは業者に依頼して施工してもらいます。狭い面積に芝を取り入れる場合は、ご自身での作業でも十分でしょう。しかし、よりおしゃれにこだわりたい方や広い範囲を施工したい方は、業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼することで、より人工芝を楽しむことができるのではないでしょうか。

芝張りは下地作りが重要

現地調査、事前見積もり無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。

芝張り 平米 2,800円~
芝張りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

芝張りの記事アクセスランキング

芝張りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理