駐車場のDIYは簡単?場合によっては難しくなることもあるかも

2021.4.30

駐車場のDIYは簡単?場合によっては難しくなることもあるかも

ご自宅の駐車場を、もっとおしゃれにしたい、今より便利にしたいとお考えの方もいると思います。
その場合は、駐車場をDIYするのも有効な手段と言えます。比較的安価で手に入る素材も多く、道具も充実しています。

しかし、ただ単に作業するだけでは、完璧な施工とは言えません。後に不具合を引き起こすこともあるため、すべての作業を自分だけで完結するのは難しい場合もあるのです。
今回は、駐車場のDIYについて詳しくご紹介していきます。

レンガ・コンクリートを敷いて駐車場DIYは可能?

従来までは、駐車場にコンクリートやレンガを敷くのは自分だけでは困難な傾向がありました。しかしながら、昨今のDIYの流行により器材も手に入りやすく、駐車場のDIYも簡単に作用しやすくなってきました。
そのため、ご自宅の駐車場を、好みの雰囲気に変えたいとお考えの方も多いでしょう。

ただ、敷くだけの作業は比較的簡単なのですが、トラブルを回避するために一工夫する必要もあります。ときには、車が乗ることでレンガのひび割れを引きお起こしたり、へこませて水がたまりやすくなってしまうなどのトラブルが発生することもあります。

駐車場をDIYする場合は、しっかり適切な方法で作業することが大切なのです。
      レンガ・コンクリートを敷いて駐車場DIYは可能?

知っておきたい水勾配(すいこうばい)と水はけの問題

駐車場のDIYを簡単にしたいとお考えの方は、水勾配についての認識を高めることが大切です。

水勾配とは、傾斜を付けて雨水などの流れを良くすることを指します。野外の駐車場で屋根がない場合は、水勾配に十分配慮してDIYする必要があります。

傾斜がないことで、駐車場に水たまりが発生しやすくなるおそれがあります。また、水たまりが原因となって、カビやコケが生えることも考えられます。

駐車場の外観を悪くし、住宅への浸水被害などのおそれもあります。そのため駐車場には、水が溜まりにくいように工夫をすることが大切です。
水勾配を作って水はけを良くすれば、駐車場を快適に利用できるはずです。

また、コンクリートなどで水勾配を作った場合は、ひび割れやくぼみに注意が必要です。放置していると、水が隙間に流れ、劣化の原因となることもあります。
もしご自宅の駐車場で、コンクリートなどの素材を活用している場合は、しっかりひび割れを修復して水はけが良い環境を作りましょう。

その際の施工は、適切な作業を行えるプロにまかせるのがいいかもしれません。修繕はもちろん、水はけが悪いので改善したいなどの相談をすることも可能です。

これならできそう?駐車場DIYで簡単な方法とは

駐車場をDIYする簡単な方法は、様々にあります。レンガやコンクリートなど、一般的な素材を使用するのもいいでしょう。しかしながら、しっかりと基盤を作り、トラブルが発生しないように工夫するには多少技術が必要と言えます。そのためすべての作業を自分だけでこなすのは困難になりがちです。

比較的簡単な方法としては、転圧して砂利を敷くことが考えられます。

転圧とは、土を均一にならして圧力をかけ、整地することを指します。土木現場などでは基本的な作業となり、土台を作るために大切な作業と言えます。転圧するためには、基本的に転圧器などを使うのが一般的です。

しかし、業務用などの大きな器材は、価格が高い傾向があり、手を出せないという方もいるでしょう。その場合は、比較的安価なタンパーなどを使用して転圧するのがおすすめです。

タンパーを使用してしっかり整地し、その上から砂利を敷く方法であれば、自分だけでもできる可能性があります。

また、砂利を敷く際は、下に防草シートを敷くことも大切です。土の上に直接砂利を敷くと、雑草が生えたときの手入れが面倒になりがちです。それだけでなく外観を損ねてしまうおそれもあるため、雑草対策をすることは重要と言えます。
これならできそう?駐車場DIYで簡単な方法とは

それでも注意!駐車場DIYの妥協ポイント

駐車場をDIYする場合は、トラブル対策をしっかり怠らないように注意しなければなりません。

レンガを敷くなどの作業は、駐車場のdiyでも簡単と言われており、自分だけで作業することも可能です。しかしながら、駐車場として活用したときに、地盤が沈下していくおそれがあり、タイヤが通ったところだけ沈下することも考えられます。

作業自体は自分で完結することも可能ですが、徐々に崩れてきてしまい、長持ちはしにくい傾向があります。そのため自分だけで作業するのであれば、後の不具合が発生することを頭に入れておく必要があります。

しっかりした駐車場にしたいのであれば、コンクリートなどを活用したり、しっかり基礎を作ってから施工する必要があります。

ただし、基礎を作る作業は技術が必要であり、自分だけで完璧にこなすのは難しいかもしれません。
駐車場をDIYする場合は、自分で安価に済ませ、定期的にメンテナンスをするか、しっかり施工してもらって長持ちさせるかの選択をする必要があります。

      

まとめ

素材や道具が豊富にそろっていることから、ずいぶん駐車場のDIYも簡単にしやすくなりました。

レンガや砂利を敷くだけなら、比較的技術が必要ないため、自分だけで作業を完結しやすいと言えます。

しかし、後にトラブルが発生することを考えると、しっかり基礎を作ったほうが楽かもしれません。

もし一度自分で作業して、やはりしっかり施工してもらいたいとお考えであるなら、適切に作業できるプロに依頼するのがいいでしょう。

駐車場の設置をお考えなら

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「駐車場工事」をご覧ください。

駐車場工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

駐車場工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

駐車場工事の記事アクセスランキング

駐車場工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧