草刈り道具を使えば雑草の除草作業が楽になる!効率よく除草する方法

2021.4.30

草刈り道具を使えば雑草の除草作業が楽になる!効率よく除草する方法

草刈りを毎年行っている人は、重労働だと感じているのではないでしょうか。1日で終わらないという人もいるでしょう。実は草刈りには、効率的に行うためのコツがあります。今や草刈りも時短の時代になっており、効率よく行うことで大幅に時間短縮が可能です。

そこで今回は、時間短縮を実現する草刈りのコツについて紹介します。

草刈りのタイミングによって作業が楽になる

草刈りをどのようなタイミングで行っていますか。深く考えずに、伸びて来たら刈るという人が多いのではないでしょうか。実は草刈りには、適したタイミングがあります。逆にいうと、そのタイミング以外に草刈りをすると、効率がよくないので注意してください。

ポイントになるのは草の成長です。6~8月頃は草が急成長するので、草刈りの効率が落ちます。いくら刈っても、すぐに伸びてくるからです。そのため6~8月頃は草刈りをせずに、その前後を狙うのがおすすめです。

つまり成長する前の時期と成長して落ち着いた時期が、草刈りに適したタイミングということです。また、草が枯れる冬場は弱っている草が多いので楽に刈り取れます。毎年この3回のタイミングごとに草刈りをすると、時間と労力に対して高い効果が得られるでしょう。

品種ごとに除草剤が違う?芝生の除草剤についてご紹介します!

草刈りを効率化するおすすめの道具

あまり草刈りの経験がない人は、草刈り用の道具というと「草刈り鎌」をイメージすることが多いのではないでしょうか。草刈り鎌は草刈り用の道具の中で最も手軽なものです。長いタイプもありますが、基本的には短くて軽量なので片手で使用できます。

また「草削り」という道具が使われることも多いです。草を削り取るため、このような名称が付いています。「草削り鍬」と呼ばれることもあるように、鍬のような刃物が先端に付いていることが特徴です。土を掻くようにして使用します。腰をかがめずに作業できるので、長時間使用しても疲れにくいです。

刈った草を集める作業では、「ほうき」や「熊手」が役立ちます。以上の道具が草刈りでよく用いられますが、最も便利なのは「草刈り機」です。エンジンが付いているため、使い方さえマスターすれば非常に効率よく草を刈れます。

ガーデニングにも必須!正しい草刈り機の操作方法

草刈り機は便利ですが、使い方を間違えると作業効率が落ちてしまいます。また、歯で怪我をしてしまう恐れがあるので慎重に操作してください。草刈り機にはいくつかのタイプがありますが、平地なら両手ハンドルのタイプを使うのが一般的です。

まず肩掛け用のベルトをたすき掛けにして、腰付近に本体を固定させます。草を刈るときにエンジンを起動させますが、暖機運転をするためエンジンをかけたたま少し待ちます。暖機運転が終わったら、両手でハンドルをしっかり持って、スロットルレバーを引きましょう。

歯が回転するので草を刈っていきます。ただし、いきなり刈り始めるのではなく、周囲に人がいないかを確認することが重要です。

最初だけでなく、常に周囲を確認する意識を持っておきましょう。草刈りが終わったらスロットルレバーを戻し、エンジンを切る際はエンジン保護のために、しばらくアイドリングさせてからエンジンを停止させます。

面倒な処分作業は業者に任せるのもおすすめ

刈り終った後の草はどのように処分すれば良いのでしょうか。刈り終った草が少量であれば、そのまま土に埋めて肥料にすることもあります。昔は野焼きをする人も多く見られましたが、条例で禁止している自治体が多いので注意しましょう。

事前に自治体に確認した方が良いですが、一般ごみとして出せば問題なく処分してくれるケースが多いです。一般ごみとして出す場合は、乾燥させてからゴミ袋に詰めましょう。

また、刈り終わったあとの草の処分を、業者に任せるのもおすすめです。業者に依頼すると回収・処分費用が必要になってしまいますが、草刈りを終えるまでの労力を大きく軽減することができます。

まとめ

草刈りをした際にごみ袋が多くなりすぎて、運ぶのに苦労するケースもあるでしょう。それらを煩わしく思うなら、業者に任せてしまうのも一つの手です。

面倒な草刈りはプロに!

草刈り・芝刈り 最短 即日対応

※対応エリアや加盟店によって変わります

草むしりは面倒だし時間がない…そういって草刈りをしないでいるとどんどん草木が生長し作業が大変になってしまいます。面倒な作業はプロにお任せください。丁寧かつスピーディーな対応で安心です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

草刈り・芝刈り・草むしり・防草対策、草刈りのことはなんでもお任せください。

草刈り 180円/㎡~
草刈りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

草刈りの記事アクセスランキング

草刈りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧