庭に防草シートを敷きたい!失敗しないためのシート選びと施工手順

2021.4.30

庭に防草シートを敷きたい!失敗しないためのシート選びと施工手順

雑草は何度抜いても生えてくるため、再発防止を徹底することが大切です。防草を考えている人のなかには、有効とされる「防草シート」を使おうと考えている人もいるでしょう。防草シートは雑草に対して高い予防効果を発揮しますが、種類によって特性が違うため、自宅の庭に合うものを選ぶことが大切です。

そこで、今回は庭に敷く防草シートの選び方や施工方法をご紹介します。防草シートはほかの素材と組み合わせることで庭を整えることもできるため、相性のよいものも知っておくと役に立つでしょう。

庭におすすめなのはどれ?防草シートの種類

防草シートにはさまざまな種類があり、特性も各々で違います。そのため、防草シートの種類や特性を理解し、庭で使うのにおすすめなものを選んでみましょう。そこで、以下では庭の防草シートの選び方についてご紹介します。

選ぶポイント1:防草シートの色

防草シートは、色や柄によっては景観に合わない場合があります。家や庭によって合う色が違うため、景観を考えてから購入しましょう。しかし、最近では緑色や茶色など、自然風景に近い色の防草シートも出ているため、探してみるのもおすすめです。

選ぶポイント2:耐久性

防草シートを選ぶときは、耐久性の高さも重要です。防草シートは紫外線や踏圧、摩擦などで消耗し、穴が空くことがあります。空いた穴から雑草が生えてくるケースもあるため、防草シートはなるべく頑丈なものを選びましょう。

選ぶポイント3:織り目があるかどうか

防草シートは、できるだけ織り目がない不織布タイプや、目が細かい織布タイプをおすすめします。なぜなら、防草シートを敷いていても、下から突き抜けた雑草が、織り目を抜けて生えることがあるためです。そのため、織り目がない、もしくは細かいものを選びましょう。

選ぶポイント4:シートの重さ

防草シートを選ぶときは、シートの扱いやすさも視野に入れておきましょう。防草シートが重いものだと、施工をする際に不備が出ることがあるのです。ただし、軽すぎても、施工時に風でずれることもあるため、自分で扱いやすいと感じるものを選ぶことが大切になります。

庭の防草シートは砂利や人工芝と組み合わせることがおすすめ

庭の防草シートは、敷いたままにしておくと違和感のある外観になることがあります。よりきれいな庭に仕上げるには、防草シートの上に別の素材を敷くのがよいでしょう。また、別の素材を乗せることによって、二重の防草効果が期待できます。

組み合わせられる素材は?

防草シートと組み合わせることができる素材は、おもに4つあります。そこで、以下では4つの素材の特徴と効果についてご紹介します。

●砂利

砂利は白やピンク、茶色などさまざまな色があり、砂利粒の大きさも多岐にわたります。見た目が美しく、和風住宅にも洋風住宅にもマッチするため、防草シートの組み合わせ素材としても人気です。

また、砂利自体が日光を遮るため、防草シートと合わせて施工すると、高い防草効果があるといわれています。さらに、砂利を踏むと音が鳴るため、空き巣よけとしても使用できるのです。

●人工芝

人工芝は、プラスチック素材や合成樹脂から人工的に作られた芝生マットです。人工芝の芝生マットは、そのまま置いて固定すれば施工できるため、ならす必要がある砂利やチップより施工が簡単といえます。

また、本物の芝生とは違って水やりや芝刈りがいらず、1年を通して自然のような緑が楽しめるのも魅力です。さらに、柔らかい種類のものを選べば、子供やペットが上で遊ぶこともできるでしょう。

庭に防草シートを敷きたい!失敗しないためのシート選びと施工手順

●瓦チップ

瓦チップとは、不要になった瓦を砕いてチップ状に加工したものをさします。茶色のものが多く、土に似ているため自然の色を取り入れることができるのです。また、人工芝や庭木などと組み合わせることで、より自然らしさを演出できるでしょう。

●ウッドチップ

ウッドチップとは、木をチップ状に砕いた素材です。瓦チップ同様に自然の色で庭を彩ることができる魅力があります。劣化すると木くずが出ることもありますが、幹の皮のみで作られたタイプなら劣化しにくいといわれています。

庭に防草シートを施工する手順

庭に防草シートを施工するときは、守っておきたい手順と注意点があります。以下では、施工の手順と注意点についてご紹介するので、自力でおこなう際はぜひ参考にしてみてください。

準備するもの

防草シートの施工では、ハサミが必要になります。庭のスペースに合わせて、防草シートの長さや大きさを調整するためです。

また、施工後の防草シートは、風に飛ばされないよう固定する必要があるため、ハンマーとピン針を用意しておきましょう。最後には、仕上げとして粘着テープも使います。

施工手順

施工手順は、雑草を取り除いて準備する段階から、施工後の調整まであります。準備や調整がなければ、雑草がまた生えてくる場合もあるので、もれなくおこなうことが大切です。

1.雑草を取り除く
防草シートを敷く前に、雑草をくまなく取り除きましょう。雑草のなかには、茎や葉が尖っているものも多く、マットを敷いたときに破れる原因になるのです。そのため、雑草はすべて抜き取って、土だけが残るようにしておきます。

2.平地になるように地面をならす
雑草を抜くと、土が盛り上がってデコボコになることがあります。そのため、レーキを使って地面を平たくならしましょう。レーキとは、T字型の大きな棒で、地面を平らにするために使います。レーキがない場合は、木の板を地面に乗せ、踏みつけることでならすことができるでしょう。

地面に高低差があると、防草シートを敷いたときに、うまく施工できない場合があります。そのため、平面にしておくと作業がしやすいのです。

3.防草シートを敷く
地面をならしたら、防草シートを敷きましょう。防草シートを敷くとき、一気に広げるとずれることがあるため、位置を確認・調整しながら、ゆっくりと敷いていきましょう。

防草シートを敷き終わったら、シートの隅にピンを打ち込んで、地面に固定しましょう。そのままにしておくと風にあおられてずれるため、しっかり固定することが大切なのです。

4.シートの重なった部分を粘着テープでふさぐ
ペンを打ち込んだら、シートが重なった部分に粘着テープをはって固定しましょう。シートが重なった部分は、すき間から雑草が生え出てくることがあるため、粘着テープでふさいでおく必要があるのです。

施工するにあたっての注意点

防草シートを施工するときは、シートが10cmほど重なるようにして施工していきましょう。シートの重なっている部分が小さすぎると、重複箇所のすき間をぬって雑草が生えやすいのです。

家庭菜園の雑草対策に防草シートは使えるの?

庭の防草シートは、家庭菜園でも使用することができます。家庭菜園において、雑草は野菜の近くに生えて養分を横取りする天敵です。そのため、防草シートを敷いておくことで、雑草の発生をおさえることができるでしょう。

通路部分には安価な防草シートを敷くのも手

防草シートは、品質のよいものを使うと高くつくことが多いです。また、劣化したときに買い替えをすると、さらに費用がかかるため、安価な防草シートを使うのがおすすめです。

防草シートは、菜園の通路部分に施工するのがおすすめです。野菜を育てるためのうね部分は、足でよく踏む部分にもなるため、消耗しやすい傾向があります。そのため、安く安価なものを使えば、消耗して新しく買い替えても、負担は少ないでしょう。

マルチングと防草シートを使い分けることが大切

家庭菜園で防草シートを使うときは、マルチングと使い分けましょう。マルチングとは、菜園のうね部分を覆うビニールシートです。黒色のマルチングを使えば、日光を通しにくいため雑草予防にもなります。また、マルチングは軽量で扱いやすいので、形の盛り上がったうねを覆うのに適しています。

一方、防草シートは地面での施工に適しているため、通路での使用が向いているのです。そのため、使用するアイテムの性質に合わせて、施工場所を選びましょう。

庭に防草シートを敷きたい!失敗しないためのシート選びと施工手順

まとめ

庭に防草シートを取り入れると、雑草の発生を予防することができます。しかし、雑草は防草シートのすき間からも出てくるため、織り目のない不織布や、織り目の細かい織布を使用しましょう。

また、防草シートの上に別の素材を敷くことで、庭を彩ることができます。自然の色を演出できるウッドチップや人工芝もあれば、家の様式に合わせて種類を選べる砂利などもあるのです。そのため、目的に合わせて選ぶのがよいでしょう。

しかし、庭のスペースが広いほど、防草シートの施工はたいへんになります。施工による体力的な負担をさけたいときは、業者に依頼をするのがおすすめです。業者に任せることで負担を減らすだけでなく、失敗するリスクも少なくできます。

業者への依頼をお考えでしたら、ぜひ弊社へご相談ください。弊社では、庭のお手入れでお困りのお客様に、業者をご紹介させていただいております。弊社からおすすめの業者をピックアップするため、お客様自身で業者を探す手間も省けるでしょう。弊社は24時間無料でご相談を受けつけていますので、いつでもご連絡ください。


面倒な草刈りはプロに!

草刈り・芝刈り 最短 即日対応

※対応エリアや加盟店によって変わります

草むしりは面倒だし時間がない…そういって草刈りをしないでいるとどんどん草木が生長し作業が大変になってしまいます。面倒な作業はプロにお任せください。丁寧かつスピーディーな対応で安心です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

草刈り・芝刈り・草むしり・防草対策、草刈りのことはなんでもお任せください。

草刈り 180円/㎡~
草刈りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

草刈りの記事アクセスランキング

草刈りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧