家の周りへ砂利はどう敷く?理想の庭を目指すための砂利の敷き方

2021.4.30

家の周りへ砂利はどう敷く?理想の庭を目指すための砂利の敷き方

庭づくりの一環として、家の周りに砂利を敷いている方がよくいます。それを見て自分も砂利を敷こう!と思ったときイメージ通りのものができるのか、そもそもイメージ通りのものをつくるにはどうすればいいのかなど不安がありますよね。そこで今回は砂利の敷き方の一例をご紹介していきます。

砂利の敷き方を一工夫して理想のお庭へ!

砂利といえば、庭一面に敷き詰める敷き方を想像するのではないでしょうか。そのような砂利の敷き方をするのもひとつの手ですが、敷き方を一工夫することでより理想的な庭に近づけるかもしれません。

ナチュラル1

こちらは砂利をあえて庭一面に砂利をピシっとは敷かずに、芝生との境界をあいまいにしている例です。それぞれの境界があいまいなことによって砂利と周りの植物がうまく調和しするので、自然を身近に感じられるような庭をつくれます。


 
ナチュラル2

砂利は、ワンポイントで使うこともできます。ワンポイントで敷かれた砂利が周りの植物やガーデングッズを強調してくれるため、メリハリのある整理された雰囲気の庭をつくれます。


ウッドデッキ1

お庭のメリハリを意識する場合は、周囲の色と砂利の色を意識するといいかもしれません。例えば、お庭にウッドデッキがある場合は白色の砂利を敷くことをおすすめします。ウッドデッキの茶色と砂利の白がいいコントラストになり、お庭にメリハリがつきます。


砂利 模様

異なる種類の砂利を組み合わせることによって、砂利の上に模様を描くこともできます。風雨で模様が崩れることがあるため定期的な手入れが必要になりますが、遊び心のあるかわいらしいお庭をつくれます。

裏庭に続く道は砂利を敷いておしゃれに

砂利は庭だけでなく、庭へ続く通り道にも敷くこともできます。

裏道1

砂利を引くことによって、殺風景な裏庭への通り道もおしゃれにすることができます。また、雑草・防犯対策にも一役買ってくれます。


 
裏道2

砂利だけでなくカラフルな飛び石を配置すると、通るのが楽しい道になるかもしれませんね。

砂利を敷いて和風な庭を目指す際の注意点

砂利は日本庭園・神社・お寺などの和風な雰囲気の場所に敷かれていることが多いので、砂利といえば和風のイメージが強いです。実際に、ただ砂利を庭一面に敷くだけでも、お庭の雰囲気をぐっと和風に近づけることができます。しかし、和風なお庭を目指す際は敷く砂利の色に注意しましょう。

和風

赤系統の砂利は植物の緑を引き立ててメリハリを生み出してくれますが、同時にお庭を洋風な雰囲気にする効果があります。和風なお庭を目指す場合は、白色や灰色などの「わびさび」を感じさせる色合いの砂利を敷くことをおすすめします。

まとめ

一口に砂利といってもその使い方はさまざまでしたね。色や大きさで与える印象が変わるのでホームセンターなどでお気に入りの砂利を探してみるとよいかもしれません。
砂利を敷く範囲が広くなると運搬作業も大変になってしまうので、大変そうだと感じた場合は業者に依頼するとよいでしょう。

実は奥深い砂利敷き

現地調査、見積もりは無料です

※対応エリアや加盟店によって変わります

一口に砂利といっても防犯対策に適した防犯砂利やお庭を綺麗に見せる玉砂利など様々です。生活110番では目的や施工場所によって最適な砂利をご提案します。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

お庭、駐車場、外構などに対応。砂利の撤去もお任せください。

砂利敷き 平米 1,600円~
砂利敷きのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

砂利敷きの記事アクセスランキング

砂利敷きの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧