ガーデニング用の砂利を選んでみませんか?今人気の砂利はどれか

2021.4.30

ガーデニング用の砂利を選んでみませんか?今人気の砂利はどれか

ご自宅の庭はどのようなイメージで作られていますか?
最近、ガーデニングで砂利を活用する方が増えているようです。砂利を敷くメリットは、いまや防犯のためだけではなくなっています。イメージに合った砂利を選ぶことで、より一層素敵な庭にすることができます。

今回ご紹介するのは、いまガーデニングで人気の砂利と実際に敷く際のポイントです。庭のイメージを替えたい方や、雑草、泥の跳ね返りに悩んでいる方は必見です。

ガーデニングに人気の砂利

ガーデニングで砂利を敷きたいけれど、砂利といってもたくさんの種類があります。
そこで、いま人気の砂利10選をご紹介します。イメージと合うものを選びましょう。

白玉砂利

白玉砂利は砂利の中でも最も人気がある砂利です。高級感があり、屋内外問わず使いやすいのが人気の理由でもあります。また和風、洋風どちらの雰囲気にも合うため幅広く利用されます。
白玉砂利の中でも、天然大理石の白玉砂利は特に人気があります。色落ちや色はげの心配がなく、敷き詰めるとキラキラと輝いて美しいです。

赤玉砂利

赤玉砂利は発色がよく、鮮やかなのに派手になり過ぎず、木目調やレンガとよく合うところが人気を集めています。また乾いたときはピンク色、濡れた時はワインレッドと、色の変化を楽しめるのも特徴です。

青砕石砂利

青みがかった色合いで、全体的にゴツゴツ角張った形状をしているのが特徴の砂利です。乾いている時は青緑色、濡れている時では濃い青緑色になり、シックで落ち着きのある海のイメージを演出することができます。和風、洋風どちらの雰囲気にも合い、重厚感が楽しめる砕石です。

五色砂利

五色砂利は茜、若菜、柑子、納戸、白の5つの色合いが合わさり、お庭の彩りに変化をつけることができます。和風のイメージによく合い、飛石の並ぶ小道に敷き詰めたり、墓石周りに使われたりすることが多いです。色のバランスなどは商品によってばらばらのため、店先で実際に見てから選ぶといいでしょう。

金華砂利

金華砂利は、ダークグレーに茶系が混じり、全体的に丸みを帯びていて優しいイメージを演出してくれます。乾いている状態はグレーで、濡れると黒~茶色が混在した色合いを楽しむことができます。和風、洋風、アジアンなイメージによく合います。

那智黒石砂利

那智黒砂利は、黒さが際立つ人気の玉砂利です。日本家屋の土間や日本庭園など、和風のイメージによく合います。際立つ黒さは高級感があり、砂利の光沢感は乾いた状態でも変わらないため、常に涼しげでウェットな印象を演出します。

伊勢砂利

伊勢砂利は「あさけ砂」とも呼ばれ、多孔質のため水はけ、水もちがよく、敷砂利として古くから愛用されています。 落ち着いた雰囲気の上品な印象があり、和風のお庭や玄関の周り、アプローチ、坪庭などによく使われています。

大磯砂利

大磯砂利は、グレー系、緑系で少し地味な砂利ですが、和風、アジアンなイメージによく合い、さまざまな所で使われています。石が小さく、何度洗っても壊れることがないのが特徴で、半永久的に使い続けられるというメリットがあります。そのため砂利として敷き詰めるだけでなく、金魚飼育の水槽底でも使われています。

エメラルド砂利

エメラルド砂利は、透明感と爽やかさの感じられる緑色の砂利です。乾いている時はやや青い色合いが強く、濡れた状態ではエメラルドカラーになり、非常に色鮮やかな砂利になります。丸みを帯びた形状をしており、和風、洋風どちらのイメージにも合います。より美しく見せるためには3cm~4cm程、やや厚めにしっかり敷いてあげるのがポイントです。
      ガーデニングに人気の砂利

ピンク玉砂利

ピンク玉砂利は、自然で淡いピンク色が特徴で、角がなく丸みのある形状をしています。その色と形状から優しい雰囲気を演出してくれます。1粒1粒違った色の印象があり、敷くことでそれぞれの違った色の変化を楽しむことができます。乾いている状態では全体的に白っぽく統一感があり、濡れると色味が強くなるので濃いピンクと茶がアクセントになります。踏むと石同士が擦れて音が鳴るため、防犯としても使用されています。

お庭に砂利を敷くポイント3選

ガーデニングで砂利を敷く際、気を付けたいポイントが3つあります。
「せっかく砂利を敷いたのに、全体的に見てみるとイメージと違った……」なんてことになると非常に残念です。そのような失敗を防ぐためにも、次の3つのポイントを押さえておきましょう。

下準備が重要

砂利を敷く前に必ず施工する場所を整地、転圧 (土砂などに力を加えて空気や水を押し出して地面の密度を高めること) をします。雑草がある場合はしっかり根元まで抜き、そのあとに転圧器具、もしくは足で踏み固めていきます。

この作業を怠ると、砂利を敷いた後しばらくして雨が降ったり人が歩いたりすると、砂利が沈んでしまったり、寒い地域だと土中の水分が凍ったり溶けたりします。高低差ができないようしっかり固めましょう。
      お庭に砂利を敷くポイント3選

砂利の厚さと必要量

砂利の厚さは、地面から3~4cmが最もきれいに仕上がります。砂利を敷きたい面積を計測し、縦m×横m=平米数で平米数を計算します。
砂利の必要量は、地面からの厚みを3~4cmと設定した場合、1平米あたり約60~80kgが必要となります。ただし60kgの場合は地肌が見えてしまう可能性が高いので、80kgを目安に砂利を敷き詰めるといいでしょう。

砂利の飛散防止

雨が降ると砂利が流されていったり、車のタイヤによって砂利が飛ばされたりすることがあります。それらを防止するために飛散防止のスプレーや砂利ズレ防止材を活用するといいでしょう。

飛散防止スプレーは、スプレーを吹き付けるだけで砕石や土の表面を固めることができます。手軽にできるため非常に便利です。しかし、簡単に固まる一方で強度はあまり高くないため、駐車場や人の往来が頻繁な場所では高い効果を期待できません。
砂利ズレ防止材は、車によって砂利が飛んだり、えぐられるのを防いでくれるものです。さらに、車の通った跡が残るのも防いでくれる優れものです。

砂利敷きの手順

ガーデニングで砂利を綺麗に敷くための手順とポイントを押さえましょう。

1.整地

まず砂利を敷く場所の草や石などを取り除き、砂利が均一な厚さで敷けるように整地します。草は根っこまで取り除くことがポイントです。根っこが残ると雑草が伸びてくる原因になるからです。砂利は一般的に3cm~5cmの厚みで敷くので、事前に深さを確認しておきましょう。

2.防草シートを敷く

整地した土地に防草シートを敷きます。防草シートの継ぎ目は10cm程度重ねて敷きます。重ねるのは、シートの継ぎ目から雑草が生えてくるのを防ぐためです。
シートをきれいに敷いたら、ズレたり飛ばされたりしないようにメーカー推奨の間隔でピン留めしましょう。

3.砂利を敷く

防草シートの上に砂利を敷いていきます。この際注意するポイントは、シートがズレて隙間ができないようにすることです。
砂利を一通り敷いたら、土ならしなどを使って均一な厚みにしていきます。防草シートを保護するためにも、見えなくなるまで丁寧にならしましょう。

砂利敷きについて詳しくは「簡単だけど難しい!?お庭の砂利敷きを正しく行うために知るべきこと」をご覧ください。

まとめ

ガーデニングで砂利を敷くことは、庭の景観をよくするだけでなく、防犯機能や泥の跳ね返り、雑草対策にもなります。砂利にもさまざまな種類があるので、ぜひ今回ご紹介したポイントを押さえて、ご自身のイメージに合う砂利を敷いてみてください。

砂利敷きを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「砂利敷き」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:ことね
家で飼っているペットのブログを始めたのがきっかけで、ライターの道へ!もともとパソコン関連の趣味もあるため、ペット・パソコン関係の記事を担当することが多い。

実は奥深い砂利敷き

現地調査、見積もりは無料です

※対応エリアや加盟店によって変わります

一口に砂利といっても防犯対策に適した防犯砂利やお庭を綺麗に見せる玉砂利など様々です。生活110番では目的や施工場所によって最適な砂利をご提案します。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

お庭、駐車場、外構などに対応。砂利の撤去もお任せください。

砂利敷き 平米 1,600円~
砂利敷きのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

砂利敷きの記事アクセスランキング

砂利敷きの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理