外構が砂利でオシャレに!安くて手軽な実際の施工事例をイラストでご紹介

2021.4.30

外構が砂利でオシャレに!安くて手軽な実際の施工事例をイラストでご紹介

家を建てるときには家の内装だけでなく駐車場や玄関へのアプローチなど、家の外観をデザインするのも大きな楽しみですよね。理想の外観を作るには、家の周りの外構をどう作るかが重要です。外構を彩る方法のひとつとして、今回は外構に砂利を敷く場合についてご紹介します。

砂利は家の外構によく使われている素材ですが、ほかの素材と比べてどんな特徴があるのでしょうか。砂利のメリットとデメリットや施工にかかる費用、自分で施工する場合の方法を解説します。外構に砂利を使った家の事例もご紹介しますので、理想の家作りに活用してみてください。

外構に砂利を敷く!そのメリットとデメリットについて

コンクリートやレンガ、芝生など外構の装飾にはさまざまな種類がありますが、砂利にはどんな特徴があるのでしょうか。外構に砂利を敷くことのメリットやデメリットをみていきましょう。

砂利のメリット

砂利のメリット

●施工が簡単で安い
コンクリートを自分で施工するには、セメントなどの材料を混ぜるといった手間がかかります。それに対して砂利はただ敷き詰めるだけですので、自分でも簡単に作れることが多いです。また、砂利はコンクリートを施工する場合に比べて、材料費や業者に依頼した場合の作業費が安く済む傾向にあります。

●防犯効果がある
砂利は上を歩くと砂利同士がこすれる音がします。そのため、家の周りに敷いた砂利の上を侵入者が歩くと音が聞こえるため、危険を察知することができるのです。防犯性を高めるために、より大きな音が鳴るように改良されている砂利もあります。

●水はけがよい
芝生の場合、雨が降ったときに地面が雨水を吸収しきれずに、水たまりができてしまうことがあります。砂利の場合は雨が降っても雨水は砂利の下に流れていき、表面には水がたまりません。

●移動できる
芝生やコンクリートは一度作ってしまったらそう簡単に移動させることができません。もしも地中の配管などにトラブルがあって地面を掘り返す必要が発生したときには、芝生やコンクリートを壊してしまわなければなりません。しかし砂利であれば、簡単に撤去することができるのです。砂利を敷いたところを芝生などに変更するということも、比較的気軽にできます。

●雑草防止になる
土の上に砂利を敷いておくと、土の表面に光が届かなくなり、雑草が芽を出しにくくなります。雑草防止のために砂利を敷くのであれば、土を覆い隠せるように砂利の層に厚みをつける必要があるでしょう。

砂利のデメリット

●ケガをしやすい
砂利は上を歩くと動くため安定性が悪く、滑って転倒することがあります。また、砂利は芝生などに比べると硬く、砕けてとがっていることもあるため、けがをしてしまうおそれもあるのです。

●沈み込む
砂利を地面に直接敷いている場合、上を歩いているうちに少しずつ地面に沈み込んでいきます。砂利が沈み込むと土が砂利の上に浮き出てきてしまうため、経年とともに雑草防止の効果が薄れていきます。また、砂利を敷いていた場所を芝生に変えたいときなどには砂利をきれいに取り除く必要がありますが、一度地面に埋まってしまった砂利を取り除くのは大変な作業です。

●掃除や草取りがしにくい
砂利の上をほうきなどではくと砂利も一緒に転がったり、ゴミが砂利のなかに埋もれてしまったりと、砂利を敷いたところは掃除がしにくくなります。また、砂利の隙間から生えた雑草は抜きにくく、砂利の上では草刈り機なども使いにくいので、雑草の処理も大変です。

外構に砂利を敷いた実際の例5選

家の外構を作る経験ははじめてだという人がほとんどでしょう。砂利をどのように使えば理想のデザインにすることができるのか、素人にはなかなかわかりませんよね。そこで、外構に砂利を使った家の施工例をいくつかご紹介します。家の外観のイメージを作る参考にしてみてください。

玄関

玄関へのアプローチの舗装材として砂利を使うことで、趣のある枕木が際立っている事例です。


家裏口

手入れが行き届かないこともある家の裏側にあるスペースに、砂利を敷くことで雑草を防いで景観をよくし、防犯の効果も期待できます。


駐車場

駐車場の仕切りに砂利を使えば、消えることがありません。コンクリートと砂利を組み合わせることで、殺風景になりがちな駐車場もオシャレな印象になります。

ウッドデッキ

雑草防止のためや水はけをよくするために、ウッドデッキの下に砂利を敷くこともよくあるようです。


駐車場

砂利だけだと寂しい印象になることもあるかもしれませんが、コンクリートやタイル、芝生などと組み合わせると、気の利いたアクセントのひとつになります。

外構に砂利を敷いた際にかかる費用の目安

砂利にはさまざまな種類があり、玉砂利や鮮やかな色のついたものは価格が高い傾向にあります。砂利の価格は100kgあたり3,000円~18,000程度が相場です。厚さ3cm~4cmで外構に砂利を敷く場合、1平方メートルあたり60kg~80kgの砂利が必要だといわれています。換算すると、1平方メートルあたりおよそ1,800円~14,400円の費用がかかります。

ただし、これはホームセンターなどで販売されている少量サイズの砂利の、一般的な相場から単純計算した費用です。砂利を一括で大量に購入する場合にはもっと価格が安くなる場合もあるでしょう。

業者に依頼した場合には材料費に加えて作業費が発生しますが、砂利をまとめて仕入れている分費用が安い場合もあります。砂利敷きを業者に施工してもらうときの費用は、1平方メートルあたりおよそ3,000円~4,000円程度のようです。

外構に砂利を敷く手順

外構に砂利を敷く!そのメリットとデメリットについて

外構の砂利敷きを自分でおこなう場合の手順を解説します。砂利を敷く手順自体は、比較的簡単です。

  1. 砂利を敷く場所の広さを計算し、必要な量の砂利を用意します。
  2. 砂利を敷く場所の雑草や取り除きましょう。
  3. 地面を踏み固め、平らに整地します。
  4. 雑草対策として、防草シートを敷くのがおすすめです。必要な長さの防草シートを隙間がないように敷き、ピンなどで固定しましょう。
  5. 防草シートの上に砂利を置き、平らにならします。

砂利敷きの工程では、下地作りがもっとも大切です。砂利を敷く下の地面が柔らかかったりでこぼこがあったりすると、雨が降ったときに地面がぬかるみ、砂利が沈み込みやすくなります。

防草シートは地面をシートで覆って雑草の発生を防ぐものですが、地面と砂利の間に敷いておくことで砂利の沈み込みを防ぐ効果もあります。敷くときにはしっかりと隙間がないように施工しないと防草の効果が弱まってしまうので、慎重におこないましょう。

慣れない人が不備のある施工をすると、砂利の機能面や景観面での劣化が早まることもあります。より長く景観を保つ外構を作るには、業者に依頼するのが確実でしょう。

まとめ

家の外構に砂利を敷くことには雑草の防止や防犯、移動しやすいといったメリットがある半面、掃除がしにくい、草取りがしにくいといったデメリットもあります。外構のあらゆる場所で砂利は活用できますので、施工後の手入れのことなども考えながらほかの舗装材と組み合わせてデザインしてみるのもいいでしょう。

砂利の価格は種類によって大きく変わります。砂利敷きの業者では砂利をまとめて仕入れていることが多いので、材料費が安く済む場合もあります。

また、砂利敷きには下地作りが重要です。下地がしっかりしていないと、砂利が沈み込むなどして景観が悪くなることがあります。美しい外観を長く保ちたいなら、業者に任せるのが確実です。


実は奥深い砂利敷き

現地調査、見積もりは無料です

※対応エリアや加盟店によって変わります

一口に砂利といっても防犯対策に適した防犯砂利やお庭を綺麗に見せる玉砂利など様々です。生活110番では目的や施工場所によって最適な砂利をご提案します。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

お庭、駐車場、外構などに対応。砂利の撤去もお任せください。

砂利敷き 平米 1,600円~
砂利敷きのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

砂利敷きの記事アクセスランキング

砂利敷きの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧