好きなデザインにするだけでは失敗するかも?外構の種類と注意点

2021.4.30

好きなデザインにするだけでは失敗するかも?外構の種類と注意点

外構とは家の外側に設置する門や塀、カーポートなど家の外の装飾のことをさします。家の内部の装飾はインテリアと呼びますが、外構はエクステリアと呼ばれることもあります。
外構の印象で家の印象も変わるため、こだわりを持っている方がほとんどです。しかし、外構の役割を理解していないと設置した後に後悔してしまう可能性もあります。ここでは、外構の役割と種類をご紹介していきます。外構のデザインや目的をしっかり理解していきましょう。

狭い庭でも諦めない!外構デザインで素敵な庭に

庭が狭いからと外構デザインを諦めていませんか?狭いからこそ外構デザインをしっかり考えることが重要です。外構がしっかりしていないと、知らない子供が勝手に入って、知らない間におもちゃで遊んでいたりするなんてこともあるようです。

外構デザインで見落としがちなのが洗濯物です。干す場所によっては外から丸見えだったりするなど、範囲が限定されてしまいます。外構デザインを工夫することによって範囲が広がり、さらに外構で洗濯物を干せるスペースをつくることも可能です。また、敷地が狭い場合は玄関まわりにゆとりあるスペースがなく、急な階段が設けられてしまう可能性もあります。

外構デザインを工夫することによって、これらの問題を解決でき、素敵な庭を手に入れることもできるかもしれません。
      狭い庭でも諦めない!外構デザインで素敵な庭に

外構の役割と後で後悔しないデザインとは

外構の種類は大きくわけて3種類あります。

クローズ外構

門扉や門などを作り、家の敷地を囲むタイプの外構です。家を囲むため、外部から人が侵入してくる可能性が低くなります。プライバシーを保てるため、郊外にある敷地の広い家などに多くみられます。

セミクローズ外構

設備の一部がオープンになる造りになりますが、門扉や塀をつくることができます。解放的な家になり、プライバシーも保つことができます。

オープン外構

住宅が密集している地域によくみられる、門や塀がないタイプです。道からすぐに入ることができます。庭がある場合は、道との間に木などを植えて境界線にすることもできます。

外構は家のプライバシーなどを守る役割もあります。外構のデザインにこだわるばかり、役割をはたしていないこともあります。また、家に圧迫感をもたらす場合もあるので気を付けましょう。

ほかにも、外構は未来を見据えて設置しましょう。家は一度建てたら長く住むことになります。そのため、子供が成長し、車が増えたり、バリアフリーが必要になったりもするでしょう。また、気候や風土にあわせないと、すぐにリフォームが必要になってしまう可能性もあります。使いやすいデザインではなく、それぞれにあった外構選びをおすすめします。
      外構の役割と後で後悔しないデザインとは

外構デザインで目隠しのためのポイント

目隠しとして使用するときにもポイントがあります。ポイントを理解していないと目隠しとして機能しない場合があります。

高さ

一般的に人に目線から隠すためには、180cmが必要とされています。これ以上低かったら目隠しとしては役に立たないかもしれません。

風や日光

外構デザインによっては風通しや家の中に入ってくる光の量を左右します。できれば、通気性のよい、太陽の光をさえぎらない形を選ぶとよいでしょう。

圧迫感

素材や高さによっては圧迫感が出やすいので注意が必要です。重厚感のあるデザインを選んでしまうと狭く見えるかもしれません。

違和感

外構デザインを考えるときは、外から眺めたときに違和感のないようなデザインにしましょう。また家の中からもどんなふうに見えるのかを考えるといいでしょう。自分の好きな色を選んでしまうと、悪目立ちする可能性もあります。外壁や家の雰囲気と同じものを選ぶことをおすすめします。

外構デザインで隙間を利用するためのポイント

家にはほんの少しの隙間しかないから、外構をつけるなんて無理だと諦めがちかもしれません。しかし、そんな隙間を利用できるかもしれません。

ウッドデッキ

縁側みたいになり、新しく利用する方法がみつかるかもしれません。隣の家などのわずかな隙間でつくることもできる可能性があります。

収納場所

洗面所や勝手口から出入りできる場所をつくることもできます。わずかにスペースが増えることで、収納力が増します。

洗濯物干場

隣の家の間に目隠し付きの洗濯物干場をつくると、わずかな場所でもスペースを増やすことができます。また、人目に触れない場所で干したいと思っている方には最適かもしれません。

また、屋根などを隙間につけると、駐輪場として利用することも可能です。さまざまな利用方法があるので、ご自宅にどれくらいの隙間があり、なにが必要かを検討してみましょう。

まとめ

外構デザインが素敵だと、おしゃれでカッコいい家に見えるかもしれません。そのため、こだわる方も多いのですが、しっかりと出来あがりをイメージして作らないと失敗しがちです。デザイン性がよくても、使いにくかったりしたら、ストレスがたまるかもしれません。もし外構デザインを検討しているのであれば、急いで決めずにプロに相談することをおすすめします。外構デザイン次第で住みやすい家になるかもしれません。

門周りを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「門周り」をご覧ください。

門周りはプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

門周りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

門周りの記事アクセスランキング

門周りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧