防災・防犯に大活躍!窓シャッターを取り付けて不安を取り除く

2021.4.30

防災・防犯に大活躍!窓シャッターを取り付けて不安を取り除く

日本は台風が頻繁に来る国のひとつです。それを象徴するかのように、日本家屋を見るとたいていの家屋に雨戸がありました。しかし最近は、あまり見かけなくなったものではないでしょうか?雨戸はあったほうがよいと考える人が多いのも事実です。しかし、近代の家屋では収納場所やデザインの関係から設置されていないことも多いのです。

その代わりに、近年普及しつつあるものがあります。それが『窓シャッター』というものです。本コラムでは、窓シャッターの取り付けかたと費用について紹介します。

あなたの窓シャッターの取り付け目的は?

窓シャッターの取り付ける目的として挙げられるのが、日本に来る台風の多さです。昔は窓には雨戸があったのですが、近年の新しいお家では見かけなくなりました。あっても使い方がわからなかったり、収納しておく場所がなかったりというのが理由のようです。しかし、台風などの風が強い日に石など固いものが飛んできたら危険です。

そこで雨戸ほど収納する場所を取らず、窓を守ってくれるのが窓シャッターです。昔は台風が来るとなったら、雨の中外に出て雨戸を閉める面倒くささがありました。しかし窓シャッターならば、家の中からリモコンのボタン1つで操作ができ、雨や風が吹き荒れる中わざわざ外に行く必要がないのです。

防犯性から選ぶ窓シャッターの取り付けとは

防風のためだけでなく、防犯性の向上を目的として窓シャッターを取り付けることもあります。
空き巣の侵入経路に選ばれやすいのが窓です。なんと、空き巣被害の約7割が窓からによる侵入手口で、比較的簡単にガラスを割ることができてしまうのが原因とされています。

しかし窓シャッターを使用した場合、まずシャッターの破壊をした後に窓を割らねば家への侵入ができず、時間と手間がかかるため入ることを諦める可能性が高まります。侵入者は入るまでに時間がかかるのを最も嫌がる傾向があり、手間が多いほど侵入することを諦めやすいのです。

そして、空き巣は事前に下見をしていることもあります。窓シャッター取り付けている家庭は2度手間で入りにくいという印象を与え、最初から侵入予定のリストから外れやすい傾向にあるといえます。

ただし、油断は禁物です。留守の間閉めているから安心というわけでもなく、「シャッターが閉まっている間は留守にしている」という情報を与えるおそれがあります。風が強い日などにも利用し、留守だけで使うという使い方は避けましょう。
そして、シャッターを閉めているから大丈夫と思い、窓のカギを閉めない等の油断があっては本末転倒といえます。しっかり窓を施錠した状態で使うことを心がけてください。
        防犯性から選ぶ窓シャッターの取り付けとは
        

費用面を重視した窓シャッターの取り付けとは

窓シャッターを取り付ける際、ネックになるのが費用面です。取り付ける際の値段や、動かなくなった際の修理の値段は事前に調べておきたい項目といえます。

窓シャッターの場合、取り付け工事で必要となる値段相場としては、電動シャッターの場合23万円~30万円程。手動のものになると10万円程が相場といわれています。修理費用は1万円~5万円程で、交換になるともう少しかかってしまうかもしれません。

費用面を重視した窓シャッターの取り付けとなると、デザイン性を考えず、メンテナンスが比較的少なくて済むアルミなどの錆びにくいものを選ぶことが多いようです。

費用面を気にするあまり、錆びやすい素材や、中古の商品を購入するのは避けたほうがいいかもしれません。劣化が早くメンテナンスの頻度が上がり、結局のところ「安物買いの銭失い」となってしまうこともあるので気を付けましょう。

以外に大切!開け閉めが静かな窓シャッターの取り付け

窓シャッターの取り付けで重要なことがもう1つあります。
それは、音が静かなシャッターを選ぶことです。というのも、シャッターは開閉の際ガラガラガラと音がなります。この音自体はシャッターをシャッターケースに収納するために丸める音と、モーターの音なので仕方がないのですが、近所にとっては迷惑な騒音となってしまうおそれがあります。場合によっては、そこからご近所トラブルに発展してしまうかもしれません。

わかっていても不愉快になりやすい音なので、他人からしても大きな迷惑となってしまうのも頷けます。そのためにも、できるだけ音が小さい静かなものを選ぶことが重要といえます。手動シャッターのほうが音が大きい場合が多いので、電動シャッターにされるとよろしいでしょう。
          以外に大切!開け閉めが静かな窓シャッターの取り付け

まとめ

窓シャッターのご紹介をさせてもらいました。窓シャッターの取り付けを検討する際、考えるべきポイントとしては

・台風などの自然災害対策としての取り付け
・空き巣被害対策としての取り付け
・メンテナンスが少なくて済む素材を選ぶ
・音が静かなものを選ぶ

以上の4つが重要です。
シャッターを購入する際、自分では取り付けは難しく、思わぬ事故を招くこともあります。自分で取り付けようとせず、業者に依頼して安全に設置してもらいましょう。

電動シャッター設置・修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「電動シャッター設置・修理」をご覧ください。

電動シャッター設置・修理はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

電動シャッター設置・修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

電動シャッター設置・修理の記事アクセスランキング

電動シャッター設置・修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧