どんなところに違いがある?ガレージとカーポートを徹底比較!

2021.4.30

どんなところに違いがある?ガレージとカーポートを徹底比較!

ガレージとカーポートは、どちらも雨や風、日差しから車を守ってくれるものです。
役割はほぼ同じなガレージとカーポートですが、どんなところに違いが表れるのでしょう。

今回はガレージとカーポートの設置費用や、メリット・デメリットについてまとめました。
ガレージとカーポート、どちらを建てるか迷っている方は参考にしてみてください。

ガレージとは

ガレージはカーポートと違い、屋根と壁で覆われて正面にはシャッターがついた駐車スペースになります。
最近では家の一階部分がガレージになっている「ビルドインガレージ」というものもあります。
ビルドインガレージは車庫と家が繋がっているため、車を止めらたら直接家に入ることができます。
車を降りてから外を通らないので、雨が降っていても濡れることがないです。

車庫はシャッターを閉めれば、全面が覆われるようになるので、風や雨で車に影響がでるのを防いでくれます。

安全性も高く、シャッターの施錠をしっかりと行えば、車が傷つけられたり、盗難にあうことを防ぐことができます。

以前はシャッターの開閉が難しく、力の弱い人では大変でしたが、現在販売されているものは開閉しやすいものが多く、中には電動式のものもあります。
      ガレージとは

カーポートとは

 
カーポートはガレージと違い、柱と屋根のみの簡単なつくりになっています。
ガレージに比べると一般の住宅の普及率は高いです。
壁やシャッターがないので、あまり広くない場所への設置も可能です。

デザインも多様で、建物の雰囲気に合わせやすくなっています。

屋根材は紫外線をカットしてくれるものや、明るさを取り入れやすいものなど様々で、用途に合ったものを選ぶことができます。

簡易的なつくりなので、車の台数が増えた場合の対応も簡単です。
また、カーポートはガレージと違い屋根を斜めに設置するなど、設置スペースに合わせて加工もできます。

ガレージとカーポートの設置費用や工期

ガレージの設置にかかる費用は1台用で最低でも45万円ほどです。2台用の場合、約100万円はかかるでしょう。
設置にかかる時間は1週間~10日ほどです。

カーポートの設置にかかる費用は、1台用で10万円ほど。2台用で20万円ほどです。
ガレージと比べると設置にかかる時間も短く2日ほどで完工になります。

ガレージとカーポートを比べると、ガレージの方が設置に費用と時間がかかるようです。

ガレージのメリット・デメリット

ガレージはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょう。

ガレージのメリット

・安全性が高い
シャッターを閉めれば、外からはガレージの中の様子を知ることができません。高級な車も人目に付きにくく、盗難の被害に遭いにくいです。
車種が分かっていてもシャッターがあることで、盗むまでに時間がかかります。誰かに見つかるリスクが高いため、泥棒が狙いにくくなります。
電動シャッターの場合はセンサーがついているものもあります。

・車が汚れることを防ぐ
シャッターを閉めれば、雨や風がガレージ内に入ってきません。
車が汚れにくく、洗車の回数を少なくできます。
台風などでものが飛ばされてきた場合でも、壁があるため、車にあたって傷がつくことを防げます。

・頑丈さ
ガレージはカーポートに比べると、強風や積雪に強いです。
台風の時でも、屋根が飛ばされるなどの心配をあまりしなくてもいいでしょう。

・ガレージ内をおしゃれにして楽しめる
ガレージには窓や照明、棚などを取り付けることができます。
小さなインテリアなどを置いたりして、ガレージ内を好みの空間にすることができます。

・雨の日でも作業ができる
雨や雪の日でもガレージ内は濡れません。作業中に雨が降ってきた場合でも作業を続けられます。雪の日にタイヤを変更する際も作業しやすいです。

ガレージのデメリット

・費用が高い
ガレージの設置費用はとても高額です。2台用だと100万円ほどかかります。なかなか手軽に設置できるものではないでしょう。

・簡単に撤去できない
ガレージは、不要になったからと言って簡単に撤去できません。撤去にはかなりの費用と時間が必要になります。
また、車が増えた場合は、建てなおす必要があります。

・十分なスペースが必要
ガレージは形の変更が難しいため、スペースに合ったものを特注しなければいけません。
スペースが狭い場合は、設置することができない場合もあります。
ビルドインガレージであればスペースがなくても設置できますが、家が建ってからでは設置できません。

・サビてくる
ガレージはしっかりと塗装されていますが、経年劣化で錆びてくることがあります。
サビによってもろくなり、倒壊する可能性もあるため、しっかりと手入れをしなければいけません。

・日当たりが悪くなる
ガレージを設置する場所によっては家の中に入る日光を遮ってしまうことがあります。

カーポートのメリット・デメリット

カーポートにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょう。

カーポートのメリット

・設置費用や時間がかからない
ガレージと比べるとカーポートは設置にかかる費用が安いです。
構造は柱と屋根のみなので、設置にかかる時間も短くてすみます。ガレージよりも気軽に設置できるでしょう。

・設置スペースに合わせて加工できる
屋根が大きすぎるなど、設置予定のスペースとサイズが合わない場合は、カットしてサイズを合わせることができます。

・狭いスペースでも設置できる
柱と屋根だけでできていることや、加工ができるため、ガレージと比べてカーポートは狭いスペースにも設置可能です。

・日光を取り込める
カーポートの屋根の中には光を通しやすいものもあります。そのため、家の前に設置しても、室内が暗くなるのを防ぐことができます。

・台数が増えても対応できる
ガレージよりカーポートは撤去が簡単です。不要になった場合や、車が増えたときに対応しやすいです。

・サビに強い
カーポートはアルミ製のものが多く、錆びにくいです。

カーポートのデメリット

・耐久性が低い
カーポートは柱と屋根しかありません、そのため台風などの強風で、屋根が飛んだり、倒れることがあります。
また、積雪時には、雪の重みで潰れてしまうこともあります。

・気密性がない
カーポートはオプションで壁を取り付けることができます。
しかし、壁を取り付けたとしてもガレージほどの気密性はありません。
壁を取り付けない場合は、車が雨風にさらされ、汚れたり、傷つくこともあります。

壁がないので安全性も低いです。
      ガレージのメリット・デメリット

まとめ

ガレージは設置費用や時間がかかります。スペースも必要ですが丈夫で安全性や気密性が高いです。高級な車を持っている場合や、愛車を守りたいという思いが強い方はガレージを設置してみるのもいいでしょう。

ガレージよりもカーポートは安全性や耐久性は低いですが、設置費用や時間があまりかかりません。
ガレージほどではなくても、雨や日光から車を守ってくれます。
あまり費用をかけたくない場合は、カーポートの設置を考えてみてはいかがでしょうか。

依頼できる業者や料金について

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「カーポート」をご覧ください。

カーポートはプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

カーポートのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

カーポートの記事アクセスランキング

カーポートの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧