駐車場や庭をコンクリート舗装に!メリット・デメリットと工事の費用

2021.4.30

駐車場や庭をコンクリート舗装に!メリット・デメリットと工事の費用

お家の駐車場が土のままだと駐車のたびにホコリが立ったり、雨の日には泥で汚れてしまったり水たまりができたりと使い勝手が悪く大変です。また、お庭には雑草などが生えてくるので、定期的な処置や虫の対策も必要になります。

面倒な土の駐車場やお庭を何とかしたいものの、どうしていいか分からないという人のために、駐車場の悩みを解決する方法について紹介します。

土の駐車場やお庭を使いやすくする方法

土の駐車場の問題点をクリアするには、いくつかの方法があります。
インターロッキングブロックを敷き詰めるという方法、単純に砂利を敷き詰める方法、そしてコンクリートで舗装するなどです。

インターロッキングブロック

インターロッキングという色つきのブロックを互い違いに敷きつめる方法です。
インターロッキングのメリットとしてはブロック同士がかみ合うことで荷重を支えるため、柔軟性があることが挙げられます。
一方で、すべて職人さんの手作業で行い、ブロックも大量に必要になってくるため、費用が高くなります。また、下地作りが甘いと仕上がりが凸凹になり、隙間から雑草が生えてくるようになることがデメリットとして挙げられます。
 

砂利

砂利のメリットは費用が安く済む点が挙げられます。また、車を動かす際や歩くときなどに音が鳴るため、防犯対策にもなります。さらに、水はけがよいので砂利敷きしていれば雨の日なども水たまりや泥が付着する心配がありません。
一方でデメリットもあります。まず、防草シートを敷かないと雑草が生えてくる点です。雑草が生えてくると虫が寄ってくるため、虫対策も必要になってくるでしょう。また、基本的に置くだけなので時間がたつと砂利が飛び散り車を傷つけたり、砂利が動いたりする可能性があります。

インターロッキングブロック、砂利ともに雑草対策としては不十分と言えるでしょう。駐車場の問題を解決し、お手入れを極力少なくしたいのであれば、コンクリート舗装をおすすめします。

「庭をコンクリートにしたい!」そう思ったら読んでください

雑草対策にピッタリ!コンクリートの駐車場のメリット・デメリット

コンクリートの駐車場のメリットは、まず耐久性が高いことが挙げられます。セメントを水でといて混ぜたコンクリートは、単体では強度がありませんが、鉄骨を仕込んだ鉄筋コンクリートは圧縮力や張力に対して高い強度を持ち、かなりの重量物である自動車が乗ってもほとんど影響を受けません。
また、コンクリート舗装はアスファルト舗装と違い、薬品やガソリンをこぼしても影響がないため、車のメンテナンスを駐車場にて行う際も安心です。
さらに、使用や経年劣化によるお手入れの必要がいらないというメリットもあります。長年使うことになる駐車場なので、メンテナンスフリーで過ごせるならストレスも感じません。当然、駐車のたびにホコリが立ったり、雑草が生えたりすることはありません。

機能性が高いコンクリートですが、値段が高いというデメリットもあります。ただしほかの方法で駐車場を舗装した場合と比べれば、お手入れの手間と補修のためのランニングコストがかからないので、長期的に見てどちらがいいかで判断するとよいでしょう。
また、施工に時間がかかる点とコンクリートの材質上強度を出すのに時間がかかるため、施工後もしばらくは養生が必要となる点もデメリットとして挙げられるでしょう。

駐車場をコンクリートにする具体的な施工手順

駐車場をコンクリート舗装する外構工事の手順は以下の通りです。

1.勾配をつける

土の駐車場をコンクリートにするためには、まず地面を整地して勾配をつけるところから始めます。勾配をつけることによって雨水など水がたまることを防ぎます。

2.土を掘削する

次にコンクリートで埋める部分の土を採掘します。コンクリート舗装の場合、10cm程の厚さで流し込むため、下地分とあわせて20cm程掘削します。

3.砕石を敷き詰める

コンクリート施工後の地盤沈下の防止と施工面を均一にするため、下地として10cmほどの高さまで砕石を敷きつめます。

4.砕石を固める

施工後、ヒビが入るのを防ぐために入念に転圧をし、強固な下地を作ります。

5.型枠を設置する

施工する形状に合わせた型枠を設置します。型枠にはコンパネと呼ばれる板などを使用します。

6.ワイヤーメッシュを設置する

コンクリートは単体では車の荷重に耐えられなくなってしまう可能性があるため、強度を上げるためにワイヤーメッシュを設置します。強度を保つためにワイヤーメッシュはコンクリートとコンクリートの間に入るように設置するのがポイントです。
ワイヤーメッシュを設置する作業はとても重要ですが、経費削減のためや手抜きのため細いものを使ったり砕石の上にただ置いたりする悪徳業者もいるので注意が必要です。

7.コンクリートを流し込む

コンクリートを流し込む際は、設置したワイヤーメッシュが沈んだりズレないように注意が必要です。

8.表面を仕上げる

最終的な仕上げはコテなどを使いコンクリートの表面を均していきます。コンクリートを流し込んだ後は、1~3日で表面は固まります。しかし、コンクリートが十分な強度になるのにさらに数日かかるのでしばらく養生します。周りからも養生中と分かるようにしておくと、誤って足跡をつけたり、車が入り込むのを防げます。

必要な資材として砕石やコンクリート、ワイヤーメッシュや木枠などが必要になりますし、広い範囲に使うので個人で作業するのはかなり難しいでしょう。コンクリートを流し込んで固めるときも、
DIYで安くコンクリート化することも不可能ではありませんが、キレイに仕上げたいのであれば、きちんとした業者に依頼した方が良いでしょう。

駐車場をコンクリートにする費用の目安

項目料金
1㎡8,000円~12,000円程度
駐車場1台分15万円~
駐車場2台分30万円~

駐車場をコンクリートにする費用の大まかな内訳は、掘り返した土の処分費用、砕石やコンクリートなどの材料費、施工にかかった人件費になります。ほかにも邪魔になるブロック塀の解体やブロック塀を新たに建てる費用、配管などの移動費用など、駐車場の状況によってかかるオプションの費用もあります。

地域や業者、施工を行う場所、面積によって価格はまちまちですが、一般的な駐車場のスペースだと20万円から30万円くらいかかることも多いです。また、業者によっても費用や施工内容は変わります。見積りを3社以上から取って比べるようにしましょう。

まとめ

コンクリートは雑草対策として有効で、耐久性も高く、メンテナンスもあまり必要ないです。その分工事にかかる費用は高くなりますので、長期的な視野を持ってほかの方法とどちらがいいのか考えるようにしましょう。

もしどうしたらいいか迷ったら、一度業者に相談するのもいいと思います。知識を持った業者がいろいろな提案をしてくれるはずです。

無料現地調査いたします!

ご希望の日時で作業可能!

※対応エリアや加盟店によって変わります

欠けたりひびが入ったブロックの補修からブロック塀の撤去まで、幅広い種類の依頼に対応しています。もちろん撤去したブロック塀の処分はお任せください!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

基礎工事や外構工事、補強工事などさまざまな工事に対応します

ブロック工事・コンクリート工事 19,800円~
ブロック工事・コンクリート工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

ブロック工事・コンクリート工事の記事アクセスランキング

ブロック工事・コンクリート工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧