「えっ、自分に責任が?」事故を防ぐためのアスファルト補修の必要性

2021.4.30

「えっ、自分に責任が?」事故を防ぐためのアスファルト補修の必要性

敷地内のアスファルトに穴やひび割れはありませんか?大きいものの場合は業者に依頼することも大切ですが、小さいものであれば自分で補修できることもあります。
ではどんなアスファルトを使い、どのように修理すればいいのでしょうか?ここでは自分でできるアスファルトの補修について考えていきましょう。

アスファルトもDIYで簡単にできる?

「アスファルトを敷く」といえば重機を使って、多くの人が作業をしている光景を思い浮かべるかもしれません。しかし実際はそんなことありません。アスファルトは自分で敷くことができるほど私たちの身近な存在です。

例えば、車の重みで自宅駐車場のアスファルトがへこんでしまっているときは、自分でアスファルトを敷いて、平らに戻すことができるでしょう。また自宅の裏など雑草がよく生えてくる場所にアスファルトを敷けば、雑草対策にもなります。

アスファルトには多くのメリットがありますが、徐々に劣化していくことは避けられません。夏の直射日光や、度重なる衝撃によって変形します。やがてひび割れ、最終的には大きな穴が空くこともあるのです。
しかしホームセンターに行けば、素人の方でも簡単に利用できるアスファルトも取り揃えられています。説明書に従って施工すれば難しくはないので、業者に依頼する前にDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コンクリートのもと?セメントとは

穴やひび割れは放っておくと危険です!

パンク、転倒の危険

皆さんは道路のアスファルト部分に空いている穴やひび割れを見たことがありますか?その上を車や自転車が走れば、パンクしてしまうおそれがあります。また歩いている人もつまずいて転んでしまうおそれがあるため、アスファルトの穴、ひび割れは塞がなければいけません。

マンション、団地でも

アスファルトの穴、ひび割れの危険は道路に限ったことではありません。普段大人が何気なくまたいでいる穴、ひび割れは子供にとってすごく大きなものかもしれません。そのため、特に穴、ひび割れが、子どもの遊び場になるマンション、団地にあるときは危険です。

水たまりの発生

もし大きな穴が歩道上にあれば、雨のとき水たまりができ、歩行者の通行を妨げてしまいます。

それが自分の管理する敷地内でアスファルトの穴、ひび割れによる事故が発生してしまえば、責任を問われてしまう可能性もあります。それを防ぐために、穴、ひび割れを発見したら早めに修理しておきましょう。

アスファルト補修の施工方法とは?

アスファルト補修をDIYした経験がある方は少ないと思います。ここではアスファルト補修を自分で行う方法と注意点について見ていきましょう。

どんなアスファルトを使う?

「アスファルトを自分で作るなんて無理!」そんなことはありません。もちろん道路舗装に使われているアスファルトを自分で作るのは難しいかもしれません。

しかし、DIYに使いやすいアスファルトもあります。これは水をかけるだけで作ることができるため、今までアスファルトを作ったことが無くても補修しやすいでしょう。


家庭化学 アスファルトV 黒 10kg

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

使い方

使い方はとてもシンプルです。
まずアスファルトの穴に新しいアスファルトを敷き詰め、平らに伸ばします。そしてその上に水をかけるだけというシンプルな方法です。アスファルト内に含まれる物質と水が化学反応するため、アスファルトを温める作業を自分で行わなくても大丈夫です。

おすすめのアスファルト補修グッズ3選

最後におすすめの補修グッズを紹介していきます。

水だけで作れるアスファルト

水だけでつくることのできるアスファルトはとてもおすすめです。アスファルトのくぼみが気になっている方、家の周りに生えてくる雑草にうんざりしている方は是非利用してみてはいかがでしょうか?

ひび割れ用補修材

5ミリメートル以下の小さいひび割れには、ひび割れ用の補修材がおすすめです。これはひび割れているところに直接流すだけでいいため、便利で簡単です。ひび割れに流し込みやすいように、上部にノズルのついたものを選ぶとよいでしょう。


アサヒペン 床用ひび割れ補修材(アスファルト用) S025 ブラック 1.1KG

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

スコップ・シャベル・軍手・ゴム手袋など、これらのグッズは揃えて当たり前かもしれません。しかしスコップ、シャベルは仕上がりをよくするため、軍手とゴム手袋は手を守るために必要です。しっかり用意しておきましょう。

まとめ

アスファルトは業者だけが設置、修理できるものではありません。小さな穴やひび割れであれば自分で修理することができます。また雑草を防ぐためにアスファルトを設置する人もいます。
しかし少しでも不安に思うことがある、疑問に思うことがあるときは業者に相談しましょう。

アスファルト工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」「アスファルト工事」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:ことね
家で飼っているペットのブログを始めたのがきっかけで、ライターの道へ!もともとパソコン関連の趣味もあるため、ペット・パソコン関係の記事を担当することが多い。

どんな場所でも施工します

事前現地調査お見積り無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

1台分の駐車場から大型店舗の駐車場、アスファルトのひび割れの補修工事まで、幅広く工事を請け負っています。お見積り、現地調査は無料です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

すでにアスファルトで舗装されている場所の舗装も可能!

アスファルト工事 平米 5,500円~
アスファルト工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

アスファルト工事の記事アクセスランキング

アスファルト工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理