人生の終わりへ向け自分を整理するために。エンディングノートの役割

2021.4.30

人生の終わりへ向け自分を整理するために。エンディングノートの役割

最近、「エンディングノート」という単語を聞くようになりました。エンディングノートとは、名前のとおり「終わり」をつづるノートです。最期の時までに何がしたいのか、自分をどう送ってほしいのかなどを具体的に記したものがエンディングノートです。

今回は、自分を整理するためのエンディングノートの役割や書いておくべきことについて紹介していきます。

葬儀のおすすめサービス

終活とともに広がってきたエンディングノート

遺言書との違い

エンディングノートは遺言書とは違って、法的効力はありません。遺産や相続に関することを書いておく場合には注意が必要になります。

なぜエンディングノートが注目された?

エンディングノートが注目された理由として、「終活」のブームがあげられるでしょう。終活とは自分の人生の終わりに向けて、前向きな気持ちでおこなう活動のことで、最近の葬祭に対する考え方の変化から注目されています。

自分自身の終わりをよりよく迎えるため、また遺された家族が困らないようにするためのエンディングノートの存在は、注目が集まっています。

エンディングノートに形式はある?

重要視したい要素に合わせたものを選ぶ

多くの書店で、エンディングノートとして商品が発売されているので、自分の遺しておきたい内容に合ったものを選びましょう。必要な情報を細かく整理できるものや、シンプルな書きやすさ重視のものまでさまざまな種類のエンディングノートがあります。

自分で作るのもひとつの手

エンディングノートには決まった形はありません。市販されている普通のノートでも大丈夫ですし、パソコンが得意な方はエクセルやワードを使ってデジタルで管理するのもよいでしょう。

また、インターネットでダウンロードすることも可能です。必要な箇所だけ印刷して、ノートに貼り付けるのもおすすめです。

       終活とともに広がってきたエンディングノート

エンディングノートにまとめておきたいこと

エンディングノートは公的な文書ではないので書くことに決まりはありませんが、書いておきたいポイントはいくつかあります。

終末医療や、葬儀についての希望、貯蓄や保険、年金、貴重品について、友人や知人への連絡先などの、家族たちが困らないようにするための情報を記入しておきましょう。

それ以外のことは、自分が家族に伝えたいことを書きましょう。自分が死んだあとに伝えたいこと、今の気持ち、写真やイラストを載せてみるなど、自分らしく、自分だけのエンディングノートを作成しましょう。

では一体どんなことを書き記せばよいのでしょうか例えばこのような項目などがエンディングノートに書くことがおおいそうです。

自分のこと
自分が生まれてから現在までのことを振り返って書いてみます。入学、卒業、就職、結婚、出産などさまざまなことがあったかと思います。今までの人生を振り返ることによって、今後の自分がやるべきことが見えてくるのではないでしょうか。

また、自分の個人情報も記しておきましょう。年金証書などの基本情報は家族でも知らないことが多いと思います。このような情報を残しておくことで、亡くなったあとの手続きをスムーズにおこなえます。

財産のこと
年金証書のほかにも保険の証書。介護保険証、通帳と印鑑など、貴重品の保管場所も記しておくと、家族はスムーズに手続きに対応することができます。

医療・介護について
自分が最後にどのような治療を望んでいるのかを記しておきましょう。自分が認知症や末期症状になり判断ができなくなったときの対応法を決めておけば、家族の負担を軽くすることができます。

葬儀・お墓について
昔は死について語ることはよくないとされてきましたが、最近では葬祭に対する考え方は変わってきました。

密葬や近親者のみで執り行う葬儀も増えてきています。お墓についても自分で気に入ったものを購入することも多いです。

しかし、デリケートな問題になるので、よく家族と話し合っておきましょう。

連絡先
自分が亡くなったときには、家族が訃報を連絡します。その際に連絡先の一覧があれば便利ですよね。自分が亡くなったときに連絡して欲しい人の連絡先を一覧にしておきましょう。

メッセージ
家族や友人など、自分が想いを伝えたい人にメッセージを残しましょう。文字だけでなく、写真を添えたり、PC上で作成している場合は動画を残しておくのもおすすめです。あまりかしこまらず、普段通りに話しかけるように想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

        エンディングノートにまとめておきたいこと

エンディングノートにすべてを書く必要はない?

暗証番号やパスワードなどは書かないほうが無難

銀行口座の暗証番号やパスワードは、わからなくても相続をすることが可能です。「書いておいたら面倒な手続きをしなくて済むので残してもいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、それにはリスクがあります。

そのリスクとしては、ノートが盗まれるおそれがあったり、相続する家族が使ってしまい、それが原因で兄弟姉妹や親戚同士で争いになってしまうおそれがあるなどがあります。

エンディングノートに書くのは口座の一覧だけにしておきましょう。

遺産や相続については遺言書へ

遺産や相続について1冊のノートにまとめてあれば便利だと思いますが、エンディングノートは法的な効力を持ちません。

遺産や相続については公的な文書として、エンディングノートとは別に遺言書を作成しておきましょう。

エンディングノートに記入するのは、遺言書の有無、遺言書の保管場所、遺言書の種類などを書いておきましょう。

なお、遺言状の種類には以下のようなものがあります。

証人を立てず自分で書き保管する「自筆証書」
証人立会いのもと公証人(法務大臣に認定された長期間の法律実務経験のある公務員)に記述してもらう「公正証書」
本人が書いて証人・公証人立会いのもと公証人役場であずかってもらう「秘密証書」

また、遺言書を作成する際に専門家に相談した場合には、その専門家の連絡先も忘れずに記入しておきましょう。

      エンディングノートにすべてを書く必要はない?

葬儀のおすすめサービス

まとめ

ここまで自分を整理するためのエンディングノートの役割や、書いておくべきことについて紹介してきましたが、いかがでしたか。

エンディングノートは、遺された人に向けたノートでもありますが、まずは自分の最期をよりよく迎えるためのノートです。

死んだあとにどうするかだけではなく、自分らしく最期を迎えるためにどうするのかを示していくことができる、未来へ向けたノートです。

エンディングノートに決まりはありません。まだ自分の死に対して実感が湧かないという方も、これからやりたいことなど簡単に書けることからでもかまわないので、これからの自分の人生を輝かせていくためにエンディングノートを作成してみるのもよいのではないでしょうか。

葬儀について依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「葬儀」をご覧ください。



この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

葬儀はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

葬儀のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

葬儀の記事アクセスランキング

葬儀の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理