お葬式で慌てないために、お焼香の回数や作法について知っておこう。

2021.4.30

お葬式で慌てないために、お焼香の回数や作法について知っておこう。

お葬式に参列した際には、たいていの場合お焼香をおこなうかと思います。しかしお焼香の回数や作法など、自信がない方や不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。お葬式には何度も出向くものではないので、周りの人の見よう見まねでおこなう場合も多いでしょう。

いざというときに慌てないためにも、普段からお焼香のマナーを知っておくのは大切なことです。

今回はお焼香の回数や作法について解説していきます。

葬儀のおすすめサービス

お焼香の意味とは

お焼香の意味として、故人に対しておこなうものだと考える方も多いと思いますが、焼香とは自分自身の汚れをなくして、故人や仏様に向かう準備としての意味があります。

ほかに、香りとともに故人の冥福を祈る気持ちを仏に届ける意味合いや、香りが広がるのと同じように仏の教えが隅々まで広がるという意味、良い香りが満ちている極楽浄土を表す、などの意味があるといわれています。

お焼香はどのタイミングでおこなうの?

お焼香をするタイミングは、僧侶が入場し、読経、焼香をおこなったあとです。喪主、遺族、親族、一般参列者と故人と深い関係性の方から順におこないます。全員の焼香が済むと僧侶が退場する流れになっています。

お焼香の手順としては、まず周囲に軽く会釈して席を離れ、焼香台の前へ来たら僧侶とご遺族の方に一礼します。

遺影に向かって一礼して、このタイミングでお焼香をおこないます。お焼香が終わったら焼香台から一歩下がり、遺影に向かってもう一度一礼します。そして初めと同じように僧侶、ご遺族の方に一礼します。
      お焼香はどのタイミングでおこなうの?

お焼香の形式は3つある

お焼香のタイミングは理解していただけたかと思いますが、お焼香の形式には3つの種類があります。自分の思っていた形式と違っても混乱しないようにそれぞれ確認しておきましょう。

立ち礼

最も一般的なお焼香の形式が、立った状態でおこなう立ち礼焼香です。遺影の前に焼香台と航路が置かれ、参列者は順番に席を立って、遺影の前に立ち焼香をおこないます。

座礼

自宅や和室などで葬儀をする場合は、座った状態の座礼焼香をおこないます。椅子ではなく座布団などに座るため、祭壇や焼香台も座る高さに合わせてあります。

参列者が焼香台に移動するのは立ち礼焼香と変わりませんが、移動する方法に作法があります。

焼香台から距離が近ければ膝行・膝退(しっこう・しったい)という座ったまま移動することが作法とされています。

焼香台までの距離が遠いのであれば、中腰で立って移動することになります。

回し焼香

自宅で葬儀をおこなう場合は、場所がせまいために焼香台への移動が難しいことがあります。そういった場合には香炉と抹香をお盆にのせて、参列者が回してその場で焼香をする回し焼香をおこなうことがあります。

前の人からお盆を受け取ったら、自分の前か膝にお盆を置いて焼香をします。焼香が終わったら次の人に回します。
            お焼香の形式は3つある

お焼香の回数や細かい部分は宗派によって変わる

お焼香の回数や、細かい方法は宗派によって変わってきます。自分の宗派や相手の宗派を考え、失礼にならないように確認しておきましょう。

回数に意味を持たせる宗派も

お焼香は、1~3回が一般的とされていますが回数に意味を持たせる宗派もあります。

例えば真言宗では焼香の回数も3回と決められていて、「仏法僧」の三宝に捧げる、または三毒の煩悩を消す、という意味を込めているといわれています。

基本的には心を込めて焼香すれば問題はありませんが、配慮が必要な場合は事前に確認しておきましょう。

宗派による回数や方法の違い

天台宗、真言宗は3回と決まっています。日蓮宗にはとくに決まりはありませんが3回が多いようです。浄土宗にもとくに決まりはありませんが、抹香でおこなう場合と線香でおこなう場合の2種類があります。

臨済宗と曹洞宗は1回目は押しいただき、2回目はそのまま落とします。浄土真宗は押しいただかず、本願寺派は1回、大谷派は2回です。

押しいただくとは、つまんだ抹香を目より高く捧げて持つことです。

回し焼香をおこなう際必要になるもの

ではもし、自宅で回し焼香をおこなうことになった場合、どんなものが必要になるのか紹介します。仏具屋さんや通販などで、セットで売られている場合が多いです。

・回し香炉
・焼香盆(なければ普通のお盆でも大丈夫です)
・抹香
・香炭
・香炉灰

 
お仏壇やお焼香のセットをレンタルしてくれる葬儀社もあるようなので、自宅で葬儀をお考えの方は一度確認してみるのもいいでしょう。

しかし故人を見送るための仏具をレンタルするとなると抵抗がある方もいるかもしれません。レンタルを考える際は周りとよく相談して決めるようにしてください。
      回し焼香をおこなう際必要になるもの

葬儀のおすすめサービス

まとめ

お焼香の回数や方法にも宗派によって違いがあります。基本的には心を込めてお焼香をすることが大切ですが、その場で失礼なことがないようにふるまうことも重要です。その場で困らないように、お焼香の意味や回数を理解してお葬式へ参列しましょう。

葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金については、「生活110番」の「葬儀」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

葬儀はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

葬儀のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

葬儀の記事アクセスランキング

葬儀の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理