【ここで解決】最安設置のためのBSアンテナ取り付け費用徹底比較

2021.11.22

【ここで解決】最安設置のためのBSアンテナ取り付け費用徹底比較

「新居にBSアンテナを取り付けると費用はいくらになるんだろう?」
「安く済ませたいけど、どこに依頼すればいいのかな?」

BSアンテナの取り付けは頻繁にやることではないので、よくわからないことが多いですよね。
出費がかさみがちな入居準備があるなら、とくに費用や依頼先については悩んでしまうでしょう。

そこでこの記事では、家電量販店やホームセンターなど依頼先別のBSアンテナの取り付け費用と特徴を紹介します。
また、自力でBSアンテナを取り付けて費用を大幅に安く済ませられる場合もあるので、その条件や方法も紹介します。

▼この記事のポイント
  • 公式サイトの「10,000円~」には注意!あくまで最安!
  • 総合的に見て「専門業者」がベスト!
  • もっとも安く済むのはDIY!

この記事を読めば、費用安くまたベストな選択肢でBSアンテナを取り付けられるようになるはずです。
ぜひ参考にして、新生活で楽しいテレビライフをはじめましょう。

BSアンテナの取り付けを依頼したときの費用

さっそく、BSアンテナの取り付け費用を依頼先別に見てみましょう。
依頼先は、主に以下の4つです。

  • 専門業者
  • 家電量販店
  • ホームセンター
  • スカパー!

アンテナに関する業務をメインにおこなっている専門業者はもちろん、電化製品や生活雑貨を売っている家電量販店やホームセンターでもBSアンテナの取り付けは依頼できます。
また、衛星放送で有料放送をおこなっているスカパー!にも、BSアンテナの取り付けは依頼できます。

そして、気になる依頼先別のBSアンテナの取り付け費用は以下の通りです。

依頼先 費用
専門業者※1 平均37,326円
家電量販店・ホームセンター※2 最安11,000円~
スカパー!※3 最安10,180円~

※1当社実績より算出(集計対象:2017年11月1日~2021年10月31日 対象件数:148件)
※2参考:エディオンケーズデンキヤマダ電機コメリ
※3参考:スカパー!アンテナサポート
※税込み表記

一見すると
依頼先は専門業者以外がよさそうだ!
このように思えますよね。

しかし表をよく見ると、家電量販店とホームセンター、そしてスカパー!の費用は、最安の場合となっています。
じつは結論を言うと、新築の戸建てにBSアンテナを取り付けるなら、費用は専門業者が最安になることが多いんです。
また、費用以外においても専門業者がオススメと言えるんです。

どういうことなのか、それぞれの依頼先の費用や特徴を解説していきますね。

▼専門業者がベストな依頼先になるわけはこちらから

家電量販店・ホームセンターのBSアンテナ取り付け費用は最安「11,000円~」

家電量販店とホームセンターに依頼したときのBSアンテナの取り付け費用は、11,000円~です。
この費用は、大手の家電量販店とホームセンターの公式サイトを調査した結果、実際に打ち出されていたものになります。

しかし、先ほども伝えたように、あくまでも最安の場合なんです。
具体的にどういうことか、依頼するうえで知っておくべきこととあわせて確認してみましょう。

依頼するなら知っておくべきこと

  • 結局費用は高額になることがある
  • 出張・見積もり費用がかかることがある
  • 時間がかかることがある

それぞれ詳しく説明します。

結局費用は高額になることがある

まずは費用からです。

結論から言いましょう。
11,000円~という家電量販店とホームセンターに依頼したときの費用は、あくまでもBSを見るために必要最低限かかるものとなっているんです。
というのも、やってくれるのは以下の作業だけなんです。

  • BSアンテナのベランダ格子への取り付け
  • テレビと1本のアンテナケーブルで直接つなぐ簡単な配線作業

しかし新築の戸建てにBSアンテナを取り付けるなら

  • そもそもBSアンテナ本体や取り付け時に必要な金具などを用意しなければならない
  • 各部屋でBSを見るなら電波をそれぞれに届けるために分配器やブースターを使って配線しなければならない
  • 障害物の多い住宅地で電波を受信しにくいならBSアンテナを高所に取り付けなければならない

このような準備が必要になってきます。

そして上記の準備が必要になると追加依頼となり、結局費用は以下のように高額になるんです。

▼分配器・ブースターあり&高所作業あり

家電量販店・ホームセンター 費用
エディオン※ 33,950円+高所作業~
※分配器・ブースターあり
※BSアンテナ本体は7,000円で計算
ケーズデンキ 58,150円~
※分配器・ブースターあり
※屋根上取り付け
※BSアンテナ本体は7,000円で計算
ヤマダ電機 54,300円~
※分配器・ブースターあり
※屋根上取り付け
※BSアンテナ本体は7,000円で計算
コメリ※ 52,380円+高所作業~
※分配器・ブースターあり
※BSアンテナ本体は7,000円で計算

※エディオン、コメリは公式サイトに高所作業に関する具体的な費用の記載はない。

ちなみに、家電量販店とホームセンターにBSアンテナの取り付けを依頼した場合、実際に対応してくれるのは下請け業者になります。
そのため仲介手数料がかかることもあり、上記の費用は割高な設定になっていることもあるんです。

しかし、もしベランダにBSアンテナを取り付けて1台のテレビだけで楽しめればいいなら、最安費用で済むこともあるので、家電量販店とホームセンターに依頼するのもありといえます。

出張・見積もり費用がかかることがある

家電量販店とホームセンターにBSアンテナの取り付けを依頼するなら、費用についてもうひとつ知っておくべきことがあります。
それが、出張費用や見積もり費用がかかる場合があることです。

先ほどの表にあった家電量販店とホームセンターでは、出張費用や見積もり費用が以下のように設定されています。

家電量販店・ホームセンター 出張費用・見積もり費用
エディオン 0円
ケーズデンキ 3,300円(税込)
ヤマダ電機 2,200円(税込)
コメリ 不明

さらに、この出張費用や見積もり費用については、もうひとつ知っておくべきことがあります。
というのも、これらの費用はBSアンテナの取り付けをおこなわなかった場合にも支払わなければならないんです。

つまり、気軽に家電量販店とホームセンターにBSアンテナの取り付けを依頼すると、無駄な費用がかかることがあるということ。
そのため、もし依頼するなら事前にしっかり公式サイトなどで確認することが大切です。

時間がかかることがある

電量販店やホームセンターで依頼をすると、BSアンテナの設置に時間がかかる場合もあります。
なぜなら、すでに触れたように実際に対応してくれるのは下請け業者だからです。

▼利用の流れ
  • 家電量販店・ホームセンターに店頭・電話・メールなどで依頼
  • 家電量販店・ホームセンターが指定の下請け業者のスケジュールを確認
  • あなたと下請け業者でスケジュールを調整
  • 下請け業者の出張・見積もり
  • BSアンテナの取り付け開始

家電量販店とホームセンターにBSアンテナの取り付けを依頼したときの流れは、上記のようになります。
BSアンテナの取り付け開始までには、いくつものステップを踏まなければいけません。

そのため、どうしても時間がかかってしまうことがあるんです。
実際、家電量販店とホームセンターの中には、即日対応不可となっているところもあります。

また、下請け業者が自社でアンテナの取り付けの依頼を受けていることも、時間がかかる理由のひとつです。
先ほど触れたように、家電量販店とホームセンターからの依頼となれば、下請け業者は仲介手数料がかかることになります。
一方で、直接受けた依頼なら仲介手数料は不要です。

そう考えるとどうでしょうか。

自分が下請け業者の立場だったら、基本的には仲介手数料が不要な直接受けた依頼を優先しますよね。
このようなことからも、家電量販店とホームセンターにBSアンテナの取り付けを依頼した場合には、時間がかかってしまう可能性が高いんです。

そのため、依頼をするならこの点は頭に入れおくようにしましょう。

▼家電量販店・ホームセンターについてのまとめ
  • BSアンテナのベランダ取り付け&1台のテレビだけで楽しむなら最安費用で済む可能性が高いので依頼してもいい
    ☆自力でBSアンテナを設置する方法と条件はこちら
  • ただし出張・見積もり費用と時間がかかることは覚えておこう

スカパー!のBSアンテナ取り付け費用は最安「10,180円~」

スカパー!にBSアンテナの取り付けを依頼したときの費用は、10,180円~です。

スカパー!はスポーツや映画など、衛星放送で有料放送をおこなっているサービスです。
好きなチャンネルを、約80あるなかから自由に選んで契約することで、見られるようになります。

そんなスカパー!では、新規契約をするときBSアンテナの取り付けも依頼できるんです。
これはスカパー!アンテナサポートといい、その費用が10,180円~と打ち出されています。

しかしスカパー!の場合も、この費用はあくまでも最安の場合なんです。
どういうことなのか、スカパー!に依頼するうえで知っておくべきこととあわせて確認しましょう。

依頼するなら知っておくべきこと

  • 結局費用は高額になることがある
  • 違約金が発生する可能性がある

それぞれ詳しく説明します。

結局費用は高額になることがある

まずは、費用について見てみましょう。

結論から言うとスカパー!も、先ほどの家電量販店とホームセンター同様、費用はBSアンテナの取り付けで必要最低限のものしか含まれていないんです。

▼スカパー!アンテナサポートの内容
  • 4K8K対応BSアンテナ本体は含む
  • 取り付けはベランダ格子または1階の壁面
  • テレビと1本のアンテナケーブルで直接つなぐ簡単な配線作業

家電量販店とホームセンターに依頼する場合と違うのは、BSアンテナ本体は含まれていることだけですね。

そのため新築の戸建てにBSアンテナを取り付けるうえで

  • 複数のテレビでBSを楽しむための分配器やブースターなどの配線
  • BSの電波の受信状況に応じた高所作業

上記のことが必要な場合には追加で費用がかかることになるんです。

具体的な費用はケースバイケースですが、先ほどの家電量販店とホームセンターで見た、新築の戸建てにBSアンテナを取り付ける場合の条件に近づけると以下のようになります。

▼分配器・ブースターあり&高所作業あり

追加オプション 費用
屋根工事追加 19,920円
高所作業費 7,650円
アンテナ2分配工事 5,400円
BS/CSブースター 25,300円
同軸ケーブル
※15mまでは無料だが分配器で2台のテレビにつなげるために2本の追加が必要とする。
1,350円×2=2,700円
同軸ケーブル設置費×2
※同上
2,200円×2=4,400円
+基本のスカパー!アンテナサポート 10,180円
合計 75,550円

しかし、低い場所にBSアンテナを取り付けて1台のテレビで楽しめればいいなら、最安費用で済むこともあるので、スカパー!に依頼するのはありです。

【期間限定】プレミアムサービスに契約する方が安い

スカパー!には基本プランに加え、プレミアムサービスもあります。

  • 基本プランのスカパー!→全約80チャンネルの中から好きなものを選べる
  • プレミアムサービス→全約140チャンネルの中から好きなものを選べる

扱っているチャンネル数が多く、グレードアップ版のプランといえます。
新居での新生活スタートを機に、より専門的なチャンネルを見れるプレミアムサービスの契約を考えている方も多いのではないでしょうか。

そんなプレミアムサービスでは、現在無料ではじめられるキャンペーンが実施されているんです。

▼プレミアム はじめるサポート0円キャンペーンの内容
  • プレミアムサービス対応チューナー無料
  • 4K8K対応BS/CSマルチアンテナ無料
  • 取り付け無料

※キャンペーンには上記3点が含まれます。
※対象期間:2021年10月1日~2022年3月31日。

なおこのキャンペーンも、取り付けに関してはスカパー!アンテナサポートと同じ制限が設けられています。
とはいえ、複雑な配線や高所への取り付けが必要になっても、ざっと計算して3万円程度で済むようです。

しかし、費用におけるメリットは大きいものの対象期間はもう長くはないので、気になる方は早めにチェックしてみてくださいね。

▼プレミアム はじめるサポート0円キャンペーン

違約金が発生する可能性がある

スカパー!にBSアンテナの取り付けを依頼するうえでは、違約金が発生する可能性があることは知っておくべきです。

実際に依頼するならここまでで紹介した

  • スカパー!アンテナサポート
  • プレミアム はじめるサポート0円キャンペーン

これらを使うことになります。

しかし、いずれも使うには条件があって、守らないと違約金が発生することがあるんです。

条件
  • アンテナやチューナーの取り付け完了後3週間以内に新規契約をすること
  • 契約期間は1年
違約金 ▼スカパー!アンテナサポート
10,000円
▼プレミアム はじめるサポート0円キャンペーン
20,000円

条件を見る限り
お試しでBSアンテナを取り付けてチャンネルを見てみたい!
このような場合には少しハードルが高いといえるでしょう。

▼スカパー!についてのまとめ
  • BSアンテナの低い場所への取り付け&1台のテレビだけで楽しむなら最安費用で済む可能性が高いので依頼してもいい
    ☆自力でBSアンテナを設置する方法と条件はこちら
  • キャンペーン対象期間内ならプレミアム はじめるサポート0円を使うのもあり
  • しかし依頼後は速やかに契約&長期利用しないと違約金が発生することは覚えておこう

専門業者のBSアンテナ取り付け費用は平均「37,326円」

ここまでBSアンテナの取り付け費用を、家電量販店とホームセンター、そしてスカパー!と、それぞれの特徴も交えながら見てきました。
しかし結論としては、費用の面でもその他の面でも専門業者に依頼するのがオススメと言えるんです。

費用については、専門業者にBSアンテナの取り付けを依頼した場合以下のようになります。

▼専門業者に依頼したときの費用

37,326円
※当社実績より算出(集計対象:2017年11月1日~2021年10月31日 対象件数:148件)

この費用は、弊社運営サービス【アンテナ110番】でご対応させていただいたBSアンテナの取り付けにかかった費用を、戸建てにお住まいのお客様に絞って算出した平均です。
また、BSアンテナ本体や高所作業などが含まれた、取り付けにかかった合計費用となっています。

ここまでで見てきた依頼先別の、新築の戸建てにBSアンテナを取り付けるときの費用と比較してみましょう。

▼依頼先別BSアンテナ取り付け費用

家電量販店 エディオン 33,950円+高所作業~
※分配器・ブースターあり
※BSアンテナ本体は7,000円で計算
ケーズデンキ 58,150円~
※分配器・ブースターあり
※屋根上取り付け
※BSアンテナ本体は7,000円
ヤマダ電機 54,300円~
※分配器・ブースターあり
※屋根上取り付け
※BSアンテナ本体は7,000円で計算
ホームセンター コメリ 52,380円+高所作業~
※分配器・ブースターあり
※BSアンテナ本体は7,000円で計算
スカパー! 75,550円
※分配器・ブースターあり
※屋根上取り付け
専門業者 37,326円
※BSアンテナの取り付けにかかった合計費用

条件を完璧にそろえることはできませんが、調査結果ではこのように専門業者の費用が最安となっているんです。

これは他の依頼先のように仲介手数料がかからないこと、またプロが部材の用意から施工まで一貫して対応してくれることが理由になります。
そのため、BSアンテナの取り付け費用を安く済ませたいなら、専門業者に依頼することがオススメなんです。

また、【アンテナ110番】で専門業者に依頼すれば、他の依頼先では気になるポイントもしっかりカバーすることができます。

【アンテナ110番】がオススメ

専門業者にBSアンテナの取り付けを依頼すると言っても、どこに相談すればいいのか迷ってしまいますよね。
そんなときは、ぜひ【アンテナ110番】をご利用ください。

▼【アンテナ110番】とは

弊社が運営するのアンテナ設置工事サービスの専門サイトです。
テレビのアンテナの取り付けや交換また修理などをおこなう専門業者を紹介しています。
日本全国に対応していて累計問い合わせ数は210万件を超えます。
※2021年11月16日時点の情報です。

【アンテナ110番】であれば、以下のようなメリットがあり、他の依頼先の気になるポイントをしっかりカバーできるんです。

▼メリット
  • 出張・見積もり無料 ※1
  • 即日訪問・即日施工が可能
  • 現地調査・見積もり後のキャンセルも無料 ※2
  • 施工保証は8年と長期
  • 最安10,200円~(税込)

※1※2対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もり・キャンセルに費用をいただく場合がございます。

アンテナ110番】なら、家電量販店とホームセンターではかかってしまう出張費用や見積もり費用、またキャンセル費用も無料となっています。
そして日本全国の専門業者を紹介できるので、ご連絡をいただいたその日に駆けつけてBSアンテナを取り付けることも可能なんです。

さらに、【アンテナ110番】ではアフターサービスもしっかりしており、8年の保証もついています。
スカパー!など他の依頼先の保証は2~3年程度なので、安心してご依頼いただくこともできますよ。

また、【アンテナ110番】ではBSアンテナの取り付けにかかる最安費用は10,200円~となっていて、ここまでで紹介してきた依頼先と比較してもほとんど同じとなっています。
そのため、ベランダへの取り付けとシンプルな配線を依頼するにしても、【アンテナ110番】ならプラスで上記のメリットもあるので、ご利用いただくことがオススメなんです。

ご相談そのものも無料となっていますので、新築の戸建てにBSアンテナの取り付けを考えているなら、まずは一度お気軽にお電話ください。

BSアンテナの取り付けを自分でやれれば「7,000円」程度

ここまでBSアンテナの依頼先別の費用、また依頼先別に特徴を紹介してきました。

しかし中には
BSアンテナの取り付け費用をより抑えるために自力でやりたい!
このように考える方も多いでしょう。

結論、自分でやることは可能です。
また、費用がかかるのはBSアンテナ本体といった部材だけになるので、7,000円程度で済ませることができます。

とはいえ、自力でやれるかどうかは条件があり、また方法も少しコツが必要です。
ここでは、そんな自分でやれる条件と方法を紹介します。

自分でやれる条件

まず、自力でBSアンテナの取り付けをおこなえるかどうかの条件を見てみましょう。

▼条件
  1. 自分でやれるのはベランダへの取り付け&テレビと1本のアンテナケーブルでつなぐ方法
    →家電量販店とホームセンター、スカパー!でやってくれる程度のことなら自力でもやれる!
  2. ベランダは南南西の空が開けている位置にある
    →BSの電波は人工衛星から飛んでくるから隣家や庭木が障害物になっていないかチェック!
  3. テレビやレコーダーのリモコンにBS/CSボタンがある(チューナーが内蔵されている)
    →最近の機器ならよほど対応しているけど一応確認!

上記3つの条件さえそろっていれば、自分でBSアンテナを取り付けることは可能です。

BSアンテナの選び方

自力で取り付けるなら、当然BSアンテナの用意が必要です。

しかし
どれを選べばいいのかわからない!
ということもあるでしょう。

そんなときは以下のポイントを押さえておけば大丈夫です。

▼選ぶときのポイント
  • お皿の大きさは45cmのもの
  • 4K8K対応のもの
  • セット品になっているもの

BSアンテナは、反射鏡と呼ばれるお皿のような部分の大きさで、いくつか種類がわかれます。
大きくなるほど電波を受信しやすくなるのですが、一般家庭なら45cmで問題ありません
それ以上の大きさのものは、アパートやマンションなどの集合住宅で使われるものになります。

また、選ぶときには4K8K対応かも気になりますが、そこまで重要ではありません。
なぜなら、最近のBSアンテナなら4K8K対応のものが主流で、またこれは従来の2Kにも対応しているからです。
そのため、お皿の部分に4K8K対応と書かれているBSアンテナを選べば問題ありません。

そして最後は一番大切になりますが、BSアンテナを選ぶときはセット品にしましょう。
BSアンテナは、取り付けるときに取り付け金具やアンテナケーブル、また工具などが必要です。
別々で用意すると手間がかかるうえ、対応していなかったり割高になったりするおそれもあるので、セット品がオススメなんです。

以上のことを踏まえて、オススメのBSアンテナをひとつあげるなら、以下の商品になります。

▼DXアンテナ BSアンテナ BC453SCK

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
価格 6,636円
サイズ 45cm形
付属品 BSアンテナ本体(反射鏡、コンバーター)、アンテナケーブル、取り付け金具、防水キャップ、各種工具、インジケーター、説明書

※価格は税込み送料込みAmazonの表記です(2021年11月16日時点)。

こちらの商品は、テレビのアンテナの大手メーカーであるDXアンテナ社製のBSアンテナです。
オススメする理由としては、表の付属品からもわかるように、これさえあればBSアンテナを自分で取り付けられるアイテムが一式そろっているから。
加えて、BSアンテナの取り付けはお皿の部分の角度調整が難しいのですが、電波の受信状況を教えてくれるインジケーターも入っているんです。
そのため、こちらの商品であれば比較的簡単に自力でBSアンテナを取り付けることができるでしょう。

BSアンテナを取り付ける方法

自分でやれる条件とBSアンテナの選び方について確認したところで、実際に取り付ける方法を紹介します。
とはいえ、BSアンテナを用意すれば説明書も入っているので、そこまで難しくはありません。

方法は、ざっくり以下のようになります。

▼方法
  1. BSアンテナ本体の組み立て
    →反射鏡にコンバーター(お皿の下から飛び出している棒のこと)を固定する
  2. コンバーターにアンテナケーブルをつなぐ
    →BSアンテナを取り付けるのは外なのでつなぐ部分に防水キャップを取り付ける
  3. 上下の角度を調整する
    →上下の角度は地域ごとに決まっていてBSアンテナ本体に調整するためのめもりがある
  4. 取り付け金具をベランダの格子に取り付ける
  5. BSアンテナ本体を取り付け金具に取り付ける
  6. アンテナケーブルを家の中に引き込みテレビにつなぐ
    →テレビ背面にあるBS/CSの端子につなぐ
  7. テレビ画面にアンテナレベルを表示する
    →アンテナレベルは電波の受信状況を示すものでたいていテレビの設定項目から見れる
  8. アンテナレベルを見ながらBSアンテナの左右の角度を調整する

なお、⑥と⑧はコツが必要なので、詳しく確認しておきましょう。

▼⑥のコツ
アンテナケーブルを引き込むとき、最も簡単な方法は窓からです。
しかしこの方法だと、アンテナケーブルのせいで窓が閉まらなくなってしまうでしょう。
そんなときは、フラットケーブルを使うことがオススメです。

フラットアンテナケーブル

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

Amazon(最終閲覧日2021年11月17日)

引き込む窓の部分だけ、上記のような薄いアンテナケーブルにすれば、しっかり閉められるようにできます。

▼⑧のコツ
また、角度の調整については、先ほども触れたように難しいです。
BSアンテナは、角度が2度でもずれると電波を受信できなくなってしまいます。
そのため、西から南西に少しずつ動かして、都度アンテナレベルを確認しながらの調整が必要です。

ちなみに、先ほど紹介したインジケーターがあれば比較的簡単ですが、ない場合もあるでしょう。
そんなときは、BSコンパスというアプリを使うのがオススメです。
テレビのアンテナの大手メーカーである、日本アンテナ社が出しているアプリになります。
これを使うと、スマホで人工衛星の位置を把握でき、BSアンテナの角度調整を簡単におこなうことが可能です。
アプリは無料なので、インジケーターがない場合はぜひ使ってみてください。

▼BSコンパス

ここまで、BSアンテナを自力で取り付ける方法を紹介してきました。
BSアンテナの取り付け費用を安く済ませたいなら、ぜひ参考にやってみてくださいね。

しかし、複数のテレビでBSを楽しむなら複雑な配線が、また電波状況から低い場所に取り付けられないなら屋根などでの高所作業が必要になります。
このように自分では難しかったり危険を伴ったりするようなら、無理せずプロに相談するようにしましょう。

まとめ

この記事では、BSアンテナの取り付け費用を依頼先別に紹介してきました。

依頼先は主に

  • 専門業者
  • 家電量販店
  • ホームセンター
  • スカパー!

これら4つです。

それぞれ依頼した場合にかかる費用をまとめると以下のようになります。

▼BSアンテナ取り付け費用まとめ

ベランダ取り付け&テレビとの直結配線 新築の戸建て向け取り付け&配線
※分配器・ブースターあり、高所作業あり
専門業者 10,200円~ 37,326円~
家電量販店・ホームセンター 18,000円~※1 49,695円~※1、2
スカパー! 10,180円~ 75,550円~

※1BSアンテナ本体は7,000円で計算しています。
※2エディオン、ケーズデンキ、ヤマダ電機、コメリを調査した費用の平均です。

新築の戸建てとなると

  • 各部屋のテレビで見れるようにするための複雑な配線
  • 住宅地で電波状況が悪いならBSアンテナの高所取り付け

これらが必要になるでしょう。

そんなときに費用を安く済ませるためには、表からわかるように専門業者に依頼することがオススメです。
また、ベランダへの取り付けやシンプルな配線も、自力やれず依頼するなら専門業者がオススメとなります。

専門業者であれば他の依頼先にはない、各種手数料が無料だったり即日対応をしてくれたり、また保証もきちんとあります。

アンテナ110番】でもそれらのサービスが整っているので、BSアンテナの取り付けを検討しているなら、まずは一度お気軽にお電話ください。

アンテナ工事即日対応可能

現地調査・お見積り無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。

アンテナ工事 8,800円~
アンテナ工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

アンテナ工事の記事アクセスランキング

アンテナ工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧