【3分でわかる】地デジアンテナの正しい方向!テレビを見るための調整のコツ

2021.11.18

【3分でわかる】地デジアンテナの正しい方向!テレビを見るための調整のコツ

「台風でズレたアンテナを元に戻したい……」
「地デジアンテナってどの方向に向けるのが正解なんだろう?」

地デジアンテナは基本的に、ご自宅からもっとも近い電波塔へ向けるのが正しい調整方法です。

e201やe202といった表示が画面に出てテレビが映らない場合、このアンテナの向きが本来の位置からズレている可能性が高いと言えます。

この記事では方向がズレたアンテナを元に戻し、一刻も早くテレビが見られるようになる方法を解説していきます。

本文を読めばご自宅付近の電波塔がわかり、3分後にはアンテナの正しい方向がわかるようになっているはずです。

注意!自力のアンテナ調整は危険

2階屋根の高さは平均6メートル程で、高所での作業は大怪我につながるおそれがあります。
当記事ではアンテナ工事業者への依頼をおすすめしています。
自分の命を守るためにも、屋根へ登ることを軽く考えず安全な判断をしましょう。

詳しくは「火災保険で修理費用が戻る!?」で解説しています。

地デジアンテナの方向はA-PABで確認する

方向を確認する方法は色々ありますが、手っ取り早く確実性が高いのは間違いなくA-PABサイト内での確認です。

A-PABは放送系社団法人の運営サイトで、アンテナを向けるべき電波塔の場所がGoogleマップのように地図上でわかります。

まずはA-PABのサイトにアクセスしてみましょう。

A-PAB 放送エリアのめやす

(引用元: A-PAB 放送エリアのめやす 最終閲覧日:2021年11月1日)

このように、どういった基準から放送エリアの目安を探すのか複数の入力欄が出てきます。

2段目、「住所・郵便番号から探す」と位置調整が楽でおすすめです。

A-PAB 放送エリアのめやす

(引用元: A-PAB 放送エリアのめやす 最終閲覧日:2021年11月1日)

入力を終えるとお住まいのところが+で示され、もっとも近い電波塔に吹き出しが付いています。

アンテナの正しい方向はこの吹き出しが付いている電波塔ですので、しっかり覚えておきましょう。

地デジアンテナ(八木式アンテナ)の調整方法

地デジアンテナ(八木式アンテナ)の調整方法

周囲の建物などを参考にしながら、このようにアンテナのまっすぐになっている部分を電波塔へ向けます。

地デジの電波は非常に強いので、多少角度がズレていてもテレビはしっかり映るようになるでしょう。

そして、一般的にアンテナは屋根に設置されているので、安全のための装備も必要になります。

屋根に登るための装備
  • 2階(6m前後)に登れる高さのはしご
  • 絶縁手袋
  • 滑らない作業靴
  • 墜落時保護用ヘルメット

冒頭でも説明しましたが、屋根には雪や雨水を流すための傾斜が付いてるうえに、屋根材も瓦屋根やスレート屋根など関係なく、基本的に滑りやすい素材が使われています。

足場の悪さに加えて平均1kg~5kgというアンテナの重さから、屋根の上で体勢を保つのは困難で、常に落下の危険が付きまといます。

万が一落下した際、誰かがすぐに救急車を呼べるように必ず複数人で作業に当たりましょう。

自力のアンテナ調整が可能な条件

自力のアンテナ調整の危険性についても話してきましたが、自力調整が可能な条件は「ハシゴを使わなくてもアンテナが手の届く位置にある」場合です。

具体的には下記のようなパターンが当てはまります。

  • ベランダからすぐ手の届く場所にアンテナがある
  • 屋根裏にアンテナを設置している
  • 室内アンテナを使っている

逆にこの条件に当てはまらず、ハシゴで屋根に登らなければならない場合などは大怪我をする危険性は避けられません。

火災保険で修理費用が戻る!?」へ進み、業者へ依頼してアンテナの方向調整をしてみましょう。

調整後もテレビが映らない場合の4つのチェックポイント

「アンテナを調整したのにテレビが映らない……」という場合、真っ先にチェックしたい4つのポイントを解説します。

  • テレビを再起動する
  • チャンネルを再取得する
  • ケーブルの接続状態を確認する
  • ブースターを設置する

テレビを再起動する

テレビの不具合から一時的にアンテナレベルが低下して、テレビが映らないということもありえます。

テレビの電源を切ってコンセントを抜いてから数分後、改めてテレビの電源を入れ直してみましょう。

チャンネルを再設定する

チャンネルを再設定(再取得)することで、テレビの受信環境が改善される可能性があります。

ソニー(ブラビア)の場合
  1. ホームボタンから設定を選ぶ
  2. 「放送受信設定」→「デジタル放送受信設定」→「地上デジタル:自動チャンネル設定」を選択
  3. 初期スキャン(再スキャン)を選択して完了

再取得に関して詳しくはこちらの記事で解説しています。

ケーブルの接続状態を確認する

ケーブルの接続状態を確認する

アンテナケーブルが上手く挿さっていないことが原因でテレビが見れなくなることもあります。

ケーブルにゆるみがないか、改めて確認してみましょう。

ブースターを設置する

ブースターとはアンテナの電波信号を増幅させる機器です。

地デジアンテナの方向調整はある程度大雑把でも大丈夫ですが、アンテナと電波塔が離れすぎていると、細かい調整が必要なこともあります。記事で解説しています。

そうした場合、強風や雪などの自然災害で再びアンテナがズレてテレビが映らなくなってしまうかもしれません。

そうした事態に備えて、ブースターを設置し、電波信号を強くしておくと効果的です。

ブースターの選び方や、詳しい効果などは下記の記事で解説しています。

【要注意】自力のアンテナ調整は危険

これまでも解説してきた通り、自力のアンテナ調整は危険な行為です。

脚立・はしごの転落に関する注意喚起は消費者庁からも定期的に出されており、2014年のデータでは、落下した約6割の方が中等症~重症の怪我を負っています。

脚立・はしごからの転落に注意!

(引用元: 脚立・はしごからの転落に注意!│消費者庁 最終閲覧日:2021年11月1日)

中等症……「生命に危険がはないが入院・治療を要する状態」
重症……生命に危険が及ぶ可能性がある状態、入院・治療が1か月以上に及ぶ状態

このように、アンテナの方向調整がきっかけで亡くなったり、命も危ぶまれるほどの重症を負うケースは決して少なくないんです。

「でも、業者を呼ぶと高いだろうし、やっぱりお金がもったいない……」

と思われる方は、次の章で解説する火災保険の申請を試してみましょう。

この方法を利用すれば、アンテナ業者を利用しても施工費用が戻ってくる場合があります。

火災保険で修理費用が戻る!?

台風などの自然災害でアンテナの方向がズレてしまった場合、火災保険の申請が可能です。

火災保険の保証対象は「建物」と「家財」に分けられていますが、アンテナは壁や物置といっしょに「建物」としてあつかわれます。

そのため、「強風の影響でアンテナの方向がズレてしまった……」というような場合は、火災保険の「風災補償」や「雪災補償」の対象となるんです。

火災保険の申請方法

火災保険の申請方法は下記のとおりです。

  • 保険会社へ連絡し、現在の状況と火災保険を使いたいと伝える
  • 書類の到着後、施工業者を決定。火災保険を使うことを伝える(書類の記入や撮影のサポートをしてくれます)
  • 施工を完了させ、施工業者に料金を支払う
  • 見積書や請求書など書類を記入し、保険会社へ申請する
  • 保険法により、書類の受領から原則30日以内に保険金が支払われる

注意しなければならないのは、一旦は自分の手持ちで施工費用を支払わなければならない点です。

そうなると、「そもそも地デジアンテナの方向調整って業者に依頼すると何円かかるの?」と気になってしまいますよね。

施工費用の平均は22,984円

弊社の過去の施工データによると、地デジアンテナの方向修正にかかる平均費用は22,984円です。

費用相場の根拠について

調査内容:弊社(シェアリングテクノロジー株式会社)へ寄せられたアンテナの方向調整に関する施工金額
総施工件数:91件
集計期間:2019/11/1~2021/11/1
金額:基本料金・作業料金などコミコミで税込表記

細かく数字を見ると、80.2%は30,000円以下の金額に収まっています。

住宅環境によって施工金額に違いは出るものの、一旦支払わなければならない金額はおおよそ30,000円程度と考えておくと良いでしょう。

火災保険が使えない4パターン

便利な火災保険ですが、下記のパターンに当てはまる場合は使うことはできませんので注意しましょう。

  1. 自然災害ではなく経年劣化の場合
  2. 契約する火災保険が対象外だった場合
  3. 施工費用が免責金額以下の場合
  4. フランチャイズ方式で火災保険に加入している(免責金額次第では使えることもある)

このうち注意が必要なのは3番と4番です。

火災保険には「フランチャイズ方式」と「免責方式」があり、どちらに加入しているかで支払われる金額が違ったり、そもそも申請が下りないこともあります。

免責方式 フランチャイズ方式
概要 自己負担額との差額が支払われる
被害額が自己負担額以下の場合、保険金が支払われない
損害が一定額以下の場合、保険金が支払われない
自己負担額3万円で加入していた場合、損害額が1万円であったら保険金は下りない
損害額が5万円であったら、2万円支払われる
免責20万で契約している場合、損害額が20万円以下であった場合、保険金は0

火災保険の仕組みについて知っておかなければ、「費用が戻ってくるつもりで火災保険を申請したが、保険金が下りなかった……」という事態になりかねません。

自分では判断がつかないこともありますので、契約内容を見直したり、保険会社へ連絡を入れて火災保険が使えるかどうか一度確認してみましょう。

次の章では、火災保険の申請を手伝ってくれる施工業者についてご説明します。

アンテナの方向調整は生活110番へお任せ

「火災保険は使えそうだけど、工事業者を探すのって面倒だな……」と悩んでしまうこともありますよね。

そうした方は生活110番での業者探しが、手っ取り早くおすすめです。

生活110番では、お住まいのご自宅に対応したアンテナ工事業者を口コミから探したり、評価の高い順に並べて検索できます。

家電量販店のチラシを見たり、インターネットで何回も検索して業者を選ぶ面倒な手間はまったく必要ありません。

お電話やメールは24時間365日受け付けておりますので、気軽にご利用ください。

>>生活110番で業者を探す

アンテナの方向に関するQ&A

最後に平面アンテナ(デザインアンテナ)と室内アンテナの方向の調整方法を解説します。

平面アンテナ(デザインアンテナ)の調整方法は?

平面アンテナ(デザインアンテナ)

正面の部位が電波塔へ向くように角度を調整していけばテレビが映るようになります。
※商品によって異なる場合もあります。

デザインアンテナに限った話ではありませんが、障害物や大きな木があると電波の受信がうまくいきませんので注意しましょう。

室内アンテナの調整方法は?

  • 指向性がある場合……電波塔の方向へ正面を向ける
  • 指向性がない場合……向きは関係ない

室内アンテナは八木式アンテナや平面アンテナと異なり、電波が弱いアンテナです。

設置の位置によって、アンテナレベルは高くなったり低くなったりするので、細かく調整をおこないましょう。

電波が強く受信できる窓際への設置をおすすめします。

まとめ

  • アンテナの方向はA-PABを使えば数分でわかる
  • 屋根に登って自力でアンテナの方向調整をするのは危険
  • 火災保険を使えば、業者の施工費用が戻る可能性がある
  • 業者選びは生活110番が便利

これまで地デジアンテナの方向調整に関して解説してきました。

自力でアンテナを調整することの危険性、自分でやらなくても火災保険を使って業者に依頼すれば、損をせずにアンテナの方向調整ができることがご理解いただけたと思います。

強風や台風などの自然災害でアンテナの位置がズレることはどうしてもありますが、今後同じようなことが起きても、ご自身の安全のためにアンテナ業者へ依頼していただければ幸いです。

この記事を参考に、再びテレビが楽しめるようになる生活を取り戻せることを願っています。

アンテナ工事即日対応可能

現地調査・お見積り無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。

アンテナ工事 8,800円~
アンテナ工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

アンテナ工事の記事アクセスランキング

アンテナ工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧