テレビがもっと面白くなる!?意外と知らない110度CSってどんなもの?

2021.10.4

テレビがもっと面白くなる!?意外と知らない110度CSってどんなもの?

テレビではさまざまな番組が放送されています。ニュースやドラマ、バラエティなどジャンルもさまざまです。

しかし、じつはテレビをもっとたくさん見ることができるのをご存知でしょうか?「110度CSデジタル放送」というものを利用すれば、見ることのできるチャンネルの数は劇的に変わることになるでしょう。

このコラムでは、「110度CSデジタル放送」とは何かについて詳しく解説していきます。

「110度CS」ってそもそもなに?

まず、みなさんはCS放送とは何かご存知ですか?CS放送と比較されてよく耳にするのがBS放送です。「聞いたことはあるけどどんなものかは知らない……」という方もいらっしゃるでしょう。

この章では、CSとBSの説明を含めながら110度CSを解説します。

CS放送とは?

CSとは「通信衛星」のことです。通信衛星は「東経110度の位置に飛んでいるCS」「東経124度の位置に飛んでいるCS」「東経128度の位置に飛んでいるCS」と、複数個飛んでいます。そして「東経110度の位置に飛んでいるCS」を利用しておこなう放送のことを「110度CSデジタル放送」と呼びます。

110度CS放送の目的は企業や事業者に視聴されることでしたが、1989年に放送法が改正されたことで一般家庭でも視聴ができるようになりました。通信事業者の利用を目的としていたので、比較的電波の出力が小さいです。

BS放送とは?

BSとは「放送衛星」のことです。放送衛星を利用しておこなう放送を「BS放送」と呼び、一般家庭に視聴されることを目的としています。

視聴にはBSデジタル放送を受信するためのアンテナが必要です。また、テレビに受信するためのチューナーが必要になります。

つまり110度CSデジタル放送とは、「東経110度の位置にある通信衛星でおこなっている放送」のことをさします。

「110度CS」ってそもそもなに?

CS放送はチャンネルが多彩!BS放送との違いを比較

BS放送は、幅広いジャンルがある総合放送サービスです。受信契約が必要なチャンネルは有料ですが、基本的には無料で視聴することができます。

そしてBS放送には、NHK3チャンネルやBSフジなどを含む、14チャンネルがあります。ただしWOWOW3チャンネルとスターチャンネルの2つは有料になるので注意が必要です。

それに対して110度CS放送は、標準テレビ放送、ラジオ放送、データ放送など以外にも高性能なサービスがあります。ただし、視聴するためには放送を配信している会社と契約を結ぶ必要があるので、基本的に有料です。

チャンネル数は約360ほどあるといわれており、BS放送と比べて圧倒的にチャンネル数が多いことが特徴になります。視聴できるコンテンツがとても増えるので、よりテレビが楽しくなることでしょう。

110度CS放送を見るなら必要設備をそろえよう!

実際に110度CS放送を視聴するには、いくつか準備をする必要があります。この準備を怠ってしまえば、「早速視聴しよう!」と思っても準備不足で見れなかった……ということになりかねません。そのような事態を防ぐためにも、110度CS放送を視聴するためには何が必要かを説明していきます。

アンテナ

まず、アンテナを変える必要があります。地上デジタル放送を視聴するときに使用していたアンテナでは、残念ながら110度CS放送の電波を受信することはできません。受信するためには、110度CS放送に対応している専用のアンテナが必要になります。

また、集合住宅であれば大家さんが110度CSに対応しているアンテナをすでに設置している可能性があります。アンテナの設置を検討している方であれば、念のため大家さんに確認をしてみるとよいかもしれません。

ケーブル

ケーブルは、110度CS放送に対応しているアンテナケーブルを使用する必要があります。アンテナケーブルは電気屋さんで売られているので、購入を検討されている方はお近くのお店を覗いてみるといいかもしれません。

ケーブルは見た目がよく似ているので、対応しているケーブルかどうか不安なようであれば、店員の方に聞いてみるといいでしょう。

テレビ

視聴するには、CS放送に対応しているテレビである必要があります。ふたつの条件を満たすことができれば、CS放送に対応しているといえます。

[条件]

・CS放送を受信することができるチューナーがある
・ハイビジョンで見ることができる

 

110度CS放送を見るなら必要設備をそろえよう!

アンテナの工事費やCSの契約費などの相場はいくら?

実際に110度CS放送を視聴する場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?必要になる費用の相場を解説します。

CSの契約費

契約費は、会社やチャンネルによって大きく変わります。安いものであれば月々600円ほどのチャンネルもあり、高いものであれば月々2,300円ほどのチャンネルもあります。

しかし中には「いろんなチャンネルを見たいけど、思ったよりお金がかかってきて厳しそう……」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこでおすすめするのが、パックプランです。どのパックプランを選ぶかによって値段は変わってきますが、40chほどを月々3,000円ほどで視聴することのできるプランなど、全体的にはお得なものになっています。

パックプランにも種類があり、たくさんのチャンネルを家族全員で見ることができるようなプランもあれば、自分で好みのチャンネルを選ぶことができるプランもあるので、自分に合うプランを探してみるのも楽しいかもしれません。

アンテナ工事費

110度CS放送を視聴するためにはアンテナの設置が必要ですが、個人で設置するのはなかなか難しいです。そのような場合は業者の方へアンテナ設置作業を依頼することをおすすめします。アンテナの工事費用は、場合や依頼する業者によっても変わりますが、20,000円ほどかかります。

まとめ

CS放送の良さだけではなく、準備や費用などの実情も踏まえたうえでCS放送を検討できるようになっていただけたら幸いです。

テレビは友人とのコミュニケーションのネタになることもあれば、知識も備えることのできる非常に優れたものです。また娯楽としても楽しむことができて、自分のプライベートをより充実させることができます。このように、110度CS放送の視聴が可能になることで、生活の質はグッと上がるかもしれません。興味のある方は110度CS放送の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

アンテナ工事即日対応可能

現地調査・お見積り無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。

アンテナ工事 8,800円~
アンテナ工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

アンテナ工事の記事アクセスランキング

アンテナ工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理