掃除したら予防もしっかり!トイレの黒ずみ汚れの落とし方

2021.4.30

掃除したら予防もしっかり!トイレの黒ずみ汚れの落とし方

生活上ほぼ毎日使用するトイレは、常に清潔に保っているという方も多いと思います。しかしながら、ときには簡単に落とすことができない頑固な汚れが付着することがあるのです。

トイレの黒ずみもその中の一つであり、簡単に落とすことができない厄介な汚れになります。

そこで今回は、トイレの黒ずみを落とす方法、そして再発を防ぐための手段をご紹介していきますので、詳しく見ていきましょう。

トイレの黒ずみの原因

便器のなかの上部にできやすい汚れであり、主にカビやホコリに含まれる微生物が原因とされています。定期的に掃除していても、適した方法で菌を除去しなければきれいにする、発生を防ぐことは困難でしょう。

微生物に加え、水垢なども影響し頑固な汚れに発展することがあります。長期間放置していると、少しこすっただけでは落ちにくくなり、多くの方を悩ませる原因となりかねません。

水垢は、水道水に含まれるケイ塩酸が固まることにより付着すると言われています。さらに鉄分が蓄積し、外気の影響で酸化してトイレの黒ずみ汚れとなることもあるのです。

他の汚れと性質が違い、しっかり効果を発揮する洗剤を使用することで落とせる可能性があります。
      トイレの黒ずみの原因

黒ずみを落とす方法①【洗剤】

研磨力が強いスポンジやタワシは、便器を傷つけるおそれがあります。そのため酸性の性質をもつ洗剤を使用して、汚れを中和する方法が効果的です。具体的にどのように使用して掃除していくのかを説明します。

他の洗剤と混ぜると有害なガスを発生させるおそれがあるため十分注意しましょう。

便器の水気を取る

洗剤の効果を十分に発揮するためには、水で薄まらないようにあらかじめトイレの水を抜く、または水気を取り除くことが大切です。

洗剤の濃度を高めることができれば、トイレの黒ずみの原因菌に効果を発揮するでしょう。水を抜かないで作業する場合は、少し多めに洗剤を使用することで濃度の薄さをカバーすることが可能です。

トイレットペーパーなどを便器にまんべんなく敷く

洗剤をまく前に、汚れに十分浸透するようにトイレットペーパーを敷くのが大事です。黒ずみに効かせるためには、ある程度付け置きする時間が必要になります。

トイレットペーパーを敷くことで、液が流れてしまうのを防ぐことができ、長時間汚れに密着させることが可能です。付け置きの目安としては、30分~1時間ほどが適切とされています。もし汚れが落ちなかったときは、さらに長時間浸ける、複数回繰り返すことも有効です。

スポンジでこすって汚れを落とす

汚れに十分浸透させた後で、ブラシなどでこすって汚れを落としていきます。トイレットペーパーを取った後には、ブラシの隙間に紙が入り込ませないために一度流してから行うのがいいでしょう。
         黒ずみを落とす方法①【洗剤】

黒ずみを落とす方法②【重曹・クエン酸】

頑固なトイレの黒ずみを落とすためには、重曹、クエン酸を活用するのも一つの手段です。どういった手順で掃除していくのか、工程を説明していきます。

便器に重曹をかける

ここでは、粉状の重曹を使用し、まんべんなく便器に振りかけていきます。

水の中にクエン酸を入れる

便器の水が溜まっている場所にクエン酸を入れ、クエン酸水を作ります。便器の水を使用しなければならないわけではないため、別でスプレーボトルを用意して直接吹きかけるのも効果的です。

ブラシをクエン酸に浸ける

重曹と化学反応させるために、ブラシにクエン酸を付けてからこすりましょう。しっかり反応すれば、重曹が泡立ってくるはずです。

また、他の洗剤と混ぜると有毒なガスを生じる場合があるため注意が必要になります。
          黒ずみを落とす方法②【重曹・クエン酸】

便器をこすって黒ずみを落としていく

重曹とクエン酸を併用することで、洗浄力アップが狙えます。ブラシでしっかりこすり、トイレの黒ずみを落とせれば、流して完了です。

しかし、あまりにも頑固な黒ずみは、一回だけで落とすことができないかもしれません。そのときは、同じ方法ではなく、長時間浸け置きするなどの方法が有効です。

黒ずみを予防する方法

一度きれいにしても、再発してしまっては意味がありません。そのため、清潔にした後は、トイレの黒ずみが付着しないよう予防することが重要になります。

こまめに掃除をして黒ずみが付かないようにすることが大事なのですが、そのためにはタンク用洗剤を活用するのもおすすめです。

タンク内に汚水が溜まり、便器全体に流れることで汚れやすい環境となってしまうおそれがあります。カビや菌の繁殖を招くこともあるため、タンク内もしっかり清潔にすることが大事です。

洗剤を使用するだけではなく、ブラシでこまめに磨くことも必要になります。汚れが頑固にならないためにも、日々清潔にすることを心掛けましょう。

まとめ

トイレの黒ずみは、水垢やカビなど複数の汚れが集合し固まった汚れです。通常の洗剤では落ちないこともあります。

汚れを落とすためには、中性洗剤、重曹やクエン酸を使用し、汚れの成分をしっかり分解することがポイントです。また掃除をした後は、再び付着しないように予防を怠らないことが大切です。

もし頑固な汚れにお困りのようでしたら、ハウスクリーニングのプロに依頼するのが賢明な選択ではないでしょうか。

ハウスクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハウスクリーニング」をご覧ください。

短時間で家中キレイ!

お電話1本でプロが対応!

※対応エリアや加盟店によって変わります

家中丸ごとキレイにする丸ごとお願いするプランから、キッチンやエアコンなどお掃除箇所を選んで頼むことも可能です。一度、ご相談ください。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

室外機、玄関、ベランダのクリーニングにも対応しています。

ハウスクリーニング パッケージプラン 17,400円~
ハウスクリーニングのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

ハウスクリーニングの記事アクセスランキング

ハウスクリーニングの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧