これで掃除も簡単に!?お掃除のテクニックで大変な掃除を時短しよう

2021.4.30

これで掃除も簡単に!?お掃除のテクニックで大変な掃除を時短しよう

末が近づくと大掃除の時期になってきます。なかなか普段掃除しない部分も念入りに掃除されることでしょう。しかし、なかなかキレイにならなかったり、汚れが取れず困ってしまったりした経験はありませんか?いろんな洗剤などを試してみるものの、なかなか効果がでなかったりするかと思います。

そこで、今回は大掃除にも使える掃除のテクニックをご紹介しましょう!
簡単な掃除のテクニックなので、マスターして部屋をピカピカにして年を越しましょう。

基本的な掃除のテクニック

まずは、基本的な掃除のテクニックをご紹介しましょう。これをマスターすれば、掃除の時短や仕上がりにも差がでるでしょう。

①掃除の基本は「上から下へ」掃除を行いましょう。

ホコリは、上から下へ落ちます。そのため掃除は部屋の家具の上などといった、高い場所からスタートして床など低い場所で終わるようにしましょう。
せっかく、床をピカピカにモップがけしたのに、家具などのホコリをはらってしまえば、また床にホコリが落ちて掃除するはめになってしまいます。
そのため、掃除は上から下へ行うことをしっかり覚えておきましょう。

②「奥から手前へ」を心かけて効率よい掃除をしましょう。

掃除の二度手間を省くために、もう一つ重要なのが「奥から手間へ」ということです。例えば、部屋をモップがけする時に、部屋のドアから遠い奥から行い、ドアの出口付近で終わるようにします。そうすれば、自分の足跡もつかずにきれいになるでしょう。特に、ワックスがけの時にはこの方法を行わないと、自分が部屋からワックスが乾くまで出れない状態になってしまうでしょう。

③「スポンジにまず洗剤をつけてから」汚れを取りましょう。

汚れを見つけると、気になってすぐに落としたくなりますよね?しかし、直接汚れに洗剤をつける行為はやめてください!スポンジや雑巾などに一度、洗剤をつけてから行いましょう。汚れがついている物の材質によっては、変色や傷をつけてしまう場合もあるので、様子を見るために一度スポンジなどにつけるとよいでしょう。

④洗剤の拭き取りは「下から上」へ行いましょう。

材質を傷つけず安心して使用できることが確認されたら、汚れた部分に洗剤をつけてスポンジなどで拭き取ります。この時、洗剤は液が垂れないように「下から上」へつけて、拭き取りも同様に行いましょう。洗剤が垂れて床がベトベトになってしまうことを防ぐことができるでしょう。

⑤汚れは「軽いものから酷い汚れ」の順で取りましょう。

材質への影響は、なかなか素人では判断できません。そこで、洗浄力の弱い洗剤をまず試してから、強い洗浄力のものを使用するようにステップを踏んでおこないましょう。そうすると、材質への影響を確認しながら作業できるので、大きな失敗はないでしょう。

      1.	基本的な掃除のテクニック

環境を変えるお掃除テクニック

掃除を行う頻度を少なくすべく、環境を変える掃除テクニックをご紹介しましょう。

①片づけを先送りにせず、その場で判断して即片づけを行いましょう。
②毎日、少しの時間でいいので、掃除・片づけを行う習慣をつけましょう。
③本棚や食器棚などの中をぎゅうぎゅうにせず、余裕を持たせましょう。
④「いつか捨てる」という考えを改めて、思い切って捨てましょう。
⑤どうしても捨てられないものがあれば、保留箱を期限付きで設置しましょう。保留期限を超えたものは、捨てるようにすれば徐々に物は少なくなるでしょう。
⑥書類や名刺などは、かさばるのでスキャナーなどをして、電子化するとよいでしょう。場所も取らず、整理できます。

      2.	環境を変えるお掃除テクニック

予防でできるお掃除テクニック

掃除を予防できる掃除テクニックをご紹介しましょう。予防掃除といって、部屋を汚さないための掃除方法であり、「そもそも部屋が汚れなかったら、掃除回数も少なくなる」というものです。
頑固な汚れなどが付いてしまってからでは、掃除が大変になってしまいます。ちょっとした汚れのうちに簡単な掃除をしよう!というものですので、掃除嫌いな方にはおすすめのテクニックでしょう。

【キッチン】

①冷蔵庫の上にラップをする。

冷蔵庫の上は、ホコリが溜まりやすい場所です。手が届かない場所ですので、なかなか掃除できません。しかし、ラップをしておけば、ラップを取りかえれば掃除完了です。ホコリが溜まった部分を雑巾で拭く手間が省けるでしょう。

②グリルの受け皿に水溶き片栗粉を入れておく。

魚を焼くグリルは、掃除が面倒で嫌になってしまいますよね?そこで、水溶き片栗粉をあらかじめ受け皿に入れておきましょう。魚を焼いて少しおいておくと、その水溶き片栗粉がゼラチンのように固まっています。嫌な汚れも一緒に固まるので、それをベロンと取れば簡単にキレイになります。

【浴室】

③換気をしっかり行う。

いつもキレイを保っていたい浴室です。しかし、毎回キレイに掃除してもすぐにピンク汚れなどがついてしまうことがあります。そこで、換気をしっかり行ってカビが生えないように努めましょう。ピンク汚れは、カビなので効果があるでしょう。

④お風呂を出るときに、水シャワーを行う。

お風呂を最後に使用した人が出る時に、水を浴室全体にかけましょう。浴室内の温度を下げることで、蒸気が少なくなりカビの生える湿度も低くなるでしょう。

⑤スクイジーで水分を拭き取る。

スクイジーやタオルなどで浴室内の水分を拭き取ります。そうすれば、よりカビ予防になり、嫌な臭いも防ぐことができるでしょう。

【トイレ】

⑥こまめに拭き掃除を行う。

トイレ掃除は、おっくうになりがちです。そのため、回数を減らすべく、便座や便座周りを拭き掃除することが一番の予防掃除となるでしょう。使用して、汚れたらすぐに拭きとることが重要です。

⑦トイレスタンプクリーナーなどを使用する。

最近よく使用されている、トイレスタンプクリーナー。掃除した状態をそのまま保ってくれます。トイレ掃除の回数も減るでしょう。

【その他】

⑧床をワックスがけする。

フローリングのワックスは、見た目がピカピカになるだけでなく、汚れがつくのを防ぐ効果もあります。そして、汚れても、すぐにとりやすくなるのでおすすめです。

      予防でできるお掃除テクニック

しつこい汚れを落とすためのお掃除テクニック

掃除をしていくと、しつこい汚れに困ることもあるでしょう。その掃除テクニックをご紹介しましょう。

特にしつこい汚れに効果があるのが、「無水エタノール」です。人体に無害なのに対して、汚れが落ちるので、洗剤代わりに使用されることがあります。
市販でも販売されており、小さいお子さんや肌が弱い方には「無添加の無水アルコール」がおすすめです。
油・水どちらにも馴染む性質を持っているので、水が使用できない場所にも使用できます。

どんな汚れに効果があるかをご紹介しましょう。

・換気扇の頑固な油汚れ
・油性マジック
・シールの剥がした跡のベタベタ汚れ
・お子さんのおもちゃ
・窓ガラスや鏡などの手垢
・パソコンのキーボードの汚れ

拭いた瞬間乾くので、拭いた後ベタベタしません。二度拭き不要で、水洗いできないものでも使用できます。

      しつこい汚れを落とすためのお掃除テクニック

100円ショップはお掃除グッズが揃っている?

ここまで掃除テクニックをいくつかご紹介してきました。その中で、100円ショップでも購入できる使える便利グッズをご紹介しましょう。

①メラニンスポンジ

水回りなどに大活躍なメラニンスポンジ。キッチン周りはもちろん、トイレの手洗い場や、洗面所などにも使用できます。はじめから、カットされているものから、自分で好きなサイズにカットして使用するものまであるので、掃除箇所によってサイズを変えるのもよいでしょう。特に、小さくカットされているものは、蛇口や排水口などに使用するのがおすすめです。洗剤なしで、ピカピカになります。

②霧吹きヘッド

ペットボトルにつけるだけで、スプレー容器になる商品です。
これに、重曹やクエン酸を入れると簡単に気になる汚れにスプレーできます。

③隙間グッズ

「すみっこ吸いブラシ」や「ペットボトルDEおそうじブラシタイプ」などといった商品です。「すみっこ吸いブラシ」は掃除機の先につけるだけで、隅まできれいに掃除できます。窓のサッシ部分などにも使用するとよいでしょう。「ペットボトルDEおそうじブラシタイプ」は、水を入れたペットボトルにつけることで水をかけながら掃き掃除できます。汚れのたまったサッシなどにはピッタリです。

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

プロの掃除はやっぱり違う?

ここまで、掃除のテクニックをご紹介してきました。しかし、やはりプロの掃除方法は違います。使用する道具がやはり、プロは違うので仕上がりも違うでしょう。

そして、自分で掃除をするのは大変です。洗剤選びからいろいろと作業を一人で行うには時間も体力も必要です。そのため、自分ではなかなかできないという場合には業者に依頼されることをおすすめします。

      プロの掃除はやっぱり違う?

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は自分でもできる掃除テクニックについてご紹介してきました。自分でもできるテクニックがあり、予防掃除を行えば掃除回数も減らすことができるかと思います。しかし、毎日使用するキッチンは自分掃除するにも限度があります。そのため、こまった際には業者に依頼するもの手でしょう。もし、ハウスクリーニングでお悩みの方がいましたら、当サイトをご活用ください。きっと役立つ情報があるかと思います。

この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

短時間で家中キレイ!

お電話1本でプロが対応!

※対応エリアや加盟店によって変わります

家中丸ごとキレイにする丸ごとお願いするプランから、キッチンやエアコンなどお掃除箇所を選んで頼むことも可能です。一度、ご相談ください。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

室外機、玄関、ベランダのクリーニングにも対応しています。

ハウスクリーニング パッケージプラン 17,400円~
ハウスクリーニングのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

ハウスクリーニングの記事アクセスランキング

ハウスクリーニングの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理