大掃除に断舎利を!断舎利をすることで、自分を見つめ直すことも!

2021.4.30

大掃除に断舎利を!断舎利をすることで、自分を見つめ直すことも!

これから年末になるとやってくる大掃除。物が増えてどこにどうやって収納すればよいのか困ってしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、しまっておいたものを引っ張り出してそのままきれいに収納していては一向に物は減ること無く、増え続けていく一方でいくら収納場所があっても足りなくなってしまいます。そして、毎年毎年の大掃除のたびに物が増えていき、同じ場所にまた収納し直すことが手間に感じてしまいますよね。
そこで、今回は大掃除が楽になる「断舎利」についてご紹介します。

『断舎利』とは?

少し前に断舎利のブームが起こり、物を捨てまくっている光景を見たことがある方もいるかもしれませんが、そもそも断舎利とは何なのかをご紹介します。

断舎利とは、不要な物を断ち、捨て、執着から離れるという意味を持つ整理法です。今の自分に必要でない物を整理して捨てることで、シンプルに生きるという「ミニマリスト」「最小限主義」という考えに近いものです。3つの漢字にはそれぞれ意味があるのでお伝えします。

『断』 ・・・・・これから買ったりもらったりして自分の手元に入ってくるものを『断』つ。

『捨』 ・・・・・・・・・・・・・今持っている中で自分に必要でないものは全て『捨』てる。

『離』 ・・・物欲を無くして、物を購入することの意識を無くす。物への執着から『離』れる。

これらを行うことで、自分にとって本当に必要なものだけを残し、シンプルに暮らすことができるのです。断舎利をすることで、気持ちもきれいに軽くなるのではないでしょうか。

大掃除で断舎利したいものは何?

まず、大掃除で何を断舎利したいのかを決めることから始めましょう。
生活する上で必要な物など残すものをまず決めてから、その他の不要の物を捨てます。物を捨てる時に最も大切となることは、今使用しているか、使用していないかです。

「またいつか使うだろう」といってしまい込んだ物や、「もしかしたら使用するかも」といってしまい込んだ物を実際に使用したことはありますか?人間は、「いつか」や「もしかしたら」など未来を予想して物を残すことがあります。しかし、そうやって残していた物を実際に使用することはなく、しまい込む一方なので物が溜まっていくのです。

また、物には思い出や価値観があり、それを無視して捨ててしまうと後悔してしまう場合もあります。どうしても捨てられない物は残しても問題ないので、残す物をはじめに決めることが断舎利のコツです。
      大掃除で断舎利したいものは何?

コツは大掃除前から断舎利すること

年末の大掃除と聞くと、家の窓拭き、普段掃除しない押し入れやキッチン、食器棚の中などの整理整頓や掃除などを思い浮かべます。物を動かしたとしても大きくは移動させないでしょう。

しかし、断舎利の考えとして使用しない不要なものはしまうのではなく、捨てるという考えなので捨てる行為をとくに意識するようになるでしょう。それまで、今使用しないものはしまうという考えだったのが今使用しないのであれば捨てようという考えに変わるということですので、今まで見えてなかった本当に必要な物が見えてくるのです。

そして、本当に必要な物が見えてくると自分の価値観、生まれてきた意味や生きる意味なども見えてくるようになり、断舎利の考えは自分の本音にまでも繋がってくるのです。

そのため、大掃除の前から断舎利しておくと、自分の価値観から必要なものの判断がスムーズにできたり、自分がどんな人間かを理解すれば必要なものの判断ができたりするでしょう。

大掃除のときに断舎利をするポイント

実際に大掃除で断舎利を行う場合にどうやって行えばよいのかをお伝えしましょう。

①一旦全部物を引っ張りだしてきて並べて物を確認しましょう。
②「今使用しているか・今使用していないか」で選別していきましょう。
③今使用している物のみを残し、使用頻度が多いものを手前にしてしまっていきます。

これだけだと迷ってしまうという方には、以下の物で分けてみるのもよいでしょう。
・毎日使用する物
・1週間の中で数回使用する物
・季節ものや、年に数回使用する物。今後1か月以上使用しない物。

これだと今後一か月以上使用しない物の中に、どうしても捨てられない物も入れることができるので、選別に困ることはないでしょう。それでも、どうしても判別できないものは、一時保管用の箱を作り期間を決めて、その期間以内で使用しなかったら捨てるという風にしてもよいでしょう。保管ということで気持ちが楽になるかと思います。

空白の法則とは

空白の法則とは、ボブ・プロクターという人の「You were Born Rich」という本の最終章に載っている、「この宇宙は何も無い『エンプティな空間』があると、それを埋めようとする法則が働くので、物にせよ思考にせよ、いらんものはジャンジャン捨てろ。そうすれば新しいものがジャンジャン入ってくる。」という文言を差しています。

つまり、必要な物以外捨てて空っぽにしておけば、またそこに埋め合わせをするために新しい物が入ってくる。物が溢れた場所には新しいものは入ってこないので、新たな人生も現れないということかと思います。

ぜひ、物をなかなか捨てられない人は、物を捨てれば捨てた分何か新しい物が自分に入ってくると思うと作業しやすくなるでしょう。物を捨てれば物は無くなりますが、それ以上に自分を見つめ直し、価値観を発見することで新しい物が入ってくるかもしれません。
      空白の法則とは

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は大掃除の際に活用できる断舎利についてご紹介してきました。断舎利とは、今使用するのか・使用しないのかで判断して使用しないものはしまうのではなく捨てるという考えでした。ただ、思い出や価値観の詰まった物を捨てるには勇気がいる行動でしょう。そんな時は空白の法則を思い出し、物を捨てた部分には新しい物が入ってきて新しい人生が現れるかもしれないと思いましょう。
そして、断舎利をしたいけど物が多すぎてお困りの方や1人では選別できないとお困りの方は当サイトをご活用ください。お役に立てるかもしれません。

ハウスクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハウスクリーニング」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:ふじこ
手先が器用で、DIYが得意分野。その特技を生かし家具・雑貨修理の記事を担当している。家の掃除は苦手なので、効率的にできる方法を探し求めている最中。

短時間で家中キレイ!

お電話1本でプロが対応!

※対応エリアや加盟店によって変わります

家中丸ごとキレイにする丸ごとお願いするプランから、キッチンやエアコンなどお掃除箇所を選んで頼むことも可能です。一度、ご相談ください。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

室外機、玄関、ベランダのクリーニングにも対応しています。

ハウスクリーニング パッケージプラン 17,400円~
ハウスクリーニングのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

ハウスクリーニングの記事アクセスランキング

ハウスクリーニングの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理