お風呂の水垢を落としてツルツルピカピカなお風呂を手に入れよう!

2021.4.30

お風呂の水垢を落としてツルツルピカピカなお風呂を手に入れよう!

お風呂掃除を定期的にしてないと、あっという間に発生してしまう水垢。

身体の垢を落とすところのはずが、気が付いたらお風呂さん自体が垢にまみれているというのは何とも皮肉なことです。

そこで今回はそんなお風呂の水垢を落とす方法をまとめてみました。

清潔なバスルームでリラックスするため、お読みください。

『水垢』とは何なのか?

では、そんなお風呂の水垢、これの正体はいったい何なのでしょうか。
水垢の正体は、水道水に含まれるカルシウム、マグネシウム、ケイ素などのミネラルです。

ミネラルといわれると麦茶やミネラルウォーターが思い浮かびますが、お風呂の水垢はそんな成分が結晶化して硬くなったもののことをいいます。

お風呂に入ると、シャワーや湯気によって、浴室のあちこちに水滴が付きます。
その水滴が放置されると、水分が蒸発します。

しかし、水分が蒸発されてもミネラルはそのまま残ります。
こうして、ミネラルのみが結晶化して硬くなり、お風呂の水垢が誕生するのです。

ちなみに、湯垢は全く別のものになります。
「え、水もお湯も同じなのだから、水垢も湯垢も同じじゃないの?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

湯垢とはいったい何かといいますと、皮脂汚れや、その汚れを餌に繁殖した細菌のことをいいます。
浴槽回りや、洗面器などお風呂でお湯だからこそ発生する垢が湯垢ということですね。

成分上、カピカピなものが水垢、ヌメヌメしたものが湯垢と考えるとわかりやすいかもしれません。

水垢を落とす方法1【物理的に落とす】

今回はそんなお風呂の水垢の方をどうにかする、という記事です。
では、実際に水垢の対処法を書いていきます。

方法その1は「物理的に落とす」。

シンプルにこすって落とす方法です。ただこするだけではなかなか落ちませんが、ある工夫をすると簡単に落ちる場合があります。

クレンザーを使う

クレンザーは水垢を落とすときにとても効果的です。
クレンザーをつけて、強めに絞って水気を切ったスポンジでこするだけ。
スポンジに直接つける場合は泡立てないことがポイントです。
浴槽に傷がついてしまうこともあるので、可能ならば「バス用」のクレンザーを使用した方がよいでしょう。

歯磨き粉を使う

クレンザーがない場合、歯磨き粉で代用できます。歯磨き粉に含まれている研磨剤がクレンザーのように水垢をこすり落としてくれます。
粒入りのものだと、浴槽を傷つけてしまいますので注意しましょう。

メラミンスポンジを使う

すっかりお掃除の定番となったメラミンスポンジはお風呂掃除でも大活躍です。
軽く湿らせたメラミンスポンジで水垢をこするだけでピカピカになります。
メラミンスポンジだけではなかなか落ちない場合、歯磨き粉と合わせて使うとさらに効果的です。

ダイヤモンドパッドを使う

人工のダイヤモンドをスポンジに張り付けたダイヤモンドパッド。
最近では100円ショップでも購入できるようになりました。
水をつけて濡らしながら、くるくると円を描くようにこすっていきます。
乾いた状態ですと傷がついてしまいますので、必ず濡らしながら使用してください。

      水垢を落とす方法1【物理的に落とす】

水垢を落とす方法2【酸性で中和させる】

お風呂の水垢を落とす方法その2は「酸性で中和させる」です。
先に説明したとおり、水垢の正体はミネラルです。
そして、そのミネラルはアルカリ性です。

アルカリ性の汚れを落とすには酸性の洗剤で中和すると簡単に落ちます。
ですが、探してみると、洗剤は中性化アルカリ性のものが多く、酸性の洗剤は意外と少ないもの。
そこで、簡単に手に入ってお掃除に使える酸性のものをご紹介します。

お酢

身近な酸性のものの代表はお酢です。お料理だけでなく、お掃除でもこのお酢は大活躍します。
水垢にお酢を染み込ませた布巾やキッチンペーパーをパックするようにつけて放置します。
放置する時間は布巾やキッチンペーパーが乾く程度。
その後に軽くこすりながら洗い流すと、水垢が簡単に落ちます。

クエン酸

クエン酸もお酢と同じ使い方で、水垢を綺麗に落とせます。
水100ミリリットルに対して小さじ1のクエン酸を溶かして、クエン酸水として使用しましょう。

水垢を予防する方法

お風呂の水垢を撃退したら、次は簡単に再発しないよう予防策をとりましょう。
毎日のちょっとしたひと手間で、お風呂の水垢の発生率をぐんと下げることができます。

「水垢対策は濡れたまま放置しないこと」

お風呂から上がったあと、体を拭いたタオルで、鏡や浴槽をさっとひと拭きするだけで水垢の発生率はぐんと下がります。

浴室乾燥もとても効果的です。浴室乾燥>換気>放置といった具合で水垢に効果があります。
浴室乾燥機能がなくて、換気だけの場合は最低でも2時間は行うようにしましょう。

      水垢を予防する方法

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お風呂の水垢の撃退方法をまとめました。

定期的にコツコツとお掃除することが水垢対策には一番有効です。
あまりにも放置しすぎて、お風呂の主のように頑固になりすぎた水垢には、クリーニング業者に依頼して立ち退いていただく必要があるかもしれません。

業者によってはクリーニングと一緒にコーティングをして水垢が帰ってこないようにしてくれるところもあるので、一度依頼してみるのもよいでしょう。

バスルームクリーニングの依頼をできる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「バスルームクリーニング」をご覧ください。

バスルームクリーニングはプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

バスルームクリーニングのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

バスルームクリーニングの記事アクセスランキング

バスルームクリーニングの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧