エアコンのカビ掃除を4ステップで!キレイにカビを落とす方法を紹介

2021.4.30

エアコンのカビ掃除を4ステップで!キレイにカビを落とす方法を紹介

「エアコンから出る空気がカビ臭い……」そう感じたら、すぐに行動しなくてはなりません。エアコン内部には湿気があり、カビが繁殖しやすい環境となっています。カビを放置していると、アレルギーなどの健康被害を引き起こすこともあるのです。

今回はエアコンのカビ掃除についてまとめました。カビによる被害が大きくなる前に、きれいにお掃除してしまいましょう。

エアコンのカビ掃除で必要な道具について

エアコンのカビ掃除は身近にある道具を使います。専用の薬剤も、ホームセンターや100円均一などで手に入るものを使う場合が多いようです。

・フィン掃除用スプレー
エアコンのフィン(熱交換器)掃除用のスプレーです。フィンの細かいすきまには汚れやほこりが溜まりやすいので、それを取り除くために使います。

・ファン掃除用スプレー
前述したフィンと名前が似ていますが、風を送り出すファンはフィンより下にある部分です。フィン掃除用とファン掃除用は別物なので、間違いに注意してください。

・古い歯ブラシ、綿棒、割りばし
ファンの羽を1枚1枚掃除するために必要な小物です。高い所にあるエアコンの掃除は、何か踏み台に乗って行う方が多いはずです。床に小物をいくつも置いて必要になるたびに昇り降りをするのは手間なので、ポケットが付いているエプロンなどがあると便利です。

・懐中電灯
機種にもよりますが、ファンはたいてい黒色をしていることが多いです。そのためカビや汚れが見えにくいことがあるので、懐中電灯で照らしながら作業を行うことをおすすめします。

・ビニール袋とガムテープ
掃除中に流れ出る汚水で部屋が汚れないよう、養生するために使います。
      エアコンのカビ掃除で必要な道具について

エアコンのカビは強力?カビを落とすコツ

エアコンのカビ掃除にはコツがあります。頑固なカビは落とすのが大変ですが、根気よく掃除していきましょう。

①まずは養生

数枚のゴミ袋を切り開くなどして、掃除中にエアコンの吹き出し口から汚水が流れてきてもキャッチできるようにガムテープで固定しましょう。汚水を受けるためのバケツを用意する場合もあります。

②フィンを掃除する

エアコン外側のカバーやエアフィルターを外すと、フィンがあります。このフィンに専用の洗浄スプレーをかけていきましょう。

フィンは手で押すと簡単にゆがんでしまうので、スポンジなどでこすり洗いはできません。代わりに、スプレーを多めにかけましょう。
このとき、フィン部分から出た汚れはエアコンの排水ホースを伝って出ていくので、排水の心配はありません。

③送風口のファンを掃除

ファンはカビが繁殖しやすい場所です。まずは全体にファン専用のスプレーをし、カビや汚れをふやかしましょう。コツは少し時間を置くことです。カビは頑固なので、スプレーをたっぷりかけてから5~10分ほど放置します。

しばらくしたら、古い歯ブラシや綿棒などを使ってファン表面のカビを取り除いていきます。細かくて大変ですが、1枚1枚丁寧に掃除しましょう。汚れをこすり洗いしたら、またファン用スプレーを吹きかけてください。

④水で洗い流す

最後は水を入れた霧吹きなどで、スプレーした薬剤をきれいにすすいだら完了です。
      エアコンのカビは強力?カビを落とすコツ

エアフィルターを外してエアコン掃除!外し方

メインはエアコンのカビ掃除ですが、カビが再び発生することを予防するのも大切です。
カビはほこりや汚れをエサにして繁殖します。このエアフィルターにはほこりが溜まりやすいので、せっかく内部を掃除したのにカビがまた発生してしまうおそれがあります。
エアフィルターの掃除は比較的簡単なので、あわせて覚えていきましょう。

①エアコンの外側のカバーを外すと、エアフィルターが見えるはずです。すぐに取り外すと表面についたほこりが舞い散ってしまうので、まずは掃除機で表面についているほこりを吸い込みましょう。

②表面のほこりをあらかた取ったら、引き抜くようにエアフィルターを取り外し、裏側のほこりも吸い込みます。

③庭や浴室に持っていき、フィルターの裏側からシャワーの水をかけてください。ほこりを押し出すようなイメージで取り除きましょう。このとき、表からシャワーを当ててしまうと、エアフィルターが目詰まりを起こす可能性があります。
こまかい所に詰まったほこりは古い歯ブラシなどでこすりとって、水ですすぎ洗いしてください。

④エアフィルターをしっかり乾かしたらまたエアコンに取り付けて完了です。
      エアフィルターを外してエアコン掃除!外し方

冷却フィンを掃除するときの注意と方法

冷却フィンを掃除するときにスプレーを使いますが、その際には注意が必要です。
エアフィルターを取り外すと、冷却フィンと右側に電極部分が見えます。この電極部分は水で濡れると壊れてしまうので、絶対に水をかけてはいけません。
掃除を始める前に、サランラップなどで保護しておきましょう。

費用が抑えられるので、エアコンのカビ掃除を自分で行う方は多くいますが、このように一歩間違えると破損の可能性もあります。このような作業に慣れておらず、自信のない方は一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

カビの生えたエアコンを使い続けることは危険です。カビ菌の含まれた風を吸い込み続けることで、アレルギーやぜん息、気管支炎を引き起こす場合があります。このような健康被害をおよぼす可能性があるので、エアコンのカビ掃除は定期的に行いましょう。

また、どうしても素人では届かない部分にまでカビが発生していることも考えられます。安全で徹底的なカビ掃除を望む場合は、プロに依頼してみることをおすすめします。

エアコンクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコンクリーニング」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

見えない部分もキレイに!

お見積りからの追加料金なし

※対応エリアや加盟店によって変わります

自分で行うエアコン掃除には限界があります。ホコリやカビは見えている箇所だけではなく、奥深くにも…。エアコンクリーニングはプロに任せましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

エアコン修理、取り付け・外し、メンテナンスにも対応しています

エアコンクリーニング 14,300円~
エアコンクリーニングのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

エアコンクリーニングの記事アクセスランキング

エアコンクリーニングの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理