エアコンの汚れからトラブルが発生する前にきれいに掃除をしましょう!

2021.4.30

エアコンの汚れからトラブルが発生する前にきれいに掃除をしましょう!

暑い夏と寒い冬を過ごすには、エアコンが必須ですよね。エアコンは定期的なお掃除が必要な家電製品です。エアコンを掃除しないことで、さまざまなトラブルを招きます。それはなぜでしょうか。

このコラムではトラブルの例や、そもそもなぜエアコンが汚れるのかをご説明します。
お掃除方法もご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

エアコンが汚れる原因

エアコンはお部屋の空気を循環して温度を調節しているため、お部屋の空気の状態がエアコン内部にも影響してきます。空気と一緒にほこりなども吸いこみ、それがエアコンのフィルターに付着して汚れていきます。

エアコン内部へはフィルターを介した空気が入るので、フィルターが汚れていると当然内部も汚れていき、カビの発生につながります。

フィルターをきれいにしておくことで、エアコンが汚れることなく内部をきれいに保つことができます。

エアコンが汚れやすくなる使い方

先ほど説明したように、お部屋の空気がエアコンに影響するため、エアコンは場所によって汚れやすさが変わります。エアコンが汚れる原因は、空気中のほこりや汚れなどがよくいわれますが、油も大きな原因の1つです。

キッチンなどで料理をしたときに出る水蒸気には油が含まれており、それがエアコン運転時に一緒に吸い込んでしまいます。エアコンのフィルターや熱交換器に付着した油は接着剤のような役目になり、吸い込んだほこりや他の汚れなどを吸着してしまいます。

よって、キッチンの近くにあるエアコンは汚れやすく、お部屋でよく焼肉や鍋をする方のエアコンも汚れやすいということになります。油汚れはカビが好むエサになり、繁殖をうながしてしまいます。

また、たばこのにおいもエアコンのフィルターにつきやすく、エアコンの悪臭の原因となります。エアコンのお部屋でたばこを吸うときはなるべく換気をして、家の中の空気ににおいがつかないようにしましょう。

      エアコンが汚れやすくなる使い方

エアコンの汚れに起因するトラブル

ただのエアコン汚れと思いがちですが、その汚れがさまざまなトラブルを招くことがあります。ここではトラブルの例をご紹介します。

空気が冷えない

エアコンが汚れていると、エアコン内の空気の循環が悪くなりお部屋がなかなか冷えなくなります。

熱効率も悪くなり、ムダな電気代もかかってしまいます。

お部屋が冷えにくくなったかな?と思ったら、後に紹介する方法でエアコン掃除をしてみましょう。

水漏れ

エアコン部品の破損が原因の場合もありますが、最大の原因はエアコンの汚れともいわれています。

エアコンは夏の時期、温かい空気を冷やすときに内部が結露の状態になります。

そうやってできた水は、通常外へ出ていきます。しかし、汚れで通り道がなくなってしまうとその水はあふれ出し、水漏れが起こります

水漏れをした状態でそのままエアコンを使用すると、まわりの家電製品や壁、家財などが濡れたり故障するおそれがあるので、まず使用を中断することをおすすめします。

悪臭

多くはカビやほこりが原因といわれていますが、先ほど説明した「水」もにおいの原因となります。

水分自体は悪臭ではありませんが、カビやほこりとくっつくと反応して悪臭となります。また、エアコンの熱交換器はアルミでできているため、さまざまな物質との化学変化が起きやすいという特徴があります。

意外なことに、この化学変化は日常生活で使用するヘアースプレーや香水でも起こります。エアコンがこれを吸うことで熱交換器ににおいが吸着してしまい、エアコンの異臭の原因となることがあります。

これらを使う際はエアコンを切るか、別の場所で使うように心がけましょう。

アレルギー

エアコンの内部は適度な湿気とカビが存在するため、ダニの住みかとなりやすいといわれています。

ダニの死がいや糞はアレルギーやアトピーの原因となります。アレルギー体質の人は特に注意する必要があるでしょう。

エアコンの汚れを掃除する方法

それでは、実際にエアコンを掃除する方法をご紹介していきたいと思います。

掃除に必要なもの

エアコンの掃除をするためには以下のお掃除グッズが必要です。
・雑巾
・中性洗剤
・ブラシ

エアコンの掃除手順

①コンセントを抜く

まず最初にエアコンの電源を切り、コンセントを抜きます。感電などの事故防止のため、掃除をはじめる前に抜くようにしましょう。

②フィルターを掃除する

フィルターを外す前に、フィルターまわりやエアコンのパネル部分のほこりを掃除機で吸っておくとよいでしょう。これをしておくことでほこりが舞うのを防ぐことができます。

フィルターを傷めないようにゆっくり取り外し、掃除機でほこりを吸い取ります。このときかならず、掃除機は表側からかけるようにしましょう。内側からかけてしまうと、目詰まりにつながります。

もし掃除機で吸い取りきれないときは、シャワーで水洗いします。シャワーは掃除機とは逆に、内側からかけましょう。目詰まりを防ぐには、外側に向かってほこりを押し出すことがポイントになります。

シャワーだけで取れにくい場合は中性洗剤を使うと効果的です。ブラシを合わせて使ってもよいでしょう。

③洗ったフィルターを乾燥させる

洗ったら陰干しし、よく乾かします。

④吹き出し口とルーバーを掃除

次に、吹き出し口とルーバー(空気の出口、上下に風向を調節するところ)を掃除します。

雑巾を、中性洗剤を含ませた水で濡らし、ルーバーを拭いていきましょう。上下に動かせる場合は手で動かしながら拭きます。拭き終わったら水ぶきをします。しっかり絞った雑巾を使用するとよいでしょう。

⑤フィルターを取り付ける

干し終えたフィルターを取り付け、コンセントを挿して送風運転をさせましょう。

エアコンをしっかり乾かすことでカビの繁殖を防ぎます。

      エアコンの汚れを掃除する方法

まとめ

エアコンの汚れはこまめに掃除することで、内部の部分も汚れが付きにくくなります。最低でも月に1度は掃除をするとよいでしょう。

継続して掃除をすることで、エアコンがより汚れにくくなります。キッチン近くやたばこを吸うお部屋のエアコンは特に汚れやすいので、より高い頻度で掃除する必要があるでしょう。

また、フィルター掃除してもにおいが残っている場合は、エアコン内部のカビ取りをしてみるのもいいかもしれません。もしエアコン掃除をしてもトラブルが続いている場合は、故障も考えられます。その場合はプロに依頼して解決してもらいましょう。

エアコンクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコンクリーニング」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

見えない部分もキレイに!

お見積りからの追加料金なし

※対応エリアや加盟店によって変わります

自分で行うエアコン掃除には限界があります。ホコリやカビは見えている箇所だけではなく、奥深くにも…。エアコンクリーニングはプロに任せましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

エアコン修理、取り付け・外し、メンテナンスにも対応しています

エアコンクリーニング 14,300円~
エアコンクリーニングのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

エアコンクリーニングの記事アクセスランキング

エアコンクリーニングの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理