在宅ワークと家事・育児を円滑に!家事シェアが成功する6つのコツ

2021.9.14

在宅ワークと家事・育児を円滑に!家事シェアが成功する6つのコツ

外出自粛による在宅勤務や保育園の休園によって、ご家族全員が家で過ごす日が多くなっているでしょう。そのため、家事・育児と仕事の両立で頭を悩ませている方もいますよね。

ご夫婦での家事分担は、「夫3割・妻7割」が多いようです。しかし、在宅ワークを余儀なくされている今、女性が家事・育児の負担が大きく仕事時間を圧迫している傾向にあります。

このような問題を解決するためにも、ご夫婦で「家事シェア」をおこなってみてはいかがでしょうか。このコラムでは、家事シェアやそのメリットについて紹介するので参考にしてみてください。

家事は「分担」するのではなく、「シェア」しよう!

家での仕事と家事・育児を両立しなくてはならない今、ご夫婦で協力して家事をおこなうのが最も効率的です。しかし、「料理は妻、洗濯は夫」と家事を分担すると、自分の分担が終わった段階で、役割を終えたという認識が生まれてしまいます。

どちらかがテレビを観ているのに、もう片方はまだ家事をやっている状態は、イライラしてしまいますよね。このような状態を防ぐのが「家事シェア」です。では、家事シェアについて詳しく見ていきましょう。

家事シェアとは

家族の幸せは「家事シェア」から!絆を深めるきれいな家づくり

家事シェアとは、家事を分担するのではなくシェア(共有)することです。たとえば、「この時間に洗濯とリビングの掃除をしよう」と決めて、夫婦で同じゴールを目指すというのもひとつの家事シェアの形といえるでしょう。

また、着た服をしまうなど「名前のない家事」というものが存在します。このような名前のない家事は、普段から家事をする人が自然とやってしまいがちです。しかし、「気付いたらやる」「自分のものは自分でしまう」などの意識に切り替えることが相手の負担を軽くする「家事シェア」につながるのです。

家事シェアを上手くおこなうポイント

家事シェアを上手くこなすには、6つのポイントがあります。このポイントを把握して、家事をシェアすればもめることもなく、上手くこなしていくことができるでしょう。

【家事シェアを上手くおこなう6つの方法】
家事をする上での考え方を変える。
妻は夫に「教える」ではなく、「共有する」という考えにする。
夫は「手伝う」ではなく、「できることを増やす」という考えにする。
自分のことは自分でおこなうようにする。
夫婦で納得できるルールを決める。
相手のイライラをうまないためにも、同じ時間に家事をおこなう。
家事の手順は家族全員がわかるようにしておく。
家事がしやすいように、配置などを整える。

家事シェアはこんなメリットがいっぱい!

家事シェアはお互いの家事や育児の負担を軽減するだけでなく、さまざまなメリットを得ることができます。では、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

家がきれいになる

家事シェアをすれば、家事がはかどり短時間でおこなうことができます。そのため、たくさんの場所を掃除することができ、片付いた部屋を維持することができるでしょう。また、時間をかけて掃除することもできるため、よりきれいになるはずです。

夫婦での会話が増える

家族の幸せは「家事シェア」から!絆を深めるきれいな家づくり

家事をシェアすれば、「○○のストックまだあったかな?」などとたわいもない会話が自然と多くなります。お互いにきちんとコミュニケーションを取りあえると、大切なことも伝えられる関係性を築けるのではないでしょうか。

相手に感謝できるようになる

家事の大変さや助けてもらうありがたさを実感することで、相手への感謝の気持ちが生まれます。そうすれば、自然と「ありがとう」といえる素敵な家族を作ることができるでしょう。そんなご夫婦の姿を見て、子どもも「ありがとう」の大切さを学んでいくはずです。

仕事を上手くこなせるようになる

同じ時間に家事をシェアすれば、お互いに仕事に集中する時間を作ることができます。1人で家事や育児を負担するより、仕事がスムーズになる方も多いのではないでしょうか。さらに、仕事が円滑に進めば子どもとの時間もたくさん作ることができるでしょう。

家事シェアだけでは難しいときは家事代行に頼ろう!

家事シェアを家事・育児、仕事の円滑化に役立ちますが家事シェアだけでは手が回らないことも出てくるでしょう。そんなときは、家事代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

家事代行とは、手が回らない家事を代わりにおこなってくれるサービスです。ご夫婦で相談して、部分的に業者にまかせるだけでもお互いの負担を解消することができます。家事代行をお考えの方は「【働くあなたの味方!】家事代行サービスを利用して充実した生活を!」を参考にしてみてください。

まとめ

家事は「分担」するのではなく、「シェア(共有)」することが大切です。家事シェアは、自分のことは自分でするようにしたり、家事がしやすいような配置を考えたりするだけで上手くこなすことができるでしょう。

また、家事シェアはお互いの家事の負担を軽減するだけでなく、コミュニケーションの増加や感謝の気持ちをうむなど家族の絆を深めることにもつながります。さらに家事シェアでも手に負えない家事は、家事代行サービスを利用してみるのもおすすめです。

家事代行サービスはプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

家事代行サービスのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

家事代行サービスの記事アクセスランキング

家事代行サービスの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧