生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

「あれ?鍵がない!」鍵を落しやすい場所と落とした時の正しい対処法

更新日:2021-04-30

「あれ?鍵がない!」鍵を落しやすい場所と落とした時の正しい対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

鍵を落した場合、とても焦ってしまってしまいますね。しかし、そんなときこそ冷静になる必要があります。

また、鍵をなくしたことに気が付いたタイミングによって、探さなければいけない場所は変わってきます。たとえば、外出する前に鍵を失くしたことに気がついたなら、家の中を探すことになります。でも、もし外出中に気が付いたら、まずは一日を振り返って落とした場所に目星をつけなくてはいけないでしょう。

そして鍵がみつかった場合でも、一度落した鍵は新しい鍵に交換するのがいいといわれています。なぜなら、落としたことがある鍵をそのまま使い続けるのは、防犯上よくないといわれているからです。

今回は「鍵を落しやすい場所」「鍵を落してしまった際にすること」についてご紹介します。

まずは探してみよう!鍵を落としやすい場所

鍵を落とした場合、まず自分の行動を振り返ってみることをおすすめします。鍵を失くしたきっかけを思い出せるかもしれません。
そこで一般的に鍵を落としやすい場所がいくつかあるのでまとめてみました。
参考にしてみてください。

玄関

玄関に鍵を置いている方は非常に多いのではないでしょうか。実は鍵を落とした場合、最初に探すといいのが玄関です。

よくあるケースは帰宅した際、鍵を靴箱周辺や棚に置いたまま忘れてしまうことです。

衣服の中

外出するときに鍵を探し回ったのに「ジャケットのポケットに入れっぱなしだった……」という経験はありませんか?

落としたと思っていた鍵が、実は衣服の中に入ったままだったというのは非常に多いです。

トイレ

トイレは鍵をよく置き忘れてしまいがちな場所です。トイレに鍵を置き忘れてしまう理由は、ついつい気が抜けて油断してしまうせいかもしれませんね。

トイレはどんな人でも必ず行く場所なので、鍵を落としたらまずチェックするのをおすすめします。

車内

車の中は暗いだけでなく非常に死角の多い場所です。とくに座席の下をよく見てみましょう。

駅や近所のスーパーなど

自宅で落とした鍵はわりとすぐに見つかりますが、外で鍵を落とすと見つけるのに時間がかかります。それは当然のことで探さなければいけない場所がたくさんあるからです。

たとえば、駅で定期券をポケットに出したときに、鍵を落としてしまっているかもしれません。人が少ない時間帯の駅だったら落とした音で気づけるかもしれませんが、たいていは人で混みあっていて鍵を落した音に気付かないものです。

「自宅から出たあとに鍵を落とした!」とはっきりわかっているなら、駅員さんに鍵の落とし物がないか確認するようにしましょう。

また、家の近くのスーパーへ行くときは、部屋着などのラフな格好で外出する方も多いです。そういった時も「うっかり鍵を落としてしまった」となりやすい場面です。

まずは探してみよう!鍵を落としやすい場所

見つからなかったとき、次に取る対応は?

鍵を落したのに家にもなく、駅やスーパーをたずねても発見できなかったら、次の2つの対処をとりましょう。

警察に失くしたことを届けておく

近くの交番でもかまいません。警察へ遺失届(いしつとどけ)を出しにいきましょう。もしかすると誰かがすでに鍵が交番に届けている可能性もあります。そのため鍵を落した場合は必ず連絡するようにしておくことが大切です。

遺失届を出してからすぐに鍵が見つかることもあれば、何ヵ月かかかってしまうこともあります。鍵が見つかった際は自分の電話番号に連絡がくるので、交番へ取りに行くようにしましょう。

代わりの鍵がないときは

「鍵を落してしまって代わりの鍵もない」そんな場合は鍵屋さんに連絡して、鍵を開けてもらいましょう。電話をかけるだけで鍵屋さんは自宅まで来てくれます。電話する際は、鍵の特徴などを伝えられるようにします。鍵の特徴がはっきりわかると、鍵屋さんもスムーズに対応することができるからです。

鍵屋さんに頼む際の費用相場は。鍵の種類によって変わってきます。また、業者さんによっても設定されている価格は微妙に異なっているようです。しかし、おおよそ鍵開けにかかる費用は5,000円前後が多いといえます。
費用が高くなりがちなのは、鍵開けに技術が必要になってくる防犯性の高い鍵です。

業者さんにもよりますが、鍵開け費用以外に出張費などがかかる場合もあるようです。
そのため鍵屋さんを依頼する際は、料金の提示をしてもらってから判断するようにしましょう。

見つからなかったとき、次に取る対応は?

鍵が見つかった!でも使い続けない方がいいの?

「鍵を落としたけど運よく見つかった」という時でも、落とした鍵はそのまま使わずに交換することをおすすめします。なぜなら、落とした鍵を使うのは、防犯のためによくないからです。

落としていた間に何者かにその鍵のスペアキーを作られている可能性があります。
新しい鍵に付け替えるという対策をとれば安全です。

また、防犯性が低い鍵を使用していると、空き巣に狙われやすいということがあります。
鍵を落としたわけでなくても、長年使い続けている鍵は防犯性が落ちているので交換することをおすすめします。

鍵が見つかった!でも使い続けない方がいいの?

万が一鍵を落としたとき悪用されないために

鍵を落した場合、今後悪用されないようにするために以下のことには気をつけましょう。

どこの鍵かわかるものは一緒にしない

財布や定期券など、住所がわかってしまうようなものと鍵を一緒にはしないようにしましょう。それだけで鍵の持ち主の居場所などが特定されてしまいます。
そして空き巣に狙われる可能性も非常に高くなってしまうかもしれません。

万が一定期券などと一緒に鍵をなくしてしまった場合は、早急に鍵を交換することをおすすめします。

純正キーの利用には気を付ける

合鍵から合鍵を作ると、誤差が大きくなって鍵穴に歪みを生じさせるおそれがあります。
鍵は精密に作られているのでわずかな形の違いでも、不具合を起こしてしまうのです。
精度の低い鍵を使い続けてしまうと鍵が開けにくくなるだけではありません。鍵穴の中で鍵が折れて開かなくなるといったトラブルが発生しやすくなってしまいます。

鍵屋さんによっては合鍵から合鍵を作ることを断られることもあるようです。そのため純正キーは大切に保管しておかなくてはいけません。

まとめ

鍵を落した場合、見つかったとしても新しい鍵への交換を検討した方がよいでしょう。
なぜなら、拾われた人にスペアキーを作られている可能性があり、防犯によくないためです。

個人情報が記載されているものと一緒に鍵をなくした場合は、とくに危険です。

新しい鍵に交換する際は、鍵屋さんと相談して自分の予算や家にあった鍵を選ぶとよいでしょう。防犯対策に有効です。

紛失時のカギ開け・交換・修理できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「紛失時のカギ開け・交換・修理」をご覧ください。

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,800円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:4.8

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!