生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

家の鍵を落とした!どうしたらよい?まずは落ち着いて行動しよう!!

投稿日:2018-06-21 更新日:2018-09-26

家の鍵を落とした!どうしたらよい?ますは落ち着いて行動しよう!!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「鍵をなくした……。」「家の鍵を落としたかもしれない……どうしよう!?」
鍵をなくしたというトラブルは急にやってきます。こんなときはどうしたらよいかわからなくなってしまうでしょう。鍵はわたしたちの生活を守ってくれる大切なものですし、鍵をなくした際は素早く対処していくことが大切です。

今回は鍵を落とした際にどう対処すべきかを紹介していきます。本コラムが、鍵を落としたときの役にたつことができれば幸いです。

焦りは禁物!落ち着いてもう一度鍵を探そう

家の鍵を落としたときは、まずは落ち着いて深呼吸してから、身の回りを探してみましょう。以下の場所に鍵があることがよくあります。
 

・カバンの中
・ポケットの中
・台所
・玄関
・トイレ

 
以上の場所をくまなく探しても見つからない場合は、鍵をなくしたまでの行動を振り返ってみましょう。もしくは前夜の行動を振り返ってみて、心当たりのある場所にいって周辺を探してみるといいでしょう。

焦りは禁物!落ち着いてもう一度鍵を探そう

自分で家の鍵を開けることはできるの?

家の鍵を落としたときに、解錠を業者に依頼すると費用がかかってしまいます。また、すぐに駆け付けてくれない場合もあります。そのような場合は自力で鍵を開けようと考える方も多いのではないでしょうか。自力で鍵を開けるにはどんな方法があるかみていきましょう。

ピンセットを使う

いわゆるピッキングです。ピンセットを鍵穴に差し込んで、グルグル回します。この方法を使えば開けることもできますが、素人がやるのは難しい場合が多く、また時間もかかるでしょう。

ピンセットを回す力が強いと鍵穴内部を傷つけることになるので、無理やり差し込むのはやめておいた方が無難です。

自分で家の鍵を開けることはできるの?

まずは警察に遺失届を提出しよう!

家の鍵を落とした際はまずは警察に遺失届を提出しましょう。そのときには鍵が見つかって届けられている可能性もあります。もし鍵が見つかっていないとしても、遺失届を提出することで、鍵が見つかったときに連絡してくれます。

国内であれば、全国どこの警察でも対応してくれますが、どの鍵が誰ものかわかるように鍵の種類と製造番号を警察に知らせる必要があります。わからない場合は大家さんか管理会社に聞きましょう。

マンションやアパートの場合は管理会社・大家さんにも連絡を!

警察に遺失届を提出したあとは、マンションやアパートの場合は管理会社、大家さんに連絡しましょう。

スペアキーを持っている場合は空けてくれるかもしれません。また鍵をなくしたあとの対応を指示してくれる場合もあります。自力で家の鍵を開ける前にまずは管理会社や大家さんに連絡しましょう。

鍵屋さんに連絡して家の鍵を開けてもらおう!その費用はどれくらい?

鍵屋さんに連絡して家の鍵を開けてもらうときに心配することは費用はないでしょうか。一般的な鍵開け費用の相場は5000円からのようですが、場所や時間などによって業者によっても値段が異なります。

家の鍵を落としたときは早めに連絡し、作業前にどのくらい費用がかかるのかをしっかり伝えてくれる業者に依頼するようにしましょう。

鍵開けをする際に鍵を一緒に交換するのもよいでしょう。最新の防犯鍵に交換することによってピッキングといった犯罪の対策になります。一般的な鍵の費用相場は10,000円から20,000円くらいです。鍵の種類、どの場所にある鍵を交換するかによって値段も変わっていきます。

鍵屋さんに連絡して家の鍵を開けてもらおう!その費用はどれくらい?

家の鍵を落とさないためにできることとは

鍵をなくして、困らないようにするためには、家に鍵を落としたということがないようにする必要があります。鍵を落とさないようにする方法を紹介します。

・鍵の置き場所を決める
置き場所が決まっていないために鍵をなくすという場合が多いです。家の中では玄関の荷物置きの真ん中においておくといったようにあらかじめ鍵を置く場所を決めておきましょう。

外出時も同様に、「カバンのこのポケットの中に入れておく」といったように鍵を入れる場所を決めておきましょう。急いでいていつもと違う場所に入れてしまうと鍵をなくしてしまうことにつながります。

・鈴をつけておく
鍵を落としたときに、落としたことに気付かずに無くしてしまうという場合があります。鍵に鈴をつけておくことによって、鍵を落としたときに音で気付きやすくなります。移動中によく音楽を聴いている方や、耳が聞こえにくい方には効果は薄いかもしれません。

・合い鍵をつくる
家の鍵をなくしてしまって家の中に入れなかったら困りますが、合い鍵をつくることで家の中に入ることができます。近くに家族が住んでいたらあずけることができますし、庭の植木鉢の中に鍵を隠すこともできます。その場合には安全は保障できないので、自宅の周辺の安全を確認してください。

まとめ

鍵を無くさないように日ごろから対策をしておくことが大切です。家の鍵を落とした際は落ち着いて、周りを探すようにしましょう。警察に遺失届を提出して、大家さんや管理会社に連絡するとよいです。

それでも鍵が開かない場合は業者に依頼するようにしましょう。経験豊富な業者が鍵トラブルを解決してくれます。鍵開けの際は最新の防犯鍵に交換することを検討してもよいかもしれません。

紛失時のカギ開け・交換・修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「紛失時のカギ開け・交換・修理」をご覧ください。

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-26 11:25:57
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_repair/86560/
鍵の修理・防犯
「鍵をなくした……。」「家の鍵を落としたかもしれない……どうしよう!?」鍵をなくしたというトラブルは急にやってきます。こんなときはどうしたらよいかわからなくなってしまうでしょう。鍵はわたしたちの生活を守ってくれる大切なものですし、鍵をなくした際は素早く対処していくことが大切です。今回は鍵を落とした際にどう対処すべきかを紹介していきます。本コラムが、鍵を落としたときの役にたつことができれば幸いです。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

鍵開け・交換・修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

鍵開け・交換・修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!