生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーレスキーを紛失したときにかかる費用は?紛失したらやるべきこと

更新日:2021-04-30

キーレスキーを紛失したときにかかる費用は?紛失したらやるべきこと

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

最近はほとんどの車でキーレスキーが採用されていて、昔のようにキーを差し込んでドアを開けたり、エンジンをかけたりといったことが少なくなりました。

とても便利な反面、いちいちキーを確認することがなくなり、キーレスキーの紛失が多いことも問題です。とくに、金属がむき出しだったキーに比べると、キーレスキーは落としたときも音がしにくく、気が付かないケースも多々あります。

そんなキーレスキーを紛失したとき、いったいどのように対処したらよいのでしょうか。今回はその対処法、それとスペアを製作したときにかかる費用についてまとめてみました。

キーレスキーを紛失したときにまずやるべきこと

店舗に問い合わせてみる

キーレスキーを紛失したときにまずやるべきことは、キーがどこかに届けられていないか確認することです。もしお店などにいる場合は、店員や従業員にキーの落し物がなかったか尋ねてみましょう。大型商業施設ならお客様サポートセンターに届けられている場合もあります。

尋ねたときは届けられてなくても後日見つかることもあるので、連絡先を渡しておいて、それらしいものが見つかったときに連絡してもらえるよう手配しておくのもよいでしょう。

警察に問い合わせてみる

また、警察に問い合わせてみると紛失したものが届いていたというケースもあります。

届け出を出しておけば見つかったときに連絡がもらえますし、最近は警察署のホームページなどで落し物の問い合わせもできます。このようなサービスも利用してみましょう。
          キーレスキーを紛失したときにまずやるべきこと

キーレスキーを紛失したあと確認するべき場所

キーレスキーの紛失を届け出たあとも、改めて探してみたら意外と簡単に出てくるなんていうことも多々あります。紛失した当初は慌てていて、きちんと探していたつもりでも探せていなかったなんていうことも珍しくありません。

ポケット・カバン

落ち着いて、服のポケットやカバンの中をくまなく探してみましょう。とくにカバンはキチンと中身を出して探してみるのをおすすめします。ポケットの奥や、生地の裏などに潜り込んでいることもあるでしょう。

一度でも使用した場所

会社のデスクやロッカー、それと意外に忘れ物が多いのがトイレの中です。その日一日の行動を振り返って、もう一度たどって探してみると、コロッとでてきたりすることもあります。

車の付近

自家用車だったら家族、社用車だったら同僚など、一緒に車を使う人に確認をとってみるとその人が持っていたというケースも多いです。

車の座席の下に転がっていってしまっていたなんていうことも珍しくありません。紛失してから、ある程度時間を置いて改めて探してみると見つかる可能性も上がるでしょう。
      キーレスキーを紛失したあと確認するべき場所

キーレスキー紛失後、スペア製作にかかる費用

キーレスキーを紛失して泣く泣くスペアを製作することになった場合、気になるのはその費用でしょう。いったいいくらかかるのでしょうか。

相場

車種やメーカー、キーの形状にもよりますが、鍵の複製なら一般的には2万~3万円ほどといわれています。中には10万円を超えることもあるといわれていますので、高級車に乗っている方は注意が必要でしょう。

誰に依頼するか

キーの紛失に際してディーラーに依頼するか、カギ業者に依頼するかによっても変わってきます。

カギ業者の場合は車のある現場まで駆けつけてくれることが多いですが、ディーラーの場合は、お店まで車を運ぶ必要があります。その際にレッカー代がかかってしまうこともあるので、より費用がかさんでしまうでしょう。

また、ディーラーにスペアの製作を依頼した場合は早くて2~3日、遅いと1週間ほど時間がかかってしまうことも覚えておきましょう。その間は当然ながら車がつかえないので代車を借りますが、その代車がない場合はレンタカー代がかかってしまうこともあるでしょう。

車のことは専門家のディーラーにお願いしたくなりますが、時間に余裕がないときはカギ業者に依頼した方がスムーズに解決しそうです。

キーレスキーを紛失したら再設定が必要

キーレスキーを紛失し、新たにキーを作り直した場合、車とキーの再設定が必要になります。たいていはディーラーなり業者なりが行ってくれますが、自分でやらなければならないこともあるでしょう。

また、スペアの製作費用にはその設定代も含まれていることがありますので、自分で行う旨を伝えると多少安くなることがあるかもしれません。

そんなキーの再設定方法は、

①イグニッションスイッチをONにする。

②車体に向け、トランスミッタの発信ボタンを押す。

③イグニッションスイッチをOFFにする。

④①~③の作業を更に2回繰り返す。

⑤イグニッションスイッチをONにする。

⑥車に向けトランスミッタの発信ボタンを押す。

⑦ドアロックアクチュエーターの作動音を確認する。

⑧車体に向け1つ目のトランスミッタの発信ボタンを押す。

⑨ドアロックアクチュエーターの作動音を確認する。

これらの作業を一息に行う必要があります。なかなかに難しい作業ではありますので、自身のない方はプロにおまかせする方が無難でしょう。
          キーレスキーを紛失したら再設定が必要

まとめ

いかがでしたでしょうか。キーレスキーを紛失してしまった際の対処法とスペア製作の費用などについてまとめてきました。

紛失した際は、なによりも落ち着いて冷静に対処することが重要です。早急な対応が必要な場合は、ディーラーよりもカギ業者に依頼するのがよいでしょう。当サイトをご利用いただけますと、すぐに最適な業者を見つけることができます。

紛失時のカギ開け・交換・修理の依頼をできる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「紛失時のカギ開け・交換・修理」をご覧ください。

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,800円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
12投票,  平均評価値:3.3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!