生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

親しき中にもプライバシーあり。部屋に鍵をつける方法をご紹介します

更新日:2021-04-30

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「家族間にもプライバシーが欲しい」
「お年寄りや小さな子どもペットなどが勝手に部屋を出入りしないようにしたい……」

そういった理由から、家の中でも部屋ごとに鍵を取り付けたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

それぞれのプライベートを尊重し、トラブルを避けるためにも、部屋に鍵をつけることは有効です。
本コラムでは、室内鍵を設置する3つの方法について、特徴と手順をご紹介します。

室内鍵が必要な場合ってどんなとき?

鍵の取り付けは、場合によってはドアに穴をあける必要もある比較的大掛かりな工事です。
取返しのつかない失敗をしないためには、まず鍵を取り付ける目的を明確にイメージしましょう

どういった必要に迫られていて、どんな鍵が欲しいのか、施工の前に確認しておくことが大切です。
部屋に鍵をつける必要がある場合とは、具体的にどんなときでしょうか。
以下に、室内鍵が必要になるケースのなかで代表的なものをまとめました。

防犯の強化

室外鍵、つまり玄関や勝手口の戸締りをしっかりおこなうことは防犯の大前提ですが、加えて各部屋に鍵をつけることでもセキュリティを強化することができます。

仮に空き巣が玄関を突破できたとしても、室内鍵があれば二重の防犯体制を敷けるわけです。

たとえば金庫や仕事道具、通帳や印鑑といった重要なものを置いてある部屋などは、とくに室内鍵を取り付けるメリットの大きい場所といえるでしょう。

ペットの出入り防止

室内飼いのペットのなかでも活発な子は、好奇心や冒険心から部屋を出て行ってしまうことがあります。

とくにレバー式のドアノブのついた部屋の場合、犬や猫は「レバーを下げれば扉が開く」ということを学習してしまうので、ドアノブだけでは少し不安です。

家の中には書斎やキッチンなどペットに入られたら困る部屋もあるでしょうし、家の外にペットが出てしまえば、交通事故に巻き込まれるおそれもあります。
室内鍵を取り付けて、ペットが自由に歩き回れないようにする必要があるかもしれません。

ペットの出入りを防ぐ場合は、つまみをひねるタイプの簡易的な鍵で対応可能です。
ようはペットの手足でドアを開閉できないようにすればよいので、防犯性の高いものを用意する必要はないでしょう。

子供や高齢者の出入り防止

小さなお子様や、認知症になってしまった家族が、部屋を出て外を徘徊してしまうケースが多々あります。
こうした場合にも、室内鍵で部屋の出入りを制限する対策が有効です。

簡易式の鍵では開けられてしまう可能性があるため、ダイヤル式やキーのついたものを用意しましょう。

プライベートの確保

配偶者の家族と一緒に住んでいるなど、血縁関係にない他人と同居している場合はとくに、プライバシーが気になるのではないでしょうか。

また、部屋だけではなく脱衣所などにも鍵を付けたくなることもあるかもしれません。

そういった場合は、外側からしっかり施錠ができるタイプの鍵を使えばプライバシーが守られます。
鍵を取り付けることにより、着替え中に突然開けられるトラブルも防げますし、社外秘の書類や通帳などを見られてしまうリスクも軽減できます。

部屋に鍵をつける必要が出てくるのは、主に上で挙げたような場合です。
室内鍵を設置する方法は主に3パターンあり、それぞれ必要な機材や費用が異なるため、鍵を取り付ける目的にあわせて適切なものを選びましょう。

次項からは、部屋に鍵をつける3つの方法について解説していきます。

どのような室内鍵が必要か確認する

施工が簡単な室内の鍵は「補助鍵」

補助鍵とは、メインで使っている鍵のほかに、防犯性を高める目的で取り付けるもう1つの補助的な役割を持つ鍵のことです。
工事不要でドアに直付けできる簡易的なタイプの鍵も補助鍵に含まれます。

補助鍵は室内鍵の一種としてドアに取り付けて使うことができ、大抵のものは取り外しが簡単なので、後になって別の鍵に替えたいと思ったときもすぐに対応ができます。
とりあえず間に合わせでいいから部屋に鍵をつける、という場合にも便利です。

他の鍵に比べると安価に入手できて取り付けも容易なので、ペットの出入りを防止したいなど簡単な鍵があればよい場合に使ってみましょう。

補助鍵のタイプ

市販されている補助鍵には、以下のようなタイプがあります。

・引っかけタイプ:ドア側面のへこんでいる部分に引っかける補助鍵です。
・固定タイプ:ドア枠に取り付けてから、ネジで締めて固定する補助鍵です。
・粘着タイプ:強力な粘着テープを使って取り付ける補助鍵ですが、取り外しは困難です。

ドアのタイプを把握しておき、部屋のどちら側から施錠するのかはっきりさせておく必要があります。鍵にも「外開き用と内開き用」、「内側取り付けと外側取り付け用」がありますので、ドアに合った鍵を選ぶことが大切です。

施工が簡単な室内の鍵は「補助鍵」

しっかりとした室内の鍵は「後付け鍵」

後付け鍵は、ドアノブやレバーのそばに設置する固定式の鍵のことです。
鍵のシリンダーが入る大きさの穴をドアに開けて鍵を埋め込む必要がありますが、補助鍵よりも頑丈でこじ開けられにくいという利点があります。

後付け鍵にはシンプルなものからデザインにこだわったものまで色々あるので、部屋のデザインや目的に合ったものを選択することで、違和感なく部屋に鍵をつけることができます。

とくにプライバシーを重視する場合は、補助鍵よりもセキュリティ性能の高い後付け鍵がおすすめです

後付け鍵の注意点

後付け鍵の場合、穴を開けたりドアに金具を取り付けたりする必要があるので、賃貸物件で使うことはおすすめできません。
どうしても取り付けたい場合は、大家さんや不動産会社に必ず確認をしましょう

また、取り付け作業には工具を使うため、多少の危険を伴います。
技術に不安のある場合は、業者に依頼をしたほうが無難でしょう。

しっかりとした室内の鍵は「後付け鍵」

室内の鍵をドアノブに付ける場合は「ドアノブ交換」

「補助錠よりも頑丈な鍵が欲しいけれど、ドアに穴をあけるのは難しい……」という場合は、今ドアについているドアノブを「鍵付きドアノブ」に交換するのがよいかもしれません。

ドアを破壊してしまうリスクを抑えつつ、ドア自体のデザイン性も損ないません。

大抵のドアノブは、ネジ止めなどでドアに固定されているため、ドライバーを使うことでドアから取り外すことができます。
ドアノブを外したら、ドアノブの収まっていた穴の大きさを確認し、同じ大きさの鍵付きドアノブを用意して取り付け直しましょう。

ドアノブ交換はドアに穴をあけるわけではなく、元のドアノブに戻すことも可能なので、後付け鍵の取り付けに比べると賃貸住宅でも許可が下りやすいとされています。
部屋に鍵をつける許可が下りない場合は、ドアノブ交換が可能かどうか確認してみましょう。

シリンダー交換という手段も

室内鍵の中には、鍵を使わなくてもコインや爪をつかって解錠できるタイプのものがあります。
家のトイレの鍵がこのタイプという方も多いのではないでしょうか。

これはペットの脱走防止には効果がありますが、防犯性もプライバシーもないようなものです

コインで開錠できる鍵を、キーを使うしっかりしたタイプのものに交換したいという場合には、「シリンダー交換」がおすすめです。
シリンダーとはキーを差し込んで回す鍵の内部のことで、取り外して別のものに交換することができます。

ドアノブ交換と同じように、ドライバーを使ってシリンダーをドアノブから抜き取って、キーを使うタイプのものに交換してみましょう。

室内の鍵をドアノブに付ける場合は「ドアノブ交換」

まとめ

室内鍵はペットの脱走や認知症の家族の保護、何より防犯にも役立ちます。
部屋に鍵をつける必要が出てきたら、どの程度のセキュリティが必要かを想定して、鍵を設置するイメージを明確にしましょう。

また、親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、たとえ家族であってもお互いのプライバシーは尊重されるべきです。
部屋に鍵をつけることで、誰にも覗かれない自分だけの空間を確保してみましょう。

紛失時のカギ開け・交換・修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金については、「生活110番」の「紛失時のカギ開け・交換・修理」をご覧ください。

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,800円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
20投票,  平均評価値:3.6

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!