生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

「あれ?もしかして家の鍵をなくした?」焦らずやるべき3つのコト

投稿日:2017-12-26 更新日:2020-03-16

「あれ?もしかして家の鍵をなくした?」焦らずやるべき3つのコト

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

あるはずのものがないと焦りますよね。
特に焦ってしまいがちなのが、自分の家の鍵をなくしたときです。家の鍵がなくては家に入ることもできないということはもちろんですが、それだけではなく防犯上大変危険です。もしかしたら落としたのではなく、盗まれてしまった可能性も否定はできません。
万が一家の鍵をなくしたらどうすれば危険な目に合わずに済むのでしょうか?

家の鍵をなくしたらまず警察へ届出を

家の鍵をなくしたら、まずは警察にいって届出を提出しましょう。
「警察なんて、ものをなくしただけなのに大げさでないか?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

もし、家の鍵をなくした際個人情報が載っている何かと一緒になくしてしまった場合、家の場所が特定されるリスクも大きくありますし、不審者が鍵を盗んだ場合も事件解決に大切な一手といえます。つまり、防犯の意味として、警察に相談することが最悪な状況になるリスクを低くさせることがいえます。
もしかしたら、拾った人が警察に家の鍵を届けてくれている可能性もあるかもしれません。

なお、集合住宅に住んでいるのならば、絶対に警察に届出を出さなくては管理会社とのトラブルに繋がるので絶対にいっておく必要があります。

なお、集合住宅に住んでいるのならば、絶対に警察に届出を出さなくては管理会社とのトラブルにつながるので絶対に行っておく必要があります。

      家の鍵をなくしたらまず警察へ届出を

【まずは!焦らずに】家の鍵をなくしたら行動の振り返りをする

鍵をなくしてしまうと、どうしても焦りが先に出てきてしまいます。しかし、まずは焦らず冷静になり自分の行動を振り返ってみましょう。冷静になることで、紛失した鍵がすぐに見つかる可能性もあります。

最後に鍵を見たのはいつなのか、鍵をよく置いてしまいそうな場所を思い出して探してみてください。普段着ているコートのポケットや家のカウンターの上など、意外にもすぐそばにあるかもしれません。

外出の際になくした可能性がある場合は、立ち寄ったお店に問い合わせてみましょう。ソファーの隙間に挟まっていたり、机の上に置きっぱなしになっていたりした場合は保管してくれていることも考えられます。見つからなかった場合も、鍵の落とし物が届いたら連絡してもらうようにするとよいでしょう。

家の鍵をなくしやすい場所を確認しよう

家の鍵をなくしたら気が付いた瞬間に少なからず誰でも焦ります。そんな時は一度深呼吸をして行動を思い出してみましょう。
「灯台下暗し」なんてこともあるかもしれません。そして人は焦っているときに非常に視野が狭くなるものです。思い込みを捨ててこんな場所に入れるはずがないというところも探してみましょう。たとえばこんな場所にはありませんか?

・カバンの中
カバンの中でも、いつもここに入れているはずというところしか見ていなかったり、普段使わないポケットの中やカバンの中のほかのものの下敷きになっていたり、間に挟まってしまっている可能性もあります。

・ポケットの中
普段ポケットを使わないという人も、何か考え事をしていたり、人とお話ししていたりすると無意識でポケットの中に入れてしまうこともあります。着ている服のすべてのポケットを確認しましょう。

・車の中
車の中で知らないうちに鍵がカバンから滑り落ちたり、荷物を置いたときにシートの下に落ちてしまっていたりするかもしれません。
車の中をしっかり確認し、落ちやすいシートの下、座面と背もたれの間などを今一度確認してみましょう。

・勤務先
オフィスのロッカーの中やデスクに忘れていませんか?

・立ち寄った場所
休日などでしたら立ち寄ったすべての場所に電話をかけてみましょう。飲食店などは食器を片づける際などに気が付いた落とし物を保管してくれているところも多いです。
警察には届いてなくてももしかしたら駅に届いていることもよくあります。

・ゴミ箱
ゴミ箱など入れるわけもないというところも一応確認してみましょう。疲れていると無意識に後から考えてもよくわからない行動をしてしまうことがあります。

      家の鍵をなくしやすい場所を確認しよう

家の鍵をなくしたときに懸念されるリスク

家の鍵をなくしたら、もしかしたら犯罪に巻き込まれてしまう可能性も否定はできません。たとえばカバンごとカギをなくしてしまった場合、財布などに入っている個人情報から家が特定されて空き巣被害に遭ったという事例もあります。

更に、すぐに鍵が見つかり安心してそのまま生活をおくっていたら、スペアキーを作られていて日常的に家の中に侵入者がいたという事例もあります。

鍵を落としただけなのでそのまま放置していたら、その後に空き巣に入られてしまったということもよくあるそうです。

カバンごと落として空き巣に入られてしまったならともかく、鍵1本だけ落としたときに、なぜ空き巣は数ある中から家を特定し犯行をおこなえたのかという疑問が浮かびます。
これは鍵だけで家を特定したのではなく、落とした人を見て、その人物を覚え、家を特定した可能性が考えられます。空き巣をした犯人は全く目立たないように日常に溶け込み機会をうかがっているのです。

泥棒は泥棒らしいかっこうをしているわけではありません。その地域に多い服装を見分け、サラリーマンが多い地域はスーツを、工場が多い地域は作業着を、繁華街は目立たない私服でいるそうです。

鍵をなくしたらどう行動すべき?しっかり対処しないと犯罪に繋がる?」でも、鍵をなくしたときのリスクについて詳しく取り上げていますので、ぜひ目を通してみてください。

      家の鍵をなくしたときに懸念されるリスク

【万が一!のための対策】家の鍵の紛失に備えるべきコト

鍵をよく紛失してしまうという方は、今後なくさないようにするために対策をたてるようにしましょう。管理の仕方をしっかり決めておくことで、鍵の紛失は防げます。そのためのおすすめ対策方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。鍵への意識を少し変えるだけでも、焦って探すことがなくなるはずですよ。

鍵のしまう場所は決めておく

鍵のしまう場所を決めていない場合は、使うときにどこにあるかを毎回考えなければいけません。鍵の置く場所をしっかり決めておくことで、探す手間を省くことができます。持ち出す際に楽な玄関に、フックを使ってかけておくのもよいでしょう。置き場を玄関に決める場合は、防犯対策もできるカバー付きのフックを使うことをおすすめします。

鍵を持ち出す際にはカバンの内側にあるポケットにしまったり、チェーンなどに取り付けたりしてわかりやすい状態にしておきましょう。カバンの中で管理するときも、しまう場所を少し意識することで紛失対策になります。

音が鳴るキーホルダーをつける

鍵の紛失対策には音が鳴るキーホルダーを活用するのもよいでしょう。鈴などの音の鳴るキーホルダーは気軽に買うことができ、鍵を落としたときに気づくことができるのでおすすめです。鍵をなくしてしまいやすい、小さなお子様でも実践しやすい対策といえるのではないでしょうか。

また、キーファインダーやスマートタグのような紛失防止のセンサーが搭載されたキーホルダーもおすすめです。専用のリモコンやスマートフォンのアプリで管理することができ、音や光で鍵の場所を教えてくれます。

合鍵を作っておく

鍵を紛失してしまい見つからなかったときのために、合鍵を作っておくもの対策のひとつです。いざというときに「鍵がない!」と慌てなくて済みます。

ただし、家の敷地内に合鍵を隠す場合は、隠し場所に注意しましょう。人目につきやすい場所は、盗まれてしまうことも考えられます。近場に家族や親戚が住んでいたり信頼できる人がいたりする場合は、鍵を預けておくのがよいでしょう。

住所がわかるものと一緒にはしない

鍵を保管する際に気をつけておきたいのが、住所がわかるものと一緒にしておかないことです。外出先で住所のわかるものと鍵を同時に紛失してしまうと、拾った人が家の特定をすることも可能になります。悪意のある人に拾われたら、侵入されるおそれもあるので、住所がわかるものと一緒に管理するのはやめましょう。

家の鍵をなくしたら鍵交換をおすすめします

家の鍵をなくしたら、すぐにでも交換するのをおすすめします。
「スペアがあるから大丈夫」ということではなく、前章で触れた犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高いからです。カギを拾った第三者が鍵を使い家に侵入してくるかもしれません。早急に取り換えた方がよいでしょう。

後日に見つかったから大丈夫、という油断もいけません。その場合も、もしかしたら拾った人物がスペアを製作して家に侵入するというケースもあるそうです。

鍵を拾ってくれた人に直接お礼をしたら、そこで鍵の持ち主を特定し、侵入という可能性も否定してはいけません。悲しいことではありますが、拾ってくれていた人物すべてがいい人で、犯罪する人物ではないなんてことはわからないからです。

後から家の鍵が見つかったという場合でも鍵の交換をしておいた方が無難であるということがいえます。

ちなみに、スペアキーの作成時間は5分もあれば作れてしまううえ、技術があれば型さえ取ってしまえばスペアを作ることができるので、1~2秒あれば作れないこともないということを覚えておきましょう。

鍵を交換する際の流れ

鍵を紛失してしまい業者に鍵交換を依頼する人や防犯性を高めたいと思っている人は、鍵交換の全体の流れを知っておくとよいでしょう。あらかじめ流れを知っておくことで、実際に依頼するときにスムーズに作業が進められます。鍵交換の流れをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.鍵の業者に問い合わせる

まずは、鍵交換をしてもらえる業者に電話で問い合わせましょう。依頼先は、ホームページに料金が明記されているか、充分な実績があるか、評判はよいかを確認したうえで決めてみてください。

なお、賃貸に住んでいる方は、業者に電話する前に必ず大家さんに連絡をいれましょう。賃貸住宅は大家さんから借りているものです。自分で勝手に鍵交換をしてしまうと契約違反やトラブルが起こるおそれがあるので、事前に必ず相談しましょう。

2.費用の見積もりをする

業者を選ぶ際のポイントは、費用や作業内容を比較するために複数の業者から見積もりを出してもらうことです。業者によっては出張費が追加されたり、作業後に追加費用がかかったりする業者もあります。費用相場を知るために複数の業者から見積もりをとりましょう。

また見積もりを出してもらう際は、見積もりが無料の業者を選ぶことで多くの見積もりを見比べることができます。弊社の加盟店の多くは見積もりを無料でおこなっています。業者選びにお悩みの方はぜひ弊社までご連絡ください。

3.鍵交換の作業をしてもらう

鍵交換をしてもらう業者が決まったら、鍵交換に来てもらいましょう。緊急時には30分ほどで駆けつけてくれる業者も多くあります。交換技術や知識をもったプロが交換作業をおこなってくれるので、安心しておまかせしましょう。

鍵交換の後に不具合が起きた場合はアフターフォローがある業者だと修理に対応してもらえます。業者選びの際にアフターフォローがあるのかも事前に確認しておきましょう。鍵交換をスムーズにおこなうために上記の内容をぜひ参考にしてみてください。

まとめ

家の鍵をなくしたと気が付くと焦ってしまい視野も狭くなります。そして余裕もなくなってしまうため冷静に物事を考えることがどんな人でも上手にできません。

そんな時でも冷静に落ち着いて行動するために一度深呼吸をして最後に鍵に触った瞬間からの行動を分析してみましょう。鍵をなくしてしまったときおこなうべき大切な行動として、自分の身の回りに間違いなくないときは警察に届出を提出することと鍵の交換をすることを忘れてはいけません。
家の鍵をなくしたら業者を呼んで開錠してもらった後取り換えもお願いしましょう。

(この記事は2020年03月16日 に加筆・修正しています)

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 14:17:04
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_repair/28427/
鍵の修理・防犯
あるはずのものがないと焦りますよね。特に焦ってしまいがちなのが、自分の家の鍵をなくしたときです。家の鍵がなくては家に入ることもできないということはもちろんですが、それだけではなく防犯上大変危険です。もしかしたら落としたのではなく、盗まれてしまった可能性も否定はできません。万が一家の鍵をなくしたらどうすれば危険な目に合わずに済むのでしょうか?
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

鍵開け・交換・修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

鍵開け・交換・修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!