生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

家の中で鍵をなくした!探し方や対処法まとめ

更新日:2021-05-12

家の中で鍵をなくした!探し方や対処法まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

鍵をなくしたときは家の中に入ることができません。そのため、パニックになってしまうことは当然の心理ともいえます。しかし、鍵をなくしたときに大切なことは『落ち着くこと』です。焦っても鍵がどこからか現れるわけではありません。冷静に、気持ちを落ち着けるよう心がけましょう。

落ち着くことができたら、まずは服やバッグのポケットを探してください。その日は何かしらの理由があって、普段使わないところに片付けたかもしれません。ポケットを全部探しても見つからないときは、この記事でご紹介する対処法をぜひご参考ください。

家の中で鍵をなくしたときの対処法

鍵はキーケースなどに留めていても小さいものです。そのため、屋内外を問わず紛失してしまう危険性が常にあります。ここではまず、鍵をなくした場所は家の中だと想定して、どう対処すべきかをご紹介いたします。

外出しなければならない間際になって鍵の紛失に気がつくと、どうしても動転してしまうものです。しかし、ここでご紹介する方法であればきっと解決できるはずなので、ぜひ試してみてください。

まずは落ち着く

鍵がないことに気がついたときは、とにかく落ち着きましょう。

外出しなければならない時刻が刻々と迫っていたとしても、鍵をなくしたときは家の中から出ることができません。そのため、慌ててしまうものです。外出する理由がとても重要なことであれば、パニックに近い心理状態になってしまってもおかしくないでしょう。

しかし、慌てても、焦っても、鍵が見つかることはありません。むしろ注意が散漫になったり余計な動作が増えてしまったりなど、逆効果になるおそれがあります。とにかく深呼吸でもして冷静になりましょう。

身の回りを探してみる

鍵は外出するときには必ず持って出るものです。そのため、いつも使う上着やバッグなどがあれば、そのポケットに入っている場合が多いと考えられます。まずは上着やバッグのポケット、自家用車の中などを重点的に探してみましょう。

「鍵を入れる場所はここ!」というように、数あるポケットの中でも収納する場所にルールを設けている方の中には、そこしか確認しない人も多いです。しかし、何か事情があって偶然いつもとは違う場所に片付けてしまったことも十分に考えられますので、上着やバッグなど全部のポケットを探しましょう。

最後に鍵を見た場所を思い出す

家の中で鍵をなくした!探し方や対処法まとめ

上着やバッグなど身に付けるアイテムのポケットや、自家用車の内部を探してみても鍵が見つからないときは、『鍵に関する記憶をさかのぼる作業』をおこなうとよいです。まずは鍵を最後に見た場所・時間はいつどこだったかをできるだけ思い出してみましょう。

『財布や定期券を取り出したとき』『家を出たとき』『車に乗ったとき』などを思い出すことができるとよいです。最後に見た瞬間さえわかれば、なくしたタイミングはその瞬間以降であることがわかります。

思い当たる場所をリストアップして探す

やみくもに探し始めるのではなく、まずは椅子にでも座ってメモに『鍵がありそうだと思う場所』を書きだしてみましょう。自室の枕元・トイレの中・スマホケースのポケットなど、とにかく思いつくところはすべて書きだします。実際に探し始める前に、まずは場所だけに意識を絞ってみると、意外とたくさん思い浮かぶことは多いです。

リストアップができたら、探していきましょう。「出発するまでに時間がない!」という方でも、数分でもいいので、頭を落ち着ける意味でも座ってリストアップ作業をおこなってもよいかと思います。

思い込みで探す場所を限定しない

「ここにはないだろう……」といった思い込みは、何かを探すうえでマイナスにしかならないため気を付けましょう。何か探すときは、場所を限定してはいけません。

人はときに自分でも予想外の行動することがあるものです。「帰宅してすぐにテレビ前に直行した」「急に電話がかかってきた」「お酒を飲んで酔っていた」こういった理由から、平常時であれば考えられないような場所に鍵を片付けていたり、上着やバッグごと放ってしまっていたりすることもあるでしょう。

家族に鍵を持っているか聞いてみる

一緒に住んでいる家族がいる場合は、鍵の場所を知らないか聞いてみましょう。家の鍵が家族の人数分だけ作成していない場合は、当然、限られた鍵を使いまわすことになります。そうなると、「自分が帰宅してからいつもの場所に片付けたあと、家族の誰かがその鍵を使って別の場所に移してしまった……」というトラブルが起きることがあるのです。家族と生活しているなら、鍵の場所を聞きましょう。一緒に探してもらうのもよいです。

なくした場所が家の中とは限らない場合の対処方

帰宅して玄関ドアを開けようという段階になって、鍵をなくしたことに気がつく場合もあるでしょう。鍵をなくした場所が家の中であるとき以上に、パニックになってしまう人も多いかと思います。しかし、家の中で紛失したときと同様に、落ち着くことが大切です。できるだけ冷静になって、ここでご紹介することを実行してください。

立ち寄った場所を探す

家の中で鍵をなくした!探し方や対処法まとめ

少しでも落ち着いたら、まずは上着のポケットやバッグの中を探しましょう。それでも見つからないときは、『今日1日で行った場所』をリストアップしてください。コンビニ、バス停、勤務先、スーパーなど、いくつかは書き出せるはずです。

書き出すことができたら、それらの場所を探してみましょう。コンビニやスーパーなどでは店員さんに「鍵の落としものがないか」と尋ねてみることも忘れずにおこなってください。

警察への紛失届を出す

リストアップした場所を探してみても成果がなかったときは、自宅の近くにある交番や警察署に行って『紛失届(遺失届)』を提出しましょう。紛失届を提出しておけば、落としものとして届けられたときに、連絡がくるようになります。

紛失届を提出する際は、名前や住所などから、鍵の紛失に気付いた時間や鍵の特徴などを聞かれます。鍵のメーカーや形状など、できるだけ詳しく伝えられるとよいです。

交番や警察署によっては、電話対応してくれるところもあります。電話番号がわかるなら、まずは連絡して鍵の紛失を伝えるのもよいです。

家の鍵が開けられなくて困っている場合の対処法

鍵をなくした場所が家の中ではなく外で、外出先を探してみても発見できなかったときは、ふたつの対処法が考えられます。『家族に鍵を持ってきてもらう』『鍵業者に開錠してもらう』の2とおりです。ここでは、それぞれの対処法についてどういうものなのか詳しく解説いたします。自分に最適な方法を試してみてください。

家族に鍵を持ってきてもらう

家の中で鍵をなくした!探し方や対処法まとめ

鍵が複数作ってあって、そのうちの1本を一緒に暮らしている家族が持って外出しているときは、連絡してなるべく早く帰ってきてもらいましょう。ひとり暮らしをしているという方でも、市内や県内に暮らしているご両親やご兄弟に合鍵を渡している場合は、鍵を持ってきてほしいと頼むとよいです。身内に頼って解決できるなら、それが最良といえます。

鍵業者に開錠してもらう

『家族と連絡がつかない』『連絡はついたけれど外出するまでに鍵を持ってこれそうにない』こういったときは、鍵業者に開錠してもらいましょう。業者に依頼するため、数千円の費用はかかってしまいますが、確実に家の中へ入ることができるようになります。

鍵業者を探すことに慣れていない方は、ぜひ弊社『生活110番』にご連絡ください。鍵業者は全国に多数あるため、業者探しに慣れていない人だと緊急対応可能なところを見つけることに時間がかかる場合があるからです。弊社であれば緊急対応可能な業者をただちにご紹介できます。

家の鍵を紛失したら鍵交換をしたほうがいいのか

家の中で鍵をなくした!探し方や対処法まとめ

鍵をなくした場所が家の中でなく外であり、探しても見つからなかったときは、玄関ドアの鍵交換をおすすめします。家の外で紛失してしまった鍵を、悪意のある人に拾われてしまうと、空き巣や強盗のターゲットにされてしまう危険性があるからです。

鍵の交換は、業者に頼むとなると、開錠を依頼したとき以上に、費用がかかってしまいます。しかし、凶悪な犯罪に巻き込まれてしまえば、資産を損なうだけでなく家族に危害がおよぶおそれもあります。大切な家族を守るためにも、鍵交換はしたほうがよいのです。

鍵を交換する際の流れ

鍵をなくした場所が家の中であれ外であれ、鍵の交換作業を業者に依頼するときの流れに違いはありません。ここでは、鍵の交換を業者に依頼するときに、戸惑うことなく少しでもスムーズにおこなえるように、大まかな流れをご紹介いたします。

1.問い合わせ

「ここにしよう!」と思える鍵業者が見つかったら、まずは問い合わせをしましょう。問い合わせ方法は電話が一般的です。大手の鍵業者であれば公式サイトがあり、メールでのご相談が可能だったり、問い合わせ専用フォームを設けていたりします。自分に合った方法で業者と連絡をとり、鍵交換について検討している旨を伝えましょう。

2.見積り

問い合わせをすると、優良業者であれば無料の現地調査・見積りを提案されます。現場に来て直接依頼主の要望などを聞きながら、『希望の鍵にするとどれくらいの費用が発生するのか』『どれほどの時間が作業に必要なのか』といった話をするのです。この際に、交換してほしい日や時間帯や気になることは伝えるようにしましょう。

鍵交換の費用は『およそ1万円~』になります。ディンプルキーやスマートロックなどセキュリティ性が高いとされるものに交換する場合ほど高額になるのが一般的です。

3.鍵交換

見積りで提示された費用や作業内容に納得できたら、正式に依頼しましょう。正式に依頼するまでは無料でキャンセルが可能な業者も多いので、「鍵を紛失したばかりで不安……」という気持ちがあっても、熟考してから決断することをおすすめします。

鍵交換作業は、速いとおよそ10分~15分で終了するケースが多いです。ただし、費用と同じく交換する鍵の種類によって変わってきます。作業時間について気になる場合は、見積りの際に確認するとよいでしょう。

まとめ

鍵をなくした場所が家の中であれ外であれ、パニックになることは当然の心理といえます。しかし、落ち着いて身の回りを探してみたり、外出時に立ち寄った場所を思い出したりしましょう。

鍵が見つからないときは、合鍵を持つ家族がいれば連絡してください。家族の助けを借りられないときは、鍵業者に開錠してもらいましょう。また、鍵の紛失は空き巣や強盗といった犯罪につながるため、鍵交換もすることをおすすめします。

鍵業者を自力で選べない方は、ぜひ弊社『生活110番』にご連絡ください。ご希望に合った業者をご紹介いたします。

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,800円~

この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
9投票,  平均評価値:3.1

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!