生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャリの鍵を無くしたら!紛失時の対処法と今後の予防策

投稿日:2020-03-23 更新日:2020-04-02

チャリの鍵を無くしたら!紛失時の対処法と今後の予防策

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

自転車に乗ろうとして「チャリの鍵を無くした!」ということに気づいたら、焦ってしまいますし、自転車を動かせなくなってしまうのですから困りますよね。

スペアキーがなかったとしても、新しくスペアキーを作成したり、鍵を壊して開けたり、自転車の鍵紛失時の対処方法はたくさんありますので、状況に合わせた方法を選んでおこないましょう。

対処方法について知識がないと、解決に時間がかかったり、余分に費用がかかったりしてしまうおそれがあります。この記事を読んで、最適な方法で解決していきましょう。

「チャリの鍵を無くした!」ときの対策

「チャリの鍵を無くした……」そんな時にも慌てずに対処しましょう。自転車の鍵を無くしたときに鍵を開けてもらう方法はいくつかあります。ここでは3つの解決策をご紹介しますので、状況に合った方法をおこなってみてください。

【対策1】警察に鍵を開けてもらう

チャリの鍵を無くしたら!紛失時の対処法と今後の予防策

自転車の鍵を無くしたら、交番に行けば警察に鍵を壊して開けてもらうことができます。警察署や交番には自転車の鍵を壊すための道具が置いてありますので、自転車の一般的な鍵のタイプであるリングの形をした「馬蹄錠」や「ワイヤーロック」でしたら、壊して開錠してもらうことが可能です。

しかし、警察に自転車の鍵を開けてもらうには条件があります。それは、防犯登録がしてあることと、身分証明書と自転車の登録番号の照合ができることです。

また、警察は鍵を壊して開けてくれるだけですので、自転車を動かせる状態になったら、自転車屋で新しい鍵を取りつけてもらう必要があります。

【対策2】自転車屋に鍵を交換してもらう

自転車を専門に扱っている自転車屋に行けば、鍵の開錠と交換を同時におこなってもらえます。自転車屋に依頼した場合でも鍵は破壊して開錠してもらうことになるでしょう。

自分で鍵だけを購入して取りつけることも可能ですが、自転車屋で鍵の取りつけをお願いすると、鍵を解錠する費用が無料になることが多いです。

自転車屋では確実に作業をおこなってもらえますし、同時にお願いするほうが手間もかからず楽ですので、すべておこなってもらうことをおすすめします。

自転車屋で鍵を壊してもらうときも身分証明書が必要になることがあるので、準備しておきましょう。

【対策3】鍵業者に鍵を開けてもらう

自転車の鍵をなくしたときに近くに交番や自転車屋があればよいのですが、もしも見当たらなかったら乗ることができずに、困ってしまうことでしょう。そんなときに頼れるのが鍵業者です。

鍵業者に電話で依頼すれば、自転車があるところまで駆けつけてくれるので安心です。鍵のプロが作業をおこないますので、自転車の鍵の金属部分がギザギザのシリンダータイプでしたら、鍵を壊すことなく解錠してもらうことができます。

家に自転車のスペアキーがあれば、同じ鍵をそのまま使用することが可能です。自転車屋で鍵を壊してもらうときと同様に、身分証明書が必要な場合がありますので、準備しておきましょう。

自転車の鍵の開錠や交換にかかる費用の相場

自転車の鍵を無くしたときに、いくらぐらいかかるのでしょうか。ここからは、警察、自転車屋、鍵業者のそれぞれに依頼したときの費用相場をご紹介していきます。

警察
交番などで鍵を壊してもらうのに費用はかかりません。しかしその後、自転車屋などで鍵を取りつける必要がありますので、交換費用のみかかってきます。

自転車屋
自転車屋で鍵を壊して、鍵の取りつけをしてもらう費用相場は約2,000円前後です。自転車屋によって異なりますので、金額はあくまでも目安となります。

鍵業者
鍵業者に鍵の開錠を依頼する際の費用相場は約3,000円~1万円です。出張して鍵のトラブルを解決してくれるため、ほかの方法より少し費用はかさみます。鍵の種類や作業内容、出張場所によって料金が変動します。

鍵のタイプ別!自分で自転車の鍵を開ける方法

自転車の鍵を無くしたとき、自分で鍵を開けることができたら費用を抑えることができますし、道具さえあればその場で解決することが可能です。ここからは自分でおこなえる自転車の鍵の開錠方法を、鍵のタイプごとにご紹介していきます。

自転車の鍵を自分で解錠する際、防犯登録をおこなっていないと、自転車を盗難していると思われて、逮捕されてしまうおそれがあります。防犯登録をおこなっているか必ず確認しましょう。

馬蹄錠を開錠する方法

リング状になっている馬蹄錠は、傘を開くために押すところのパーツを使って開錠することが可能です。馬蹄錠を開錠する手順は以下の通りです。

1.傘(壊れたビニール傘で構いません)を用意し、持ち手に体重をかけて折る
2.傘の折った筒の部分をペンチで広げ、広がった筒から「傘を開くために押すところ」のパーツを取り出す
3.パーツを馬蹄錠の鍵穴に差し込む
4.少しずつ動かし鍵を開錠する

馬蹄錠を開錠するために使用した傘のパーツを用意することが難しければ、マイナスドライバーで代用することが可能です。ただし、鍵穴にドライバーの先端部分が差し込めるものに限ります。

ワイヤーロックを切断する方法

チャリの鍵を無くしたら!紛失時の対処法と今後の予防策

ワイヤーロックは、ほかの種類の鍵よりも簡単に解錠することができます。市販のワイヤーカッターを使用して、ワイヤー部分を切断するだけで開錠できてしまうのです。しかし、ワイヤーロックのワイヤーの太さや長さはさまざまです。ワイヤーが太いものですと、切断するときに力がいるので大変かもしれません。

また、簡単に開錠できてしまうということは、ほかの人に鍵を壊されてしまうおそれがあるということです。自転車の鍵を紛失してしまい自分で壊したいときにはよいのですが、普段の防犯管理のことを考えるとワイヤーロックの単独での使用は危険かもしれません。

シリンダータイプの鍵を開錠する方法

シリンダータイプとは鍵先がギザギザの鍵のことです。馬蹄錠やワイヤーロックの鍵にもよく使われているタイプになります。シリンダータイプのものは以下の手順で開錠できますが、難易度が高いかもしれません。鍵穴を破壊してしまうおそれがありますので、うまくいかなかったらほかの方法に切りかえることをおすすめします。

1.安全ピンまたはヘアピンを2本用意し、ひとつのピンを約1,5センチメートルのところで曲げる
2.曲げたほうのピンを鍵穴に差し込む
3.もうひとつのピンは真っすぐに伸ばして、先端だけ少し曲げる
4.真っすぐにしたピンを曲げたピンの上側に差し込む
5.真っすぐにしたピンをカチャカチャと動かすと、曲げたピンが回り鍵が開く

すぐに自転車を使わなくてもよい場合にできる対策

これまで、自転車の鍵を無くしたときにすぐに開錠できる方法をご紹介してきました。鍵を無くしてもすぐに自転車を使う必要がなければ、壊さずに解決できる方法があります。

むやみに鍵を壊すことは、あとあと鍵の取りつけに費用がかかってしまうので避けたいところでしょう。ここからは、すぐに自転車を使わなくてもよい場合にできる対処方法をお伝えしてきます。

自宅へスペアキーを取りに行く

チャリの鍵を無くしたら!紛失時の対処法と今後の予防策

自転車の鍵を無くしたとき、落ちついて探してみるとカバンの中やポケットの中に入っているということもあるかもしれません。鍵を壊して開錠するのは大変ですし、費用もかかります。壊さなくてもよいなら、それに越したことはありません。

紛失が確実で、もしもすぐに自転車を使わなくてもよいのであれば自宅にスペアキーがあれば取りに行くのが1番よいです。自転車は購入したときにたいてい鍵がふたつ以上ついていますので、スペアキーがあるはずです。

メーカーにスペアキーを作成してもらう

スペアキーを持っていない場合でも、自転車の保証書に記載されている鍵番号さえわかれば、メーカーにスペアキーを作成してもらうことが可能です。しかしこの方法は、鍵を作成してもらって手元に届くまで日数がかかりますので、自転車の使用を急ぐ方は向かないかもしれません。

この方法でスペアキーを取り寄せる場合、自転車を置きっぱなしにしてしまうことになりますので、防犯対策としてダブルロックをしておくことをおすすめします。また、自転車が置いてある場所によっては、駐輪場の管理者に許可をとることが必要になってくる場合もありますので確認しておきましょう。

自転車の鍵の紛失に備えた今後の対策方法

自転車の鍵を無くしたとなると予定が狂ったり、費用がかかったり、手間がかかったりと困ったことだらけですよね。鍵を紛失しないことがいちばんですが、今後自転車の鍵を紛失したときの対策をとっておくことで、万が一のときのために備えることができます。

スペアキーをあらかじめ用意しておく

自転車の鍵を無くしてしまったときも、スペアキーさえあれば問題なく使用できます。スペアキーは、自転車を購入時にもらえることが多いです。しかし、もうすでに使っていたりひとつしか鍵がなかったりする場合は作っておくことをおすすめします。

自転車のスペアキーは、ホームセンターなどで作ることが可能です。鍵を壊したり取りつけたりする際にかかる費用よりは比較的安く作ることができますので、スペアキーは自宅にひとつは保管しておくとよいでしょう。

ダイヤルロック式の鍵に変える

チャリの鍵を無くしたら!紛失時の対処法と今後の予防策

自転車の鍵を頻繁に無くしてしまう方は、思いきってダイヤルロック式の鍵に変えてしまうという手もあります。ダイヤルロック式でしたら、番号を覚えて合わせるだけで開錠することができますので、鍵を持ち運ぶ必要がありません。

しかし、ダイヤルロック式の鍵は番号さえわかれば誰でも開けられてしまうので、防犯性が低いというデメリットも持ち合わせています。ダイヤルロック式に変えるときには、ダブルロックをするなど、防犯について考慮することが必要です。

紛失防止のキーホルダーを付ける

自転車の鍵は家の鍵などと比べると小さくて軽いので、落としたときに気づきづらいですよね。大きさがあったり、重かったり、また音が鳴るようなキーホルダーをつけることによって、紛失のリスクを多少低くすることができるでしょう。

また、紛失防止タグというGPS機能をかねそなえたキーホルダーも販売されています。これは、キーホルダーとスマートフォンをあらかじめ連動させておくことで使用することができます。スマートフォンと鍵の位置がある程度離れると通知がいき、鍵に付けたキーホルダーがある場所を知らせてくれるというものです。

まとめ

「チャリの鍵を無くした……」こんなときには、すぐに自転車に乗る必要がなければスペアキーを取りに行ったり作ったりして対処ができます。

すぐに鍵を開錠したい場合は最寄りの交番や警察署、自転車屋で対応してもらいましょう。しかし、近くに交番や自転車屋が見当たらなかったら、鍵業者に駆けつけてもらうことがおすすめです。

弊社では自転車の鍵を無くしてお困りの方に、提携している鍵業者をご紹介しています。電話一本で依頼が可能です。「自転車の鍵を開けてほしい」とい方は弊社におまかせください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-04-02 15:12:50
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_repair/193010/
鍵の修理・防犯
自転車に乗ろうとして「チャリの鍵を無くした!」ということに気づいたら、焦ってしまいますし、自転車を動かせなくなってしまうのですから困りますよね。スペアキーがなかったとしても、新しくスペアキーを作成したり、鍵を壊して開けたり、自転車の鍵紛失時の対処方法はたくさんありますので、状況に合わせた方法を選んでおこないましょう。対処方法について知識がないと、解決に時間がかかったり、余分に費用がかかったりしてし...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

鍵開け・交換・修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

鍵開け・交換・修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!