生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディンプルキーに交換|シリンダーを替えて防犯力向上!その費用は?

投稿日:2019-11-27 更新日:2019-12-25

ディンプルキーに交換

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

ディンプルキーに対応するシリンダー(以下ディンプルシリンダー)は内部構造が複雑なために耐ピッキング性能が高いです。このことからディンプルキーは防犯性にすぐれた鍵といわれています。ドアの防犯性能を上げたいのであれば、ピッキングに強いディンプルキーがおすすめです。

また、鍵を交換する場合、気になるのが「鍵交換の料金」ですよね。そこで!当記事では玄関ドアの鍵をディンプルキーに交換した際にかかる費用を「業者に依頼した場合」と「自分で新しい鍵を用意した場合」の2パターンでご紹介します。鍵交換の費用を知りたいときに役立つはずです。

そして、自分で鍵交換をする人のために「鍵交換の手順」もご紹介しています。ただ、鍵交換はミリ単位でおこなう細かい作業ですので、うまくいかないおそれもあります。そのようなときは生活110番にご相談ください。

ディンプルキー&シリンダーに交換する費用はいくらなのか?

ここではディンプルキー&ディンプルシリンダーに交換するときの費用を「業者に依頼した場合」と「自分で新しい鍵を用意した場合」の2パターンでご紹介します。また、鍵の紹介に入る前に、鍵に関する専門用語についてまとめましたので確認しておきましょう。

用語説明
シリンダー:円筒状の鍵穴のこと。
ディンプルキー:表面に大きさが異なるくぼみがついている鍵。
ディンプルシリンダー:ディンプルキーに対応した内部構造が複雑なシリンダー。
錠前:シリンダーやレバーハンドルをふくめた、ドアの開閉に関わる部品全体のこと。英語でいう「LOCK」にあたる。
:シリンダーに差し込み、ドアのLOCKを解錠する部品。持ち運ぶ金属部分のこと。英語でいう「KEY」にあたる。
鍵交換:シリンダーと、それに対応する鍵の両方を交換すること。
ピッキング:シリンダーに特殊金属器を差し込み錠前を不正に開錠する手法。

業者にディンプルキーへの交換を依頼した際の平均価格は13,939円!

ディンプルキーへの交換を業者に依頼した場合、その平均価格は13,939円(※)でした。これは「ディンプルキーとディンプルシリンダー」をセットとした部品代と、作業費を合わせた料金です。業者によっては出張費が別途発生することがありますので、鍵の交換を依頼するときは業者のホームページをしっかり確認しましょう。

※全国の鍵業者20社のホームページに記載されている料金の平均価格

1万円未満のディンプルキー&シリンダーの平均価格は7,937円!

自分で1万円未満のディンプルキーとシリンダーを購入したときにかかる平均費用は7,937円でした。なぜ価格を1万円未満に限定しているのかというと、ディンプルキー&シリンダーの値段幅は4千~7万円と大きく開いており、全体の平均価格では2~3万円とあまり参考にならない数字になるからです。

そこで、この記事ではメーカーごとに「1万円未満のディンプルキー&シリンダーの平均価格」を算出しているのです。各メーカーのディンプルキー&シリンダーの平均価格は以下のとおりです。購入費用の目安として、参考にしてみてください。

1万円未満のディンプルキー&シリンダー平均価格

メーカーA メーカーB メーカーC メーカーD メーカーE
メーカー別平均価格 7,858円 8,566円 9,075円 6,160円 8,030円
全体での平均価格 7,937円

※2019年11月21日時点
※この平均価格はすべて「ディンプルキー&ディンプルシリンダー」のセット価格とする

上表の算出に使った価格のうち、最安値は「4,840円」、最高値は「9,900円」でした。この2つの間にある差額は「5,060円」です。このことから「ディンプルキー&ディンプルシリンダーの価格」は、メーカー・型番で大きく変わるといえます。

シリンダーのメーカー・型番を調べれば費用がわかる!

「ディンプルキーへの鍵交換を自分でおこなう場合の費用」を知りたいなら、まずご自宅の玄関ドアに設置されているシリンダーのメーカー・型番を確認してください。ドア側面の金属プレートにアルファベットと数字で「メーカー名と型番」または、どちらか一方が刻印されているはずです。

確認した「メーカー名と型番」をネットで検索すれば、対応するディンプルキーの価格がわかるでしょう。

ただし、メーカー名と型番のどちらか一方しか刻印されていない場合には、シリンダーのサイズを測って種類を特定する必要があります。検索結果に、対応するディンプルキー&シリンダーの候補が何種類も出てくる場合にも、シリンダーや錠前のサイズを測るなどして適合する商品を特定しなければなりません。

しかし、専用の道具や鍵に関する知識がなければ、シリンダーのサイズを正確に測定することはむずかしいかもしれません。シリンダーは使用するうちに削れるなどして、もともともの大きさに比べて若干の誤差があるかもしれないからです。

ミリ単位の誤差でドアに取り付けられないことがあるシリンダーの交換において、この「若干の誤差」は大きな影響といえるでしょう。正しいシリンダーを注文する自信がないという方は、鍵のプロに任せることをおすすめします。

玄関のシリンダーを交換する方法

ここでは以下の2つをご紹介します。

・自分でシリンダーを交換する方法
・自分でシリンダーを交換できるかの判断基準

自分でシリンダーを交換する方法

ディンプルキータイプのシリンダーに交換する手順は以下のとおりです。また、錠前本体の部品名を記載した図もご用意しました。鍵交換をする際の参考にしてください。

鍵の構造

シリンダーを交換する手順
手順1.デッドボルトを出す
手順2.ドア側面のフロントを外す
手順3.シリンダーを固定しているピンを引き抜く
手順4.シリンダーを取り外す
手順5.ディンプルキータイプのシリンダーを取り付け穴にはめ込む
手順6.「手順3」で抜いたピンを挿し込みシリンダーを固定する
手順7.フロントを取り付ける
手順8.取り付けたシリンダーがガタつかないかを確認する
手順9.シリンダーに鍵を挿し込んで回し、デッドボルトが動くか確認する

ディンプルキーを自分で交換する場合、プラスドライバー小さめのマイナスドライバーを用意しましょう。もしも手が汚れることを心配するのであれば、手袋を着用することをおすすめします。また取り外したネジや部品を紛失しないよう、保管する容器を準備しておけば安心です。

道具を用意したらまずはサムターンをひねり、デッドボルトをドア側面から出しましょう。こうすることでシリンダーの交換中にドアが閉まることを防げます。つぎに、ドア側面の「フロント」というプレートを、プラスドライバーでネジを緩めて取り外します。

すると、シリンダーを固定している2本のピンが見えるので、ピンの頭にマイナスドライバーを引っかけて引き出してください。手でシリンダーを支えながら、ピンを完全に引き抜いてシリンダーを取り外します。

そして、外したのと逆の手順で新しいディンプルシリンダーを取り付けていきます。ガタつきなくシリンダーを取り付けることができたら、ドアを開けたままシリンダーに鍵を挿し込んで回し、スムーズにデッドボルトが動くことを確認しましょう。ドアを閉めた状態でも同じように鍵が回ることが確認できたら、作業完了です。

もしデッドボルトがスムーズに動かないのであれば、取り付けたシリンダーがずれているのかもしれません。そのときはシリンダーを一度取り外し、もう一度取り付けてみてください。

これでも動かない場合は、シリンダーの型番や取り付け方法を間違えているかもしれません。無理に動かして錠前やドアを破損してしまう前に、生活110番にご相談ください。

自分でシリンダーを交換できるかの判断基準

自分で鍵交換をできるかの判断基準は以下の3つです。

・賃貸の場合は管理者から鍵交換の許可が出ているか?
・鍵のメーカー・型番を特定できるか?
・ドライバーで取り外し可能な鍵か?

 

賃貸の場合は管理者から鍵交換の許可が出ているか?

賃貸住宅で鍵を交換するとき、自分で交換するにせよ業者に依頼するにせよ、まずは管理会社や大家さんに鍵交換の許可をもらわなくてはなりません。というのも、賃貸物件の鍵の所有権は管理者にあるからです。

そのため、鍵の所有権をもつ管理者に無断で鍵を交換することはNG です。鍵を交換する際は必ず管理者に相談をしておきましょう。

賃貸住宅での鍵交換について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。入居時におこなう鍵交換や、入居中の鍵交換の費用負担についても解説しています。

鍵交換の疑問を総解決!費用の相場・DIYの方法・防犯性の高い種類

鍵のメーカー・型番を特定できるか?

もしフロントの表面が経年劣化で擦り減っており、フロントに刻印されているメーカー名や型番が読み取れないのであれば、自分で新しい鍵を取り寄せることはむずかしいです。錠前のサイズを正確に測って適合するシリンダーを選ばなければならないため、プロの鍵業者に任せたほうが安心でしょう。

ドライバーで取り外し可能な鍵か?

シリンダーの種類によっては、防犯上の理由でドライバーによる取り外しができない鍵があります。表面上にネジが見当たらなく、ドライバーで取り外せないシリンダーは、自分で交換するのはむずかしいかもしれません。そのような場合は、生活110番に鍵交換をご依頼ください。

ディンプルキーの合鍵作成は可能?

ここではディンプルキーの合鍵に関する情報をまとめました。ディンプルキーの合鍵を作る際には、以下の3つを参考にしてください。

・ディンプルキーの合鍵は作れるのか?
・ディンプルキーの合鍵を作る費用はいくらなのか?
・ディンプルキーの合鍵を作る際に必要なものは?

ディンプルキーの合鍵は作れるのか?

結論からいいますと、ディンプルキーの合鍵は作れます。ただ、すべての鍵屋さんがディンプルキーの合鍵を作れるわけではありません。ディンプルキーの合鍵を作るには高度な技術が必要だからです。

上述したようにディンプルキーに対応しているシリンダーは内部構造が複雑になっています。そのため、ディンプルキーは複製がむずかしく、合鍵の作製には高度な技術が求められるのです。

生活110番では、ディンプルキーの合鍵作製が可能な業者をご紹介しています。もしディンプルキーの合鍵作製に関してお悩みなのであれば、生活110番にご相談ください。

ディンプルキーの合鍵を作る費用はいくらなのか?

ディンプルキーの合鍵作製の費用は、一般的に3,000~5,000円程度です。ただし、ディンプルキーの種類によってはこの価格から変動することがあります。正確な費用を把握したい場合は、鍵業者に直接確認してみましょう。

ディンプルキーの合鍵を作る際に必要なものは?

ディンプルキーの合鍵を作る際に必要なものは以下の3つです。

・純正の鍵
・身分証明書
・キーナンバー

 

純正の鍵

合鍵は純正の鍵から作ってもらいましょう。合鍵から合鍵を作ることはおすすめできません。なぜなら、最初に作った合鍵の作りは、純正の鍵の作りと比べて若干のずれがあるからです。

合鍵は人の手で作るためにどうしてもわずかな誤差が生じます。わずかとはいえ誤差が生じている合鍵から合鍵を作れば、純正の鍵からの誤差はさらに大きくなります。

そして、純正の鍵との誤差が大きい合鍵は、シリンダーに入らなかったりシリンダーから抜けなくなってしまったりというトラブルが発生するかもしれません。このような事態は回避したいですよね。合鍵を作る際は純正の鍵を用意しましょう。

身分証明書

ディンプルキーのように防犯性の高い鍵は、合鍵を作る際に運転免許証などの身分証明書が必要なことがあります。身分証明書が必要か、事前に確認しておきましょう。

キーナンバー

店に直接訪問するのではなく、電話やネットで合鍵の作成を依頼するのであれば、鍵に刻印された「キーナンバー」を聞かれることがあります。手元に鍵の準備をしておきましょう。

防犯面だけじゃない!DIYにひそむ3つのリスク

「鍵交換を業者に依頼した場合の平均費用」と「自分で鍵を購入した場合の平均費用」の間には6,002円もの差があります。しかし、それでも鍵交換は業者に依頼することをおすすめします。それはDIYでの鍵交換には3つのリスクが、鍵交換を業者に依頼すれば3つのメリットがあるからです。

DIY鍵交換のリスク

鍵交換をDIYでおこなった場合、以下3つのリスクがあります。

・メーカー・型番を間違えるかもしれない
・作業中にドアを傷つけてしまうかもしれない
・取り替えたシリンダーが外れてしまうかもしれない

 

メーカー・型番を間違えるかもしれない

まず第1のリスクは、メーカーと型番の違うシリンダーを取り寄せてしまうおそれがあることです。シリンダーには十数社のメーカー・何百種の型番があります。シリンダーに詳しくなければ、異なる種類のシリンダーを取り寄せてしまうかもしれません。

対応していないシリンダーを無理に取り付ければ、鍵がきちんと閉まらないばかりか、ドアを破損してしまうおそれもあります。シリンダーの購入費用も無駄になってしまうでしょう。

作業中にドアを傷つけてしまうかもしれない

第2のリスクは、シリンダーの取り付け作業中にドアを傷つけてしまうおそれがあることです。傷つけた箇所がシリンダーで隠せる場所ならよいのですが、隠せない場所に傷をつけた場合は修理が必要となります。ドアが高価なものであれば、修理費用が高額になるかもしれません。

取り替えたシリンダーが外れてしまうかもしれない

第3のリスクは、取り付けたシリンダーがドアから外れるおそれがあることです。鍵の交換作業はミリ単位でおこなう細かい作業です。そのため、細かい作業になれていない人が鍵を取り付けると、シリンダーの取り付け位置がずれてしまい、シリンダーがガタつくかもしれません。最悪の場合、シリンダーがドアから落下することさえありえます。

シリンダーを正しく取り付けられなければ、ドアの防犯性能は著しく低下します。仮に自宅不在時に鍵が落下してしまえば、その間に空き巣に入られてしまうかもしれません。このような事態はなんとしても避けたいところです。ではどうすればよいのでしょうか?答えは簡単です。業者に鍵交換を依頼すればよいのです。

業者に依頼したときの3つのメリット

鍵交換を業者に依頼した場合、以下の3つのメリットがあります。

最適な鍵を用意してくれる
作業が丁寧で完了が早い
取り付けが確実である

 

最適な鍵を用意してくれる

第1のメリットとして、自宅のドアに最適な鍵を用意してくれることがあげられます。業者であればメーカー・型番を間違えることなく確実に合致した鍵を用意してくれるので、時間も鍵の購入費用も無駄になりません。安心して作業を任せられるでしょう。

それだけでなく、業者に依頼した場合「このドアであれば別タイプの鍵でも取り付けられますし、防犯性能をさらに上げられますよ」と提案してくれることがあります。今よりも防犯性能を上げたい場合に、このような提案は非常に役立つはずです。

作業が丁寧で完了が早い

第2のメリットは、作業が丁寧で完了が早いことです。鍵のプロが丁寧に作業をしてくれます。ドアを傷つけられる心配は必要ありません。そのため「ドアの修理費用」といった無駄な追加費用が発生することはないでしょう。

また、業者へ依頼すれば「メーカーや型番が合致する鍵を探す時間」「自分で鍵交換する作業時間」がゼロです。なおかつ、業者の作業時間は多くの場合15~30分以内(※)とスピーディーですので、「今すぐに鍵交換をして防犯性能を上げたい!」というときにこそ利用すべきでしょう。

※カギ110番by生活110番加盟会社が「シリンダーの交換」をおこなったときの目安時間

取り付けが確実である

第3のメリットは、取り付け作業が確実であることです。取り付けた鍵がグラついたりデッドボルトが動かなかったりといった、鍵交換後のトラブルを心配する必要はありません。このことに対する安心感は非常に大きいです。

DIYが抱える3つのリスク・業者に依頼した場合の3つのメリットのことを踏まえると、「鍵交換で今より高い防犯力を、今すぐに備えたい」という人こそ業者に依頼すべきでしょう。

ただ、ひとことで「業者に依頼する」といっても、業者はとても多くあります。そのため「どこに依頼すればいいのかな?」となる人も多いはず。そんなときは生活110番にご相談ください。

「ノーリスクで鍵交換をしたい!」ときこそ生活110番

生活110番に鍵交換を依頼することで得られるメリットは以下のとおりです。

生活110番に鍵交換を依頼するメリット
・24時間365日受け付け対応中
・最速5分で駆けつける
・自宅ドアにかぎらず車や金庫にも対応

24時間365日受け付け対応中

生活110番は24時間全国対応(※)です。ほかの業者では連絡がつきにくい年末年始・夜間早朝であってもご依頼いただけます。「鍵交換をするか!」と決めたタイミングがどのようなタイミングであっても、鍵交換を実施し防犯性能を高めることが可能です。
※一部離島は除きます。ご了承ください

最速5分で駆けつける

生活110番があなたにご紹介させていただく業者であれば、最速5分で現場に駆けつけます。「今すぐに防犯性能を高めたい」「時間が空いた今のうちに鍵交換を済ませておきたい」といったときこそ、生活110番にご依頼ください。

自宅ドアにかぎらず車や金庫にも対応

もしもドアだけでなく金庫やスーツケースなどの鍵交換を検討しているのであれば、ドアと一緒にそれらの鍵交換もお任せください。玄関以外の場所の鍵交換・鍵開け・鍵修理・鍵作成も可能な業者をご紹介します! 一度のご依頼で「複数個所の防犯力を向上させたい」という場合は、生活110番にご相談ください。

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,000円(税抜)~

この記事を書いた人
編集者:さくら
危険な目に合ったことがきっかけで、防犯について知識を深めることに。家庭菜園も趣味としており、害虫や害獣に対する知識も豊富。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-12-25 15:24:36
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_repair/177633/
鍵の修理・防犯
ディンプルキーに対応するシリンダー(以下ディンプルシリンダー)は内部構造が複雑なために耐ピッキング性能が高いです。このことからディンプルキーは防犯性にすぐれた鍵といわれています。ドアの防犯性能を上げたいのであれば、ピッキングに強いディンプルキーがおすすめです。また、鍵を交換する場合、気になるのが「鍵交換の料金」ですよね。そこで!当記事では玄関ドアの鍵をディンプルキーに交換した際にかかる費用を「業者...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

鍵開け・交換・修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

鍵開け・交換・修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!