生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディンプルキーのシリンダーが防犯性が高い理由!鍵交換の疑問も解決

投稿日:2019-10-15 更新日:2019-10-15

ディンプルキーのシリンダーが防犯性が高い理由!鍵交換の疑問も解決

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

鍵に比べて防犯性が高いとされていますが、それはなぜなのでしょうか。ディンプルキーのシリンダーやキーの構造から、ディンプルキーの防犯性が高い理由を解説します。

また、ディンプルキーのほかにも防犯性の高い鍵はいろいろとありますので、いくつかご紹介します。それぞれの特徴を理解し、自宅に最適な鍵をみつけましょう。

ディンプルキーのシリンダーは防犯性が高い構造になっている

鍵穴のなかにはシリンダーという部品があり、そのなかにいろいろな高さのピンが並んでいます。このピンの高さとキーの形が合わないと、ピンが引っかかってキーが回らないのが鍵の仕組みです。

従来のキーは側面にギザギザがついていて、このギザギザに噛み合う高さのピンが1列に並んでいます。それに対してディンプルキーはキーの側面ではなく、表面にくぼみや溝がついています。面積の広いキーの表面を使うことで、従来の鍵よりもピンの数を増やすことができるのです。

ディンプルキーのシリンダーには上や下だけでなく、横や斜めなどにもピンがついていて、構造が複雑です。キーも非常に精巧になっていて、くぼみの大きさや深さがわずかに違うだけで開けることができなくなります。そのため、鍵穴に器具を差し込んでピンを動かして鍵を開けるピッキングが難しく、キーの複製も作りにくいので、防犯性が高いのです。

ディンプルキーのシリンダーが防犯性が高い理由!鍵交換の疑問も解決

種類によって防犯性の高さと費用が変わる

ディンプルキーにもさまざまなモデルがあり、価格は5,000円程度のものもあれば、30,000円以上するものもあります。より防犯性の高い鍵は製造に高度な技術を必要とするため、価格も高い傾向にあります。

しかし、メーカーによって価格帯に差もありますので、価格が高いほうが必ずしも防犯性が高いとはいい切れません。鍵の防犯性が高いかどうかを判断するには、製品に表示されている「防犯性能」をチェックしてみましょう。

鍵には、鍵を不正に開ける手口であるピッキング、鍵穴壊し、サムターン回しなどに対する試験がおこなわれます。建物に取りつける鍵には、その結果を表示することが義務づけられているのです。

それぞれの手口に耐えられるかどうかが「あり」「なし」、鍵を開けるのにかかった時間が「5分未満」、「5分以上」、「10分以上」の3段階で表示されています。ディンプルキーを選ぶ際には、これらの項目をチェックして防犯性を判断しましょう。

鍵交換にはデメリットを知っておくことも大切

防犯性が高いディンプルキーですが、メリットばかりでもありません。ディンプルキーのデメリットも理解したうえで、自宅の鍵に最適かどうかを判断することが大切です。

合鍵が作りにくい

ディンプルキーは非常に精巧にできていますので、従来のキーのように鍵の業者などで合鍵を作ることが難しくなっています。ディンプルキーの合鍵作成には特殊な技術や設備が必要ですので、業者によっては対応できない場合があるのです。

対応できるとしても通常よりも費用が高かったり、時間がかかったりすることが多いです。また、メーカーに合鍵作成を依頼する際には、鍵の購入時に付属するセキュリティーカードや身分証明書などが必要になることもあります。

鍵開けがしにくい

鍵をなくして家に入れなくなったときなどには、鍵の業者を呼んで鍵を開けてもらうことがあります。しかし、構造が複雑なディンプルキーは業者であっても鍵なしで開けるのが困難です。

やはり対応できない業者があったり、追加料金がかかったりすることが多いでしょう。場合によっては鍵自体を破壊してこじ開けることもあります。そうなると大変な費用がかかってしまいますので、ディンプルキーはなくさないように気をつけましょう。

ディンプルキーにはこのようなデメリットがありますが、裏を返せばこれらは防犯性が高い故のデメリットだともいえます。防犯性を重視するのであれば、ディンプルキーにはメリットのほうが圧倒的に多いといえるでしょう。

ディンプルキー以外にもある!防犯性の高い鍵

防犯性の高い鍵といえばディンプルキーをイメージする方も多いかもしれませんが、近年ではそのほかにも防犯性の高い新しいタイプの鍵がたくさん登場しています。ここで、防犯性の高いいろいろな鍵をご紹介しますので、交換する鍵を選ぶ参考にしてみてください。

カードキーや認証タイプの「電子キー」

電子キーは、電気と連動して施錠、解錠をコントロールする鍵です。センサーにカードキーをかざして開けるものや暗証番号を入力するもの、指紋やスマホをキーの代わりにできるものもあります。これらの鍵にはキーを差し込んで回すという動作がないので、鍵穴がついていません。そのためピッキングされることがなく、防犯性が非常に高いのです。

ディンプルキーのシリンダーが防犯性が高い理由!鍵交換の疑問も解決

合鍵の作れない鍵

ディンプルキーのシリンダーと同様に構造が複雑なので合鍵を作りにくいのが、内溝キーという鍵です。内溝キーは鍵の外側にギザギザがあるのではなく、内側に溝を掘り込むようにしてギザギザがついています。自動車の鍵によく使われているタイプですが、近年では住宅の鍵としても使われています。

【補足!】防犯性の低い鍵たち

現在の鍵の防犯性についても気になっている方が多いでしょう。ここで、防犯性が低いとされている鍵をいくつかご紹介します。もしも家の鍵がこれに当てはまる場合は、早めに交換を検討したほうがいいかもしれません。

ピンシリンダーキー

キーの片側にギザギザがついているのが特徴です。シリンダーにはピンが1列しかないため、ピッキングで開けられやすい鍵だといえるでしょう。

ディスクシリンダーキー

シリンダー内にピンではなく、円盤上の板を並べた構造になっている鍵です。キーの両側にギザギザがついていることが多いです。板はピンよりも薄いので数は増やすことができますが、シリンダーの構造自体は単純なためピッキングに非常に弱く、現在では製造されていません。

ワンドアワンロック

空き巣の手口も進化しますので、どんな鍵であってもひとつだけでは開けられてしまうおそれがあります。メインの鍵に加えて、補助錠を取りつけるのが安心です。ひとつのドアに対してふたつの鍵を取りつけていると、両方の鍵を開けるのに時間がかかるため、空き巣の標的になりにくくなるのです。

劣化した鍵

ドアノブや錠前が長年使っていることで経年劣化し、サビや破損がある場合、鍵自体を破壊してこじ開けられるおそれがあります。また、古い鍵は現在の空き巣への対策がされていない旧式の仕様であることも考えられるでしょう。10年程度使っている鍵であれば、空き巣の新しい手口にも耐えられる新しい鍵に交換することをおすすめします。

鍵を選ぶ基準は防犯性だけじゃない!交換する鍵の選び方

ドアの鍵を交換することは可能ですが、新しい鍵を選ぶ際にはいくつか注意点があります。せっかく購入した鍵が使えなかったといったことが起こらないよう、事前に確認しておきましょう。

シリンダーの交換はメーカーに注意

鍵交換には、鍵全体を交換する場合と、鍵穴のなかの部品であるシリンダーのみを交換する場合とがあります。シリンダーのみをディンプルキーのものに交換したい場合には、まず現在の鍵のメーカーと型番を確認しましょう。同じメーカーで、その型番に適合するディンプルキーのシリンダーがあれば、シリンダーのみを交換することが可能です。

シリンダー以外の交換が必要な鍵もある

適合するシリンダーがない場合にディンプルキーに変更するためには、鍵穴を含めた錠前の本体、ドアノブ、鍵受けの金具など、すべての部品を交換しなければなりません。鍵全体を交換する際には、錠前やドアノブなどの部品がドアに開いている穴に適合するかどうかも確認しておく必要があります。

ディンプルキーのシリンダーが防犯性が高い理由!鍵交換の疑問も解決

鍵交換をするときは業者が安心

交換したいディンプルキーが交換可能なものかどうか判断が難しいという場合には、鍵の業者に相談してみるのがよいでしょう。鍵の業者は現在の鍵のタイプや正確なサイズを確認し、最適なディンプルキーをアドバイスしてくれるはずです。

鍵の交換は自分でおこなうことも可能ですが、作業中にドアを傷つけてしまったり、細かい部品をなくしてしまったりといった失敗がないとも限りません。また、慣れない鍵交換の作業には時間がかかってしまうでしょう。

鍵の業者であれば、ていねいに素早く鍵交換をおこなってくれます。空き巣の被害に遭う不安から一刻も早く解放されるには、業者を利用するのがおすすめです。しかし、鍵の業者はたくさんありますし、業者によってサービス内容や料金設定はまちまちです。よりよい業者をみつけるためには、たくさんの業者をしらみつぶしに調べなければなりません。

そのような手間をかけている時間がないという場合には、弊社のサービスをご利用ください。弊社では、鍵の業者を無料でご紹介するサービスをおこなっています。電話で相談していただけば、多くの加盟店のなかから依頼の内容にふさわしいお近くの業者を厳選してご紹介します。業者選びに迷った際には、ぜひ弊社の無料電話相談をご利用ください。

まとめ

ディンプルキーのシリンダーは従来の鍵に比べて構造が複雑になっており、ピッキングなどの被害に遭いにくいメリットがあります。キーも精巧にできているので不正に合鍵を作られるといった心配も少なくなりますが、キーをなくさないように注意も必要です。

ピンシリンダーキーやディスクシリンダーキーといった古いタイプの鍵や、長年使っていて劣化している鍵は防犯性が低くなっているおそれがありますので、ディンプルキーに交換するのがおすすめです。

交換は自分でもできますが、業者に任せたほうが失敗が少なくなります。業者を探すのが面倒だという場合には、弊社にご相談ください。お近くの鍵業者を無料でご紹介します。

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-15 16:26:49
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_repair/170887/
鍵の修理・防犯
鍵に比べて防犯性が高いとされていますが、それはなぜなのでしょうか。ディンプルキーのシリンダーやキーの構造から、ディンプルキーの防犯性が高い理由を解説します。また、ディンプルキーのほかにも防犯性の高い鍵はいろいろとありますので、いくつかご紹介します。それぞれの特徴を理解し、自宅に最適な鍵をみつけましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

鍵開け・交換・修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

鍵開け・交換・修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!