生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

鍵交換で防犯を強化!【侵入手口と対策】おすすめの鍵4選!

投稿日:2019-07-29 更新日:2019-11-26

防犯性の高い鍵

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

鍵は、私たちのプライバシーを他者から守ってくれる大切なものです。頼れる存在ではありますが、あらゆる鍵が防犯において万能というわけではありません。古いものや防犯性の低いものを使い続けていると、空き巣や不法侵入の被害に遭いかねないのです。

鍵の防犯性を考えるうえでは、「耐ピッキング性能」「鍵穴の壊れにくさ」「合鍵作製の難しさ」の3点が重要になります。玄関をねらう空き巣は、特殊な道具によるピッキングや鍵穴の破壊、あるいは不正に作製した合鍵を使うなどの手口で開錠して侵入するのです。

防犯性の高い鍵への交換は、安全な住まいづくりの第一歩です。鍵交換に関するお悩みや疑問があるときには、お気軽に「生活110番」へご相談ください!どのような鍵が防犯に適しているのかを鍵のプロがお教えいたします。

防犯性の高い鍵

鍵交換で家の防犯対策をしようと思い立ったとき、まずはどのような鍵を選ぶべきなのかが気になりますよね。先述したように、鍵の防犯性において重要なのは「耐ピッキング性能」「鍵穴の壊れにくさ」「合鍵作製の難しさ」の3点です。ここでは、おすすめの鍵を防犯上の利点とあわせて紹介していきますので、鍵選びの参考にしてみてください。

鍵の紹介に入る前に、ふだん私たちがつい混同して使いがちな「錠前」や「鍵」といった言葉について、それぞれの指すものを確認しておきましょう。

用語説明
錠前:ドアを枠に留めるボルトやハンドルレバーをふくむ開閉機構の全体
シリンダー:施錠・解錠時に鍵を差し込む鍵穴部分と、その内部の機構
鍵:各シリンダーに対応した施錠・解錠のための道具、あるいはその道具とシリンダーのセット

この記事で「鍵交換」といった場合には、「シリンダー」と「それに対応する鍵」の交換を指します。

 

ピッキング対策のスタンダード【MIWA U9シリンダー】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

日本の大手鍵メーカーである美和ロック株式会社の【U9シリンダー】は、ピッキング対策用の鍵として広く普及している製品です。ロータリーディスクシリンダーという機構を採用しており、ピッキングによる解錠には10分以上かかります。空き巣は姿を見られる前に手早く犯行を済ませたいため、解錠に時間のかかる鍵があるとあきらめて立ち去るのです。

U9は耐ピッキング性能に優れていながら、ほかの高性能な鍵と比べると手ごろなお値段なので、コストパフォーマンスのよさを求める方にはぴったりの鍵でしょう。また、鍵穴の壊れにくさは3つのグレードにわけられており、破壊行為に5分程度耐えられるG1から、10分以上の耐久が可能なG3までがあります。購入するときには、設置する場所に応じてグレードにも注目して選ぶようにしましょう。

ただし、鍵本体の形状はシンプルなため、一般の鍵屋やホームセンターなどでも合鍵作製ができてしまうという点には注意が必要です。悪意のある人に型をとられたり、キーナンバーを見られたりすると、不正に合鍵を作られかねません。

 

鍵穴破壊にも高い耐久性【GOAL V18】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

空き巣はピッキングのほかに、シリンダーそのものを破壊して侵入を試みることもあります。ドリルなどによる破壊への耐久性の高い鍵としておすすめしたいのが、株式会社ゴールの【V18】です。

V18のシリンダーの内部にはドリル防止のために、高硬度の鉄鋼でできたピンと板が組み込まれています。空き巣がシリンダーをドリルで掘り進めようとしても、これらに鍵穴付近で食い止められるため、内部まで破壊することができず施錠を突破できないのです。

また、V18はディンプルキーという種類の鍵で、ロータリーディスクシリンダーのようなギザギザの切り込みではなく、表面に彫り込まれた“くぼみ”で鍵のパターンが決まります。特殊な設備と技術のない一般の鍵屋では複製が困難ですが、合鍵専門店のなかには複製を請け負っているところもあるので、他人の手に渡ることがないよう注意しましょう。

 

合鍵の不正作製を防止する完全登録制【Kaba star neo】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

ドルマカバジャパン株式会社製のディンプルキー【Kaba star neo】は、合鍵の作製が難しいという点でとくに安心できる鍵のひとつです。この鍵の複製は一般の鍵屋では不可能で、合鍵を作るときにはメーカーに連絡して純正品を用意してもらう必要があります。さらに、鍵の所有者情報の登録と照会が必要なため、所有者以外による不正な作製の注文を防止することができるのです。

一般的なシリンダーより複雑な斜めのピンや丈夫な超硬ピンを備えているため、ピッキング・鍵穴の破壊への耐久性も抜群です。ただし、シリンダーが精密に作られており砂ぼこりなどに弱いため、製品に付属する専用クリーナーを使用して、定期的にメンテナンスをする必要があります。

 

鍵の紛失・かけ忘れの心配なし!【EPIC POPscan3】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

鍵そのものの防犯性にどれほど気をつけていても、ちょっとした不注意のために自宅の安全が揺らぐこともありえます。たとえば、どこかで落とした鍵を悪意のある人に拾われたり、施錠をせずにゴミ出しをしたわずかな時間に、窃盗犯が侵入したりすることも考えられるでしょう。

電子錠に交換すれば、このようなトラブルを回避することができます。暗証番号で解錠できる電子錠なら、ふだんから鍵を持ち歩く必要はありません。鍵を紛失してしまう心配がないのは、電子錠の大きなメリットです。

また、番号を忘れてしまうのが心配な方は、指紋認証機能のある電子錠にするのもよいでしょう。さらにオートロック機能も備えていれば、わずかな時間の外出でも侵入されるおそれはありません。【EPIC POPscan3】のように、これらの機能をあわせもつ電子錠を設置すれば安心です。

 

防犯性の高さを保証【CP認定錠】

CP認定錠

出典 : 住まいる防犯110番 – 警察庁( https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki26/theme_b/b_c_2.html)

鍵の防犯性を保証する規格に「CPマーク」(CP=Crime Prevention “防犯”)というものがあります。交換する鍵を決める目安のひとつとして、この【CP認定錠】を選ぶのもよいでしょう。

CPマークの認定試験は、警察庁・国土交通省・経済産業省などの公的機関と、建物部品を扱う民間団体で構成される官民合同会議によっておこなわれます。試験には3つの段階があり、ピッキングからバールによるこじ開けまで、さまざまな開錠方法が試みられます。多くの空き巣が侵入をあきらめる時間とされる5分を、すべての段階で耐えた鍵がCPマークに認定されるのです。

これらのほかにも、鍵にはさまざまな特徴をもつものがあります。鍵の種類について、さらにくわしく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

鍵交換の疑問を総解決!費用の相場・DIYの方法・防犯性の高い種類

 

すぐに鍵交換を!ピッキングに弱い鍵に注意

空き巣の開錠の手口は年々巧妙なものになっています。製造された当初は防犯に役立つとされた鍵でも、いまでは簡単に破られてしまうものもあるのです。以下のような鍵を使用している方は、はやめの交換を検討することをおすすめします。

 

ピンシリンダー

ピンシリンダーの内部は、ピン状のタンブラーが上側に1列に並んでいるだけの単純な構造です。ピンが3~5本しかないものがほとんどで、鍵のパターン数が少ないため容易にピッキングができてしまいます。鍵本体を見て、ギザギザの切り込みが片側だけについているのであれば要注意です。

 

ディスクシリンダー

ディスクシリンダーは美和ロック株式会社がかつて販売していた製品で、防犯性の低さのために現在は市場に出回っていません。数枚の板状のタンブラーでシリンダーの回転を留める構造で、ピンシリンダーと同様にピッキングされやすいのです。

鍵穴に器具を差し込み、中身をかき出すように動かして解錠するレーキングという単純な手法でも、訓練をすれば数十秒で突破できてしまいます。MIWAという文字があり、鍵穴が縦で中心が“く”の字になっているシリンダーはディスクシリンダーと考えられます。空き巣に目をつけられる前に交換をしましょう。

 

鍵交換をするべき状況

古い鍵は防犯性が低いだけでなく、経年劣化による不具合が起こる可能性もあります。鍵メーカーの団体である日本ロック工業会は、一般的な鍵の耐用年数を10年と設定しています。もし10年以上使用している鍵があれば、不具合が起きる前に交換を検討しましょう。

もちろん、経年劣化によるトラブル防止のほかにも、鍵交換を検討するべききっかけがあります。防犯という観点から、鍵交換が必要になるタイミングについて見ていきましょう。

 

空き巣対策をするとき

先述したように、自宅の鍵が防犯性の低いものである場合には、より防犯性の高いものに交換するべきでしょう。古い鍵ほど、空き巣が解錠方法をつかんでいる可能性が高いです。また、もし経年劣化による不具合が急に起きて施錠ができなくなれば、交換まで無施錠で過ごすことにもなりかねません。自宅を空き巣に対して無防備な状態にしないためにも、はやめの交換をおすすめします。

空き巣の侵入に時間をかけさせる対策としては、ひとつのドアにふたつの鍵を取りつける「ワンドア・ツーロック」もおすすめです。玄関ドアの防犯性をさらに高めるために、鍵交換とツーロックの導入を同時におこなうのもよいでしょう。ふたつのシリンダーを備えた錠前にしたり、補助錠を設置したりすると効果的です。

空き巣が解錠する方法には、ピッキングのほかに「サムターン回し」というものもあります。サムターンとは、ドアを内側から施錠するときに回す“つまみ”のことです。空き巣は、ドアにドリルであけた穴やドアスコープを外した穴、ポスト、ドアと壁のすき間などから特殊な金具を挿入し、内側からサムターンを回して侵入するのです。

シリンダーとあわせて、サムターンも防犯性のより高いものに交換するとよいでしょう。押しながら回す方式のものや、内側にもドアの外側と同様の鍵穴がついているインナー錠などがおすすめです。

空き巣対策については以下の記事でもまとめています。自宅の防犯性をより高めるために、参考にしてみてください。

鍵交換で空き巣対策│防犯性を高めるならディンプルキーがおすすめ!

 

鍵の紛失時

どこかで鍵を紛失したときにも、はやめの交換を考えるべきでしょう。紛失した鍵を悪意のある第三者が拾った場合、自宅を特定して侵入を試みたり、不正に合鍵を作製したりする可能性があります。もし鍵が戻ってきても、誰かが合鍵を持っているかもしれないと思うと心配ですよね。

鍵を紛失したら、まずは警察に届け出をし、賃貸住宅の場合は大家さんや管理会社にも報告をしてください。その日に訪れた場所や通った道を確認しても鍵が見つからなければ、ひとまず鍵屋に連絡して解錠をしてもらう必要があります。解錠後、鍵の交換について鍵屋に相談をしましょう。

また、家の鍵だけでなく車やバイク、自転車の鍵をなくしてしまった場合も、できるだけ早く対応するようにしてください。鍵を拾った人に盗まれてしまうことも考えられます。

以下の記事では、鍵を紛失したときにとるべき行動についてご紹介しています。いざというときに慌てないためにも、ぜひいちどご覧ください。

【鍵の紛失】探し方と対処法|交換しないと危ない!?賃貸での対策も

 

賃貸住宅の入居時

賃貸住宅にお住まいの方は、入居時に不動産会社から鍵交換について説明を受けたという方も多いかもしれません。賃貸住宅では、前の住人やその関係者が部屋の合鍵を作製・所持している可能性があるため、新しい鍵に交換をしないと不法侵入されるおそれがあるのです。

このとき交換にかかる費用は、国土交通省が定めた「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によれば貸主(大家さん・管理会社)負担となります。しかし、ガイドラインには法的な拘束力がなく、あくまで指針でしかありません。これから賃貸住宅に住む予定のある方は、鍵交換でトラブルにならないよう契約内容をよく確認しましょう。

アパートやマンションなどの賃貸住宅で鍵交換をおこなう際には、以下の記事も参考にしてみてください。

鍵交換×賃貸のQ&A|入居時・紛失時・防犯・費用負担までまるわかり!

 

鍵交換は信頼できる人にまかせよう

自宅への他者の侵入をふせぐ鍵は、個人のプライバシーを守る要となるものです。新しいものに交換する作業は、できるだけ信頼できる人にまかせたいですよね。

 

DIYでも交換可能

信頼性という点でもっとも安心できるのは、自分自身で交換することでしょう。鍵の交換は、正しい手順でおこなえばDIYでも可能です。

鍵交換の方法については以下の記事で紹介しています。自力での交換に挑戦してみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

鍵交換の方法がすべてわかる!玄関ドア【9種類】DIY手順を図で解説

 

しかし、自力で鍵交換をおこなうときには注意が必要なことも多いです。鍵を選ぶ前には、自宅の錠前の型番ドアの寸法などをよく確かめておく必要があります。

また、作業時にこまかな部品のつけ忘れや紛失、ネジのゆるみなどがあると、鍵を回すのが重くなったり、から回りしたりする原因になりかねません。玄関や勝手口の鍵が正常にはたらかなければ、日常生活に支障が出てしまいます。

 

信頼できる業者の選び方

確実な仕上がりを求められる鍵交換は、プライバシー保護と技術力の両面で信頼できる業者にまかせるのがおすすめです。ここからは、鍵交換を安心してまかせられる業者を選ぶポイントをご紹介します。

 

【ポイント1.施工実績が豊富】
依頼件数・鍵交換の実績の多さは、業者の信頼度と技術力の証といえます。業者を検討するときには、まずはホームページで過去の施工事例や営業実績を確認しておきましょう。交換後の仕上がりをイメージするうえでも参考になるはずです。

 

【ポイント2.明朗会計】
業者のなかには、鍵の種類の確認もせずに電話口で料金を安く伝え、現場で作業をしてから高額な追加料金を請求するところもあります。しかし本来は、現地調査をして鍵の種類を特定しなければ見積りを出すことはできません。現地調査・見積りをしたうえで、作業費や出張費をふくむ費用の内訳から追加料金の有無まで、くわしく提示してくれる業者を選ぶべきでしょう。

 

【ポイント3.防犯設備士の資格】
信頼性のひとつの目安として、資格に注目するのもよいでしょう。「防犯設備士」は公益社団法人・日本防犯設備協会が認定している資格で、防犯設備に関する専門知識と技能を有する防犯のプロフェッショナルに与えられるものです。

鍵交換を請け負っている業者のなかには、この資格をもっているスタッフもいます。電話などで業者に問いあわせたときに、防犯設備士が在籍しているとわかればより安心できるでしょう。

 

鍵交換のご依頼は生活110番へ!

このごろ、鍵が回しづらくなってきた」「近所で空き巣の被害が起きた」など、鍵の交換を思い立つきっかけはさまざまです。せっかく鍵を交換するからには、できるだけ防犯性の高いものを選んで、安全・安心な生活を守りましょう。

鍵交換は自力でおこなうこともできますが、より確実に仕上げたいのであれば、鍵の扱いに慣れている業者を頼るのがよいでしょう。防犯対策のプロフェッショナルである防犯設備士がいれば、より安全な住まいにするためのアドバイスももらえるはずです。

生活110番は、信頼性と品質の両面でお客様にご満足いただける鍵交換サービスを提供できるよう努めております。電話窓口は年中無休で受付対応しておりますので、鍵交換を思い立ったそのときにお気軽にご相談ください。

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,000円(税抜)~

この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-26 11:54:29
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_repair/153950/
鍵の修理・防犯
鍵は、私たちのプライバシーを他者から守ってくれる大切なものです。頼れる存在ではありますが、あらゆる鍵が防犯において万能というわけではありません。古いものや防犯性の低いものを使い続けていると、空き巣や不法侵入の被害に遭いかねないのです。鍵の防犯性を考えるうえでは、「耐ピッキング性能」「鍵穴の壊れにくさ」「合鍵作製の難しさ」の3点が重要になります。玄関をねらう空き巣は、特殊な道具によるピッキングや鍵穴...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

鍵開け・交換・修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

鍵開け・交換・修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!