生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

指紋認証キーを玄関ドアに取り付けよう!そのメリットや注意点を解説!

投稿日:2018-08-09 更新日:2018-09-26

指紋認証キーを玄関ドアに取り付けよう!そのメリットや注意点を解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

近年、指紋認証キーを玄関ドアに取り付ける人増えています。「最近、家の鍵をよく失くす…」「自宅のセキュリティが心配になってきた…」など、理由は人 それぞれです。

本コラムでは、指紋認証キーのメリット、デメリットや、他の電子タイプの鍵との違いなどをご紹介していきます。

取り付けようかどうしようか、と悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

指紋認証キーってなに?

指紋認証キーとは、その名の通り指紋を使用したキーシステムです。錠の部分にあらかじめ自分の指紋を登録しておき、登録した指を触れさせることで鍵を開けたり閉めたりすることができます。これを利用し、指紋認証で玄関のドアを開閉することができれば、生活がより安全に、便利になるのではないでしょうか。

そこで、次の章では指紋認証キーを玄関ドアに導入するメリットとデメリットを紹介します。あわせてご覧ください。

指紋認証キーってなに?

指紋認証を玄関に取り付けるメリットとデメリット

指紋認証を玄関ドアに導入するメリットは大きく分けて3つ考えられます。

・他人に利用される可能性が極めて低い
指紋、というものは個人個人で形状が異なっています。手に入れてしまえば誰でも使用できる一般的な鍵とは違い、世界で唯一自分しか持っておらず、自分しか使うことができない鍵になるということです。ピッキングや合鍵を作製される心配もありません。安全性は非常に高いと言えるでしょう。

・紛失する心配がない
言うまでもなく自分自身の身体ですから、必要な時に「鍵を失くしてしまった!」と慌てることはありません。また、荷物が多い時に時間をかけてポケットやバッグを漁ったり、苦労して手を空けなければいけないということもありません。指一本が自由なら使えるのです。

・交換する必要がない
住んでいる家から引き払う場合や、鍵自体が壊れてしまった、失くしてしまったという場合などには普通の鍵ならセキュリティ上鍵そのものを新しいものに交換しなければなりません。

しかし指紋認証キーであればそういった手間も必要ありません。入居者が変わろうと指紋データを消去するだけで済みますし、そもそも失くしも壊れもしないものです。

これらのようにメリットが非常に多い指紋認証キーですが、 もちろん注意しておかなければならないデメリットも存在します。

・指の調子が悪いと認証しないことがある
登録してある指がケガを負ってしまった場合や、手が荒れやすく、極度に乾燥していたり濡れていたりする場合にはなかなか指紋を認証しないため、普通の鍵で開閉するよりも時間がかかったり手間取ったりしてしまう場合があります。

このような場合に備え、指紋認証キーにはたいていパスワード(暗証番号)やスペアのカードキーなどの非常キーシステムがありますので、いざというときには安心できるでしょう。

・緊急時に他人がドアを開閉できない
特に一人暮らしの方で自分の指しか登録していないという場合、家の中での病気や事故の際、誰もあなたのもとに駆け付けることができなくなってしまう恐れがあります。信頼できる家族や保護者の方の指紋もあらかじめ登録しておきましょう。

指紋認証を玄関に取り付けるメリットとデメリット

指紋認証キーを取り付ける際の注意点

取り付けたいと思っている家屋が新築でなく、すでに住まわれているお家である場合は注意すべき点が存在します。

・指紋認証キーを玄関ドアに追加する形で取り付けるのか、既存の玄関の鍵と指紋認証キーを交換するのか

・取り付けようとしているドアは本当に指紋認証キーに対応しているのか(取り付けることが可能なドアなのか)

自分で取り付けることも不可能ではないようですが、お家の安全にかかわる重要な問題ですので、もし指紋認証キーの取り付けをお考えの方は安易に自己判断せずにプロに問い合わせることから始めましょう。

指紋認証キーを取り付ける際の注意点

指紋認証キーだけじゃない!電子錠の種類

電子錠の中では最も想像しやすく、皆さんが知っているものが指紋認証キーの玄関ドアの施錠だと思いますが、実は「電子錠」にはほかにもさまざまな種類のものがあります。

リモコン・カードキータイプ

リモコン型の鍵は、車のスマートキーを想像していただければいいかと思います。一定の範囲内に入ると反応し、鍵が開閉される仕組みのものです。

カードキータイプはホテルやオフィスでよく見かける、カードをスキャンしたりかざしたりすることで鍵を開閉する仕組みのものです。

これらも指紋認証キーと同様にピッキングなどの心配はありませんが、紛失の可能性が高く、磁気や電気を使うので破損しやすいという面があります。

暗証番号タイプ

暗証番号を登録して利用するタイプの鍵です。これもまたピッキングや複製の心配はありません。

しかし、暗証番号を忘れると使えなくなってしまったり、誰かに番号を知られてしまうと一気に安全度が下がるというデメリットが目立ちます。

以上に挙げたものが指紋認証キー以外の主な電子錠の種類です。どれもそれぞれのメリットがありますが、「紛失しない」「他人に利用されない」という2点を考慮すると、指紋認証タイプの鍵が最も安全で便利だと思われます。

まとめ

指紋認証キーは通常の鍵とは全く異なる電子錠の一種で、自分自身の指の指紋を登録し、鍵として利用する形式のキーです。

メリットとしては、

・他人に利用される可能性が極めて低い
・紛失する心配がない
・交換する必要がない

といったものが挙げられます。一方デメリットとして、ケガや手荒れなどの事情により指紋が使えない場合、指紋認証機能が使用できないという面がありますが、救済システムとしての暗証番号やカードキーなどが搭載されているものがほとんどです。

便利かつ安全性の高い指紋認証キーを玄関ドアにぜひ取り付けてみてはいかがでしょうか。

まずは指紋認証キーを取り扱っているプロの業者に相談してみましょう。あなたのご自宅にぴったりのものを教えてくれるはずです。

鍵交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「鍵交換」をご覧ください。

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
11投票,  平均評価値:3.1

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-26 10:39:50
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_repair/106637/
鍵の修理・防犯
近年、指紋認証キーを玄関ドアに取り付ける人増えています。「最近、家の鍵をよく失くす…」「自宅のセキュリティが心配になってきた…」など、理由は人 それぞれです。本コラムでは、指紋認証キーのメリット、デメリットや、他の電子タイプの鍵との違いなどをご紹介していきます。取り付けようかどうしようか、と悩んでいる方はぜひ参考にしてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

鍵開け・交換・修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

鍵開け・交換・修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!